リボ払いを早く返済するコツ!残高がなかなか減らない落とし穴とは

リボ払い 返済 コツ

クレジットカードのリボ払いをよく利用していたら、月々の支払額が多くなり悩んでいます。

リボ払いの返済を早く終わらせるコツはありますか?

リボ払いを返済していくうえで心がけるべきなのは、月々の返済額を多めに設定する、まとまったお金が用意できるときに一括もしくは繰り上げ返済をすることです。

さらに毎月きちんと明細を確認し、元本があといくら残っているのかを把握するのも重要です。

何度か高額な商品をリボ払いで購入してしまったので、元本がなかなか減りません。

月々の返済はすでにいっぱいいっぱいで、ボーナスがもらえない年もあるのですが、こういった場合はどうすれば良いでしょうか?

リボ払いの利用額がどんどん増えてしまうことで、クレジットカードの利用限度額に達してしまったり、返済自体が滞ってしまったりするリスクがあります。

そのため、すでに返済が苦しく、今後どうしても返済額を増やせないのであれば最終手段として債務整理をすることができます。

債務整理は多くの弁護士が無料相談を実施しているので、まずは気軽に連絡してみてください。

債務整理ってカードローンなどで多額の借金を抱えてしまった人がする印象がありますが、リボ払いも債務整理できるのですね。

もし、ボーナスで繰り上げ返済できる見込みがなければ相談してみたいと思います!

リボ払いは毎月の返済額を一定にできるため、まとまったお金がない場合でも高額なショッピングを楽しめるのが魅力です。

一方で、割高な利息が発生することから、リボ払いを使いすぎるとなかなか元本が減らずに負担となるデメリットも持ち合わせています。

リボ払いを返済するコツとしては、月々無理のない範囲で多めに返済していき、まとまったお金が手元に入ったら一括返済や繰り上げ返済をすることが挙げられます。

そうすれば、元本を着実に減らすことができ、支払期間が短くなることで無駄な利息も支払わずに済むのです。

しかし、既に返済がかなり厳しい状況だとしたら、思い切って法律事務所へ相談することも検討しましょう。

法律事務所へ相談すれば、専門家である弁護士が客観的に状況を判断し、あなたの収入や生活に応じたリボ払い返済のコツを見極めてくれます。

>>【リボ払い返済のコツを伝授】全国対応&24時間無料相談できる法律事務所はこちら

なお『もうリボ払いの支払いができない…』という方はリボ払いが払えない場合にすぐやるべき対処法!生じる6つのリスクと合わせて解説を先にご覧ください。

この記事でわかること
  • リボ払いを早く完済するためのコツ
  • リボ払い残高がなかなか減らない理由
  • リボ払いを使い続けるリスク
  • リボ払いを債務整理するメリットや手続き方法

リボ払いがなかなか減らない理由や早く返済するコツ

リボ払いは高額な商品を購入した際でも、毎月の支払を一定額に保てて無理なく返済できる便利なサービスですが、使いすぎるとリボ払いした分がなかなか減らず返済期間が長期にわたるケースが多いです。

ではなぜ毎月返済していてもリボ払いが減らないのか、また早く返済するコツはあるのかについて解説していきます。

リボ払いの元本が減らないのは毎月の返済金額と手数料が関係している

リボ払いの残高がなかなか減らないのは、リボ払いを何度も利用しているのに毎月の返済額は変更していないことや、リボ払いの高い手数料が影響している可能性が高いです。

毎月の返済額が一定のままだと元本自体が増えていく

あまり知らない方もいると思いますが、実はリボ払いの支払い方式にはおもに定額方式と残高スライド方式があり、どちらを採用しているかはクレジットカードにより異なります。

定額方式は支払残高に関わらず支払額は毎月一定、残高スライド方式は支払残高に応じて毎月の支払額が変動するという違いがあります。

いずれにしても、リボ払いなら月々いくらずつ支払っていくのかを自身の希望する金額に設定できるのでとても便利に感じるでしょう。

しかし、リボ払いを1回だけでなく繰り返し利用したのにも関わらず、月々の返済額を変更しなければ元金は増える一方です。

月々の支払額はそのままで元本が増えていけば当然支払期間は長期になり、返しても返してもなかなか残高が減らないと感じるようになるのです。

リボ払いは手数料が高く設定されている

リボ払いを利用するとクレジットカードごとに定められた手数料(利息)が発生するのですが、この手数料が高めに設定されているのがリボ払いのデメリットと言えます。

リボ払いの手数料率は年15%が相場とされていて、この金利手数料は銀行系カードローンとほぼ同じです。

分かりやすく言えば、リボ払いをするということは銀行カードローンでお金を借りるのとほぼ同じ分の利息が必要になるというわけですね。

具体的な例を挙げるとすると、定額方式のリボ払いで15万円の商品を購入し、毎月5千円ずつ返済する設定ならば、金利15%で全額返済するまでに総額2万8,687円の利息を支払うことになります。

