闇金は不法原因給付で返済義務がない?不法原因給付について徹底解説!

不法原因給付とは「常識や道徳に反した給付」 闇金問題の有効な解決手段とは?

借入をした業者がどうやら闇金だったみたいです。友人に相談したら「闇金からの借入は不法原因給付だから返さなくて大丈夫」と言われたのですが、不法原因給付とは何ですか?

不法原因給付とは、公序良俗に反して不法な原因に基づいた給付を指します。わかりやすく言い換えると、道徳や常識に反して授受された金銭や不動産のことです。闇金からの借入は不法原因給付にあたるので、ご友人のいうように返済義務はありません。

わかりました。では、闇金業者へそのように伝えたらよいでしょうか?

闇金は個人で対応しても聞き入れず、むしろ督促が激しくなる恐れがあります。そのため、弁護士へ相談するのが確実です。即日対応可能な場合もありますので、ぜひ一度無料相談へいらしてください。

不法原因給付とは、不法な原因に基づいておこなわれた給付のことです。わかりやすくいうと、道徳や常識に反して授受された金銭や不動産などを指します。

そのため、闇金からの借入は違法な金利や取立てが「不法な原因に基づいている」とされて、返済義務がないことが最高裁判所の判断となっています。

しかし、借入に返済義務がないことを闇金に個人で交渉しても、闇金が手を引くことはほぼないでしょう。むしろ取立てが激しくなる恐れがあります。

闇金問題を解決するなら、闇金対応が可能な弁護士に相談するのが確実です。また、弁護士へ相談すれば、他に抱えている借金も同時に解決してくれます。

当サイトでは、借金問題に詳しい法律事務所を多数紹介しています。闇金対応も可能ですので、ぜひ無料相談をご利用ください。

>>【闇金対応可能】借金問題に詳しい弁護士への無料相談はこちら

この記事でわかること
  • 不法原因給付とは道徳や常識に反しておこなわれた給付のこと。
  • 不法原因給付にあたる借入は、返済義務がない。
  • 闇金の借入は不法原因給付にあたるため、返済義務がない。すぐに弁護士へ相談して解決しよう。

不法原因給付とは道徳や常識に反しておこなわれた給付

民法では、公序良俗に反した行為は無効とするとされています。

第九十条 公の秩序又は善良の風俗に反する法律行為は、無効とする。

引用元:e-Govポータル「民法第90条」

「公序良俗に反する行為」とは、わかりやすくいうと「常識や道徳的に考えてよくない行為」のことです。

そして、不法原因給付とは「不法な原因に基づいてなされた給付」のことです。

不法な原因とは、上記の公序良俗に反する行為とほぼ同義と考えて差し支えありません。

そのため、法律的には「道徳や常識、法律に反して授受された金銭や不動産など」を不法原因給付として扱います。

次の項目から、具体例を挙げてさらに詳しくお伝えしていきます。

不法原因給付にあたる借入は返済義務がない

不法原因給付にあたる借入には、返済義務がありません。

不法原因給付にあたる例としては、主に以下のケースが挙げられます。

  • 闇金からの借入
  • 性的行為を条件とされた知人や友人からの貸付
  • 脅されて無理やり高金利で貸付けられた金銭

上記のような場合、そもそも契約自体が公序良俗に違反するとして無効となります。

そのため、上記のような理由で借入れたお金には返済義務がありません。

ただし、返済義務がないことを知ったうえで闇金から借入れたり、知人へ性的行為を対価として借入を申し出ると、借り逃げ目的での借入として詐欺罪となる可能性がありますのでやめましょう。

不法原因給付にあたると返還請求ができない

自身が支払った金銭が不法原因給付にあたると、支払う必要のなかった場合でも返還請求ができません。

例えば、以下のようなケースが挙げられます。

  • 賭博に負けて支払った金銭
  • 愛人関係を維持する目的で支払った金銭
  • 殺人などの犯罪の対価として支払った金銭

上記のケースはすべて公序良俗に違反しているため、支払う必要がありません。

しかし、上記のような場合に返還請求を認めると、賭博や殺人依頼など公序良俗に反した行為をおこなった者を法律が守ることになります。

そのため、不法原因給付にあたり支払う必要がなかった金銭だったとしても、返還請求は認められないのです。

闇金から借入てしまったら弁護士へ相談がベスト

前の項目で、闇金からの借入は不法原因給付にあたるため返済義務はないとお伝えしました。

しかし、闇金へ「不法原因給付だから返済しない」と個人で交渉しても、闇金が受け入れることはほぼないでしょう。

それどころか、個人での交渉は督促を激しくしてしまう恐れもあります。

そのため、闇金から借入をしてしまったら、闇金対応可能な弁護士へ相談するのがベストです。また、闇金から借入をする人は、他にも借金がある場合が多いのではないでしょうか。

