給料差し押さえは無視できる?差し押さえ通知が届いたらやるべきことや差し押さえの影響

給料差し押さえは無視できる?差し押さえ通知が届いたらやるべきことや差し押さえの影響

給料を差し押さえる旨の連絡があったのですが、すぐに返済できるわけでもないので、無視したいのですが、なにか影響があるのでしょうか。

差し押さえが裁判所に認められれば、無視することはできません。給料の差し押さえは、勤務先に直接連絡されるため、本人の意志に関わらず、差し押さえは実行されます。

そうなんですね。ではどう対応すればいいのでしょうか。

すでに差し押さえの予告が来ているということは、状況はかなり逼迫しています。すぐにでも返済ができないようなら、速やかに弁護士に相談し、対策を打つようにしてください。例え、逼迫した状況でも、債務整理などで、差し押さえを回避できる可能性はあります。

借金が返済できなくなり、延滞が長期間に渡ると、差し押さえ予告通知が裁判所からきます。

借金を返済できず、放置しているから仕方ないと無視してはいけません。

差し押さえは財産を失うだけでなく、会社や家族に借金や差し押さえの事実が知られ、社会的な信頼をも失ってしまうものです。

給料が差し押さえられれば、その後の生活も必要最小限の暮らしをせざるを得ず、将来に渡って大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

差し押さえ予告通知が届いているのであれば、かなり状況は逼迫していますが、債務整理などにより、差し押さえを回避する可能性はまだあります。

この記事では、差し押さえ通知を無視できない理由や対応方法などについて、詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 差し押さえは、裁判所から会社に直接連絡が行くため、無視することはできない
  • 差し押さえ予告通知が来たら、差し押さえはもう目の前の危険な状況。弁護士に相談し、すぐに対処を
  • 返済の目処が立たなくても、債務整理なら差し押さえの回避が可能。任意整理は、差し押さえ実行後は認められにくいなど、対応が遅れれば遅れるほど選択肢は狭まるので、早めの対策が重要
  • 差し押さえ予告通知がきたら、すぐに弁護士に相談し、アドバイスを受けるべき
  • 差し押さえが実行されると、財産を失うだけでなく、会社や家族との信頼関係も壊れてしまうリスクがある

給料差し押さえは無視できない!

結論から言うと、実際に給料の差し押さえが裁判所に認められると、差し押さえ自体を無視することはできません。

給料の差し押さえは、勤務先に直接「債権差押命令」が送られます。これを受けた会社は、差し押さえ部分の給料について従業員への支払いを法的に禁止されます。

否応なく会社に通知され、会社の判断で給料が差し押さえられるため、個人の判断で差し押さえを無視することは不可能です。

つまり、手元に「差し押さえ予告通知」が届いているのなら、差し押さえの実行が目前に迫った危険な状況にあると思ってください。

一刻も早く、差し押さえを回避する方法を検討すべきタイミングにありますので、すぐに対処するようにしてください。

差し押さえ予告通知が来たらすぐに対処を!

差し押さえまでの第一歩であり、債権者からの最後通告といえる「差し押さえ予告通知」が届けば、すでに予断を許さない状況にあります。

差し押さえ予告通知から、実際に給料が差し押さえられるまでの期間は、最短で1週間しかありません。また、差し押さえ予告通知は、ただの脅しではなく、確実に実行されますので、すぐにでも対処する必要があります。

差し押さえを回避するには以下の方法が考えられます。

  • 一括返済する
  • 異議申し立てをする
  • 債務整理する

一括返済するために、家族や知人などに支援してもらえないか相談

家族や知人など信頼できる人がいるなら、支援してもらい返済できないか相談してみてください。周囲の協力が得られれば、差し押さえという最悪の事態は回避できます。

ただし、肩代わりをしてもらうなど、借金をした場合は注意が必要です。家族や知人に対する返済は続くわけですから、根本的な解決にはなっていないことは理解しておいてください。

