リボ払いをやめたい人必見!リボ払いを出来るだけ早く辞める方法と継続する危険性について解説

リボ払いを今すぐやめたいのですが、どすしたらいいでしょうか?設定を解除してもやめられないので、やめる方法を知りたいです。

リボ払いを今すぐやめるためには、残高を一括返済する必要があります。また一括返済ができない場合には、繰り上げ返済することで早期にやめることが可能です。

完済しないとリボ払いはやめられないのですね。一括返済や繰り上げ返済をする余裕がありません。

リボ払いを利用し続けると、返済しても元金が減らないことも有り得ます。解決の糸口が見つからない場合は、債務整理も検討してみてください。

上記のようにリボ払いを今すぐやめたいと悩んでいる人は少なくありません。リボ払いは高額な手数料かかるため、場合によっては元金が全く減らない可能性もあるためです。

そのためこの記事では、リボ払いを続ける危険性や今すぐやめる方法について徹底的に解説していきます。

リボ払いをやめるためには、残高を完済するのが必要です。出来る方は、多少無理をしてでも一括返済するようにしてください。しかし、どうしても資金に余裕がないという方もいると思います。そういった場合は、繰り上げ返済をして早期完済するという解決方法も有効です。

一方で一括返済も繰り上げ返済も難しくて解決の糸口が見えないという方は、債務整理をおすすめします。債務整理することで、無理なく解決することが可能です。ただし債務整理は、法律の素人が自分で出来るような代物ではないので、プロである弁護士に依頼するようにしてください。

この記事でわかること
  • リボ払いでの支払いを今すぐ辞めたいなら一括返済をする
  • 繰り上げ返済することで早期にリボ払いを辞めることができる
  • カード会社によって一括返済や繰り上げ返済の手続き方法が違う
  • 一括返済や繰り上げ返済ができなくて解決の糸口が見えない時は、債務整理を検討することがおすすめ
  • リボ払いは金利が高いなどの特徴を理解しておかないと危険

リボ払いを早くやめるときの方法と注意点

リボ払いは残高の返済が終わらないかぎりやめることができません。そのため今すぐやめるには、一括返済の手続きをして残高を全額返済する必要があります。

しかし一括返済は多額の現金が必要になることが多く、無理をしても厳しいという方も多いです。そういった方は、返済額を増額して返済する繰り上げ返済を活用することで、早期に残高を減らすことが出来ます。

リボ払いを一括返済するにはクレジット会社に手続きを依頼する

リボ払いを一括返済するためには、電話や会員サイトで一括返済の手続きを行い、銀行振込を行う方法が一般的です。ただしカード会社によっては、手続き方法や申し込み期限があるなど一括返済するための手続きや注意点が異なります。

例えばセゾンカードの場合は、クレジットカードの裏面にあるコールセンターに連絡して、一括返済を行うとオペレーターに伝えることで手続きが可能です。担当オペレーターより、銀行振込やセゾンATMなどの返済方法が案内されるので、それに従って返済します。

