税金滞納と借金どっちを先に解決すべき?払えない税金と借金の返済優先順位を解説!

税金滞納と借金 どっち

借金の返済を優先していたら、税金を滞納してしまい、何から手をつけたらよいか分からなくなってしまいました。どうすればよいでしょうか?

まずは法律事務所へ相談してください。税金滞納も含めて、あなたの状況に合った解決策を教えてもらえます。税金滞納と借金の問題の両方を、最短で解決できるでしょう。

そうなんですね。でも、いま手元にお金がなくて、法律事務所へ相談するにも支払う相談料が用意できないのですが・・・。

それならこのサイトで紹介している法律事務所へ相談するとよいでしょう。相談料が無料なうえに、借金問題に詳しい弁護士からアドバイスを受けられます。まずは「少し話しを聞いてみる」くらいの気持ちで大丈夫なので、気軽に相談してください。

税金滞納と借金がある場合「どっちから手をつけたらよいか分からない」と悩む人も多いでしょう。

そもそも税金と借金の問題では相談先が異なります。

  • 税金 → 役所・税務署
  • 借金 → 金融機関・法律事務所

こうなると、最短で税金と借金両方の問題を解決するには「まずどこに相談すべきなのか」悩みますよね。

結論からいうと、まずは法律事務所へ相談するのがおすすめです。

借金問題に詳しい法律事務所へ相談すれば、経験豊富な専門家の視点からアドバイスをもらえます。

その結果、税金滞納も含めて個々の状況に合わせた最適な解決策を教えてもらえるのです。

まずは当サイトで紹介しているような無料相談を利用して、気軽に相談してみてくださいね。

>>【無料相談】当サイトおすすめ弁護士への相談はこちら

この記事でわかること
  • 法律事務所へ相談すると、税金の分納交渉についてもアドバイスを受けられる。
  • 税金滞納を先に解決し、借金は後に解決するべき。
  • 税金より借金の延滞金が高くなる場合が多い。

