明日が支払日の借金払えない人必見!今スグできる金策や返済が楽になる方法を紹介

明日借金払えない

明日が借金の支払日なのですが、払えるお金がありません。どうすればよいでしょうか?

まずは金融機関へ連絡して、返済を待ってもらえないか相談してみましょう。相談せずに滞納すると、実家や勤務先へ督促の電話が行ったり、ローンのある住宅や車を手放さなければならない場合もあります。

分かりました、金融機関に連絡します。でも、待ってもらったところで返済できる目処がありません。何かよい方法はないですか?

すぐにできる金策としては「保険会社の契約者貸付を利用する」「生活費をキャッシュレス決済で支払い返済資金を確保する」などがあります。それでも払える目処が立たない場合は、法律事務所へ相談するのもおすすめです。無料相談などを受付けているところも多いので、ぜひ利用してみてください。

「明日が支払日の借金があるのに、手元に返済資金が全くない」

そんな状況に陥ったら、まずは各金融機関へ相談し返済を待ってもらえないか相談することが大切です。

無断で借金を滞納してしまうと、金融機関から実家や勤務先へ督促電話が行ってしまったり、ローンのある住宅や車を手放すことになる恐れもあります。

もし金融機関へ相談しても返済を待ってもらえない場合は、法律事務所へ相談するのがおすすめです。

当サイトでは無料相談できる法律事務所を紹介しているので「すぐに相談料が用意できない」という人も気軽に相談してみてくださいね。

>>【明日返済の借金も相談可能】法律事務所への無料相談はこちら

この記事でわかること
  • 明日が支払日の借金を払えない時は、保険会社の契約者貸付を利用したり、生活費をキャッシュレス決済で支払って返済資金を確保するとよい。
  • 明日が支払日の借金を払えないと、自宅・実家・勤務先に督促電話がかかってきたり、信用情報に事故情報が載る恐れがある。
  • どうしても返済が間に合わない場合は、法律事務所へ債務整理を依頼することで借金自体を減らせる。

明日が支払日の借金を払えない時すぐできる金策

明日が支払日の借金を払えない場合、まずは各金融機関へ相談し、返済を待ってもらえないか相談しましょう。

そのうえで以下のような方法で、返済資金を確保することが大切です。

  • 保険会社の「契約者貸付」を利用する。
  • 生活費をキャッシュレス決済で支払い返済資金を確保する。
  • 不用品を売る。
  • 親族や友人からお金を借りる。
  • 単発・日雇いのアルバイトをする。

次の項目から「明日が支払日の借金を払えない時、返済資金を確保するためにすぐできる金策」について、それぞれ詳しくお伝えします。

各金融機関に返済猶予をお願いする

明日が支払日の借金を払えないと感じたら、すぐに借入先の金融機関へ相談することをおすすめします。

特に、取引期間の長い金融機関であれば、親身になって相談に乗ってくれる可能性が高いです。

相談に行く際は単に払えないと伝えるのではなく、返済計画を組みなおした後の具体的なプランを提案できるようにしておくと、相談に応じてもらえる確率が高まります。

  • 今後、月いくらで何年かけて返済していくのか?
  • どこかで遅れた分を補填できる見込みがあるか?