このように同一のカード会社でも、ATMや銀行振込など複数の返済方法があるケースもあるので、一括返済をする際にはカード会社に返済方法を確認するようにしてください。

カード会社によって一括返済の手続き方法が違うので注意が必要

前述したように、カード会社によって一括返済の手続き方法が異なります。代表的なカード会社の返済方法をまとめたので、確認してみてください。

カード会社名 一括返済の手続き方法
楽天カード コールセンターに連絡してから銀行振込 会員サイトの「楽天e-navi」からリボ払いのおまとめ払いを利用
イオンカード コールセンターに連絡してから銀行振込 会員サイトの「MyPapage」また公式アプリから「リボ払い増額サービスを利用
三井住友カード コールセンターや会員サイトで手続きをして銀行振込 コールセンターや会員サイトで手続きしてから口座引き落とし コールセンターや会員サイトかで手続きをしてATMから返済
エポスカード コールセンターや会員サイトで手続きをして銀行ATMから返済 コールセンターや会員サイトで手続きをしてインターネットバンクから返済 コールセンターや会員サイトで手続きをしてコンビニATMから返済
オリコカード コールセンターに連絡して銀行振込
セゾンカード コールセンターや会員サイトで手続きをしてから銀行振込 セゾンATMからセゾンカードを利用して返済
dカード 提携金融機関のATMから返済
auカード コールセンターや会員サイトで手続きをして銀行ATMで返済 コールセンターや会員サイトで手続きをしてインターネットバンクから返済 コールセンターや会員サイトで手続きをしてコンビニATMから返済

上記のカード会社以外の場合は、カード会社に一括返済手続きの方法を確認するようにしてください。

一括返済の手続きはカード会社によって申し込み期限がある

一括返済するときの手続きは、カード会社によって申し込み期限があります。例えば楽天カードでインターネットから一括返済手続きをする場合は、10日までに手続きを行う必要があります。この期限を過ぎた場合には、翌月の手続きになるそうです。そのため次回の支払い日まで余分に手数料がかかることになります。ただし電話で手続きをし銀行振込を行えば、支払い日を待たずに返済することが可能です。

このようにカード会社によっては、支払い手続きに申し込み期限があります。手続きが間に合わないと一括返済が翌月になる可能性があるので注意してください。

一括返済の支払い額は元金と支払い日までの日割りの手数料を足した金額

一括返済時は、元金と支払い日までの日割りの手数料を支払う必要があります。

例えば手数料の年率が15%のリボ払いで10万円の買い物をして、毎月1万円の返済をする場合の初月の手数料は1,250円です。このリボ払いを15日間で一括返済した場合には、1,250円を日割りの手数料と元金を足した100,725円を返済しなければなりません。

このようにリボ払いは一括返済する日によって手数料を日割りするため、返済額が変わります。そのため必ずカード会社に連絡して、一括返済するタイミングでの残高を確認するようにしてください。

リボ払いを繰り上げ返済するには銀行振込やATMへ入金する

一括返済が厳しい場合は、繰り上げ返済が有効です。繰り上げ返済を行うことで、一度に返済する金額を増額できるため、予定よりも短期間で返済できます。加えて手数料を減額できるので、繰り上げ返済を利用して返済を早めるのがおすすめです。

繰り上げ返済は、クレジットカード会社の銀行口座に振り込むかファミマなどのコンビニATMを利用することで返済できます。ただしクレジットカード会社によっては、事前にカスタマーセンターに連絡する必要な会社もあるので注意してください。

繰り上げ返済をした月は二重負担になる

月々の支払いに加えて繰り上げした金額も負担になるため、二重負担になります。そのため繰り上げ返済によって支払額と月々の返済額の合計を把握することが重要なポイントです。

繰り上げ返済することで生活費などの必要な資金が足りないという状況にならないように、計画をたてて返済するようにしてください。

カード会社によっては繰り上げ返済の入金ができない期間や時間帯がある

カード会社によっては、月の締日の直後やクレジットカード利用の直後など繰り上げ返済の入金受付をしていない期間や時間帯を設けている会社があります。

例えばjcbカードのリボ払いをコンビニatmで繰り上げ返済する場合には、午後11時50分から翌0時10分の間は返済できません。

そういった規定はカード会社によって異なるため、カード会社やカード会社の提携金融機関に問い合わせるようにしてください。

カード会社によって繰り上げ返済の返済単位が違うので注意が必要

カード会社によって繰り上げ返済の返済単位が違うので注意が必要です。基本的にATMで返済する場合は1,000円単位や1万円単位での返済になります。一方で、口座引き落としの場合は1円単位から返済が可能なケースが多いです。

