【闇金の借金を返したいあなたへ】返せない闇金の借金は返済不要!契約無効となる条件は?

闇金への借金が返せない・・・闇金への借金は返済する必要なし!弁護士に相談し今すぐ関係を断ち切ろう

闇金からお金を借りてしまったのですが返すのが厳しくなっています。どのように対処したらいいですか?

結論からいうと、闇金への借金は返さなくて問題ありません。
法外な高金利の利息を徴収する闇金の貸付は違法なので利息はおろか元本すら返す必要はありません。過去の判例でも返済の必要はないという判決もでていますよ。

そうなんですね。でも返さなければ厳しい督促があるとか嫌がらせを受けるとか聞くので不安です。

いくら返さなくてもいいとはいえ、返済を無視し続けるのは良くないです。闇金はなんとしても利息を回収するために昼夜問わない督促電話や、家族や友人・職場を巻き込んでの返済督促などあらゆる方法で回収しようとしてくる可能性があります。

そうですよね。じゃあどうすればいいんでしょうか?

警察に相談する人もいますが、警察は借金問題のような民事には不介入が原則なのですぐには解決しません。弁護士であればすぐにでも取り立てを止めるよう闇金と交渉してくれることも多いので、まずは弁護士への相談が適切な対処法と考えられます。

闇金に借金をしてしまい、返済ができなくなった結果執拗な督促に追い込まれている方は少なくありませんが安心してください。

まず闇金の借金は元本も含めて返済の必要はありません。これは法的にも認められたものであり、判例もあります。

法的には返済の必要のない闇金からの借金ですが、そのまま放置しておくべきではありません。放置すれば闇金からの督促はどんどんエスカレートし生活を脅かされる可能性もあります。

闇金からの督促をとめ、闇金問題を解決するには今すぐにでも弁護士に相談すべきです。弁護士に依頼すれば闇金との交渉をすぐにでも行い、督促を止めてもらえます。それだけでなく将来的な不安なく解決に導いてくれることもメリットです。

この記事でわかること
  • 闇金からの借金は違法行為であり元本も含め返済の必要はない。
  • 闇金の貸付は法律に定められた利息以上が設定されていること、暴利の利息を得ることを目的に貸し付けられた「不当原因給付」に当たることから違法との判決が最高裁からでている
  • 闇金の借金は完済すれば解決すると思うのは間違い。闇金は利息を得ることが目的のため、あの手この手で完済をさせない
  • 闇金からの借金は返済義務はないが、執拗な督促など生活を脅かすトラブルに発展する可能性もあるため、無視するだけではいけない
  • 闇金問題はすっきり解決するなら弁護士に相談すること

闇金には返済する必要はない!弁護士に相談し、今すぐ関係を断ち切ろう

とても大事なことなので、結論から言います。

闇金には返済する必要はありません。

今すべきことは、闇金への返済資金を用意するよりも、弁護士に相談し、闇金との関係性を断ち切ることです。

闇金からの借金を返せず悩んでいる人が何をすべきか、順を追って説明していきます。

そもそも闇金への返済はしなくていい

そもそもですが、闇金からの借金は返済する必要がありません(あなたが借りている借金が違法な金利であるということを前提としています)。

というのも、法定利息を超えた貸付は、契約自体が無効となるからです。

法定利息以上の借り入れは契約自体が無効となる

貸金業者が貸付時につける利息は「利息制限法」という法律で、最大でも年利20%が上限と定められています(利息制限法第1章第1条)。

また、「貸金業法」という法律でも年109.5%を超える利息を取った場合は刑事罰が科せられ、契約自体が無効になるとされています(貸金業法第42条)。

利息制限法 第一章 第一条
金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

利息制限法 | e-Gov法令検索

第四十二条 貸金業を営む者が業として行う金銭を目的とする消費貸借の契約(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつて金銭を交付する契約を含む。)において、年百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償額を含む。)の契約をしたときは、当該消費貸借の契約は、無効とする。

引用元:貸金業法 | e-Gov法令検索

今あなたが借りている闇金からの借金は、この利息を大きく上回っている可能性が非常に高いです。

例えば「トイチ(10日で1割)」の場合、年利はなんと365%。法外な金利であることがわかっていただけたかと思います。

法外な金利を設定している闇金からの借り入れは契約自体が無効となることは、ここでは重要なポイントです。今すぐ弁護士に相談し、今後一切関わらないよう対処してもらいましょう。

