ショッピングローンの返済がきつい時は任意整理がおすすめ!購入商品が没収される前に法律事務所へ相談して解決しよう

ショッピングローン 返済きつい

ショッピングローンの返済がきついです。このまま払えなくなるとどうなりますか?

ショッピングローンが払えなくなると、購入した商品が没収されてしまいます。

それは困ります。没収されないように解決する方法はないのですか?

もし、ショッピングローン以外にも借金があるなら、ショッピングローン以外の借金を任意整理して月々の返済を減らすことで解決するとよいでしょう。ただし、借金が高額になると任意整理での解決は難しくなるので、早めに法律事務所へ相談することが大切です。

ショッピングローンとは、ローン会社に代金を立替えてもらい、商品を購入するサービスです。

自分で分割回数などを選択し、購入後は無理のない金額でローン会社へ代金を分割返済できるため、便利なサービスといえます。

しかし、分割払いできるという安心感から身の丈に合わない買い物をしたり、ショッピングローン以外の借金が膨らむケースも少なくないのです。

ショッピングローンの返済がきついと感じたら、早めに法律事務所へ相談することで、商品を手放さずに返済負担を軽減できる可能性があります。

当サイトでは、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

>>【ショッピングローンも相談可】法律事務所への無料相談はこちら

この記事でわかること
  • ショッピングローンと「クレジットカードのショッピング利用」の違い。
  • ショッピングローンを返済できないと購入商品が没収される。
  • 返済困難なショッピングローンは債務整理の一つ「任意整理」で解決するとよい。

ショッピングローンとは

ショッピングローンとは、主に信販会社が取り扱う「商品の購入代金を立替払いするサービス」です。

商品購入の際に店舗でショッピングローンの申込みをすると、審査をおこなったうえでローン会社が代金を立替えてくれるので、店舗へ代金を支払うことなく商品を購入できます。

立替えてもらった代金は、その後ローン会社に原則として分割で返済するのです。

このように、ショッピングローンを利用すると一度にまとまったお金を用意する必要がなく、高額な商品を購入する際に便利なサービスといえるでしょう。

ショッピングローンと「クレジットカードのショッピング利用」の違い

「ショッピングローンとクレジットカードのショッピング利用は何が違うの」と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、両者の違いを簡単にまとめました。

ショッピングローン クレカのショッピング利用
カードの有無 カード無 カード有
利用方法 一度購入すると後は返済のみ 限度額内なら何度でも購入可能
利息・手数料 繰上返済してもかかる利息や手数料の金額は変わらない 繰上返済すれば利息や手数料の金額が安くなる

ショッピングローンは、カードを持っていない人でも審査に通過すれば利用できます。

一方で、クレジットカードをショッピング利用する場合は、必ずクレジットカード会社が発行したカードが必要です。

また、ショッピングローンは「該当商品を購入するためだけの立替払い」なので、別の商品を購入したい場合は改めて審査を受ける必要があります。

一方で、クレジットカードのショッピング利用は、限度額内であれば自由にショッピングができ、ショッピングローンに比べて幅広い商品の購入に利用できるのです。

加えて、返済途中でまとまったお金が入り、繰上返済毎月の返済額とは別に+αでお金を返済すること。した場合、ショッピングローンの場合は、契約時に決められた利息や手数料の金額が減ることはありません。

