闇金以外で借りられるところはここ!公的機関などすぐ安全にお金を用意する方法を3つ紹介

【闇金以外で借りられるところはここ!】公的機関などすぐ安全にお金を用意する方法を3つ紹介

借金の返済が滞っていて新たに消費者金融との契約はむずかしいですのですが、闇金以外から借り入れを行う方法はありませんか?緊急の入り用でお金が必要になんです。

闇金以外であっても、お金を借りられるところはあります。たとえば、国で提供する貸付制度「生活福祉資金貸付制度」や、地方職員が利用できる貸付事業など。
余程の事情があるのであれば、生活福祉資金貸付制度の利用をできるでしょう。

もし生活福祉資金貸付制度の利用を断られたらやはり、闇金しか選択肢はありませんか?

たとえそうだとしても闇金からの借り入れは絶対に行うべきではありません。もし借金のせいで生活が困っているなら弁護士に相談し債務整理を行うことをお勧めします。債務整理を始めれば返済を一時的にストップできますから、確実に今より生活が楽になると思いますよ。

「生活が苦しいからお金を借りたい。でも、信用情報に問題あるし闇金以外からは借りられないのかな?」と思っている方、大丈夫です。闇金以外からであっても、お金を借りられるところはたくさんあります。

たとえば、生活福祉資金貸付制度や組合共済の貸付事業、質屋や消費者金融等からの借入を検討しても良いでしょう。いずれかの手段を用いれば、早い段階でお金を借りられます。

もしも、多額の借金を抱え、いずれの融資制度も利用できないのであれば、債務整理も検討すべきでしょう。「抱えている借金」が理由で融資を断られるのであれば、根本的に債務整理で借金の解決をしなければいけません。

そこで今回は、「闇金以外から安全に借りられるところはないの?」と疑問に思っている方に向けて、借りられる手段についてお伝えします。

この記事でわかること
  • 闇金以外でも借りられるところはある
  • 闇金は違法業者であり、法外な利息・法外な取り立てをされるため、絶対に手を出してはいけない
  • 多額の借金を抱えているのであれば、債務整理の検討も視野に入れたほうが良い