上記のような事柄が分かるように、できるだけ具体的なプランを立て、根拠となる収入や支出が分かる資料を持参しましょう。

特に、住宅や車のローンがあり返済が厳しいのなら滞納前の相談が必須です。

滞納してしまうと相談に応じてもらえる可能性は格段に低くなり、最悪の場合は住宅や車を手放さなければなりません。

保険会社の「契約者貸付」を利用する

どうしても明日が支払日の借金を払えない場合には、保険会社の契約者貸付で一時的に返済資金を確保するのも一つの方法です。

保険会社の契約者貸付・・・解約返戻金の一定の範囲内で保険会社からお金を借りられる制度。

契約者貸付は金融機関からの借金と違い、審査なしで借りることができすぐにお金が必要な時に最適です。

しかも返済できなかった時に督促を受けることもないため、積立式の生命保険や個人年金に加入している人は、利用を検討するとよいでしょう。

なお契約者貸付で適用される金利は、保険会社・保険商品・契約時期で異なり、2~8%程度が一般的です。

詳しくは、加入している保険会社の担当者に問合せてください。

生活費をキャッシュレス決済で支払い返済資金を確保する

現代社会ではキャッシュレス決済の普及が進み、数多くのキャッシュレス決済を利用できるようになっています。

  • クレジットカード
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • メルペイ

これらキャッシュレス決済のほとんどが、スマートフォンとクレジットカードがあれば誰でもすぐに利用できます。

特にLINE Payなどの場合は、既にLINEを利用している人なら新たにアプリをダウンロードする必要はなく、すぐに利用できるのです。

このようなキャッシュレス決済のメリットは「現金の持合せがなくても支払える」ところにあります。

「明日が支払日の借金を払うと生活費がなくなる」という場合は、キャッシュレス決済で生活費を払い、手元に残った現金を返済資金に充てて乗切るのも一つの手です。

不用品を売る

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • ラクマ
  • ジモティー

上記のような、簡単に取引ができるフリマアプリなどのサービスにより、今や誰でも不用品を売買できるようになりました。

  • 洋服
  • バッグ
  • アクセサリー
  • PC周辺機器
  • 書籍
  • 娯楽グッズ
  • ゲーム機(ソフト)
  • 楽器

上記のような不用品が手元にあれば、出品してみるとよいでしょう。

親族や友人からお金を借りる

自力で明日が支払日の借金を払うのは難しいと感じたら、親族や友人から一時的にお金を借りれないか相談してみましょう。

親族や友人に秘密で借金をしている場合、言いだしづらい話題ではありますが、自力で解決しようとして借金返済のために借金を重ねても、いずれは総量規制により借りて返しての自転車操業もできなくなります。

総量規制・・・貸金業者から借りる金額が年収の3分の1を超えてはならないという法律。

そして借金の金額が大きくなればなるほど、親族や友人に打ち明けることも借金問題を解決することも難しくなります。

人によって事情はそれぞれですが、親族や友人を頼れるなら、できるだけ借金の金額が少ないうちに相談するとよいでしょう。

単発・日雇いのアルバイトをする

明日が支払日の借金を払えない場合、単発・日雇いのアルバイトを探すのもおすすめです。

単発・日雇いのアルバイトは、働いた分の給料をその日のうちに手渡しでもらえることが多く、とにかくすぐにお金が必要な時に最適です。

毎日違う現場の仕事を紹介してもらえる日雇いの派遣会社もあるので、登録しておいて求人をこまめに確認し、活用するとよいでしょう。

【コロナの影響で借金が払えない場合】公的支援を利用する

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減ってしまい、借金が払えなくなる人が急増しています。

そのような人に向けて、国や自治体では公的支援を数多く実施しています。

  • 個人事業主で働いていて収入が激減した。
  • 会社の倒産で給料が未払いになっている。
  • コロナ感染で休業して収入が減った。
  • 事業所の都合で休業となった。

上記のような個々の状況に合わせた支援を受けられます。

以下の記事では「コロナで生活が苦しいときにお金を工面する方法」「受けられる公的支援」について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

今すぐできる借金返済を楽にする方法

前の項目では、明日が支払日の借金を払えない時に、返済資金を確保するための金策についてお伝えしました。

ここからは、借金返済を楽にするための方法について紹介していきます。

どれか一つを実践するのではなく、複数の方法を組合せることでより返済が楽になるでしょう。

どれも今すぐ行動に移せるものばかりなので「自分にもできそう」と思った方法から、ぜひ実践してみてくださいね。

固定費や嗜好品の出費を見直す

最も簡単にできるのは、毎月の出費を見直すことです。

毎月の出費の中でも特に見直すべきなのは、固定費と嗜好品などの出費です。

毎月かかる固定費には、主に以下のようなものがあります。

  • 家賃
  • 公共料金(電気・ガス・水道料金)
  • 通信費(固定電話・携帯電話・ネット料金)
  • 保険料
  • 教育費(塾代・部活動費・習い事代など)

