闇金から借りたお金を払わないで済む方法は?取り立てへの対処法や闇金から逃げる方法を紹介

闇金 払わない 方法

闇金からお金を借りてしまったんですが、金利が高くて返済できずに困っています…

闇金は違法な貸付なので、法律で返済しなくてよいことになっています。払わないで大丈夫ですよ。

返済しなくていいんですね。取り立てに対してはどう対応すればいいんですか?

闇金は本人以外にも督促を行いますので、そのままにしているとご家族や勤務先に迷惑がかかる恐れがあります。できるだけ早めに弁護士に相談しましょう。闇金業者への対応実績が豊富な弁護士に依頼してくださいね。

法律に反した営業をおこなっている闇金業者は、一般的な銀行や消費者金融でお金を借りられない人にもお金を貸すことが特徴です。「返せるから大丈夫」と思って闇金に手を出したものの、実際に返済ができない、という人は決して少なくありません。

実は闇金から支払えない膨大な金利を請求されても、払う必要はありません。闇金業者はお金を貸すために必要な貸金業登録を行わず、出資法に違反する金利で貸付をしているため、そもそも返済義務がないのです。

とはいえ、支払わなければ闇金業者からの厳しい取り立てにあってしまいます。闇金から逃れるためには、弁護士に依頼し闇金との関係を完全に断ち切るしかありません。

当サイトでは、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、闇金から支払えない借金をしてしまった場合は一刻も早く相談することをおすすめします。

>>【闇金も債務整理も相談可】借金問題に詳しい法律事務所はこちら

また「夜逃げまでは考えていないけど闇金への返済を放置し続けている」という方は【救済方法を解説】闇金の放置はNG!踏み倒しや夜逃げをしなくても弁護士の介入で解決しますをご覧ください。

この記事でわかること
  • 闇金から借りたお金は返済しなくてもよい
  • 貸出条件や広告が不適切、貸金業者登録をしていない業者は闇金
  • 闇金の延滞は周囲に借金が知られるリスクが非常に高い
  • 弁護士に依頼をすることで闇金は引き下がることが多い
  • 闇金への対応の経験が豊富な弁護士に依頼をしよう
目次
  1. 闇金から借りたお金を払えない時はどうなるのか
  2. 闇金の取り立て手口をご紹介
  3. 闇金と縁を切りたい時は闇金の対処実績がある弁護士に相談しよう
  4. まとめ

闇金から借りたお金を払えない時はどうなるのか

銀行や消費者金融は審査に通らないとお金を借りられません。どうしても審査に通らず、闇金に手を出してしまうという方は決して少なくありません。

闇金は金利が高いことが特徴ですので、返済ができず闇金の取り立てに悩んだり、債務整理ができるかどうか分からず見動きが取れなかったりする方も多いです。しかし実は、闇金から借りたお金は返済義務がないと法律で定められています。

ただし自己判断で督促を無視すると、なにをしてくるか分からないのが闇金です。

このような場合は弁護士に依頼をすることで、取り立てを即日ストップさせることができるので、すぐに相談しましょう。

そもそもヤミ金にはお金を返さなくていい

闇金業者は脅迫に近い取り立てを行うため、借りた側は「どうしても返済しなくては」という気持ちにさせられます、

しかし闇金からの借金は民法708条の「不法原因給付」に該当するものですので、返済する必要がありません。法律を守っていない借金は返済の請求ができないということです。

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

引用元:民法708条

闇金業者はお金を貸すために必要な貸金業登録を行わず、出資法に違反する金利で貸付をしています。そのため借りた側は返済をする義務がないのです。

最高裁の判例では返済の義務がないどころか、支払った元本や利息を損害として請求できるという判断が下されています。

借主(被害者)はヤミ金融業者に元利金の弁済として支払った金額 全額を損害として、損害賠償請求をすることができる。

引用元:ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について

しかし支払い義務がないと分かっていても、闇金に対してそれを悠然と訴えるのは非常に難しいものです。

闇金からの取り立ては連絡先や時間を問わない

闇金から借りたお金を期日通りに返せない場合は督促が行われます。朝から深夜まで時間を問わず何回も電話をかけ、実際に自宅に押しかけて近所に聞こえるような大声で督促をしたり、貼り紙や落書きをしたりする業者もいます。

借りた本人から返済がされない場合、家族や勤務先にも連絡を行います。当然お金を借りていることは知られますので、勤務先にいられなくなり退職することになるかもしれません。

本来は取立行為にも厳しい規定がある

貸金業者の取立行為については、貸金業法の二十一条「取立て行為の規制」において規定がされています。

貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たって、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