闇金以外で即日融資を受けられる方法は3つある

闇金意外からでも合法的に即日融資を受けられる方法はたくさんあります。

その方法は、主に3つ。

  • 国や共済組合の貸付制度を利用する
  • 質屋の利用検討
  • 消費者金融からの融資

いずれも、闇金以外から安全かつ合法的にお金を借りられる方法です。

もしあなたの信用情報にキズがある、いわゆるブラックリストになっているのであれば、公的制度や質屋の検討をしてみてください。

もしもまだ、信用情報に問題がないのであれば、消費者金融や銀行からの借入を検討しても良いでしょう。

まずは、闇金意外から借りられる3つの方法について詳しくお伝えします。

①国の制度や共済組合を利用すれば安全にお金を借りられる

公的制度として、国もしくは地方公務員の方が利用できる貸付制度があります。

これらは信用情報に問題がある方でも融資を行っていますが、使途や状況によって融資を受けられない可能性もあります。

まずは、闇金以外から借りられる可能性のある制度などについて見ていきましょう。

A.国からお金を借りる「生活福祉資金貸付制度」

経済的に困っている方を対象に、国からの公的融資を行っています。

これを生活福祉資金貸付制度と言い、利用できるのは低所得者世帯・障害者世帯・高齢者世帯のいずれかです。

低所得者世帯の基準は必要な資金を他から借りられない世帯です。

一般的に低所得世帯とは言えない収入があっても、必要な資金を他から借りられない事情があれば融資を受けられる可能性があります。

つまり、経済的に困窮している世帯であって、消費者金融や銀行からの借入がむずかしい世帯でも、借りられる可能性はあります。

この制度では、生活費の貸付から福祉資金、教育資金など幅広い資金の貸付を行っているため、目的にあった貸付を利用してみてください。

保証人不要で世帯当たり最大20万円の貸付が行われる

ちなみに、生活支援金の貸付は単身世帯最大で15万円以内(2人以上世帯は20万円以内)、保証人不要で貸付を行っています。

利子については保証人なしであれば年利1.5%(保証人ありの場合は無利子)です。

消費者金融等が行っている審査とはまったく異なる形での審査が行われるため、信用情報に問題があっても融資を受けられる可能性はあります。

一方で、信用情報に問題がなく、他からの融資を受けられるのであれば、生活福祉資金貸付制度を利用できない可能性もあるでしょう。

厚労省|生活福祉資金貸付制度の条件等について詳しく知りたい方はこちら

B.地方公務員であれば「地方職員共済組合貸付事業」を利用できる

道府県職員(東京都は独自の組合)や地方団体関係団体職員を組合員として構成されている、地方職員共済組合では貸付事業を行っています。

この貸付事業では、組合員が資金を必要とするときに貸付を行う制度です。

貸付の対象は普通貸付(車や家電などの購入資金)から住宅貸付、教育資金の貸付などあらゆる貸付を行っています。

地方職員共済組合の貸付事業についても、信用情報などの照会はありません。

ただし、貸付金の返済が厳しいと判断される場合には、借りられない可能性もあります。

これらの貸付条件はすべて、組合支部や貸付対象種類によって異なるので、自分が所属する組合へ直接お問い合わせください。

地方共済組合の貸付事業について詳しく知りたい方はこちら

②高価なモノがあるなら質屋の利用検討を

高価なモノが手元にあるのであれば、質屋から融資を受けることも検討してください。

質屋とは、一見リサイクルショップのように見えますが、あくまでも融資ですので安心してください。

質屋はモノを預けて融資を受けるサービスです。リサイクルショップなどとは異なり、借りたお金を返済すれば、預けたモノは返ってきます。

ただし、返済期日までに返済ができなければ、預けたモノを販売(質流れ)されてしまいます。

「一時的にお金がない」「今日だけお金が足りない、1週間後には返済できる」といった方は、質屋の利用を検討しても良いでしょう。

消費者金融とは異なり、審査もなく、即日融資を受けられるうえに、もしも返済できなくても取り立てされることはありません。

③信用情報に問題がないのであれば、消費者金融等の利用検討

信用情報に問題がないのであれば、消費者金融から借入を検討しても良いでしょう。

とくに、不安なことがなければ、最短即日融資を受けることも可能です。

ただ、消費者金融等からの借入は、利用目的を明確にしておいたり、返済計画を計画したりしておかなければ、多重債務に陥る可能性もあります。

「一時的に借りたい」というのであれば、申込みをしても良いでしょう。

現時点で1社でも消費者金融等との契約を締結しているのであれば、2社目以降の審査が通りにくくなることもあります。

自身の信用情報を踏まえながら、状況に合わせて利用検討してみてください。

闇金には手を出しては絶対にいけない理由2つ

何らかの理由から、今すぐにお金が必要でありながら、闇金以外からの借入がむずかしいと思っている方は、まずは、公的制度である生活福祉資金貸付制度の利用を検討してみてください。

もしも本当に、「闇金以外から借りられない」のであれば、融資されるはずです。

仮に、融資を受けられなかったのであれば、経済的に厳しいとは判断されなかったのでしょう。

しかし、どのような理由があっても絶対に闇金からの借入は避けるべきです。ご存知かもしれませんが闇金は、違法な貸金業者です。

もしも闇金業者から借入を行えば、結果として自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

闇金業者に絶対に手を出してはいけないと言われる所以は2つ。

  • 違法な貸金業者であり、違法な利息や違法な取り立てをされる可能性が高いから
  • 返済能力以上の貸付を行い、あなた自身が返済できなくなってしまうから

上記2つのことはつながっていて、闇金業者は法外な利息で金銭を貸し出し、あなたの返済能力以上の貸し出しを行います。その結果、あなたは返済ができなくなってしまうことでしょう。

ではなぜ、返済能力がない人にまでお金を貸すのか。それは、「貸したお金を回収できる自信があるから」です。お金を回収する手段を選ばず、違法な手段を用いてでも必ず回収するのが闇金業者です。次に、闇金業者に絶対に手を出してはいけない理由について、詳しくお伝えします。