仕事や家庭の生活状況を考慮し、どの部分なら節約できそうか考えてみましょう。

例えば、都心から少し離れた場所や、路線が集中していない各停だけ止まる駅などを選ぶと、家賃の安い物件を見つけやすくなります。

もし実家に戻れるのであれば、家計に余裕が出るまで実家に戻ることを検討してもよいでしょう。

また公共料金や通信費は、住む地域や契約する事業者によって料金が変わりますし、契約プランを見直すだけで節約できる場合もあります。

さらに保険料や教育費は本当に必要なものを見極め、家計を圧迫している場合は毎月の出費から削ることも考えましょう。

また、嗜好品などの出費には、主に以下のようなものがあります。

  • 外食
  • レジャー
  • 飲み会代
  • 被服費・美容院代
  • タバコ代

外食・レジャー・飲み会などは、家計に余裕が戻るまで控えるとよいでしょう。

また、服の購入や美容院に行く頻度を減らしたり、タバコを吸う人はこれを機に少しずつ減らすことでも嗜好品への出費を抑えられます。

ただし「持病があり保険は解約できない」「アパレル関係の仕事で勤務先の服を購入しなければならない」など、事情は人それぞれなので、できる範囲で出費を見直しましょう。

おまとめローンで借金を一本化して利息を減らす

おまとめローンとは、多重債務者複数社から借入をしている人。に向けて銀行や消費者金融などの金融機関が扱うローン商品です。

最初に金融機関が借金総額を一括返済できる金額を融資してくれるので、以降は融資を受けた金融機関1社だけの返済で済みます。

おまとめローンで複数の借金をまとめるメリットは以下のとおりです。

  • 1社からの借入額が大きくなるため、金利が下がる可能性がある
  • 借金を一本化することで支払いの管理がしやすくなる
  • 自分の信用情報に事故情報が載ることがない

実は利息制限法という法律により、債権者が設定できる金利には元金に応じて上限が設けられています。

上限となる利率は以下のように区分されています。

  • 元金が10万円未満の借金 → 年20%まで
  • 元金が10万円以上100万円未満の借金 → 年18%まで
  • 元金が100万円以上の借金 → 年15%まで

このように借金をまとめて元金を大きくすると、金利を下げられる可能性が高いのです。

また、借入先を1社にまとめると支払日も統一されるので、支払いの管理がしやすくなります。

さらに債務整理とは違い、いわゆるブラックリストに載った状態自分の信用情報に事故情報が載ること。になることもありません。

ただし、借入額の大きいおまとめローンの場合、債務者が返済できなくなった時の金融機関側のリスクが大きいため、通常のカードローンやクレジットカード以上に審査が厳しく借入が難しいので注意しましょう。

副業をして収入を増やす

今の仕事が非正規雇用だったり、正社員でも副業ができる会社に勤めている場合は、副業をして収入を増やすとよいでしょう。

たとえば平日勤務の仕事をしているのであれば、土日のみ勤務できる引越業者のアルバイトなどがあります。

また、自宅で空いた時間を利用してアルバイトするのであれば、データ入力やシール貼りなどの在宅でこなせる仕事も選択肢の一つです。

現在の仕事がフルタイムではなく時短勤務の場合、1日3~4時間程度だけ勤務できるコンビニのアルバイトなどを検討してもよいでしょう。

ただし、マイナンバー制度がある現在、いまの勤務先に内緒で副業をするのは難しいので、勤務先に副業をしても問題ないか必ず確認するようにしましょう。

どうしても返済が間に合わない借金は債務整理で解決しよう

ここまで、明日が支払日の借金を払えない時すぐできる金策や、今すぐできる借金返済を楽にする方法について紹介してきました。

しかしなかには、ここまで紹介した方法を利用しても返済が間に合わない人もいるでしょう。

そのような場合は、法律事務所へ相談し債務整理を検討するとよいでしょう。

債務整理とはどのような手続きなのか。

債務整理を利用する場合、どのようなメリットや注意点があるのか。

次の項目から詳しくお伝えします。

債務整理で借金の負担を軽減できる

債務整理とは国が認めた借金救済制度で、利息をカットしたり一括請求を長期の分割払いに変更できるなど、合法的に借金の負担を減らす手続きの総称です。

単なる節約法やその場しのぎの金策ではなく、借金自体を減らせるところが大きなメリットです。

債務整理には主に以下の3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

どのような手続きなのか、次の項目からそれぞれ詳しく紹介します。

利息をカットし月々の返済を減らせる「任意整理」

任意整理とは、弁護士や司法書士が金融機関と直接交渉して、今後支払う予定の利息をカットや減額し、3~5年の長期分割で完済を目指す方法です。

任意整理をすると、利息がカットされるので最終的に金融機関へ返済しなければならない金額を減らせます。

また個々の状況によっては、月々の返済額を今より大幅に減らせる可能性もあります。

今現在、複数の金融機関へ返済している場合は、全ての金融機関を任意整理することで返済を1つにまとめ、支払いの管理がしやすくすることも可能です。

他にも、任意整理には「1社ごとに整理する金融機関を選べる」「近所や職場はもちろん同居家族にもバレずに手続きできる」などのメリットがあります。

ただし注意点としては、任意整理をすると、一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

借金が全額免除される「自己破産」

自己破産とは、裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を全て手放す代わりに借金の支払いを全額免除してもらえる方法です。