最高裁判決で請求権がない判決がでている

ここで「契約が無効になっても借入した元本は返済する必要があるのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、元本についても返済不要との判決が最高裁から出ています(参考:ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について:金融庁)。

この最高裁の判決では闇金から借り入れたお金は「不法原因給付」にあたるため返済の必要はないという判決です。

「不当原因給付」は道徳や倫理に反する行為に基づいた金品の受け取りのことを指しています。闇金の場合は法律に違反する不当な高金利の利息を得ることを目的に金銭を貸し付けていることから「不当原因給付」にあたるという判決になりました。

このように法律や最高裁での判例により闇金への返済は一切しなくていいということになっています。

ただし最高裁の判決は闇金が得ていた金利が非常に高金利であったことが判決の決定打になっているため、ソフト闇金のような著しく高い金利でない場合は適用されない可能性もあります。

完済しようとしてもあの手この手でかわされるのがオチ

闇金からの借金は完済することが非常に困難です。

闇金の目的は元本の回収ではなく高い金利の利息を利用者に払わせ続けることにあります。そのため、一度借入した利用者を逃がさないためあの手この手で完済させないようにしてきます。

高金利で月々の返済では元本返済まで至らない

闇金は法定利息を超えた高い金利を設定しています。そのため、月々の返済だけでは1ヶ月の利息分にしかならず、元本部分はずっと元のままの状態になっていることもあるのです。

闇金を利用する人は金融機関から借入もできないお金に困っている人が多いため、月々の返済で手いっぱいで元本まで手が回らないような利息設定をされると延々と返済を続けることになってしまいます。

返済に困ると「ジャンプ」をすすめる

月々の返済に困ると闇金は「ジャンプ」を進めてきます。「ジャンプ」とは返済を1ヶ月先送りすることをいいます。

返済に困った人からすると助けてくれているように感じますが、これは利用者が返済に困っているのを助けるためではありません。例え「ジャンプ」して返済が先送りされても、1か月分の利息は発生します。

闇金は元本を回収する気はありませんので、返済を伸ばして利息をより多く搾取することが目的です。

完済させない「完済ブロック」という手法も

仮にまとまったお金が用意できて返済しようとしても闇金は返済をさせません。

完済したいと申し出ても返済口座を支払期限直前まで教えない、間違った口座番号を教える、事前連絡が必要だと難癖をつけられ事前に連絡しても無視されるなどあらゆる方法で返済させないようにしてきます。こういった手法を「完済ブロック」といいます。

闇金にとって利用者は延々と利息を払ってもらえるカモですので簡単に完済させるようなことはまずありません。結局完済できない間も利息は取り立てられ、仕方ないと返済してしまえばずっと搾取されてしまうのです。

返済義務がないからといって無視して逃げていいわけではない

闇金からの借金には返済義務はありませんが、だからといって無視して逃げてはいけません。

場合によっては更に事態を悪化させてしまうこともあるので、次に紹介する「弁護士への相談」を含め、適切に対処することが重要です。

無視すれば取り立てはエスカレートする傾向がある

闇金は利息を取り立てて利益を得るのが仕事です。つまり利息の取り立てが闇金の命ですので取り立てに関してはプロです。無視しても逃げ切れるものではありません。無視し続ければさまざまな方法で取り立ててきます。

例え無視し続けてもいわゆる「鬼電」で昼夜関係なくしつこく催促の電話がかかってきますし、無視し続ければ自宅や職場などにも連絡がきます。自宅から住所を変えてもなんらかの方法で居場所を突き止められ督促は続きます。

仮に自分が逃れられたとしても家族、友人、職場、近隣の住民にも督促するなど周囲の人をも巻き込んでいきます。場合によっては自宅の周辺で大声で騒ぐ、自宅に頼んでもいない出前が大量に届くなどの迷惑行為を行う業者もいて、そのまま放置していると普通の生活すらままならなくなる事態に発展しかねません。

他にも、違法とはいえ高額な延滞金を請求してきたり、口座が凍結されるリスクがあったりと闇金との関わりを放置してもいいことはありません。詳しくは闇金を放置すると最終的にはどうなる?踏み倒しや夜逃げはできるのかを解説の記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