①闇金は違法であり、法外な利息や厳しい取り立てをされてしまう可能性が高いから

いわゆる闇金と呼ばれる業者は違法であり、法外な利息や厳しい取り立てを行ってでも貸したお金の回収をします。

よく、勘違いされがちですが「ブラックリストの人にお金を貸す=闇金業者」ではありません。

信用情報に事故情報が掲載されている方をブラックリストと、とも言いますが、ブラックリストの人に融資することが違法なわけではありません。たとえ、信用情報に問題のある方であっても、状況に応じて融資を行う合法的に営んでいる金融業者はいます。

ただ実際には、信用情報に問題がある方に対してお金を貸すのは、貸し倒れリスクが高いため、お金を貸さないのが一般的です。

一方で、闇金業者は「審査が甘い」「ブラックOK」と謳い、信用情報に問題がある方に対し、積極的に融資を行います。

そして闇金業者は、通常の消費者金融等からはお金を借りられない人をターゲットに絞り、法外な利息で貸付を行います。じつは、【貸金業登録している=安全】と思われがちですが、実際には貸金業登録をしている闇金業者も存在します。

貸付利息は、利息制限法という法律によって定められており、制限は下記のとおりとなっています。

貸付金額 利率
10万円未満 20%以下
10万円以上100万円未満 18%以下
100万円以上 15%以下

これを超える利率での貸付は、利息制限法違反となり貸金業登録を行っている業者であっても、闇金業者としてみなされます。

闇金業者から借入をしてしまうと、利息を高く取られてしまうため、元金がなかなか減らずに悪循環へ陥ってしまいます。

その結果、闇金からの借入に対する返済が滞りがちになり、厳しい取り立てを受けることとなるでしょう。

先にもお伝えしましたが、闇金業者が一般では貸さないような人を対象にお金を貸す理由は、「貸したお金を回収できる自信があるから」です。

たとえ、違法な取り立てであっても何の気なしに行いますし、職場や家族への連絡も遠慮なしに行います。闇金からの借入は、自分自身を余計に苦しめるだけなので絶対に避けるべきでしょう。

借金の取り立てにもルール(法律)がある

闇金からの借入に対する返済を滞ると、違法な取り立てを受けることもあります。

じつは、借金の取り立てに対しても法律が定められており、これに違反をすると債権者(お金を貸した側)が厳しい罰則を受けます。

借金取り立ての主なルールは7つであり、ひとつでも該当する場合には違法と判断される可能性が高いでしょう。

  • 弁護士が介入しているにも関わらず、債務者(お金を借りた人)に接触しようとした(実際にした)場合
  • 大声を出したり乱暴な行為をしたりする
  • 債務者の意に反し、住居等に居座る行為(不退去罪)
  • 債務者以外に借金の弁済を求める行為
  • 正当な理由なしに行う勤務先や自宅への電話・FAX・訪問・看板の設置等
  • 不適当な時間(21時~8時)意外の電話等による取り立て
  • その他違法と捉えられる取り立て

上記に当てはまる場合には、違法取り立てである可能性が高いです。これらの取り立てをしてくる=闇金業者である可能性が非常に高いため、まずは自分の身を守ることを最優先にし、必要に応じて警察への相談してください。

また、闇金業者への対応は弁護士へ依頼するのが得策です。闇金からの借入に対しては原則として返済義務が発生しません。それらも含め、弁護士へ相談されることをおすすめします。

②返済能力以上の貸付を行うから

闇金業者は、債務者(お金を借りた人)の返済能力以上の貸付を行います。一般に、返済能力の目安とされるのは、税込み年収の1/3です。

これは、総量規制という規制もあるように、危険な貸付の目安になります。

年収の1/3以下の借入であれば安全とも言い切れませんが、年収の1/3以上の貸付は危険であることは言うまでもありません。ではなぜ、闇金が返済能力以上の危険な貸付を行うのか、それは「回収できる自信があるから」です。