毎月の返済金額がもっと多ければ利息も少なく済みますが、リボ払いでは分割払いと違い返済回数に上限がないので、少しでも月々の負担を減らそうと返済金額を低く設定するケースが多いです。

そのため、支払期間が長期化しリボ払いの利息が膨らみやすく、なかなか残高が減らないという悪循環に陥ってしまいやすいのです。

リボ払いでは毎月明細をしっかり確認することが大切

リボ払いの残高を着実に減らしていくには、利用者が返済への意識を高めなければなりません。

そのためには、毎月クレジット明細を確認し、リボ払いの元本がいくら残っているのかや手数料がどれくらい発生しているのかを把握することが重要です。

面倒に感じるかもしれませんが、明細を見ればどれだけ無駄な利息を支払っているのかが明確になるので、具体的な金額を目にすることで計画的に返済を進められるはずです。

リボ払いが増え続けることによるリスクとは

リボ払いを月々返済していても、繰り返し利用していればなかなか残高が減らなかったり逆に残高が増えてしまったりという自転車操業のような状態に陥る可能性が高いです。

返済額を大幅に増やせるわけではないのにリボ払いをし続けてしまうと、利用限度額に達したり、返済を滞納してクレジットカードそのものの利用ができなくなったりするリスクがあります。

利用限度額に達してリボ払いや分割払いなどが使えなくなる

クレジットカードは申込時の審査で、申込者の年収や他社借入の有無などを踏まえて利用可能枠が決定されます。

クレジットカードのショッピング利用枠のなかには割賦枠が含まれており、リボ払いをはじめ分割払いやボーナス払いは割賦枠の範囲内でしか利用することができません。

たとえば、ショッピング枠が50万円あったとしても、割賦枠が30万円だったとしたら、リボ払いができる上限額は30万円になる計算です。

もちろんボーナス払いや分割払いなどをしていれば、リボ払いは残りの割賦枠の範囲でしか利用できないのです。

逆に言えば、割賦枠の上限いっぱいまでリボ払いを使いすぎてしまった場合は、次回の返済が終わるまでは一時的にリボ払いや分割払い、ボーナス払いでのお買い物はできなくなります。

割賦枠の上限がいっぱいになったとしても、ショッピング枠に余裕があれば一括払いでクレジットカードを利用することはできますが、一括では支払えない高額な商品でどうしてもすぐに必要なものがある場合に不便を強いられるでしょう。

返済が負担となり滞納してしまう

リボ払いの残高が増え続けると返しても返しても思うように減らず、返済するのが負担に感じ滞納してしまうケースがあります。また、収入が減ってしまったり、職を失い無収入になってしまったとしたら月々の返済が滞る可能性が高いです。

もしもリボ払いの支払いを滞納してしまったら、クレジットカードは利用停止になり、返済期日の翌日から遅延損害金が発生します。

遅延損害金の利率は年20%のケースが多く、リボ払いの金利よりも高いので要注意です。

さらに、滞納した状態が2ヵ月や3ヵ月も続けば、クレジットカードは強制解約、リボ払いの一括返済を請求されることになるでしょう。合わせて個人信用情報に金融事故として記録され、いわゆるブラックリスト入りの状態になります。