税金滞納と借金がある場合まずは法律事務所へ相談して解決しよう

税金滞納と借金があると、以下のような悩みを持つ人が多いです。

  • 税金と借金のどっちから手をつけたらよいか分からない。
  • まず最初にどこへ相談すべきか分からない。

そもそも税金と借金の問題では、相談先や解決方法が異なります。

税金なら役所や税務署で分納交渉をして、交渉で決まった金額を納付する必要があります。

一方、借金なら借りている金融機関に相談して返済計画の見直しをしてもらったり、法律事務所へ債務整理を依頼して借金の負担を減らす場合もあります。

ではまず最初にどこへ相談して、税金滞納と借金の問題解決を目指すべきなのでしょうか。

結論からいうと、税金滞納と借金をどっちも最短で解決したいのなら、まず法律事務所へ相談するのがおすすめです。

次の項目から、まず法律事務所へ相談するのがおすすめな理由を詳しくお伝えします。

税金滞納と借金の両方について解決方法を教えてくれる

税金滞納と借金の問題の両方に共通していえるのが、まず最初に「収支状況を整え毎月支払いに充てられる金額を明確にする」必要があるということです。

税金の分納交渉の際も、借金の返済計画見直しの際も「今後いくらなら払っていけるのか」を説明できなければ、役所・税務署・金融機関が交渉に応じることはありません。

そのため必要最低限の生活費を確保したうえで、毎月支払いに充てられる金額がいくらなのか、説得力のある収支状況を示す必要があるのです。

しかし例えば以下のように、生活するうえでの優先順位や価値観は人によってさまざまです。

  • 早朝から深夜まで仕事なので、家賃が高くても駅チカの物件に住みたい。
  • 接客業なので、美容院代は最低月3万円はかかる。

そのため自分の収支状況を客観的に見て適切な金額に整えようとしても、自力でおこなうのは難しいケースが多いです。

基本的に役所・税務署・金融機関が、収支状況の調整まで相談に乗ってくれることはありません。

用意していった月々の支払可能額や返済計画が現実的でなければ、突っぱねられて終わりです。

しかし借金問題に詳しい法律事務所なら、経験豊富な専門家から収支状況の調整も含めて、今後どうやって税金滞納と借金の問題を解決していくべきかアドバイスをもらえます。

解決方法は個々の状況によって多種多様なので、まずは無料相談を利用して、気軽に相談することをおすすめします。

>>【初回相談無料】借金問題に詳しい法律事務所はこちら

税金の分納交渉についてもアドバイスを受けられる

法律事務所へ相談するメリットは、収支状況の調整も含めてアドバイスをもらえることだけではありません。

基本的に借金の問題については、法律事務所へ全て任せて解決してもらうことも可能です。

しかし税金滞納については、法律事務所が間に入って解決することはできません。

そのため自分で役所や税務署へ行き分納交渉することになりますが、法律事務所は分納交渉をスムーズに進めるためのアドバイスもしてくれます。

また法律事務所へ相談すると、債務整理した場合に借金を月々いくらで返済していくのか試算できます。

借金の月々の返済額が分かれば収支状況がより明確になり、毎月税金の支払いに充てられる金額も割出せるので、分納交渉もしやすくなるでしょう。

税金滞納と借金はどっちを先に解決する?

前述したように、税金滞納と借金の問題は、そもそも相談先や解決方法が異なります。

そのため同時にまとめて解決することはできず、どっちを先に解決するべきかが問題になります。

そこで次の項目から「税金滞納と借金はどっちを先に解決するべきか」とその理由について詳しくお伝えします。

税金滞納を先に解決し借金は後に解決するべき

結論からいうと、税金滞納と借金がある場合、以下の順番で解決するべきといえます。

  1. 税金滞納
  2. 借金

なぜ、税金滞納から先に解決し借金は後に解決するべきなのでしょうか。

その理由は、主に以下の3つです。

  • 税金は借金より差押えまでの期間が短いから。
  • 税金滞納があると債権者や裁判所が債務整理を認めない恐れがあるから。

次の項目から、それぞれの理由について詳しくお伝えします。

税金は借金より差押えまでの期間が短いから

税金も借金も、滞納すると以下のような財産を差押えられる恐れがあります。

  • 給料
  • 銀行口座の預貯金
  • 生命保険の解約返戻金
  • 土地・建物などの不動産

ただし滞納したのが税金か借金かで、差押えられるまでの期間は大きく異なります。

借金の場合、滞納している人の財産を差押えるには、まず裁判を起こして財産を差押える権利を得る必要があります。

裁判を起こしてから実際に財産を差押える権利を得るまで、短くても1~2ヶ月程かかるのが通常です。

また裁判を起こしたり財産を差押える権利を得た際には、滞納している人の元に裁判所から通知が届くので、滞納している人も財産を差押えられそうになっていることに気づけます。

しかし税金の場合、督促状などで督促しても反応がないと、裁判を起こさなくても財産差押えができてしまいます。

地方税法には「督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しない時に差押えをしなければならない」と明示されているのです。

