闇金からのしつこい督促電話は弁護士への依頼ですぐに止められる

闇金からのしつこい督促電話は弁護士への依頼ですぐに止められる
監修
弁護士吉田 伸広

返済が遅れた途端に闇金からしつこいくらいの督促の電話がかかってきます。どのように対処すればいいのでしょうか。

闇金は利息を回収することが仕事ですから、返済が滞ると執拗な電話がかかってきます。督促電話を止めるには弁護士に相談し債務整理手続きをはじめることが最も有効です。電話にでると高圧的な言葉で返済を迫られるので逃げ出したくなる気持ちはわかりますが。無視したり放置すれば 督促や嫌がらせがさらにエスカレートする可能性が高いので速やかに相談することをおすすめします。

そうなんですね。でも脅されたりしたら警察に相談したほうが早く解決しそうなんですが、弁護士の方がいいんですか。

警察は「民事不介入」が原則なので相手が闇金であっても借金問題に関与することはできません。もちろん暴力事件などの刑事事件に発展した場合などは動いてくれますが、そうでない場合対応してもらえる可能性は低いと言えるでしょう。弁護士であれば債務整理手続きとしてまずは闇金と交渉して督促を止めてもらうことが可能なので、一刻も早くしつこい督促電話を止めるには弁護士に相談することをおすすめします。

わかりました。でもただでさえ闇金の返済に困っているのに、弁護士費用を払う余裕がないので依頼できないのではないでしょうか。

闇金問題については前金のみの支払や分割払いなど、費用面で融通を聞いてくれる事務所も多いので安心してください。闇金の返済がストップすれば、弁護士費用はその分で工面することも可能になるのでまずは督促をストップするためにも速やかに弁護士に相談してみてください。

闇金の借金を延滞してしまい毎日のしつこい督促電話で精神的にまいってしまう方も多いと思います。

闇金からのしつこい督促電話は弁護士への相談で即日ストップすることが可能です。

弁護士に依頼すれば債務整理手続きを取り、即座に闇金に対し弁護士が代理人となることを通知し、督促をストップするよう闇金に通知します。

これにより、闇金からのしつこい督促電話はストップする可能性が高いのです。

また手続きに関する費用面でも前金のみでの対応や分割払いに対応してくれる事務所も多いため、費用面での心配もありません。

また闇金問題を解決するためには、根本原因となっている借金問題の解決が必要です。

弁護士であれば、借金問題についても債務整理手続きで解決してもらうことが可能です。

債務整理方法は複数あり、状況によって選択できるものが違うため、弁護士に適切な方法をアドバイスしてもらい進めるとよいでしょう。

この記事でわかること
  • 闇金からのしつこい督促電話は弁護士に依頼して債務整理手続きをすればストップできる。
  • 債務整理手続きを開始することで闇金への対応はすべて弁護士を通す必要があるため、闇金は利用者に直接督促できなくなり、督促電話がストップする。
  • 闇金の債務整理手続きは督促電話のストップであれば前金のみで対応してくれるので、その後の支払いも分割で対応可能な事務所も多い。
  • 弁護士に依頼すれば闇金の根本的問題である借金問題も債務整理手続きで解決してもらうことも可能。
  • 警察は「民事不介入」が原則のため、借金問題には介入できず督促電話は止められない。
  • 闇金の督促電話は無視したり放置したりすると職場や家族などの周囲にも影響が及ぶ可能性があるため、適切に対応しなければならない。
目次
  1. 闇金からのしつこい督促電話を止められる5つの対処法
  2. 闇金からの督促電話がエスカレートするので無視はNG
  3. 闇金から勧誘電話がくる原因は個人情報の流出
  4. まとめ