信用情報に傷がつくと最低5年間は新たなクレジットカードを作ったり、各種ローンを組むことができなくなったりしてとても困るはずです。

リボ払いの滞納は今後の生活へも悪影響を及ぼすので絶対に避けなければなりません。

リボ払いを完済するコツは3通りある

リボ払いを利用して早く全額を支払い終えるためのコツは、金銭的に余裕のあるタイミングで多めに支払うことと月々の返済額を増やすことです。

しかし、すでにリボ払いの残高が膨れ上がっていて、現在の収入状況では完済の目途がたたないのであれば、債務整理を検討しましょう。

これら3通りの方法を実践すれば残高が着実に減っていくはずです。

なお、これ以上残高を増やさないためには、リボ払いの利用を控えることも大切なポイントですので忘れないでください。

一括払いや繰り上げ返済をする

リボ払いは毎月の支払日以外でも、お金に余裕のあるタイミングで追加返済をすることができます。

まとまったお金を返済することで、利息の支払総額を少なくすることができますし、月々の負担も軽減させる期待ができますので、是非積極的に活用してください。

そのため、ボーナスを受け取ったり臨時収入を得たりしたら、まずリボの返済をするよう心がけましょう。

一括で返せるほどの残高であれば一括払い、一括での返済が厳しいのであればある程度まとまった金額を繰り上げ返済すると良いです。

リボ利用分の一括払いや繰り上げ返済の方法は、口座振替、ATM返済、銀行振込のいずれかを選択できるクレジットカードが多いです。

銀行振込は手数料が必要となるので、口座振替やATM返済を利用するのがおすすめです。

まずは利用しているクレジットカード会社へ問い合わせるか公式サイトを閲覧し、まとめ払いの手順を確認してください。

月々の返済額を増額する

毎月リボ払いの返済をしていて、貯金ができたり次の給料日前に手元にお金が残っていたりするなら、月々の返済額を増やしましょう。

今より増やすことが難しいと感じている場合でも、趣味にかかる費用や交際費などを見直せば無駄遣いしていることが分かるかもしれません。

月々のリボ返済額を増やせば、完済までの期間を短くできるうえ利息の負担も軽減させることができます。

増額できる金額の単位はクレジットカード会社により異なりますが、1,000円単位で増額できる場合もあるので可能であれば少しでも多めの返済をしましょう。

月々の返済額の変更はネットや電話で対応してくれるので、各クレジットカード会社の公式サイトで確認しましょう。

返済自体が厳しいなら債務整理をする

すでにリボ払いの残高が高額になっていて、繰り上げ返済や月々の増額でも完済する自信がないのであれば、最終手段として債務整理をしましょう。

債務整理と聞くと、借金の返済ができないケースで行う手続きに感じるでしょうが、クレジットカードのリボ払いも対象となります。

債務整理をすることで利息をカットできたり、場合によってはリボの元本をも減らせる可能性があります。

とはいえ、債務整理をするにも費用がかかるので、まずは弁護士に相談して本当に債務整理をすべきなのかを考えてください。

リボ払いを返済していくことが難しいなら債務整理を検討すべき

リボ払い残高が膨れ上がっていたり、突然収入が大幅に減ってしまったりして返済が難しいのであれば債務整理を検討してください。

もしも、リボの返済が長期間滞るようなことがあったら、前述したようにクレジットカードの強制解約をされたり、最悪の場合には財産を回収される可能性もあります。

そのため、放置は絶対にせず、債務整理を行い何とか返済できるよう目途を立てましょう。

ここでは債務整理の詳細やデメリットなどについて解説していきますので是非参考にしてください。

任意整理すればリボ払いの利息がカットできる

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という3通りの手続き方法がありますが、リボ払いでは任意整理をするケースが多いです。

任意整理とは、債権者であるクレジットカード会社と和解交渉を行い、将来の利息をカットしてもらう手続き方法です。

利息をカットしてもらい、残った元金については3年程度の分割で返済することになります。

リボ払いの年15%もの利息を免除してもらうことができれば、スムーズに返済が進む期待ができます。

また、任意整理は希望する債権者だけを選択できる債務整理なので、車のローンや住宅ローンを支払っている場合でも、リボ払いをしているクレジットカード会社だけを整理の対象にすれば車や住宅を手放す必要はありません。

さらに他の債務整理と違い、裁判所を介さないため手続き費用が安く、手続き期間も短く済むの魅力と言えます。

任意整理でも完済が難しいなら個人再生や自己破産といった方法もある

収入が激減した、無職になったなどの理由で、リボ払いを任意整理しても完済できない状況ならば個人再生や自己破産といった方法を選択することもできます。

個人再生はリボ払いの元本を含めた借金総額を約5分の1程度に圧縮してもらう方法、自己破産はリボ払いの元本を含めた借金総額を全額免除してもらう方法です。

ただし、個人再生では持ち家は残せるもののローン返済中の車は回収され、自己破産では持ち家や車といった高価な財産は債権回収されるので注意してください。

また、個人再生や自己破産は裁判所を介して行う手続きのため、手続き費用が30万円~80万円程必要になるので、しっかり弁護士に相談してください。

債務整理する際は弁護士に依頼するのがおすすめ

債務整理は弁護士や司法書士に依頼するのが一般的ですが、おすすめなのは弁護士に依頼することです。

なぜなら任意整理の場合でも、司法書士より弁護士の方が強気の交渉をしてくれて手続きがスムーズにできる可能性が高いからです。

また、万が一交渉がもつれて裁判に至ったとしても弁護士ならば全ての手続きを代理で行ってくれるので安心です。

弁護士事務所は敷居が高く利用しにくいと感じる方も多いですが、相談だけなら無料としていますし、アットホームで親身な弁護士も多いのでまずは気兼ねなく電話してみましょう。