また、家族や知人からの借金は、お互いの信頼関係を悪化させるなどのトラブルになることも少なくありません。家族や知人を頼る際には、これらも充分に考慮の上で、相談するようにしてください。

他の業者からの借入は絶対にNG

ここまで状況が悪化してくると、なんとか他の業者から借り入れて返済しようと考えることもありますが、絶対にしてはいけません。

借金の返済を借金で行う行為は、借金を、利息が利息を生む「複利」の状態にしてしまいます。こうなると、借金は雪だるま式に膨れ上がっていきます。

また、差し押さえ直前まで来ているということは、すでに延滞は長期間に及んでいますので、通常の業者から借り入れできる可能性もかなり低いはずです。無理に返済資金を用意しようとすれば、闇金などの違法業者と関係を持ってしまう可能性もあります。

いずれにしても、状況はさらに悪化し、近い将来行き詰まってしまう可能性が非常に高いため、絶対にしないようにしてください。

異議申し立てで差し押さえを回避できる可能性は低い

差し押さえの各段階では、異議申し立てをできる期間が2週間設けられています。この期間であれば、差し押さえが不当な場合は、異議申し立てを行うことで取り下げてもらうことも可能です。

しかし、異議申し立てにより差し押さえが取り下げられるケースは非常に稀で、「債務者ではない不当な差し押さえ」の場合か、「年金や生活保護収入しかない場合」くらいです。

会社に努めて給与収入を得ている場合は、ほとんど異議申し立ては認められませんので、期待しないほうがいいでしょう。

一括返済の見込が立たない場合は、債務整理が最後の手段

一括返済が難しい場合は、債務整理を検討しましょう。

債務整理は、国が認めた借金に苦しむ人のための救済措置で、差し押さえ予告を受けた人にとっては、差し押さえを免れるための最後の手段といっていい方法です。

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの手続きがあります。

  • 任意整理…債権者と個別に交渉し、将来発生する利息カットなどにより返済負担を減らす手続き
  • 自己破産…裁判所に返済が難しいことを認めてもらい、借金全額の返済を免除してもらう手続き
  • 個人再生…裁判所を通じて、借金を概ね1/5に減額し、残額を返済する手続き

それぞれの債務整理手続きについては、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

差し押さえ予告が届いた段階で、弁護士に依頼して債務整理手続きを開始すれば、差し押さえを回避することが可能です。

ワンポイント解説

給与差し押さえは、借金の延滞だけでなく税金の滞納でも行われます。個人で税金の滞納が原因の差し押さえの場合は、債務整理を行ったとしても、支払いを免れることはできません。この場合は、各自治体と納税方法などについて、相談し認められた方法で支払うことで、差し押さえを開始することになります。

差し押さえがすでに実行されている場合、任意整理手続きは難しくなる

ただし、既に差押えが実行されている場合には、任意整理での解決は難しくなります。

任意整理は、債権者と個別に交渉し、利息の免除などに合意してもらうことで、返済負担を軽減する手続きです。つまり、債務者と債権者の個別の交渉ですので、法的な制限はなく、債権者が応じる義務はありません。

債権者(お金を貸した側)からすれば、給料を差し押さえているほうが確実に回収できるので、任意整理の交渉に応じてもらえる可能性は低いでしょう。

債務者側としては、できるだけデメリットが少ない債務整理を選択したいところですが、差し押さえが実行されると、その選択肢が1つ減ることになります。結果として、自己破産や個人再生を選択せざるを得なくなり、手続き後の生活に与える影響も大きくなってしまいます。

できるだけ影響の少ない手続きを選択するという意味でも、早めに対応していく必要があると言えます。

差し押さえ予告がきたら、まずは弁護士に相談する

差し押さえ予告が来たら、できるだけ速やかに弁護士に相談することをおすすめします。

これまで解説した通り、差し押さえ予告が来たということは、すでに状況はかなり切迫しています。ここで対応を誤れば、給料を差し押さえられるなど、かなり厳しい状況に追い込まれることは避けられません。