闇金からのしつこい督促電話を止められる5つの対処法

利用者からの返済が滞ると、闇金はしつこい督促電話を何度もかけてきます。

場合によっては高圧的な言葉で返済を迫ることもあり、精神的に大きな負担がかかる利用者も多くいます。

あまりにもしつこい督促電話に応対するのも嫌になり、無視したり放置したりすればさらに事態の悪化を招きかねません。

闇金からの督促電話を止められる、正しい対処法を5つ解説します。

1.闇金の督促電話に出て一度きっぱり断る

まず1つ目は、闇金からの勧誘電話に出て、一度きっぱりと断りをいれることです。

闇金とは関わりを持たないことが大切ですが、一度関わりを持つと断ち切るのは非常に難しく、最終的には返済できなくなるまで闇金は利用者からお金を回収しようとします。

しかし、闇金は利用者から利息を得ることが目的のため、お金を払う意思が一切ないことを伝えれば、しつこくは追いかけてきません。

闇金と直接会話するのは不安かもしれませんが、曖昧にすることなく一度きっぱりと断りましょう。

2.闇金の電話番号を着信拒否に設定する

きっぱりと断ってもしつこく電話される場合、闇金の電話番号を着信拒否に設定しましょう。

ただし、闇金はいくつも電話番号を所有しているため、知っている電話番号以外には出ないなど、できる限り無視する対策を取ることが重要です。

闇金の電話番号が変わる度に着信拒否に設定すれば、督促電話はやがて止まります。

ただ、督促電話がなくなっても、自宅や職場へ直接取立てされるリスクもある点は忘れてはいけません。

3.自分の電話番号やSNSアカウントを変更する

着信拒否に設定した電話番号からの督促電話は止まりますが、ほとんどの闇金は携帯電話を複数所有しています。

着信拒否に設定しても、別の電話番号で闇金から督促電話がくる場合、自分の電話番号やSNSアカウントを変更しましょう。

また、電話番号などの個人情報が一度でも闇金へ流出すると、闇金のネットワーク間では半永久的に残り続けてしまいます。

いまの闇金からの督促電話を遮断したとしても、自分の個人情報が闇金のネットワーク間で取引されて、別の闇金からの勧誘などに利用されるケースも少なくありません。

そのため、闇金に自分の電話番号などが知られている場合、変更したほうが安全でしょう。

闇金に知られている銀行口座を口座解約する

闇金を過去に利用していた場合や借入直前に思いとどまった場合など、闇金に銀行口座を知られている場合はすぐ口座解約したほうがよいでしょう。

電話番号などと同様に口座番号などの情報も、闇金のネットワークの中で半永久的に保管されます。

闇金を利用する気がなくても、利用者の銀行口座へ勝手にお金を振り込み、返済を迫る「押し貸し」という手口を使う悪質な闇金も存在します。

口座番号を知られている場合、一度は督促電話が止まっても「押し貸し」の被害で別の闇金から狙われてしまう恐れがあります。

「押し貸し」を未然に防ぐためにも、電話番号やSNSアカウントだけでなく、銀行口座も解約しておくのがベストです。

4.闇金を逮捕するため警察へ相談する

闇金業者からしつこく督促電話を受けている場合、その事実を警察へ相談しましょう。

警察が闇金を逮捕すれば、しつこい督促電話だけでなく直接の督促も止められます。

より確実に闇金を逮捕してもらうには、以下のような闇金の違法性を警察に主張するとよいでしょう。

罪状 主な条件
出資法違反 法定金利以上の利息で貸付する
貸金業法違反 無登録で貸金業者を営業する
組織犯罪処罰法違反 組織的に貸金業者を営業する
脅迫罪 「返さないと殺す」など被害者を脅す
恐喝罪 脅迫した上でお金を騙し取る
業務妨害罪 被害者の勤務先へ何十回も電話する
住居侵入・不退去罪 被害者の自宅へ取立てに出向く
逮捕・監禁罪 車などに被害者を閉じ込める
名誉毀損罪 被害者の悪口を周囲へ流布する

ただし、警察は事件性がないと対応してくれないため、督促電話がしつこい程度では警察が闇金を逮捕してくれる可能性は低いです。

とはいえ、警察には無料相談できるので、一度相談しておいて損はないでしょう。

警察が督促電話を止めるまで時間がかかる

昼夜問わず繰り返される督促電話や高圧的な督促に耐えきれず、警察に助けを求めて相談する人も多いですが、警察ではすぐに対応してもらえない可能性が高く、督促電話は止まりません。