引用元:貸金業法 二十一条「取立て行為の規制」

督促の条件についても詳しく禁止事項が定められており、貸金業者として登録をしている会社はこれを守ることになっています。

  • 正当な理由がないにも関わらず午後9時~午前8時に電話を行うこと
  • 正当な理由がないのに勤務先や自宅以外に連絡をしたり、訪問をしたりすること
  • 貼り紙や看板などで、周囲に借金を知らせる行為を行うこと
  • 債権者以外の人に返済を行うよう請求を行うこと

ヤミ金は貸金業の登録をせず違法の金利でお金を貸しています。最初から違法行為を行っていますので、督促行為についても当然法を守りません。

闇金への口座貸し・スマホの名義貸しは絶対NG!

督促があってもお金が本当になければ返済ができません。するとヤミ金側が返済の代わりに銀行口座や携帯電話の名義を貸すよう迫ってくることがあります。いわゆる名義貸しと呼ばれるものです。

借金から解放されるならと思い名義を貸すと、銀行口座や携帯電話が振り込め詐欺などに利用され、犯罪の片棒を担ぐことになります。

携帯電話の名義貸しは携帯電話不正利用防止法により固く禁じられており、違反した場合は2年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金となります。これに加えて詐欺罪でも罰せられる恐れがあります。

また銀行口座が詐欺行為に利用された場合、その銀行の口座が凍結されて使えなくなるだけでなく、警視庁の凍結口座名義人リストに登録され、他の銀行でも銀行口座が一切使えなくなります。

一度警視庁のリストに登録されてしまうと簡単には解除ができず、最短でも犯人が逮捕されるまで待たなくてはいけないこともあります。人生を棒に振りますので名義貸しは絶対にやめましょう。

お金を借りたところが闇金か見分ける方法

インターネットやSNSの普及により、様々な貸金業者を見かける機会が増えました。最近では「ソフト闇金」と呼ばれる優しい対応をするヤミ金も増えており、闇金とそうでない貸金業者の見分けが難しくなってきています。

闇金とそうでない業者を見分けるポイントは以下の通りです。

  • 貸付条件
  • 広告内容
  • 貸金業登録番号
  • インターネット上の口コミ

貸付条件

貸金業者はホームページや店舗に貸付条件を表示するよう貸金業法で定められています。闇金でない業者であれば、ホームページ内のどこかに限度額や金利、遅延金利などが記載されています。

貸付条件が書いてあったとしても、金利が違法な場合は闇金です。貸金業法で定められている金利は以下の通りです。

元本 上限金利
10万円未満 年20%
10万円以上~100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

例えば5万借りている場合は金利は20.0%まで、25万借りた場合は18.0%が上限となります。100万円以上借りている場合は金利は15.0%でないといけません。これをオーバーしている場合は違法です。

広告内容

他社で融資を断られた方にとって「ブラックOK」「他店で断られた方 OK」という文言は魅力的に見えるものです。

しかし貸金業者は広告にも厳しい規定があることをご存知でしょうか。日本貸金業協会ではテレビCMの時間帯や告知内容、インターネットでの提示内容などを厳しく定めており、広告で使用してはいけない文言も規定されています。

広告によって禁止されている文言の例
・「誰でもOK!」など審査が甘いと受け取れる表現
・「多額借入中の方向け」などすでに返済能力がない人にも貸すという表現
・「ブラックでも貸付可」など債務整理をした人、破産した人にも貸すという表現

ランキングサイトや口コミサイトの表現は貸金業者が記載したものではないため判断が難しいですが、公式サイトに「ブラックでも借りられます」等とはっきり書かれている場合は間違いなく闇金です。

貸金業登録番号

貸金業者は財務局もしくは都道府県に貸金業をする旨の登録をしなくてはいけません(賃金業法 第三条)。登録が済んでいる業者は登録番号がホームページのメインのどこかに必ず記載されています。

貸金業登録番号の左端の「〇〇財務局長」もしくは「〇〇県知事」は登録をした地域を指します。一つの都道府県に店舗がある場合「〇〇県知事」、複数の地域で営業をしている場合は「(本社がある地域)財務局」と表示されます。

そのあとのカッコの数字は更新回数を表します。更新は3年ごとにされていて、更新ごとにカッコの数字が増えていきます。例えばアコム株式会社の場合、関東財務局長(13)第00022号 が登録番号です。関東に本社があり、登録を13回更新しているということが分かります。