実際には何度か催告書や差押事前通知書などを送付してから差押える場合が多いですが、それでも借金の場合よりかなり短い期間で財産を差押えられる可能性が高いといえます。

また「いつ差押えを執行します」と滞納している人へ連絡することも義務付けられていないため、事前連絡なくいきなり財産を差押えられるケースは珍しくありません。

税金の差押えについてさらに詳しく知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてください。

税金滞納があると債権者や裁判所が債務整理を認めない恐れがあるから

前述したように、税金滞納があるのに分納交渉せず放置していると、いつ差押えを受けてもおかしくない状況といえます。

そのような状況で金融機関へ相談して、借金の返済計画を見直してもらおうとしても、金融機関が応じることはありません。

また債務整理をしようとしても、債権者が任意整理の交渉に応じたり、裁判所が個人再生を認めることもないのです。

返済計画を見直したり借金の負担を軽くしたところで、税金滞納による給料差押えなどを受ければ、計画どおりに返済できないことが目に見えているからです。

これは自己破産についても同じで、税金滞納があるのに分割交渉せず放置している状態では、裁判所が自己破産を認めることもありません。

自己破産は、借金の返済を全額免除することで債務者の生活再建を図ることが目的です。

しかし税金滞納は自己破産をしても消えないので「自己破産して借金だけなくしても意味がない」と裁判所が判断する可能性が高いからです。

税金滞納分は分納交渉して借金は債務整理で負担軽減しよう

前述したように、税金滞納と借金がある場合は、まず自分で役所や税務署へ行き、分納交渉をします。

そのうえで借金については金融機関へ返済計画の見直しをお願いすることになりますが、なかには希望どおりの返済条件に変更してもらえない場合もあります。

そのような場合は、法律事務所へ相談し債務整理を検討するとよいでしょう。

債務整理とは国が認めた借金救済制度で、利息をカットしたり一括請求を長期の分割払いに変更できるなど、合法的に借金の負担を減らす手続きの総称です。

単なる節約法やその場しのぎの金策ではなく、借金自体を減らせるところが大きなメリットです。

債務整理には主に以下の3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

それぞれの方法について「どのような手続きなのか」「どのようなメリットや注意点があるのか」次の項目から詳しくお伝えします。

「任意整理」で利息をカットし月々の返済を減らせる

任意整理とは、弁護士や司法書士が金融機関と直接交渉して、今後支払う予定の利息をカットや減額し、3~5年の長期分割で完済を目指す方法です。

任意整理をすると、利息がカットされるので最終的に金融機関へ返済しなければならない金額を減らせます。

また個々の状況によっては、月々の返済額を今より大幅に減らせる可能性もあります。

さらに、任意整理なら1社ごとに整理する金融機関を選べます。

そのため、保証人・連帯保証人が設定されている借金を任意整理の対象から外すことで、保証人・連帯保証人が督促を受けるリスクを避けられるのです。

他にも、任意整理には「借金を一本化することで支払いの管理がしやすくなる」「近所や勤務先はもちろん同居家族にもバレずに手続きできる」などのメリットがあります。

ただし注意点としては、任意整理をすると一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

「任意整理をすると、自分の場合どのくらい借金の負担が減るのか」気になる場合は、以下の借金減額診断シミュレーターを利用してみましょう。

「自己破産」で借金が全額免除される

自己破産とは裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を全て手放す代わりに、借金の支払いを全額免除してもらえる方法です。

債務整理の3つの方法の中で、最も借金の負担を減らせる方法ですが、家や車などの財産を所有している場合は財産を失う恐れがあります。

ちなみに任意整理と同じく、一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

また借金をした理由が浪費やギャンブルだった場合、免責不許可事由に該当する恐れがあるため、自己破産は避けた方がよいかもしれません。

免責不許可事由・・・自己破産の免責が認められない原因となる事由。免責不許可事由がある場合、自己破産をしても借金の返済義務が残る恐れがある。

ただし免責不許可事由があると必ずしも免責が下りないわけではなく、裁判所の判断によっては免責が下りる場合もあります。

これを裁量免責といいます。

また「自己破産をすると近所や職場に知られてしまうのでは」と気にする人もいますが、基本的には同居している家族以外に知られることはないので安心してください。

「個人再生」で住宅を残して借金を減らせる

個人再生とは、裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を手放さずに借金を約1/5に圧縮し、3~5年で分割返済する方法です。

個人再生は自己破産のように借金がゼロにはならないものの、条件を満たせばローンの残る住宅を手元に残せるというメリットがあります。

また借入理由も問われないので、ローンの残る住宅を残したかったり借入理由が免責不許可事由に該当しそうな人は、個人再生を選ぶとよいでしょう。

なお自己破産同様、一定期間は信用情報に事故情報が載る点や、同居している家族にのみ秘密で手続きするのは難しい点には注意しましょう。

ここまで、3つの債務整理手続きについて紹介してきました。

「自分にはどの方法が合っているのか」「自分の場合どれくらい負担が減るのか」もっと詳しく知りたいという人は、法律事務所へ直接相談してみるとよいでしょう。

専門家である弁護士や司法書士から、個々の状況に合わせたアドバイスを受けられます。

当サイトでは無料で相談できる法律事務所を紹介しているので、まずは気軽に相談してみてください。

「税金」と「借金」延滞金が高いのはどっち?