警察は原則的に民事不介入という立場をとっており、刑事事件に発展する恐れがない限り、直接的な関与はできません。

自宅まで督促に来て高圧的な言動で脅したりすることがあれば、現場まで来て注意するくらいはしてもらえるでしょう。

しかし、闇金もそれ理解しているので、その時点ではいったん督促が止まっても、すぐに再開されます。

闇金の督促電話を警察に止めてもらう場合、刑事事件に発展させるために証拠を十分に揃えて、逮捕に向けて動いてもらう必要があります。

しかし、警察が逮捕に動くほどの証拠を一般人が揃えるのはかなり難しく、また揃えられたとしても逮捕までにはかなりの時間がかかります。

しつこい督促から一刻も早く逃れたい人にとっては解決にはならないでしょう。

5.いますぐ督促電話を止めたい場合は弁護士へ依頼する

これまでに解説した対策をしても勧誘が止まらない場合や職場にも勧誘の電話が来ている、口座番号を知られていて不安な場合はすみやかに弁護士に相談するとよいでしょう。

こういった場合、やがて「押し貸し」などによる闇金とのトラブルにもつながりかねず、早めに解決しておくことが重要です。

闇金からのしつこい督促電話は、弁護士に債務整理を依頼すればストップできます。

弁護士であれば、しつこい勧誘などにやめるよう交渉するなど適切に対応してもらえますし、闇金も警察の介入につながることは避けたいので督促電話が止まる可能性が高まります。