ただ中には虚偽の番号を記載する業者もいます。金融庁に登録貸金業者情報検索サービスがありますので、不安な方は番号を検索してみましょう。

また登録をしている業者であれば、番号を含め以下の情報を公式ページのメインページに記載することが義務付けられています。これも闇金とそうでない業者を見分ける基準になります。

  • 啓発文言(「借りすぎにはご注意ください」などの文)
  • 貸金業者登録簿に登録された商号、名称又は氏名
  • 貸金業登録番号
  • 協会員番号
  • 貸金業者登録簿に記載された電話番号
  • 返済シミュレーションへのリンク

参考元:広告審査に係る審査基準

ただ登録をしている業者が全て善良というわけではありません。中には登録業者でも取り立てが厳しい会社があります。借入をする前に口コミを検索してみましょう。

インターネット上の口コミ

インターネットやSNSには様々な金融機関の口コミがありますので、申込をする前に検索をしてみることをオススメします。

「○○万円まで融資OK!」という広告に惹かれて申込をしたものの、実際は色々と難癖をつけられて数万しか借りられない上に膨大な金利がかかる、ということもあります。

また闇金業者でなくとも督促が厳しめな会社や、対応がよくない会社は存在します。前もって実態を調査した上で申込をしましょう。

闇金の取り立て手口をご紹介

テレビや漫画などで、闇金が非常識な取り立てをしているのを見たことがある方もいると思います。

返済ができない人に対して怒鳴ったり、嫌がらせをしたりする取り立ては、決して創作上だけのことではありません。

実際に闇金はどのような取り立てをしてくるのか、具体的な事例を挙げて紹介をしていきます。

①突然自宅へ訪問して大声を出す

事務所から遠方である場合を除き、闇金は取り立てのために自宅へ訪問を行います。

そして玄関先で大声で借金を返すよう叫んだり、扉などを蹴って大きな音を出したりします。

貸金業法では早朝や夜中の訪問は禁止されていますが、闇金はそれにお構いなく訪問を行い、近所に聞こえるほどの声で取り立てを行うのです。

ワンポイント解説

闇金の狙いは債務者を精神的に追い込み、返済をさせること。

そのためわざと近所にバレるような督促を行ったり、嫌がらせを行ったりします。

②消防車や救急車を呼ぶ、水道やガスを止めるなどの嫌がらせをする

直接督促をしても返済がない場合、闇金は以下のような間接的な嫌がらせを行うようになります。

  • 消防車や救急車を呼ぶ
  • 大量の出前を頼む
  • 勝手に水道やガスを止める手続きをする

闇金はお客の住所や電話番号を知っていますので、その情報を使って消防車や救急車を呼んだり、出前を大量に注文したりします。

借金に全く関係がない他人を巻き込むことで、顧客本人に「自分のせいで迷惑をかけている」という後ろめたい気持ちを生じさせ、支払をさせるという狙いがあります。

③実家の親に返済を迫る

貸金業者は本人以外に督促を行いませんが、闇金はそうではありません。

闇金は融資とひきかえに、実家や親戚などの連絡先を要求します。

そしてもし本人から返済がない場合、親族に請求を行うのです。

家族と同居している場合、わざと本人がいない平日昼間に訪問を行い、在宅中の親に請求を行うという極めて悪質な事例もあります。

④家族や勤務先、子どもの学校などに嫌がらせの電話をかける

闇金は「どこを突けば相手が精神的なダメージを受けるのか」を考えた上で取り立てをします。

子どもがいる場合は子どもの学校に電話や訪問を行ったり、嫌がらせを行ったりします。

闇金によって子どもが被害を受けるケースは決して珍しくなく、実際に以下のような事例も報告されています。

  • 帰り道に待ち伏せをされる
  • 卑猥な言葉を投げかけられる
  • 親の悪口を言われる
  • 売春や援助交際をするよう言われる

⑤SNSで借金の事実を拡散すると脅す

最近はネットやSNSを通して営業を行う闇金が増えてきました。

それに伴い、ネットを悪用した督促も増加傾向にあります。

支払をしない相手に対し「SNSやインターネットに実名で拡散する」と脅して督促を行うケースが実際に多く報告されています。

ネットに情報が一度拡散されると、「デジタルタトゥー」と呼ばれる通り完全に消すことは難しくなります。

特にこれから就職・転職を考えている方の場合、採用の際に氏名を検索される可能性がありますので、支払をせざるを得なくなるのです。

闇金と縁を切りたい時は闇金の対処実績がある弁護士に相談しよう

闇金から借りたお金は返済義務がありませんが、そのままでは督促が止みません。放っておくと職場や家族に連絡が行く恐れがあります。

警察に相談することもできますが、闇金は居住や連絡先をすぐに変えるという特性上、逮捕が難しいことが現状です。ヤミ金問題をすぐに解決したいのであれば、なるべく早めに弁護士に相談をしましょう。