闇金は、債務者の返済能力に関係なく、一方的な貸付を行い、どのような手段を用いてでも必ず回収します。

他社で断られて、闇金からしかお金を借りられないのでは、あなたに返済能力がないからです。「ブラックOK」や「審査が甘い」、「他社で断られた方OK」など、誰にでも貸しますよの雰囲気は危険。闇金業者である可能性が高いので気をつけましょう。

闇金業者を騙すつもりで借入を行うと詐欺罪に問われる可能性も

闇金業者から誤ってお金を借りてしまった場合には、元金・利息両方の支払いをする必要はありません。これは、最高裁でも判決が下されている事例であって、闇金からの借入は不法原因給付(不法に行われた給付)であるため返済義務を負わないとされています。

ただ、闇金に対する返済義務がないと言っても、闇金業者が引き下がるわけではありません。誤って借りてしまったのであれば、すぐに弁護士へ相談しましょう。

そして、「闇金からの借入は返済義務がない」という言葉だけを鵜呑みにし、返済する意思がないのにも関わらず、闇金からお金を借りる事例があります。

これは、お金を借りた側である債務者が刑法に定める詐欺罪にあたり、10年以下の懲役刑を科される可能性があります。

詐欺罪の立証は非常に困難で、不起訴率が高いのも事実ですが、あからさまな詐欺行為(偽名を使って契約)であれば、厳しい罰を受けることになるでしょう。

多重債務で闇金からしかお金を借りられないような状態であれば、債務整理の検討を

もし生活福祉資金貸付制度や消費者金融からであれば、闇金からお金を借りなくても、安全にお金を用意できるはずです。

とくに、生活福祉資金貸付制度であれば、信用情報も関係なく、低所得者であっても借りられます。もしも、いずれの方法でもお金を借りられないのであれば、おそらく多重債務者でしょう。

「毎月の借金返済でマイナスになっている」「毎月の返済はギリギリ可能だけど、突発的にお金が必要になったときに困る」など、借金の返済を理由に闇金意外から借りられるところを探しているのであれば、債務整理をしてしまったほうが良いです。

多くの借金を抱え、ギリギリの状態で生活をしているのであれば、今以上に借金を増やすのは絶対に避けなければいけません。闇金からの借入はもちろんのこと、消費者金融からの新たな借入も避けたほうが良いでしょう。

債務整理を開始すれば、返済や取り立てが止まるため生活資金の確保ができる

「債務整理にもお金がかかるし、そんなお金を用意できる余裕はない」と思っている方、安心してください。債務整理を弁護士へ依頼することで生活にゆとりが生まれる2つの理由があります。

  • 債務整理手続きを開始すると、借金の取り立てや返済が一旦止まる
  • 今すぐに債務整理費用の全額を準備する必要はない

債務整理手続きを開始すると、弁護士が債権者(お金を貸した人)に対して受任通知を送付します。この受任通知が債権者に届くと、債権者は一切の取り立てをできません。これに違反すると、債権者が懲役刑や罰金刑を科される厳しい法律があるためです。

そのため、今まで返済費用に充てていたお金を今後の生活資金にしていけば、生活にゆとりが生まれるでしょう。

そして、弁護士へ支払う費用は分割に対応しています。その他、自己破産や個人再生を行う際に、裁判所へ支払う費用も弁護士への積み立てが可能です。

これは、借金ではないため、毎月の金額などを弁護士と相談しながら決定できます。

つまり、生活にゆとりを持たせながら、確実に積み立てられる費用を支払っていけば良いのです。

ひとつ言えることは、弁護士へ債務整理の相談をすることで「今よりも格段に生活が良くなる」ことです。

きっと、現在お金に困っており闇金以外から借りられるところを探していることでしょう。生活福祉資金貸付制度や消費者金融を利用できないのであれば、闇金以外から借りられるところはありません。

安全にお金の用意をしたいのであれば、債務整理も検討してみてください。

自分の状況に合わせた債務整理手続きを選ぼう

債務整理の種類は以下の3種類です。

  • 返済能力がある方におすすめな任意整理
  • 残したい資産がありながら、借金を大幅に減らしたいなら個人再生
  • とにもかくにも借金を0にしたいのであれば自己破産
最低限の返済能力があるなら、将来の利息をカットする任意整理