闇金も闇金からの借入が違法であることは充分に認識しており、あらゆる手を使って利用者を逃がさず取り立てできるまで追求してきます。個人の力で逃げ切ることは不可能だと思っておいていいでしょう。

返済義務がないからといって返済する気がないのに借入すると罪に問われる

闇金は借りたお金であっても返済義務はないものですが、はじめから返済する気がないのに借入をしてはいけません。

返済する気がない借金をする(借り逃げ)と、いくら違法な取引であっても詐欺罪に当たる可能性もあります。また闇金がバカにされたと感じ、更に取り立てがエスカレートすることも十分に考えられ危険です。

闇金でも返済する気がないのに借りた場合は詐欺で訴えられる可能性がある

個人情報を一切隠すなど、はじめから返すつもりなく借金をした場合、詐欺で闇金から訴えられる可能性があります。はじめから返す意図なく闇金をだますつもりで借金をすることは「人をだましてお金を受け取る犯罪行為」で、10年以下の懲役になります。

また詐欺罪に当たる行為となれば、闇金を返済しなくていい根拠の一つである「不法原因給付」の対象からは除外されますので少なくとも元本については返済義務が発生します。

仮に一度も返済をすることなく専門家を介入させ踏み倒そうとすれば、自宅や職場、家族、友人へのいやがらせ行為に発展する可能性もありえます。専門家が介入した段階で取り立て自体は収まる可能性がありますが、面子をつぶされ報復行為に及ぶことはよくあることです。

やるべきことは闇金との関係を断ち切ること

ここまでで、闇金への借金は元本も含め返済する必要はないということがわかっていただけたはずです。

ですから、今あなたがやるべきことは、闇金への返済に悩むのではなく、弁護士に相談し、闇金との関係を完全に断ち切ることです。

弁護士に依頼すればすぐに闇金に連絡し督促を止めてもらえる

弁護士に相談する大きなメリットとして、執拗な取り立てを止められるということがあります。

弁護士は、借金相談の依頼を受けたらまず何をするかというと、「受任通知」というものを発送します。

これは「依頼者●●さんの代わりに、弁護士である私が債務整理手続きを進めることになりました。今後の連絡は●●さんでなく私に直接するようにしてください」と、債権者に通知する書類です。この受任通知を受け取った後は、債権者は債務者本人に連絡をとることは法律によって禁止されています。

闇金業者の中には、住所を教えずに電話番号だけで取引していて受忍通知が発送できない場合がありますが、その場合には、弁護士は闇金業者に電話して、返済義務がないことを伝えます。

つまり、法的な根拠を持って取り立てを止められるということです。

闇金が最も恐れることは刑事罰を受け営業自体ができなくなってしまうことです。そのため、この通知を受けて以降に利用者に連絡すれば違法となってしまうため、利用者への督促はすぐにストップするケースが大半です。

闇金からの督促が止まれば、精神的ストレスも大きく軽減されるはずです。また、取り立てをやめさせるということは、闇金との関係を断ち切るということでもあります。

これまでに支払った違法な利息なども取り返せる可能性も

また、弁護士に依頼することで過去に支払ってしまった利息や元金を取り戻せる可能性もあります。

例えば、「振り込め詐欺救済法」を利用して被害回復分分配金の支払いを受け、お金を取り戻す方法があります。

振込詐欺救済法は正式には「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」といい、犯罪に利用された疑いのある預金口座を凍結し、口座に入っている預金を被害者に分配する制度です。

闇金は多くの場合不正に取得した他人の口座を利用していることが多く、この制度の対象となるため、制度を利用して取り戻すことも可能です。

闇金は口座凍結を警戒しこまめに出金していたりするため確実に回収できるものではありませんが、手法としてこういうことがあるため、これまで返済したお金を取り戻せる可能性はゼロではないということを覚えておきましょう。