闇金に対応できる弁護士に相談するのがベスト

弁護士の業務内容は様々です。債務整理を請け負っている事務所は多いですが、ヤミ金への対処は普通の金融機関と違います。ヤミ金への対処実績がある事務所を選びましょう。

弁護士が介入しただけで取り立てを止める闇金は多い

闇金は最初から法律を守らずに営業を行っています。そのため「弁護士が連絡をしても変わらないのではないか?」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。実際に「弁護士に相談してもムダだぞ!」と脅す業者もいます。

しかし実際に弁護士に依頼したことが分かると、ヤミ金はあっさりと手を引くことが多いです。

ヤミ金の目的は債権者に高い利息を払い続けてもらうこと。弁護士が関わると債権者は支払いをしなくなるため、できるだけ弁護士に相談をさせないようにあらかじめ脅しをしているのです。弁護士が介入した時点で支払いが見込めなくなるため、割にあわず督促をやめる業者がほとんどです。

>>【最短即日!闇金の取立てをストップ!】当サイトおすすめ弁護士へ相談しよう

弁護士は様々な法律を盾に対処ができる

先述の通り、ヤミ金のことを警察に相談してもなかなか逮捕までには至りません。

しかし弁護士は法律に精通していますので、「不法原因給付」を始めとした様々な法を盾にして闇金に対応することができ、いざとなれば訴訟などの法的手段に着手できます。

ヤミ金は大きな事態になることを嫌がります。法的に訴えられるリスクを取るくらいなら手を引こうと考え、債務者に連絡をしてこなくなります。

状況によっては支払ったお金を取り戻せる可能性もある

先の項目で紹介をした「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について」にも記載がある通り、ヤミ金から支払ったお金は全て返還してもらえるという判例があります。

もちろん全ての業者が返還に応じるわけではありません。ヤミ金は連絡先を頻繁に変えますので、少し日数が経てば連絡がとれなくなることもあります。

しかし居住がはっきりしている業者であれば、法的手続きを踏んだ上で返還要求ができることもあります。いずれにせよ個人では手続きが難しいですので、弁護士に相談をしてみましょう。

>>【最短即日!闇金の取立てをストップ!】当サイトおすすめ弁護士へ相談しよう

過払い金を取り戻せる可能性が高いケースや、請求の際の注意点を知りたい方は、「過払い金請求とは?払い過ぎた利息を取り戻せる条件とグレーゾーン金利について」も合わせてご覧ください。

弁護士に闇金の対処を任せたあとの流れ

実際弁護士に依頼をした場合、どのような流れで解決に向かうのかを解説します。

  1. 無料相談で闇金から借りている旨を相談する
  2. 弁護士から受任通知を送る
  3. 弁護士からの助言に従い対処を行う
  4. 返金手続きができそうであれば手続きを行う

1.無料相談で闇金から借りている旨を相談する

まずは闇金への対応実績がある弁護士を探しましょう。無料相談を利用し、借りている金額や借りている会社など今置かれている状況を説明します。

ヤミ金への対応の場合「一社○円」というように金額が決まっている事務所が多いですので、ホームページに記載されていない場合は先に確認をしておきましょう。

2.弁護士から受任通知を送る

まずは普通の債務整理と同じように、闇金へ受任通知弁護士が債務者の代理人となる旨を伝える書類のことを送ります。

ただヤミ金の場合は書類を送付する住所がないことが多いですので、その場合は弁護士がヤミ金に対し直接連絡を行い、もう督促を行わないように伝えます。実際はこの時点でヤミ金からの督促が止むことが大半です。

3.弁護士からの助言に従い対処を行う

弁護士が介入を行った時点でほとんどの闇金が手をひきますが、執拗に督促を行う業者も稀にいます。その場合でも弁護士が対処を行います。弁護士からヤミ金からの連絡は無視するように言われるかと思いますので、その指示に従って解決を待ちましょう。

弁護士に相談すると報復されないか不安だという方もいると思いますが、背後に弁護士がついている以上はヤミ金も大きな事件は起こしません。訴訟や逮捕のリスクを冒してまで報復行為は行いません。

4.返金手続きができそうであれば手続きを行う

闇金業者は住所が定まっていないため、原則として返金手続きを取るのは難しいとされています。しかし業者によっては返金手続きを取れる場合があります。法的な手続きですので弁護士に任せましょう。