ところが、クレジットカードのショッピング利用であれば、繰上返済によって最終的に支払う利息や手数料の金額が安くなります。

ショッピングローンを返済できないと購入商品が没収される

ショッピングローンは自分で分割回数を選択したうえで商品を購入できるため、計画的に買い物を楽しめる便利なサービスです。

一方で、分割払いできるという安心感から、身の丈に合わない高額商品を購入してしまう人も珍しくありません。

また、ローンを利用することへの心理的ハードルが下がり、ショッピングローン以外の借金にも手を出して返済がきつくなる人も少なくないのです。

仮に、ショッピングローンの返済が途中でできなくなってしまうと、購入した商品は没収されてしまう可能性が高いです。

「ショッピングローンの返済がきつい。でも、購入した商品は手放したくない」

そのように考えているなら、次の項目から紹介する「任意整理」という方法がとても有効です。

購入商品は返済が1,2回滞っただけでもすぐに没収される場合も多いので、返済がきついと感じたら、できるだけ早く解決に向けて動き出しましょう。

なお、最近ではショッピングローンと同じように、脱毛やエステなどのサービスをローンで購入する人も増えています。

商品の存在するショッピングローンと解決策が異なるので、脱毛やエステのローンを組んで返済がきつくなった場合は、以下の記事を参考にするとよいでしょう。

返済困難なショッピングローンは債務整理の一つ「任意整理」で解決しよう

ショッピングローンの返済がきついと感じたら、一刻も早く法律事務所へ相談するのがおすすめです。

専門家である弁護士が状況を客観的に判断し、あなたの希望を伺いながら最適な解決策を提示してくれます。

なかには「相談料や費用が用意できないから法律事務所へ相談できない」と考えている人もいるかもしれません。

そのような場合は「債務整理に強い法律事務所」を選んで相談しましょう。

債務整理に強い法律事務所の場合、お金の工面が難しいという相談者の事情をよく理解しているので、無料相談や費用の分割払いに対応している所がほとんどです。

もちろん借金問題を解決した実績も豊富なので「ちょっと話しを聞いてみるつもりで相談したら、長年の悩みが解決した」というケースも珍しくありません。

当サイトでも、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してくださいね。

また、債務整理にはいくつか方法がありますが、特におすすめなのが任意整理という方法です。

次の項目から、債務整理の中で任意整理が特におすすめな理由について、詳しくお伝えします。

任意整理なら利息をカットし月々の返済を減らせる

任意整理は弁護士が金融機関と交渉をおこない、今後支払う予定の利息をカットもしくは減額してもらう方法です。

利息をカットしてもらった後は、元金のみを3~5年間で分割して返済します。

返済総額から利息が減る分、最終的に金融機関へ支払う金額を減らせるのが大きなメリットです。

また、返済総額が減ることで月々の返済額が減ったり、返済期間が短くなる場合もあります。

自分の場合どれくらい負担が減るのか、気になる人は以下の「借金減額シミュレーター」で簡単に調べられるので試してみてくださいね。

ショッピングローン以外の借金を任意整理すれば購入商品を手元に残せる

任意整理は、借入先の金融機関ごとに任意整理の対象とするかどうかを選べます。

そのため、ショッピングローン以外にも借金があるなら、ショッピングローン以外の借金のみ任意整理することで、購入商品を手元に残したまま毎月の返済額を減らせるのです。

例えば、A社で商品Bを購入するためにショッピングローンを組み、別でC社からも借金をしているとします。

この場合、A社は今までどおり返済し、C社のみ任意整理することで、商品Bを手元に残したまま、B社への月々の返済が減り毎月の返済額が下がる可能性があるのです。

ちなみに、借入先の金融機関ごとに整理の対象とするかどうかを選べるのは、任意整理だけです。

個人再生や自己破産など他の債務整理を選ぶ場合は、すべての借入先を対象にしなければなりません。

ショッピングローン自体を債務整理すると購入商品は没収されるので注意

では、ショッピングローン自体を債務整理の対象とした場合はどうなるのでしょうか。

その場合、ショッピングローンで購入した商品は没収されてしまうのが原則です。

実際に没収されるかどうかは、ローン会社の意向次第なので絶対とはいえません。

しかし、ローン会社から商品を引き渡してほしいと申し出があれば、断れないのが現実です。

そのため、ショッピングローンで購入した商品を確実に手元に残したい場合は、ショッピングローン自体を債務整理の対象にしてはいけません。