闇金からの督促は債務整理手続きによりストップできるので、適切な対応をするようにしてください。

債務整理を依頼すると闇金対応の窓口は弁護士になる

闇金の返済が滞り、闇金からのしつこい督促電話があった場合、弁護士に債務整理を依頼すれば督促は止まります。

弁護士に債務整理を依頼すると、債権者である闇金に対し受任通知を送付します。

この受任通知の送付により、闇金は利用者と一切連絡ができず、すべての対応窓口は弁護士となります。

闇金の場合は連絡手段が電話しかないことも多いため、弁護士は利用者に弁護士がいる横で闇金に連絡するように指示します。

その後、闇金から利用者が認識されたタイミングで電話をかわり、債務整理の依頼を受けたことを通知して受任通知の送付先を確認します。

この時に高圧的な態度をとる闇金もいますが、ほとんどの場合、最終的に交渉としては受け入れられることが多いです。

「いくら受任通知で法的に接触を禁じても、闇金は無視して接触してくるかも」と不安かもしれませんが、闇金は警察の介入をもっとも嫌がります。

警察が動けば逮捕の可能性があるだけでなく、最悪の場合は営業停止などに追い込まれるので、闇金としては避けたい事態です。

弁護士が介入してきた時点で、闇金は「交渉が難航すれば最悪、弁護士から警察を動せる」とわかっています。

そのため、弁護士が介入したことがわかると手を引く闇金が多いです。

督促電話を止めるには安価な弁護士費用で依頼できる

弁護士への依頼と聞くと費用面で不安になる方も多いですが、督促電話をとめるだけの依頼なら前金のみを支払えば対応してもらえる事務所がほとんどです。

弁護士費用と聞くと何十万円も必要というイメージを持たれていますが、闇金問題については概ね1社につき3~4万円程度が相場です。

さらに督促電話をひとまず止めるくらいであれば、前金をいくらか支払うことでその場で止める交渉をしてくれる事務所がほとんどです。

弁護士は闇金からの執拗な督促で相談に来た人が精神的に追い込まれ、冷静な判断が難しい状況であることをわかっています。

そのため、まずは状況を落ち着かせることを優先してもらえるため、費用面が不安でもまずは相談してみましょう。

支払いが止まれば弁護士費用も用意しやすい

「闇金からの借金は基本的に返済する必要がない」と法的にも認められています。

弁護士に依頼して督促が止まれば当然、返済も止まるので、これまで返済してきたお金を弁護士費用に充てることも可能です。

また、闇金との交渉や債務整理手続きにより、これまで支払った金額を取り戻せる可能性もあります。

これらを積み立てて支払うことができますので、相談する時点で弁護士費用を用意できていなくても大丈夫です。

弁護士に依頼すれば闇金以外の借金問題も解決できる

闇金を利用している人の多くが、既に通常の貸金業者から借入ができない状態になっていたり、返済が厳しくなっていたりすることが多くあります。

貸金業者の返済で困った結果、闇金に頼らざるを得なくなってしまったのです。

闇金のしつこい督促を止めて関係を断つためには、その根本原因となっている借金問題を解決しないと、いずれ再び闇金を利用してしまう可能性があります。

弁護士に依頼すれば、闇金の督促を止めるだけでなく根本原因である借金問題も最終的に解決できます。

通常の貸金業者からの借入が返せない状況にあるなら、債務整理という方法で解決できる可能性があります。

「過払い金請求」で払い過ぎた利息を取り戻し借金を返済する

過払い請求は過去に払い過ぎた利息を取り戻す債務整理手続きです。

2007年以前に借入をしていた場合は利息を払い過ぎている可能性があり、払い過ぎた分の利息を取り戻せる可能性があります。

また現時点ですでに完済していても、過払い金があれば請求することが可能です。

過払い金とは貸金業者が「グレーゾーン金利」と呼ばれる利息制限法に定められた上限金利を超える利息設定をしていた際に払っていた利息のことです。

2006年の法改正以前は利息制限法の上限金利を超えた金利を設定していても罰則がなかったため、上限を超える利息を得ていた貸金業者が多くありました。

しかし法改正により、この利息設定は支払わなくてよいとされたため、過去に支払った金利についても返還請求が認められています。

過払い金の額によってはこの過払い金請求で残りの借金を完済できる可能性もあります。

ただし過払い金は時効があるため、気になる方は早めに弁護士に相談し、過払い金の有無だけでも確認しておくとよいでしょう。

また過払い金は請求できる権利のあるものですが、対象の貸金業者がすでに倒産していたり、支払う能力がなかったりする場合は取り戻すことができません。

確実に取り戻すためにも早い対応をしておくとよいでしょう。

過払い金を返還請求できる条件など、詳しくは以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

家族にバレずに借金問題を解決したい場合は「任意整理」

任意整理とは、債権者と個別に交渉することで将来利息の免除や返済期間の延長を交渉する手続きです。

債権者と個別に交渉しますが、交渉のほとんどを弁護士が代行するため、家族に知られることなく借金問題を解決できます。

将来利息の免除や返済期間の延長により毎月の返済負担を軽減することで、確実に借金を完済できるようにします。

ただし、任意整理で交渉できるのは、あくまで将来利息の軽減や返済期間の延長であり、借金そのものは減額できないため、他の債務整理と比べると減額幅は小さいです。

また債務整理手続きですので、ブラックリストに掲載され、手続き後の一定期間は新規借入ができなくなるなどデメリットもあります。

「任意整理」について、詳細は以下の記事にまとめているので参考にしてください。

自宅を残して借金を減額したい場合は「個人再生」

個人再生は裁判所を介して借金を概ね5分の1程度に減額したうえで、残額について原則3年で返済していく債務整理手続きです。

また「住宅ローン特則」という制度を使うことで住宅ローンの残った自宅を処分せずに大幅に借金を減額できることも特徴です。

個人再生手続は裁判所を介する手続きとなるため、準備しなければならない書類も多く手続きにも時間がかかります。

配偶者など同居人がいる場合には同居人の収入証明が必要になることもあるため、任意整理とは異なり家族に隠し通して手続きすることは少し難しくなってきます。

ただし、個人再生は減額後の借金を返済していく必要があるため、返済できるだけの安定した収入があることが条件です。

また任意整理と同じく、ブラックリストに掲載されるなどのデメリットもあります。

「個人再生」について、詳しくは以下の記事にまとめているので参考にしてください。

これ以上は返済できない場合の最終手段は「自己破産」

自己破産とは、借金全額の返済を裁判所に免除してもらう手続きです。

借金の返済をすべて免除してもらえるため、新たにスタートを切れる点が特徴です。

この手続きも裁判所を介する手続きのため、さまざまな書類の準備や作成が必要です。

ただし、自己破産手続の場合、自分が所有している資産は原則的に処分する必要があるため、家族に隠しておくことは不可能と考えておきましょう。

また自己破産はメリットも大きい分、他の債務整理同様、ブラックリストに掲載されることはもちろん、手続き中は生命保険外交員や警備員など、特定の職業への就業や長期の旅行などが制限されます。