借りた会社が闇金じゃなかったとしても弁護士に相談すれば借金が軽くなる

消費者金融は大手だけでなく、非常に小規模な会社もあります。最近はそのような会社と闇金との区別がつきにくくなっているため、弁護士に相談をした後に「相手が闇金ではなかった」と判明することがあります。

しかしそれで相談が無駄になるわけではありません。弁護士が介入することで契約者への督促の連絡は一切なくなりますし、そのまま債務整理を行うことができますので返済の負担を軽減することが可能です。
借金が苦しい、督促の連絡が辛い状態であれば、相手が闇金か曖昧でも弁護士に相談をしてみましょう。

>>【最短即日!闇金の取立てをストップ!】当サイトおすすめ弁護士へ相談しよう

まとめ

闇金は昼夜問わず督促を行ってきますので、ヤミ金からお金を借りている方は心身共に疲弊した毎日を送っているかと思います。

しかし法律上、ヤミ金から借りたお金には返済義務がありません。返済ができないからと言って他の闇金から借りたり、口座貸しやスマホの名義貸しをするのはやめましょう。

闇金からは「弁護士に相談してもムダだ」等脅しを受けている方も中にはいるかもしれませんが、実際は弁護士に相談をして代理人になってもらうことで闇金から逃れる可能性が高いです。闇金への対処経験が豊富な弁護士に早めに相談を行いましょう。

闇金からの借金についてよくある質問

闇金からの借入に返済義務はありますか?

闇金業者の貸付は出資法などの法律に違反しているケースが多く、違法的に貸し付けられた金銭については元金を含めて返済義務はありません。よって闇金の支払い要求に応じる必要はありません。

多重債務者だからスマホを担保にしないとお金を貸さないと言われました。応じるべきでしょうか?

債務者名義のスマホを第三者に譲ること自体が違法なので応じてはいけません。そもそも、融資条件にスマホの担保提供を求める業者は闇金の可能性が高いのでかかわらないようにしてください。

口座を担保にしないとお金を貸さないといわれました。応じるべきでしょうか?

提供したキャッシュカード・通帳・銀行口座は振り込め詐欺などの特殊詐欺に使用される可能性があります。そもそも、銀行口座を第三者に提供することは禁止されています。さらに、キャッシュカード・通帳・銀行口座を提供した債務者自身が刑事罰(預貯金口座譲渡罪など)を科されるリスクも生じるので、絶対に応じてはいけません。

闇金から夜逃げすることは可能ですか?

闇金は、以下のように周到な夜逃げ対策を講じています。
・借入をする本人だけでなく家族や職場の情報を聞き出す
・引っ越し先などを特定できる裏のネットワークを持っている
・はじめは数万円しか貸付をしない
そのため、弁護士等のプロの介入を挟まず闇金からの借入を夜逃げで解決することは、現実的には非常に困難といえます。

夜逃げ以外に闇金問題を解決する方法はありますか?

警察に相談しても闇金問題の解決は難しいケースが多く、闇金問題に対応できる弁護士に依頼して対処してもらうのがおすすめです。弁護士に依頼すれば、早ければ即日督促をストップし、闇金と手を切ることができます。また、闇金以外にも借金を抱えている場合も同時に解決してくれます。当サイトでも闇金対応が可能な法律事務所を紹介しているので、ぜひ無料相談を利用して相談してください。

>>【相談無料】闇金対応が可能な法律事務所はこちら

監修者
得意分野
  • 借金問題
  • 相続
  • 交通事故
所属事務所
力武法律事務所
所属弁護士会
長崎県弁護士会
登録番号
46405
経歴

佐賀県伊万里市出身
2003年 伊万里高等学校卒業
2007年 日本大学法学部法律学科(法職課程)卒業
2009年 東北大学法科大学院修了
2012年 弁護士登録し、岩永法律事務所(現:弁護士法人岩永・新富法律事務所)に勤務
2018年 力武法律事務所開業

長崎で力武法律事務所を運営しております、力武伸一です。「皆様にとってより身近な法律事務所でありたい」を理念として掲げ、お悩みの相談を受け付けております。ご相談いただく方々は、さまざまな不安や悩みを抱えておられます。その不安を、より「早く」大きな安心に変えることを意識しております。
また、弁護に関わる法律は難解な言葉も多いため、理解しやすいように「分かりやすく」説明いたします。相談の際には、平日の昼間だけでなく夜間、土日祝日、弁護士が直接「親しみやすく」接することを心掛けております。