また、少しでも、今後の生活への影響が少ない形で対応するためにも、速やかに対応する必要があるといえるでしょう。

差し押さえ予告が届き、返済する資金もないという状況なら、まずは弁護士に相談してください。

ワンポイント解説

差し押さえ実行後でも自己破産・個人再生ならストップ可能
例え、差し押さえを実行されてしまったとしても、自己破産や個人再生の手続きを開始すれば、差し押さえはストップ可能です。これらの手続きは法的手続きのため、債権者の合意は必要ないためです。対応が遅れてしまっても、諦める必要はありません。まずは弁護士に相談してください。

弁護士なら差し押さえ回避に向けて適切な解決方法をアドバイスしてくれる

弁護士は借金問題のプロですから、現在のご自身の状況を詳しく説明すれば、状況に合わせて最適な解決方法をアドバイスしてもらえます。

すでに状況としてはかなり切迫していますから、判断を誤れば将来に渡って、大きな影響が及ぶ事態にもなりかねません。

例えば、差し押さえが実行されてしまうと、預貯金等の財産は没収され、給料も債務を返済するまでの間は手取り額が3/4に減ってしまいます。

また、債務整理で差し押さえを回避する場合でも、自己破産を選択せざるを得なくなり、今後の生活に大きな影響が及ぶ可能性も少なくありません。

弁護士に相談すれば、状況に応じた最善策をアドバイスしてもらえることに加えて、そのメリット・デメリットやその他の選択肢についても、丁寧に説明してもらえます。

弁護士に依頼すれば手続きを有利に進められる

弁護士に依頼することで、債務整理手続きそのものを有利に進めてもらえる点もメリットです。

債務整理手続きは、法的な手続きとなるものもあり、裁判所とのやり取りや提出書類の作成など、知識や経験を求められることも少なくありません。

まして、差し押さえ予告が既に到着している段階では、できるだけ速やかな手続きが必要となるため、経験・知識の豊富な弁護士のサポートは必要不可欠です。

提出資料の管理や裁判所とのやり取り、債権者との交渉などについても、法的な知識を踏まえて適切に対応してもらえますので、自身での手続きに比べ負担が減る点もメリットと言えるでしょう。

給料が差し押さえられるまでの流れ

借金の延滞などが長期化すると、債権者は債権の回収のために差し押さえを行います。

差し押さえといっても、テレビで見るような突然、人が来て財産が差し押さえられるわけではなく、以下のような流れで行われます。

  1. 債権者から差し押さえ予告通知が届く
  2. 裁判所から「支払督促申立書」が届く
  3. 裁判所から仮執行宣言付支払督促が届く
  4. 強制執行による差し押さえが実行される

差押予告通知が届いてから、差押の執行までの期間は債権者によって異なりますが、早ければ1ヶ月程度です。

裁判所から支払督促申立書が届くと、差し押さえは目前に迫っている危機的状況にあるので、早急に対応していく必要があります。

①債権者から差し押さえ予告通知が届く

一括返済請求に応じない場合、債権者から「差押予告通知書」が届きます。

「差押予告通知書」は、借金などの債務返済に対して、再三督促を行っても返済がされない場合に、債権者が発行するものです。

この「差押予告通知書」は、このまま放置すれば裁判所に申し立てを行い、差し押さえをすることを通知する、最終通知ですから、かなり切羽詰まった状態になっていると言えるでしょう。

②裁判所から「支払督促申立書」が届く

「差押予告通知」を放置していると、裁判所から「支払督促申立書」が債務者に送付されます。

この「支払督促申立書」は、債権者が裁判所に申し立てを行い、早ければ2週間程度で発行されます。

「支払督促申立書」は、受取人の署名または押印が必要な特別送達という方法で送付されるため、確実に受け取った履歴が残るようになっています。

債務者は「支払督促申立書」の受け取りから2週間以内であれば、裁判所に異議を申し立てることができますが、先程解説した通り、申し立てが認められるケースはそれほど多くありません。