とはいえ、任意整理以外の債務整理を選択する場合、原則としてすべての借入先が対象となります。

つまり、購入商品を手元に残したい場合は「ショッピングローン以外の借金を任意整理する」方法が、最善の解決策といえるのです。

返済がきついショッピングローンを債務整理で解決した事例

ショッピングローンの返済がきついと感じたら、とにかく一刻も早く法律事務所へ相談することが大切です。

前述したとおり、購入商品を手放さずに返済の負担を減らしたいなら、任意整理で解決するのが一番ですが、借金があまりに高額だと任意整理では解決できない場合もあります。

そうなれば、より借金の負担を軽くできる個人再生や自己破産などを検討する必要があり、購入商品を手元に残すのは難しくなります。

次の項目では、実際にショッピングローンの返済がきつくなった時に、任意整理で解決した人の事例を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

100万円を超える着物のローンを任意整理で解決した事例

Aさんは趣味の茶道で使う着物を定期的に購入していました。

着物は一点で数十万円するものが多く、Aさんはいつもショッピングローンで支払っていました。

ところがある時、会社の業績悪化でAさんの収入は激減。

生活費やショッピングローンの返済に困ったAさんは、カードローンを利用し始めます。

しかし、収入に対して毎月の返済が追いつかず、ついに借入額は200万円に。

これ以上、自力で返済するのは難しいと判断したAさんは、法律事務所へ相談に行きました。

【Aさんの状況】

相談者 40代女性(独身)
月々の収入 23万円→18万円
家賃 6万円
光熱費 1万5千円
携帯・ネット代 8千円
税金 1万円
借入状況 カードローン100万円(2社)
ショッピングローン100万円(1社)
合計3社から200万円
毎月の返済額 カードローン8万円
ショッピングローン2万円
相談結果 カードローンのみ任意整理し毎月10万円の返済→約6万円に

Aさんは思い入れのある着物を手放したくない旨を、担当弁護士に訴えました。

担当弁護士はAさんの状況をみて、カードローンの返済額が高額だったため、カードローンのみの任意整理を提案。

カードローンのみ任意整理した結果、毎月10万円だった返済額は約6万円に。

Aさんは今でも趣味である茶道を続けながら、順調に返済を続けています。

まとめ

ショッピングローンの返済がきついと感じたら、早めに法律事務所へ相談しましょう。

無理に返済を続けると借金が高額になり、法律事務所へ相談する頃には任意整理で解決できなくなる恐れがあります。

任意整理で解決が難しい場合も個人再生や自己破産で返済負担を軽減できますが、ショッピングローンで購入した商品は原則手元に残せません。

ショッピングローンで購入した商品を確実に残したい場合は、早めに任意整理を始めることが大切なのです。

当サイトでも、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してくださいね。

ショッピングローンの返済でよくある質問

ショッピングローンの返済がきついです。このまま払えなくなるとどうなりますか?

ショッピングローンで購入した商品が没収されます。

ショッピングローンの返済がきついけど、購入した商品を手放したくありません。どうすればよいですか?

購入した商品を手放したくないなら、当初の契約どおりきちんと返済をするしかありません。金融機関に返済を猶予してもらったうえで、保険会社の契約者貸付を利用したり、親や友人に援助してもらうなどして返済資金を調達しましょう。

コロナの影響でショッピングローンの返済がきついです。どうすればよいですか?

コロナの影響で生活が苦しい人に向けた公的支援を利用しましょう。給付金で生活費を補填できれば、浮いたお金を返済資金に回せる可能性があります。

ショッピングローンの返済がきつい場合、債務整理で解決できますか?

ショッピングローンであっても、債務整理で返済負担を軽減できます。自力での返済がきついと感じているなら、無料相談などを利用して法律事務所へ一度相談してみるとよいでしょう。

>>【全国対応&24時間無料相談】債務整理に強い法律事務所はこちら

ショッピングローンを債務整理した場合、購入した商品は手元に残せますか?

ショッピングローン自体を債務整理してしまうと、購入した商品は没収されてしまいます。ショッピングローン以外に借金があるなら、ショッピングローン以外の借金を任意整理することで、購入した商品を手放さずに返済負担を軽減できます。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…