弁護士へ依頼すれば、闇金以外の借金も一気に解決できます。当サイトでは借金問題に詳しい弁護士を紹介しているので、ぜひ無料相談を利用してみてください。

>>【24時間無料相談&全国対応可】借金問題に詳しい弁護士はこちら

個人で不法原因給付を訴えても闇金は聞き入れない

そもそも闇金は、違法な金利や取立てをおこなっている犯罪グループです。

そのため「闇金からの借入は不法原因給付だからもう返済しません」と訴えても聞き入れられないでしょう。

それどころか、取立てが以下のようにますます激しくなる恐れがあります。

  • 昼夜問わず電話がかかってくる
  • 職場に取立ての電話がかかってくる
  • 自宅を訪問して取立てされる

闇金からの取立てに関しては、以下の記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

警察に相談しても民事不介入で解決できないケースが多い

闇金から借入をしてしまった場合、警察に相談しようと思う人も多いでしょう。

しかし、警察は民事不介入により個人間の借金には関与しないことになっています。

民事不介入・・・警察が個人間の紛争に関与すべきでないとする警察の方針

そのため、闇金とのトラブルも電話で闇金に注意する程度で、それだけで手を引く闇金はなかなかおらず、解決には至らないケースが多いのです。

直接的な暴力や脅迫被害があれば被害届を提出しよう

もしも直接的な暴力や脅迫被害がある場合は、警察へ相談ではなく「被害届」を提出するとよいでしょう。

被害届を出すには証拠があった方が有力です。そのため、物損被害を受けたら写真に残したり、脅迫電話は録音しておきましょう。

ただし、被害届を提出しても警察が必ず動いてくれるとは限りません。

そのため、被害届の提出と並行して弁護士へも依頼することをおすすめします。

弁護士なら早くて即日対応してくれる

弁護士へ闇金被害の解決を依頼すると、早くて即日対応してくれます。

弁護士は、闇金からの借入が不法原因給付により無効であることや、闇金の取立てが違法なことを熟知しています。

そのため、法的措置も辞さない態度で闇金が債務者から手を引くように交渉するのです。

弁護士が介入すると、闇金も「厄介な相手が介入してきた」とすぐに手を引く場合が多く、効果的です。

ただし、闇金対応不可な法律事務所も少なくありません。そのため、無料相談や電話であらかじめ闇金対応が可能か確認するとよいでしょう。

当サイトでは、闇金対応が可能な弁護士を紹介しています。また、借金問題に詳しい弁護士ですので、他に抱えている借金も同時に解決が可能です。

闇金や借金問題に困ったら、ぜひ一度無料相談を利用してみてください。

>>【闇金問題に即対応】弁護士への無料相談はこちら

「元金和解」を提案されたら悪徳弁護士の可能性があるので注意

なかには闇金問題を相談すると「元金和解」を提案してくる弁護士がいます。

元金和解とは「元金さえ支払えば返済を終わりにする」というものです。

しかし、前述したように闇金からの借入はそもそも元金も返済義務がありません。

そのため、弁護士から元金和解を提案されたときは、闇金と繋がっている悪徳弁護士かそもそも闇金対応の経験が浅い弁護士の場合があります。

弁護士から元金和解を提案されたら、すぐに別の弁護士へ依頼するとよいでしょう。

弁護士なら闇金以外の借金もまとめて対応可能

そもそも闇金から借入をする人は、総量規制により正規の貸金業者から借りられなかったり借金を滞納しているなど、他にも借金を抱えているケースが多いです。

総量規制・・・貸金業者は、債務者の年収の3分の1を超える貸付をしてはならないという法律

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用元:e-Govポータル「貸金業法第13条」

弁護士へ依頼をすると、闇金問題と同時に他の借金も債務整理で解決が可能です。

債務整理とは、国に認められた借金の救済制度で以下の3つの種類があります。

  • 任意整理・・・将来分の利息をカットして、元金のみを原則3~5年で返済していく
  • 自己破産・・・一定以上の価値ある財産を手放して、債務を0にする
  • 個人再生・・・借金総額を1/5程度に圧縮し、残債を原則3~5年で返済していく