③裁判所から仮執行宣言付支払督促が届く

異議申立を行わず2週間放置すると、裁判所から「仮執行宣言付支払督促」が送付されます。

仮執行宣言とは、裁判所が差押を行うことを認めたということを指します。

「仮執行宣言付支払督促」の場合も、2週間以内であれば異議申し立ては可能ですが、支払督促の時と同様、申し立てが認められるケースは少ないでしょう。

④強制執行による差し押さえが実行される

「仮執行宣言付支払督促」から、2周間が経過し、異議申し立てがない場合は、債権者による差し押さえが実行されます。

差し押さえ予告通知が届いてから、差し押さえが実行するまでは早ければ1ヶ月しかありません。一旦差し押さえが実行されてしまえば、ストップする手段が限られるだけはなく、社会的信用を失うなど影響は大きくなります。

ここまでの状況に至ってしまうと、差し押さえの影響を抑える手段はかなり限られてしまいますから、そうなる前に対策を打つようにしてください。

差し押さえが実行された場合の影響

では実際に、差し押さえが実行されるとどのようなことが起こるのか、解説していきます。

差し押さえと聞くと、テレビなどの影響で、家財道具などを根こそぎ差し押さえられるようなイメージを持つ人もいますが、実際は異なります。

基本的には、差し押さえの対象は「不動産」「動産」「債権」の3種類だけになっており、なんでも差し押さえられるわけではありません。

また、財産が差し押さえられる以外にもさまざまな影響が出てきます。

ここでは、差し押さえが実行された場合にどのようなことが起こるかについて、詳しく解説します。

給料や預貯金が差し押さえられる

差し押さえが実行されると、真っ先に給料や預貯金が差し押さえられます。

テレビなどの影響で、家財道具などを根こそぎ差し押さえられるようなイメージを持つ人もいますが、給料や預貯金以外の財産は、優先順位が低くなっています。

よほど換価性が高いもの(宝石など)は、差し押さえ対象になることもありますが、差し押さえというとまずは、給料や預貯金を差し押さえ、その他のものはそれでもなお債権が回収できない場合に行われます。

給料の差し押さえは手取り額の1/4が上限

給料の差し押さえ範囲は、原則的に手取り額の1/4が上限と定められています。

給料は、生活を維持するために重要な収入源となるため、必要最低限の現金は残す必要があることから、上記のような対応になっています。

ただし、手取り額が月44万円を超える場合には、この限りではありません。

この場合には、手取り額のうち33万円を超える部分については、1/4を超えても差し押さえを行うことができます。

例えば、毎月の手取り額が28万円の場合であれば、1/4が上限となるため、差し押さえられる額は7万円です。しかし、手取り額が60万円ある場合は、33万円を除いた27万円が差し押さえの対象になります。

つまり、生活に最低限必要な収入以外の部分については、差し押さえの対象になると考えておく必要があるでしょう。

ただし、差し押さえに上限額が設けられているのはあくまで「給料」の場合です。

例えば、自営業者や会社役員の場合は給与とは異なる扱いになるため、全額差し押さえ可能です。保険外交員なども、契約の内容によっては全額が対象となる可能性もありますので、注意してください。

預貯金は差し押さえが実行された時点の口座残高が差し押さえられる

預貯金は、給料と異なり全額が差し押さえの対象となります。差し押さえの対象となるのは、差し押さえの実行を命令する「差押命令が送達された時点」の口座残高です。

ただし、預貯金残高が全額差し押さえにならないケースもあります。それは、給料が銀行振込でかつ振り込まれて間もないケースです。

最近では給料口座も銀行振込になっています。給料が振り込まれたタイミングで差し押さえが実行されると、給料の大半が差し押さえられ、その後の生活がままならなくなる恐れがあります。