前の項目では、税金滞納と借金がある場合、税金滞納から先に解決し借金は後に解決するべきとお伝えしました。

ただし、なかには税金と借金の延滞金の金額を比べて、どっちを先に払うのが得か自分で判断したいという人もいるかもしれません。

そこで、次の項目から「税金と借金の延滞金はどっちの方が高いのか」について詳しくお伝えしていきます。

税金より借金の延滞金が高くなる場合が多い

税金の延滞金は地方税か国税か、または延滞期間によって以下のように変わります。

■国税の場合

納期限の翌日から1ヶ月間 年7.3%
2ヶ月目以降 年14.6%

■地方税の場合

納期限の翌日から1ヶ月間 年2.5%
2ヶ月目以降 年8.8%

※上記は2021年以降の税金の延滞金率です。2020年以前の延滞金率は上記と異なりますので、各自治体の運営サイトなどを確認してください。

上記の表を見て分かるとおり、税金の延滞金率が最も高くなるのは、国税を1ヶ月を超えて滞納した場合で、年14.6%の利率となっています。

一方、借金を滞納した場合の延滞金率は金融機関によって異なりますが、年20%が上限とされています。

そして多くの金融機関が、年20%かそれに近い利率で延滞金を請求します。

そのため多くの場合、税金より借金の延滞金が高くなると考えられます。

まとめ

税金滞納と借金の問題がある場合、そもそも相談先や解決方法が異なることを覚えておきましょう。

税金なら役所や税務署で分納交渉をして、交渉で決まった金額を納付する必要があります。

一方、借金なら借りている金融機関に相談して返済計画の見直しをしてもらったり、法律事務所へ債務整理を依頼して借金の負担を減らす場合もあります。

そうなると悩むのが、最短で税金と借金両方の問題を解決するには「まずどこに相談すべきなのか」という点です。

結論からいうと、まずは法律事務所へ相談してください。

借金問題に詳しい法律事務所へ相談すれば、税金滞納も含めて個々の状況に合わせた最適な解決策を教えてもらえます。

まずは当サイトで紹介しているような無料相談を利用して、気軽に相談してみてくださいね。

税金滞納と借金のよくある質問

税金滞納と借金があり、何から手を付けたらよいか分からないのですが・・・。

まずは法律事務所へ相談してください。税金滞納額や借金額に応じて、収支の調整や分納交渉の仕方についてアドバイスをもらえます。必要な場合は債務整理など借金の負担を減らす手続きの説明も受けられるので、一度気軽に相談するとよいでしょう。

税金滞納と借金があります。まずどこに相談すべきですか?

まずは法律事務所へ相談するのがおすすめです。借金問題に詳しい法律事務所へ相談すれば、税金滞納も含めてあなたの状況に合った解決策を教えてもらえます。

>>【初回相談無料】当サイトおすすめ弁護士への相談はこちら

税金滞納と借金があります。両方一度に解決する方法はないでしょうか?

税金滞納と借金では相談先も解決方法も異なります。まずは収支状況の調整をおこない、税金滞納については分納交渉、借金については返済計画の見直しをして解決するのが一般的です。また税金滞納額や借金額によっては、債務整理など借金の負担を減らす手続きと組合せて解決する場合もあります。

税金滞納と借金があります。最短で両方解決するにはどうすればよいですか?

まずは法律事務所へ相談して状況に合わせたアドバイスをもらいましょう。そのうえで①税金の分納交渉②借金の返済計画見直しの順で解決するとよいでしょう。また税金滞納額や借金額によっては、債務整理も組合せると早期解決できる場合もあります。詳しくは法律事務所へ相談した際に、気軽に問合せてみてください。

税金滞納と借金があります。まとめて債務整理で解決することは可能ですか?

税金滞納は債務整理で解決できません。税金に関しては自分で役所や税務署で分納交渉し、借金に関しては債務整理で解決することになります。