債務整理の3つの方法の中で、最も借金の負担を減らせる方法ですが、住宅や車などの財産を所有している場合は財産を失うことになります。

ちなみに任意整理と同じく、一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

また借金をした理由が浪費やギャンブルだった場合、免責不許可事由に該当する恐れがあるため、自己破産は避けた方がよいかもしれません。

免責不許可事由・・・自己破産の免責が認められない原因となる事由。免責不許可事由がある場合、自己破産をしても借金の返済義務が残る恐れがある。

ただし免責不許可事由があると必ずしも免責が下りないわけではなく、裁判所の判断によっては免責が下りる場合もあります。

これを裁量免責といいます。

また「自己破産をすると近所や職場に知られてしまうのでは」と気にする人もいますが、基本的には同居している家族以外に知られることはないので安心してください。

住宅を残して借金を減らせる「個人再生」

個人再生とは、裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を手放さずに借金を約1/5に圧縮し、3~5年で分割返済する方法です。

個人再生は自己破産のように借金がゼロにはならないものの、条件を満たせばローンの残る住宅を手元に残せるというメリットがあります。

また借入理由も問われないので、ローンの残る住宅を残したかったり借入理由が免責不許可事由に該当しそうな人は、個人再生を選ぶとよいでしょう。

なお自己破産同様、一定期間は信用情報に事故情報が載る点や、同居している家族にのみ秘密で手続きするのは難しい点には注意しましょう。

ここまで、3つの債務整理手続きについて紹介してきました。

「自分にはどの方法が合っているのか」「自分の場合どれくらい負担が減るのか」もっと詳しく知りたいという人は、法律事務所へ直接相談してみるとよいでしょう。

専門家である弁護士や司法書士から、個々の状況に合わせたアドバイスを受けられます。

当サイトでは無料で相談できる法律事務所を紹介しているので、まずは気軽に相談してみてください。

明日が支払日の借金を払えないとどうなる?

「明日が支払日の借金を払えないと、この先どうなるのだろう」と不安を抱いている人も多いでしょう。

明日が支払日の借金を払えない場合、以下のようなリスクがあります。

  • 自宅・実家・勤務先に督促電話がかかってくる。
  • 信用情報に事故情報が載る。
  • 残金を一括請求される恐れがある。
  • 裁判を起こされ財産を差押えられる恐れがある。

