リボ払いは借り換えたほうがお得?クレカのリボ払いを借り換えするメリットと知っておきたい注意点

リボ払い 借り換え

クレジットカードのリボ払い分の残高が全然減りません…。他の銀行などで借り換えができるという噂を聞いたのですが、本当ですか?

クレジットカードのリボ払い分の返済は、銀行のカードローンやおまとめローンなどで借り換えができます。ただ借り換えをすれば負担が軽くなるというわけではありません。金利だけでなく、返済期間や月々の返済金額も確認してくださいね。返済期間が長くなると、かえって負担が多くなる場合もあります。

借り換えをしたからといって必ず楽になるわけではないんですね。審査は厳しいんですか?

銀行の借り換えローンは審査が厳しい傾向があります。またカードローンに申込をした場合、借り換えをしたい金額までは借りられないことが多いです。借り換えをすると楽になると考えがちですが、実際に借金が消えるわけではないので「思っていたよりも負担が軽減されない」という印象を抱く方のほうが多いです。返済が辛いのであれば、返済金額を確実に軽減できる任意整理も検討してみてください。

最近、インターネット上の口コミや銀行の広告でよくおすすめされているのが、リボ払い残高の「借り換え」です。借り換えとは、他の金融機関でまとまったお金を借りて残高を全額返済することです。

金利が低い金融機関から借りることで返済金額を減らすことができ、複数のカードの残高を一社にまとめることができます。

しかし、借り換えをしたからといって返済の負担が軽減されるわけではありません。逆に、支払い総額が増えることもあります。

もし、あなたが終わらないリボ払いの返済に目処をつけ、本気で借金問題を解決したいと考えているなら、債務整理など確実に返済の負担を軽減できる方法を選択することをおすすめします。

債務整理なら今後支払うはずの利息はもちろん、元金すらも減額できるので、最終的な支払い総額を大幅に少なくできます。

当サイトでは、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、まずは気軽に相談して借金問題解決の一歩を踏みだしてください。

>>【リボ払いも相談可】債務整理に強い法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • クレジットのリボ払いは銀行や消費者金融で借り換えができる
  • 金利が低いローンで借り換えをすれば支払いが軽減できるが、返済期間が長いと総支払額が増えることもある
  • 借り換えの審査は厳しく、審査に落ちる、もしくは希望金額を借りられないこともある
  • 現在返済が苦しい方は借り換えをしても問題が解決しない可能性もあるため、任意整理も視野に入れるとよい

そもそも借り換えとはどうすること?

借り換えのメリットや問題点について解説する前に、借り換えとはどうする事なのかについて確認をしましょう。「借り換え」とは金融機関でまとまったお金を借り、そのお金で他社の借入残高をすべて返済することです。

2社以上の会社を返済し、返済していく会社を一つだけにする場合は「一本化」「おまとめ」と呼ぶこともあります。たとえばA社とB社でそれぞれ50万円ずつ借りている人がC社に借換をする場合、以下のような流れになります。

  1. C社で100万円を借りる
  2. そのお金でA社、B社の残高を全て返済する
  3. C社で借りた100万円を毎月返済していく

借金がなくなるわけではありませんが、金利が低いローンで借りることで以後の負担を減らせるというメリットがあります。

借り換えができるローンの種類

借り換えをしたい場合は借換専用のローンのほか、使い道が自由なカードローンなどを使うことができます。商品によって限度額や金利、利用の際に注意したいポイントが違いますので、種類ごとに詳しく解説をしていきます。

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • おまとめ専用ローン

消費者金融

会社名 利率 限度額 備考
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 新規契約は50万円まで
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円

消費者金融のローンは使い道が自由ですので、借り換えに利用することができます。申込後の結果連絡が早く、銀行のローンやおまとめローンに比べると比較的審査に通りやすいことが特徴です。

しかし消費者金融には総量規制貸金業者からは合算して年収の3分の1までの金額しか借りられないという決まりのこと。消費者金融、クレジットのキャッシング枠が対象です。があるため、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングと合算して年収の3分の1までしか借りられません。

年収が300万円の人であれば上限は100万円ということ。既にクレジットカードのキャッシングで30万円を借りている場合、他者で借りられるお金は70万円までとなります。

また、金利が若干高めに設定されていることに注意が必要です。消費者金融は選択できる返済方法が多く、返済の管理がしやすいですが、借り換えをしても金利が軽減されない可能性があります。