例えばイオンカードの場合は、提携ATMを利用して1,000円単位での返済ができます。

利用しているカード会社の返済単位を確認して、返済金額を決めるようにしてください。

繰り上げ返済や一括返済できないときは債務整理を検討する

リボ払いの残高を繰り上げ返済や一括返済する目処が立たず滞納してしまっている場合は、債務整理を検討することをおすすめします。

債務整理の手続きによって、返済額を減らすことが可能なためです。リボ払いの場合は手数料が高額なため、債務整理の中では一番気軽にしやすい任意整理でも効果が期待できます。

ただし任意整理では間に合わないほど借金が多い方は、自己破産や個人再生がおすすめです。自己破産や個人再生を手続きすることで、リボ払いの残高の支払いを免除することや大幅に減額することができます。

大概の場合、債務整理を行うことでリボ払いの問題を解決することができるはずです。ただしブラックリスト(信用情報機関)に登録されるため、審査に落ちてクレジットカードが発行できないといったデメリットもあるため、慎重に検討するようにしてください。

また債務整理は手続きが複雑で専門知識も必要なので、個人で解決することはほぼ不可能です。そのため債務整理を検討する際は弁護士などの専門家に相談するようにしてください。

リボ払いは特徴を理解していないと危険?

リボ払いの特徴を理解していないと非常に危険です。特徴を理解していないことによって、返済しても元金が減らないという状況に至るまで気付かない可能性があります。そこでここでは、リボ払いの特徴を紹介します。リボ払いの特徴は以下です。

  •  手数料が高い
  •  支払い額が一定のため返済に時間がかかる
  •  返済している気になりやすい

それぞれ詳しく解説していきます。

リボ払いの一般的な手数料は実質年率15%と高い

代表的なカード会社のリボ払いの手数料は、実質年率15%程度に設定されているケースが多いです。この年率はカードローンの金利や分割払いの利息と比較しても高めの数値になります。ちなみにカードローンの金利が4.0〜14.5%程度、クレジットカードの分割払いの利息は12%〜14%程度です。

このようにリボ払いは手数料が高額なため、できる限り使用しないことをおすすめします。

支払い額が一定のため返済に時間がかかる

リボ払いは月々の返済金額が一定のため、完済までに時間がかかります。利用額が高額で、毎月の返済額が少額の場合は尚更です。手数料で支払う金額は決して少なく無く、最悪のケースでは毎月返済しても手数料だけしか返済できず、元金は永遠に減らないというケースも有り得ます。

こういった事態を防ぐためには、リボ払いを使用しないのが一番です。しかし、すでに返済が長期化するような高額なものをリボ払いで購入してしまった方もいると思います。そういった場合は、一括返済や繰り上げ返済を行うようにしてください。

返済している気になりやすい

リボ払いは毎月返済しているので、返済している気になりやすいです。しかし毎月の返済額を少額に設定していると、元金が少ししか減っていないというケースも有り得ます。

このような元金が減っていない状態で、さらにリボ払いの買い物をすると危険です。支払いは毎月固定ですが、元金が全く減っていないこという事態になりかねません。

こういった事態から抜け出すには、返済計画をたてて利用することが重要です。

まとめ

リボ払いの危険性を理解せずに利用することで、返済できずに悩んでいる人は大勢います。こういった事態を防ぐためには、リボ払いの特徴を理解しておくことが重要です。またすでに利用してしまっている人は、すぐにやめる方法を知っておく必要があります。

そのためこの記事では、リボ払いをすぐにやめる方法やリボ払いの危険性について詳しく解説してきました。解説してきた内容を簡単にまとめたのが以下です。

  • リボ払いは金利が高いうえに支払った気になりやすいため危険
  •  リボ払いを利用してしまったら、一括返済や繰り上げ返済を利用して早期返済する
  •  一括払いや繰り上げ返済といった自力で抜け出す方法が難しい場合は、債務整理を検討する
  •  債務整理の手続きを自身でするのはほぼ不可能なため、法律事務所に相談することがおすすめ

上記の内容を参考に、リボ払いを抜け出すようにしてください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]