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えします。

自宅・実家・勤務先に督促電話がかかってくる

明日が支払日の借金を払えない場合、金融機関から返済を催促する電話がかかってくるのが通常です。

電話があった際、きちんと電話に出て応対したり、着信を確認したらすぐに折返しをすれば、基本的にかかってくるのは本人の携帯のみです。

しかし、金融機関へ携帯番号の登録をしていなかったり、着信があってもきちんと折返しをしないと、自宅や実家の番号にまで督促電話がかかってくることもあります。

多くの人が緊急連絡先として実家の番号を金融機関へ登録しているので、実家に電話がかかってくることは珍しくありません。

また、自宅や実家の電話にかけても繋がらない場合、登録している勤務先の番号へ電話をかけてくる金融機関もあります。

その結果、家族や勤務先に、借金していることや借金を払えていない事実が知られてしまうため、金融機関から電話があったら必ず折返し連絡することをおすすめします。

信用情報に事故情報が載る

借金を払えないと、信用情報に事故情報が掲載され、新規借入やクレジットカードの新規発行ができない状態になるのが一般的です。

このように、信用情報に事故情報が掲載された状態を「ブラックリストに載る」ということもあります。

同時に、金融機関独自の顧客リストにも延滞の情報が登録され、いわゆる「社内ブラック」の状態になります。

社内ブラックになると、当該金融機関での新規借入やクレジットカードの新規発行が永久にできなくなります。

信用情報の事故情報は、一定期間が経過すると削除されるのに対して、金融機関独自の顧客リストに載った延滞情報は、時間が経っても消えることはありません。

そのため、社内ブラックとなった金融機関とは二度と取引できないのが一般的です。

残金を一括請求される恐れがある

借金が払えないと、金融機関から一括請求の通知が届くこともあります。

この場合、延滞分だけでなく残金の全額を一括請求されるのが一般的です。

延滞分だけでなく残金の全額を一括請求されてしまう原因は、債務者者が期限の利益を喪失したことにあります。

期限の利益・・・金融機関からいきなり一括返済を請求されない債務者の権利。

債務者が期限の利益を喪失すると、金融機関は債務者に対して残金の全額を一括請求できるようになります。

そして、借入の際に債務者が記入する契約書には「支払いが遅れること」が期限の利益を喪失する条件と定められている場合がほとんどです。

  • 期限の利益喪失についてもっと詳しく知りたい。
  • 期限の利益喪失通知が届いた場合の対処法が知りたい。

上記のような場合は、以下の関連記事を参考にしてください。

裁判を起こされ財産を差押えられる恐れがある

借金が払えないと金融機関から裁判を起こされ、裁判所から通知が届くこともあります。

裁判所から届く通知は主に「支払督促」「訴状」の2種類で、どちらも放置すると最終的に給料や銀行口座など財産の差押えを受ける恐れがあります。

裁判所から通知が届いてから自力で金融機関と交渉するのは困難ですが、すぐに法律事務所へ相談すれば差押えの回避は十分可能です。

当サイトでは無料相談を受け付けている弁護士事務所を紹介しているので、すぐに相談料を用意できなくても大丈夫です。

差押えを受ける前に、一刻も早く専門家である弁護士に相談しましょう。

>>借金問題が得意な弁護士へ相談する【初回相談無料】

明日が支払日の借金を払えないとき他から借りて返すとどうなる?

明日が支払日の借金を払えない時「他の金融機関から借金をして返済資金を調達しよう」と考える人もいるかもしれません。

しかし、返済のために他の金融機関から借金をするのは危険です。

他の金融機関から借金をした結果、さらに返済が厳しくなる恐れがあります。

次の項目から「なぜ他の金融機関から借りて返すのは危険なのか」について詳しくお伝えします。

月々の返済額が増え借金返済がより困難になる

なぜ他の金融機関から借りて返すのは危険なのか。

その理由は、他の金融機関から借りることによって借入先が1社増えることにあります。

借入先が増えればそれぞれの金融機関へ毎月返済しなければならなくなり、自ずと月々の返済額も上がります。

現状のままでも返済が厳しいのに、返済のために他の金融機関から借金をしたせいで、さらに月々の返済が厳しくなるという悪循環に陥るのです。

明日が支払日の借金を払えない時は、他の金融機関からその場しのぎの借金をするのではなく、借金の負担を減らして根本的に借金問題を解決する方法を選びましょう。

まとめ

明日が支払日の借金が払えないなら、まずは各金融機関へ相談し、返済を待ってもらえないか相談しましょう。

そのうえで、この記事で紹介したようなすぐできる金策を実践してみてください。

もし、上記の金策を実践しても返済が間に合わない場合は、法律事務所へ相談するのがおすすめです。

当サイトでは無料相談できる法律事務所を紹介しているので「すぐに相談料が用意できない」という人も気軽に相談してみてくださいね。

明日が支払日の借金でよくある質問

明日が支払日の借金が払えません。どうすればよいですか?

まずは金融機関へ連絡して返済を待ってもらえるか相談しましょう。そのうえで、保険会社の契約者貸付を利用する、生活費をキャッシュレス決済で支払い手元に現金を確保するなどして返済資金を確保するとよいでしょう。それでも払える目処が立たない場合は、法律事務所へ相談することをおすすめします。

>>【初回無料】当サイトおすすめの法律事務所はこちら

明日が支払日の借金を払える見込みがありません。このまま払えないとどうなりますか?

無断で借金を滞納してしまうと、金融機関から実家や勤務先へ督促電話が行ってしまったり、ローンのある住宅や車を手放すことになる恐れもあります。払える見込みがないと感じたら、まずは金融機関へ相談しましょう。

明日が支払日の借金を払えないのですが、他の金融機関から借りて、とりあえず返済するべきでしょうか?

他の金融機関から借りることによって借入先が増え、自ずと月々の返済額も上がってしまいます。他の金融機関から借金をしたせいで、さらに月々の返済が厳しくなるという悪循環に陥るのでその場しのぎの借金は絶対にやめましょう。借金の負担を減らして根本的に借金問題を解決したいなら、法律事務所へ一度相談するとよいでしょう。

明日が支払日の借金が払えません。このままだと家族や勤務先に借金のことがバレてしまいますか?

無断で借金を滞納した場合、携帯番号を登録をしていなかったり、着信があってもきちんと折返しをしないと、自宅や実家、勤務先の番号にまで督促電話がかかってくることもあります。そうなれば、家族や勤務先に借金をしていることや、借金を滞納していることが知られてしまうでしょう。

明日が支払日の借金が払えません。払えないと家に取立て屋が来ますか?

返済が一日遅れてもすぐに自宅訪問による督促をおこなう金融機関は少ないです。ただし、滞納が長引けば自宅訪問をおこなう金融機関も実際に存在するので、滞納が長引く前に法律事務所へ相談するなどするとよいでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]