どの手続きを取るかは、債務者の状況に合わせて弁護士と相談のうえで決定します。

当サイトで紹介している弁護士は、闇金問題と債務整理どちらにも対応が可能です。ぜひ無料相談を利用してみてください。

闇金からの借入とその他の借入を弁護士に相談して解決した事例

Aさんは事業に失敗して、500万円以上の負債を抱えてしまいました。

その際、生活を維持するために消費者金融や、カードローンから借入をおこないました。

しかし、次第に返済が滞るように。また、総量規制により貸金業者からの新規借入は審査落ちするようになってしまいました。

そんなときAさんの元に「即日融資可能」「限度額超えててもOK」というDMが届いたのです。

Aさんは、藁にもすがる思いで借入をしましたが、闇金だったことが発覚し厳しい督促を受けるように。

借金の返済にも闇金からの督促にも窮したAさんは、知人に紹介された弁護士へ相談することにしました。

相談者 30代男性
月収 手取りで15万円程度
借入状況 貸金業者から合計480万円
闇金から360万円
返済状況 貸金業者へ月々10万円
闇金へは月々5万円
弁護士への相談結果 自己破産で債務は0に

Aさんは現在、転職先を探しながら日雇いのアルバイトで何とか生活を維持している状況です。

そのため、弁護士は自己破産を提案。転職に影響があるのではと危惧したAさんでしたが、弁護士から一定の職業以外にはほとんど影響がないことを説明され、自己破産をすることに。

闇金に対しては、即日弁護士が交渉し、元金も含めて返済義務がなくなりました。

無事に自己破産の免責もおり再就職先も決まったAさんは、現在借金とは無縁の生活を送っています。

まとめ

不法原因給付とは「不法な原因に基づいてなされた給付」のことです。

わかりやすくいうと、常識や道徳的に考えてよくない行為に基づいてなされた給付を指します。

不法原因給付にあたると、その契約自体が無効となるため返済義務がなくなります。

代表的な例として闇金からの借入が挙げられ、闇金からの借入は不法原因給付にあたるため、元金も含めて返済義務がありません。

闇金問題を解決するには、弁護士へ依頼するのが最も近道です。また、弁護士なら他に抱えている借金も同時に解決が可能です。

当サイトでは、闇金対応可能や借金問題に詳しい弁護士を多数紹介しています。ぜひ無料相談を利用してみてください。

闇金に関するよくある質問

闇金は不法原因給付にあたると聞いたのですが、不法原因給付とは何ですか?

不法原因給付とは「不法な原因に基づいてなされた給付」のことです。
わかりやすくいうと、常識や道徳的に考えてよくない行為に基づいてなされた給付を指します。

闇金は違法なので、借り逃げしても大丈夫ですか?

借り逃げ目的の借入は、詐欺行為にあたり闇金から訴えられる可能性がありますので辞めましょう。
また、闇金から逃げ切るのは非常に難しいと考えてください。

闇金からの借金と消費者金融からの借金で、もう生活が成り立ちません。どうしたらよいですか?

闇金対応と債務整理、どちらも対応可能な弁護士へ相談することをおすすめします。
当サイトでは、無料相談可能な弁護士を多数紹介していますので、ぜひご利用ください。
STEP債務整理「債務整理が得意なおすすめの弁護士を紹介」

闇金からの借入が、不法原因給付となるのはなぜですか?

闇金は貸金業法に違反した高金利や、法外な遅延損害金を請求するためです。
また、昼夜を問わない取立てなども貸金業法に違反しています。

知人から無理やり貸付けられたお金に50%の利息をつけられてます。これも闇金と同じで返済義務がなくなりますか?

なくなる可能性が非常に高いです。
借用書や無理やり貸付けられたという証拠があれば持参して、法律事務所へ相談することをおすすめします。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…