任意整理は、債務者(お金を借りた人)と債権者(お金を貸した人)の間で行う交渉によって、将来の利息をカットする手続きです。

残った元金を3~5年かけて返済を目指す債務整理であって、法的強制力はありません。

任意整理は、ひとつの借金から整理が可能であり、自分の資産を処分する必要がないなど、多くのメリットがあります。

その一方で、最低限の返済能力を持って、債権者と交渉を行わなければいけません。

そのため、働いていることや安定した収入があることなどが条件となる可能性があります。「自分でも任意整理ができるかな?」と思われた方は、まず、弁護士へ相談してみてください。

残したい資産があるなら、借金を大幅にカットできる個人再生

個人再生は、法的強制力を持った手続きであり、借金のすべてをおおよそ1/5まで減らす手続きです。

個人再生は、任意整理と異なり法的強制力を持っているため、裁判所の判決が下れば、債権者(お金を貸した人)の意思に関係なく借金が減額します。

住宅や車など残したい資産がある方は、これらを失うことなく手続きが可能であるため、メリットとなるでしょう。

また、法的強制力を持った個人再生ですが、借金を抱えた理由を問われないのもメリットです。

たとえ、ギャンブルで作った借金であっても、借金を大幅に減額できる可能性があります。

多額の借金を抱え、首が回らないなら、借金が0になる自己破産の検討

多額の借金を抱え、返済が厳しいのであれば思い切って、自己破産をしてしまうのも良いでしょう。

自己破産は、法的強制力のもと借金の返済義務を免責してもらう手続きです。

自己破産の免責許可がおりれば、今抱えている借金のすべてを0にできるため、生活再建の目処も立ちやすくなるでしょう。

しかし、自己破産はデメリットも多くあります。たとえば、「住宅や車などの資産を失ってしまう」「10年程度ローンが組めない」などなど。

今の厳しい生活を鑑みれば許容できる範囲かもしれませんが、借金を抱えているからと言って、必ずしも自己破産をすることが正解とも限りません。自分がどの債務整理をするべきか悩んでいるのであればまずは、弁護士へ相談してみると良いでしょう。

誤って闇金業者からお金を借りてしまったなら、今すぐ弁護士へ相談

お金に困り、誤って闇金業者からお金を借りてしまったのであれば、今すぐに弁護士へ相談してください。

弁護士へ相談することで、厳しい取り立てや闇金への借金返済が一切止まります。もしも闇金からの借入を放置してしまうと、自身の生活を脅かすのみならず、周囲の人へも多大な影響をもたらします。

闇金は、法外な利率でお金を貸付、違法な行為であっても強制的に回収をします。自分で対処できる問題ではなく、警察に相談をしたところで「民事不介入」といってケースによっては介入してくれない可能性もあります。

闇金と関わりを持ってしまったことがわかった時点で、早期に弁護士へ相談されたほうが自分のためになるでしょう。

当サイトでも闇金問題に対応している弁護士を紹介していますので、こちらから弁護士にご相談ください。

まとめ

今回は闇金以外から借りられるところについてお伝えしました。闇金以外であっても借りられる手段はたくさんあります。収入が少なく、経済的に厳しいのであれば生活福祉資金貸付制度を利用すれば良いです。

信用情報に問題がないのであれば、消費者金融等から安全にお金を借入れば良いでしょう。もしも、いずれの手段でもお金を借りられないのであれば、多額の借金を抱えているはずです。

借金問題を根本的に解決すれば、今の生活にゆとりが生まれることは言うまでもありません。闇金以外からお金を借りられる方法を探しているあなたも、絶対に、上記いずれかの方法で余裕ができます。

何があっても絶対に闇金からのお金を借りてはいけません。最悪の場合、自分の人生が狂ってしまうのみならず、自分の家族や友人までも巻き込む可能性があります。

今回お伝えした

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 地方共済組合の貸付事業
  • 質屋
  • 消費者金融からの借入
  • 債務整理

いずれかの方法で、闇金との関わりを持つことなく、安全にお金を借りたり借金問題を解決したりできます。闇金からの借入だけは絶対に避けてください。