「自己破産」について、詳しくは以下の記事にまとめているので参考にしてください。

闇金からの督促電話がエスカレートするので無視はNG

闇金からの借金が返済できず滞納してしまった場合、督促電話を無視してはいけません。

ほとんどの場合、闇金の督促は電話でおこなわれますが、これまで親切に優しく接してくれたとしても、1回延滞しただけで鬼のような督促が始まります。

これを無視すれば1日中何度も督促電話がかかってくることもありますし、電話に出れば脅迫的な言葉で追い詰められることも少なくありません。

精神的に追い詰められると、ますます電話に出たくなくなりますが、無視し続ければ支払う気がないと思われてしまい、さらに闇金の督促が悪化します。

督促電話におびえて無視し続けると闇金は利用者だけでなく、職場や家族、親族も巻き込んだ督促を始めます。

電話で連絡できない場合は家まで取立にくる

電話での督促を無視し続ければ、闇金は自宅に直接督促に来る場合もあります。

最近の闇金は自宅に直接督促に来ることで顔を知られたり、警察に介入されることを恐れて、あまり自宅への督促は行わなくなっていますが、それでもまったく無いわけではありません。

警察の介入を避けるため、暴力行為などの直接的な取立はあまりしてきませんが、壁やドアを叩き大声で返済を迫ったり、何時間も家の前で居座ったりと嫌がらせ行為を受ける可能性があります。

家族や兄妹などへ督促されると関係が悪化する

督促電話を無視し続けると、まず間違いなく発展するのが家族や兄弟、親戚などの親族への督促です。

利用者同様に親族にもしつこい督促電話や電話口で怒鳴るなど、精神的に追い詰める督促をおこない、本人から連絡をせざるを得ない状況に追い込んできます。

また、闇金利用者の中には親族に内緒で利用している人も多いです。

親族を巻き込んだ督促電話で闇金の利用が露見して、関係が悪化してしまい、縁を切られたというケースも少なくありません。

勤務先にも督促の電話がかかり職場にいづらくなる

闇金に勤務先の情報が知られていた場合、勤務先にも督促の電話がかかってきます。

毎日数えきれないほどの督促電話をかけ続けて会社の営業を妨害したり、何十枚にも及ぶ督促のFAXを送り付けてきます。

また、本人への督促だけではなく、電話口にでた会社の人間にまで高圧的な言葉で督促することも珍しくありません。

勤務先としても度重なる督促電話で営業がままならなくなり、電話を受ける社員にも精神的な負担がかかります。

こういった督促をきっかけに闇金の利用を勤務先に知られると、関係が悪化して退職を余儀なくされる恐れもあります。

闇金から勧誘電話がくる原因は個人情報の流出

そもそも闇金から督促電話がくる原因は個人情報の流出です。

以下のような場合、闇金から督促電話がかかってくる可能性があります。

  • 過去に闇金を利用したことがある
  • 利用していないが融資を申し込んだことがある
  • 自己破産・個人再生をしたことがある
  • 懸賞サイトや出会い系サイトなど
  • FacebookやtwitterなどのSNSで接触してくる