このような場合には、「差押債権の範囲の変更の申立て」を行うことで、振り込まれた給料部分の預貯金については、給料同様に1/4以上の差し押さえを解除してもらえます。

ただし、この手続は差し押さえが実行されてから1週間以内に行う必要があるため、速やかに申し立てを行うようにしましょう。

差し押さえ口座の銀行ローンがあると、ローンが強制解約され、口座凍結される

通常、差し押さえを受けた場合は、銀行口座にある預貯金は別の口座に移され、その後、口座自体は利用することが可能です。

しかし、差し押さえ対象となっている銀行で、ローンなどを組んでいる場合は注意が必要です。

預貯金が差し押さえられた口座のある銀行でローンを組んでいる場合、ローン自体は強制解約となります。

ローンが強制解約される際には、ローン残高と預貯金とを相殺処理するため、当該銀行の口座は凍結され、入出金が一切できなくなります。

一旦凍結されると、ローンを一括返済できない限りは、代位弁済されるまでの数カ月間は凍結されたままです。

もし、口座が給与の振込口座や公共料金などの引き落とし口座になっていると、生活に影響がでるため、事前に預貯金を引き出しておくなど、対策しておく必要があるでしょう。

会社に借金の存在や差し押さえされたことがバレる

差し押さえが実行されると、会社に借金の存在や差し押さえられたことがバレることになります。

給料の差し押さえは、裁判所から勤務先に直接連絡されるため、差し押さえの事実は確実に勤務先の知るところとなってしまいます。

借金の返済を滞納し、差し押さえを受けていることを知られるわけですから、お金に対してだらしない人という評価をされる可能性が高く、その後のキャリアに少なからず影響がでることもあるでしょう。

給与差し押さえを理由に解雇されることはない

給与を差し押さえられたとしても、それを理由に解雇されることはありません。

会社は、差し押さえの事実があっても、それを理由にした解雇は法律で禁じられています。労働契約法では、解雇には客観的合理性と社会通念上の相当性が必要とされています。

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

引用元: e-Gov法令検索 労働契約法第16条

給与の差し押さえは、合理性と相当性があるとは認められないため、これを理由とした解雇はできません。

しかし、全く影響がないわけではなく、職種によってはお金を扱う仕事はさせられないと判斷され、配置転換が行われたり、キャリアが閉じてしまったりすることは充分にあり得ます。

家族に借金の存在がバレる可能性が高くなる

借金の存在を家族に内緒にしている場合、差し押さえを受けることで、家族に借金の存在がバレてしまう可能性が高くなるでしょう。

給料を差し押さえられれば、手取り額が減少しますから、そこから借金の存在がバレる可能性は非常に高くなります。

またそれだけではなく、最低水準の生活を送る以外の給料はすべて差し押さえられてしまいますので、家族からの信頼を失ってしまうことにも繋がります。

給料の差し押さえは無視できる?

給料の差し押さえを無視することはできますか?

給料の差し押さえが実行されると、裁判所から会社に直接通知がいくため、無視することは不可能です。会社は、裁判所からの通知を受け取ると、当該社員への給料の支払いを禁じられます。

差し押さえ予告通知が来たら、どう対応すればいいですか?

差し押さえ通知がきたら、まず一括返済できないか検討しましょう。一括返済ができない場合でも、債務整理鉄続きなど、回避する方法はあります。すぐにでも弁護士に相談し、対応方法についてアドバイスを受けて、適切な対応をすべきです。

差し押さえが実行されるとどんな影響がありますか?

差し押さえが実行されると、真っ先に給料や預貯金が差し押さえられます。給料は、全額ではなく手取り額の1/4が上限になっていますが、生活への影響は避けられません。また、差し押さえにより、会社や家族に借金や差し押さえの事実が知られる可能性は非常に高いため、信頼関係も大きく損なわれることになるでしょう。

まとめ

給料の差し押さえを無視することはできません。また、差し押さえ予告通知は、決して脅しではなく、放置すれば確実に実行されますので、速やかな対応が必要です。

差し押さえの回避も、対応が遅れれば遅れるほど、選択肢は狭まり、将来に渡って与える影響も大きくなってしまいます。

差し押さえ予告通知が来ると、残された時間は1ヶ月ほどしかありません。できるだけ速やかに対応することで、影響は小さくできるので、すぐに弁護士に相談し、適切に対応するようにしましょう。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]