これまで支払ったお金が戻ってくる可能性があることも、弁護士に依頼する大きなメリットとなります。

弁護士費用が心配でも、柔軟に対応してもらえる場合が多い

弁護士に依頼するとなると、気になるのは費用ですが、弁護士への依頼費用については柔軟に対応してもらえる場合が多いので安心してください。

闇金からの借り入れがあるということは、おそらく別の借金もある人が多いはずです。これらの借金を整理するために「債務整理手続き」を弁護士は開始しますが、もっとも安価な任意整理手続きの場合は1社あたり約4万円〜、自己破産や個人再生の場合は30万円前後が弁護士費用の相場となっています。

ここで「高い」と思った方もいるかもしれませんが、弁護士費用は基本的に分割払いに対応している事務所が多いです。

また、債務整理手続き中は借金の返済も一時的にストップしているため、これまで返済にあてていたお金を弁護士費用として積み立てることができます。

ですから、お金がなく厳しい方も、多くの方が債務整理手続きを実行できているのでご安心ください。

また、弁護士費用がすぐに支払えない場合には法テラスを利用して法テラスから弁護士に立替払いしてもらい、法テラスに月5,000円~10,000円ずつ支払っていくという方法もあります。

また、初回の相談であれば無料で行ってもらえるところも多いため、闇金問題で困っているのであればまずは相談してみることが大切です。

弁護士に相談することで様々なメリットが得られますし、早めに相談したほうが精神的な安定にも繋がります。相談は先送りにせず、できるだけ早めにするようにしましょう。

警察ではなく弁護士に相談することが重要

闇金問題で執拗な督促に困り警察に相談することを検討する方もいると思いますが、多くの場合警察への相談で闇金問題は解決しません。

借金関連のトラブルは民事事件です。警察の場合、民事不介入が原則なので借金問題自体に警察は介入できません。

闇金から暴力を受けたり、家や車を傷つけられたなどの被害があれば、刑事事件として対応してもらえることもありますが、闇金もこのような警察の対応については熟知していますので、暴力をふるったりモノを壊すようなことはしてきません。

闇金問題について警察に介入してもらうには被害届を提出し刑事事件であると認められることが必要ですが、それを証明することは非常に難しいのが実情です。例え受理されたとしても、実際に闇金を摘発、検挙するのは困難です。闇金は摘発を逃れるために対策をいくつも打っており簡単に摘発はできません。仮に摘発できなければ、更に取り立てがエスカレートすることも考えられます。

このように警察の介入による闇金問題の解決にはいくつものハードルがあるのが現実です。警察に相談するほど困っている方にとっては、仮に解決できるとしても解決までにはかなりの時間がかかることになるため、その間は恐怖におびえる生活をすることになってしまいます。

さきほどご説明した通り、弁護士へ依頼すれば多くの場合、すぐに督促がストップしひとまず平穏な生活が戻ります。場合によっては被害にあったお金が取り戻せる可能性もあるため、早期に確実な解決を目指すのであれば弁護士への相談が適切と考えられます。

まとめ

闇金からの借金は返済の必要はありません。

これは利息制限法などの法律にも記載があり、最高裁の判例でも法的に認められています。しかし闇金はそもそも違法な取引をわかっていて、判例や法的根拠で取り立てをやめることはありません。

返済の必要がないからといって無視すると周囲も含めて執拗な取り立てや嫌がらせを受け生活がままならなくなる可能性もあります。警察に相談しても民事不介入が原則のため、借金問題も解決せず取り立ても止まりません。

闇金問題を解決するには弁護士への相談・依頼が唯一の方法です。

弁護士であればすぐに闇金からの取り立てが止まり、以降の返済も不要にできます。闇金から借金をしている方は周囲に秘密にしておきたい事情があったり、恥ずかしくて相談できなかったりすることもあるかもしれません。

しかし、弁護士には守秘義務がありますし何より弁護士は依頼者の味方です。まずは早急に弁護士に闇金問題を相談し闇金に関わらなくていい状況を作ってください。

南 陽輔
監修者

お客様の社会生活をお支えするべく、弁護士業務に取り組んでおります。
困りごとについて、そもそも法律が関連するのかどうかも分からないということも多いと思います。その判断を行えるのが弁護士です。ご自身では法律問題かどうかわからないことでも、お気軽にご相談いただければ思います。
弁護士は敷居が高いと思われる方が多いですが、弁護士も一人の人間であり、皆様に寄り添いたいという気持ちはだれよりも強い人たちが多いですので、気兼ねなく、なんでもご相談ください。

闇金問題の関連記事