このような心当たりがあれば、別の闇金からの勧誘電話にも十分注意しましょう。

闇金からしつこい勧誘電話が掛かってくる理由

闇金はお金に困っている人に貸し付けることで高い金利を取ることを目的としています。

そのため常に貸付先を探していて、その手段は年々と狡猾になってきています。

ただし、どんなにお金が必要でも勧誘されても闇金からお金を借りてはいけません。

闇金に一度手を出すと抜け出すことができずに借金まみれになっていく人も多いので、本当にお金に困った場合は弁護士に債務整理の相談をしてみましょう。

闇金に闇金を利用したことがある

過去に闇金を利用したことがある場合、すでに完済していても勧誘の電話がかかってくる可能性があります。

闇金を過去に利用したことがある場合、利用者の個人情報が闇金に知られているケースが多いでしょう。

この際の個人情報は闇金間のネットワークに保管されており、利用していた闇金以外にも流れてしまうため、他の闇金から勧誘される可能性も高いです。

闇金を利用していないが融資を申込みしたことがある

最終的に利用していなくとも、一度でも闇金へ融資を申し込んだ場合、勧誘される可能性があります。

融資を申し込んだ段階で名前や電話番号を記入させられている可能性が高いため、利用した場合と同様にその個人情報は闇金に利用されます。

一度は利用寸前までいった人物であれば、勧誘により利用につながる可能性が高いため、闇金も積極的に勧誘してくる可能性は高いです。

また借入直前まで進み、振込先の口座番号を教えてしまっている場合は「押し貸し」などの被害にあう可能性もあります。

口座番号を教えてしまっている場合はすみやかに口座を解約するなどしてトラブルを回避するようにしましょう。

自己破産・個人再生をしたことがある

自己破産や個人再生をしたことがあると、手続き完了後に闇金業者から勧誘される可能性があります。

自己破産や個人再生など債務整理手続きをすると、その事実が官報に掲載されます。

また債務整理手続きをすると、一定期間は貸金業者から借入できなくなることを闇金は知っています。

つまり、何らかの理由で資金が必要な場合、闇金の利用者となる可能性が極めて高いです。

官報は誰でも閲覧できるので、利用者を探すために闇金は官報をこまめにチェックしています。

偽の懸賞サイトや出会い系サイトなどにアクセスしたことがある

懸賞サイトやメールでくる懸賞当選メールなどへ個人情報を入力してしまうと、その個人情報が勧誘につながる可能性があります。

闇金は偽の懸賞サイトや懸賞当選メールなどで個人情報を集め、利用者の勧誘に利用しています。

また、出会い系サイトなどで近づき個人情報を得ようとする闇金も少なくありません。

身分が怪しい相手には、うかつに個人情報を教えない、入力しないなど慎重な対応を普段から心がけましょう。

FacebookやtwitterなどのSNSで闇金と接触したことがある

最近ではほとんどの人がスマホを利用しており、何らかのSNSを利用しているため、SNSを利用して接触を図ってくる闇金もいます。

FacebookやtwitterなどのSNSは相手の個人情報を知らなくても接触できるため、DMなどで接触しその後個人情報を聞き出したり闇金の利用を勧誘したりしてきます。

特に最近のSNSでは家族や職場などの個人情報を投稿している人が多く、闇金に交友関係なども把握されやすいため、闇金とのトラブルにもつながりやすいことが特徴です。

闇金業者からしつこい勧誘を受けた場合の対処法

闇金業者は、あなたがお金に困っているということに目を付けて何度も勧誘をおこなってきます。

ときには甘い言葉や条件でつい借りたくなってしまうことがあるかと思いますが、一度手を出すと際限なく借金が増えていくことになるので、絶対に関わらないようにしましょう。