債務整理が本当に必要か悩んでいる場合も専門家の視点でアドバイスをもらえますよ。

任意整理の弁護士費用は5万円前後が相場

任意整理をする際に気になる費用についてですが、任意整理はクレジット会社1社あたりの相場が着手金と報酬合わせて5万円前後です。

もちろん弁護士事務所によって差があるので、複数の事務所を比較するのがおすすめです。

一括払いが難しいなら分割払いに対応してくれる可能性が高いので、恥ずかしいことだと思わずにきちんと打ち明けましょう。

債務整理によるデメリットもあるので注意

債務整理はリボ払いの完済を目指すのに効果的な手段ではあるものの、以下2つのデメリットもあるので事前に把握しておきましょう。

債務整理をしたクレジットカードは利用できなくなる

債務整理の対象にしたクレジットカードはその後一切利用できなくなります。

そのため、債務整理をしたクレジットカードで携帯電話料金や公共料金などの自動引き落としをしている場合には、別の支払方法に変更しなければなりません。

また、付帯サービスとしてETCカードや家族カードを発行しているなら、それらも利用停止となります。

任意整理をするクレジットカードのほかに、別のクレジットカードを所有しているのであれば問題ありませんが、ほかにクレジットカードを所有していないなら不便に感じるでしょう。

債務整理後は一定期間新たなクレジットカードやローンの契約ができない

債務整理を行った事実は信用情報機関で記録されるため、債務整理後は新たなクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなります。

なお、任意整理であれば5年間は事故情報が保有されます。

そのため、これから住宅や車の購入を検討しているのであれば影響を受けるはずです。

もしも家族に内緒でリボ払いを任意整理したのであれば、ローンの審査に通過しないことでバレてしまうかもしれません。

また、債務整理をしたクレジットカード会社やグループ会社では社内ブラックとして記録が生涯残ることもあるので、5年を経過しても一部のクレジットカードは持てない可能性があると理解しておきましょう。

まとめ

リボ払いは一見便利なサービスですが、高額な利息がかかったり借金をしているという意識がなく利用残高がどんどん増えてしまったりするリスクを伴います。

リボ払いを利用したなら毎月きちんと利用明細を確認し、元本はいくらか利息がどれだけ発生しているのかを把握することが大切です。

月々の返済額を1,000円でも2,000円でも良いので増やし、まとまったお金が手に入ったらリボの繰り上げ返済を優先して行うことで完済までの近道になります。

すでに月々の返済もいっぱいいっぱいでボーナスがない職場だったり、収入が激減したりして完済の目途が立たないのであれば、まず弁護士に債務整理をすべきか相談してみましょう。

そのまま放置していてもリボの残高は思うように減りませんから、積極的に行動するよう心がけてくださいね。

リボ払いの返済でよくある質問

リボ払いを早く払う方法はありますか?

リボ払いは、月々の支払いを増やす、もしくは繰り上げ返済や一括返済をすることで、早く完済できます。

リボ払いを安易に使用すると危険な理由は何ですか?

リボ払いは安易に使用すると高額な手数料がかかり、残高が膨れ上がる危険があります。

リボ払いの返済が厳しい時はどうすればよいですか?

返済自体が厳しい状況なら債務整理を視野に入れるとよいでしょう。単なる節約法とは違い、借金自体の負担を軽減でき返済がずっと楽になります。

リボ払いの返済ができないとどうなりますか?

債権者から一括請求を受け、最終的に裁判所の強制執行によって財産・給与などが差し押さえられます。また、家族や会社に借金の滞納がバレて、信用が失われる恐れもあります。

リボ払いの返済が難しくなったら弁護士に相談するのがおすすめな理由は?

どのような方法で解決する場合も、メリット・デメリットがあります。弁護士に相談すればメリット・デメリットをふまえて最適な方法を提案してもらえるでしょう。また特に債務整理をする場合は、専門的な知識が必要となります。弁護士は債務整理に関するあらゆるノウハウを持っているため、手続きがスムーズにいくようアドバイスをくれるのです。