きっぱり断る

まず、闇金業者からの誘いはきっぱりと断りましょう。

ここで曖昧な態度見せたり、弱気な断り方をすると、闇金業者はあなたが「お金に困っている」と確信してさらにしつこく勧誘をかけてきます。

必ずきっぱりと「必要ありません」と断るようにしましょう。

着信拒否をする

闇金の勧誘として一番多い手段が電話です。

一度断って引き下がるならいいですが、何度も電話をかけてくることがほとんどなので、一度勧誘があった電話番号は着信拒否するようにしましょう。

電話番号が知られていることでショートメールが送られてくることもありますが、こちらも返信してはいけません。徹底的に無視しましょう。

スマートフォンにかかってくる知らない番号からの連絡は基本的に出ないのが得策です。

電話番号を変更する

1つの闇金業者に電話番号が知られているということは、他の闇金業者にも電話番号が知られている、と考えた方がいいでしょう。

こういった「お金を借りてくれそうな人」の個人情報は裏で売買されており、いつ他の業者から勧誘がこないとも限りません。

いったん収まったとしてもいつまた勧誘がくるか分かりませんので、あまりにしつこく複数の業者から勧誘がくる場合は電話番号を変更しましょう。

SNSのアカウントを削除する

FacebookやtwitterなどのSNSを通じて闇金業者から何度も勧誘がある場合は、思い切ってアカウントを削除した方がいいでしょう。

SNSのアカウントはいくつでも作ることができてしまうため、1つのアカウントをブロックしてもまた新しいアカウントから勧誘が来てしまい、キリがありません。

またSNSでは闇金業者に交友関係などがバレやすく、お金に困っていることを広められたりしかねないため、トラブル防止のためにも削除しておくのが得策です。

まとめ

この記事のまとめ
  • 闇金からのしつこい督促電話は無視や放置はしてはいけない。弁護士に依頼し債務整理手続きをすることで督促はすぐにストップできる。
  • 無視や放置を続ければ、家族や職場にも督促や嫌がらせの被害が及ぶ可能性がある。
  • 弁護士に依頼し債務整理手続きが開始され、闇金に対し受任通知が送付される。受任通知を受けた闇金はそれ以降、利用者に督促することを法的に禁じられ、弁護士が対応の窓口になるため督促がストップする。闇金は違法業者であるが、無視して督促すれば警察の介入を招く可能性が高いため、応じる可能性が高い。
  • 闇金の督促が止まることで弁護士費用の積み立てが可能。支払いについても分割払いなどに対応してくれる事務所も多いため、費用面で不安があっても対応してもらえる。
  • 弁護士に依頼することで根本的な借金問題を解決することも可能。借金問題を解決する債務整理手続きは状況により最適な方法が異なるため、弁護士に相談しアドバイスを受けよう。
  • 警察は原則民事不介入のため、闇金問題の解決には介入できない。暴力事件など刑事事件に発展したり、自宅への督促での高圧的な言葉など刑事事件に発展する可能性があったりすれば対応してもらえる可能性はある。しかし根本的な解決ではないので、時間が経てば督促が再び始まる可能性が高い。
  • 闇金からの勧誘電話は基本的に無視することが最善。勧誘がしつこい場合は電話を拒否設定する、電話番号やSNSアカウントを変更するなど連絡を絶つ対策を取ること。
  • 闇金に過去に申込や借入をしていて口座番号を知られている場合は「押し貸し」などの被害にあう可能性があるため、速やかに解約したほうが良い。
  • 勧誘があまりに悪質な場合は専門家に相談し、トラブルになる前に対策を。

闇金からのしつこい督促電話は無視すれば利用者だけでなく、やがて家族や職場にも及び精神を追い詰め、人生を暗転させます。しつこい督促電話をすぐにやめさせ安定した生活を取り戻すには弁護士への相談が最善の策です。闇金からの督促は決して無視したり放置したりしてはいけません。

弁護士であれば闇金に債務整理手続きを受任したことを伝え、以降利用者に督促しないよう通告し督促電話をストップすることができます。闇金も弁護士の通告を無視すれば警察の介入の可能性があることを知っているため、交渉に応じる可能性が高くなります。

闇金からのしつこい督促電話で悩んでいる、返済ができなくなりそうで不安だという方はまずは弁護士に相談してみることをおすすめします。まずは督促電話を止め闇金との関係を断つことが第一歩です。まずは生活を落ち着け、根本的な借金問題も含めて解決することがなによりも重要です。弁護士であればそのすべてについて適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

この記事を書いた人

ryo

金融系・転職系を中心に執筆活動を展開。丁寧でわかりやすく、どこよりも詳しい記事を心がけ発信します。本サイトでは個人再生分野を主に担当。借金を大きく減額できる制度ですので、よろしければその他の記事もご覧ください。

闇金問題の関連記事
闇金の借金で口座凍結!今すぐやるべくことは?弁護士に相談し借金問題を根本的に解決することが大事

闇金の借金で口座凍結!今すぐやるべくことは?弁護士に相談し借金問題を根本的に解決することが大事

闇金から借金をしたら口座が凍結されたという方が増えています。闇金から借金をしただけなのに、突然口座が利用できなくなったり、銀行から犯罪利用の疑いがあるので口座凍結したとの通知が来たりと何があったのか理解できず不安になる方も多いのではないでし[…]

【闇金が自宅や会社に来た場合にやってはいけないこと】取り立ては弁護士への相談で今すぐストップ可能です!

【闇金が自宅や会社に来た場合にやってはいけないこと】取り立ては弁護士への相談で今すぐストップ可能です!

闇金は返済督促のプロであり、あらゆる手段で回収しようとしてきます。最近では自宅まで督促にくるケースは少なくなっているものの、督促に応じない場合などリスクを辞さず督促にくる可能性もあります。 もし自宅に督促に来たとしても絶対にドアを開けて対応[…]