銀行カードローン

会社名 利率 限度額
みずほ銀行 2.0%~14.0% 800万円
三菱UFJ銀行(バンクイック) 1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円

銀行のカードローンも使い道が自由ですので、クレジットカードのリボ払い分の借り換えに使えます。金利が消費者金融に比べると低いため支払いの軽減が期待できますが、その分審査も厳しいです。

銀行のローンは総量規制の対象ではありませんがいくらでも借りられるわけではなく、申込時は借り換えに必要な金額が借りられないことがあります。

おまとめ専用ローン

会社名 利率 限度額
東京スター銀行おまとめローン 12.5% 1000万円
アイフルおまとめローン 3.0%~17.5% 800万円

金融機関によってはおまとめ・借り換え専用のローンを用意している会社もありますが、クレジットカードのリボ払い分は借り換えができないローンが多いです。アイフルや東京スター銀行のおまとめロ-ンはクレジットカードのリボ払い分のおまとめに対応しています。

東京スター銀行おまとめローンは金利が低いですが、パートやアルバイトの方は申込ができず、毎月定まった給与を得ている人でないと申込ができません。アイフルのおまとめローンはパートやアルバイトでも申込可能ですが、金利が高めですので支払い総額の軽減は期待できません。

いずれも最初からまとまったお金を貸し出すため審査は厳しく、審査結果が出るまでに日数がかかります。

リボ払い分を借り換えるメリットとデメリット

リボ払いを借り換えすると、金利が下がる、返済の管理がしやすくなるなどのメリットがあります。しかし借り換えにはデメリットがあるということも理解しておき、借りた後で「こんなはずではなかった」と後悔しないようにしましょう。

借り換えのメリット

  • 金利が下がる
  • 毎月の返済額を下げられる
  • 返済の管理がしやすくなる

リボ払いは金利が高いため残高が減りにくく、どれくらいで返済が終わるのかを把握しにくいです。借り換えをすることにより返済計画を立てやすくなり、金利の負担も軽減できます。

金利が下がる

リボ払いを利用した際の手数料(金利)は会社やカードによって違いはありますが、15.0%~前後に設定されていることが多いです。しかし金利が低いローンで借り換えをできれば、総支払金額を下げることができます。

実際に一か月に支払う利息の値段を年利15.0%、借り換え後の12.0%両方で計算をしてみましょう。
計算式は元金×年利÷365日×30=支払い利息です。

500,000円分を15.00%の利率で返済する場合
500,000×15%÷365×30=6,164円
借り換えをし、500,000円分を12.00%の利率で返済する場合
500,000×12%÷365×30=4,931円

一か月の計算でも1000円以上の差が出ていることが分かります。

毎月の返済額を下げられる

クレジットカードのリボ払い分の支払いは「残高スライド方式」という残高によって支払い金額が決まる返済方式であることが多いです。

例えばJCBの「残高スライドコース(標準)」の場合は以下のように設定されています。

残高 支払い金額
残高10万円以下 1万円
10万円以上 10万ごとに1万円加算

参考元:JCB「ショッピングリボ払いのお支払い方法」

残高が50万円ある場合、毎月5万円を支払うことになります。残高が減ればひと月あたりの返済金額も減り楽になりますが、残高が多い内は返済金額が高いため、家計への負担が重くなります。

しかしおまとめローンを組むことで、一か月あたりの返済金額を調整できるようになるため、無理なく返済をしていけるようになります。

返済の管理がしやすくなる

クレジットカードの月々の請求は、一括払いとリボ払い分を合わせた分の金額です。そのため毎月の支払い金額が分かりにくく、思っていたよりも支払い金額が高くなることもあります。そのため毎月の返済計画が立てにくく、その結果返済が長引いてしまう傾向があります。

しかしリボ払い分を別のローンで借り換えをすると毎月の返済金額が一定になるため、家計における管理がしやすくなります。

また複数のカードの返済をしている場合は返済回数を月一回にまとめることができますので、支払いの手間も軽減できます。

借り換えのデメリット

  • 金利があまり軽減されないこともある
  • 借金が増えてしまう
  • 返済期間によっては総返済額が高くなることがある
  • 審査に通らないことがある

借り換えにおいてはメリットが強調される傾向がありますが、実際にはデメリットもあります。借り換えをしでも負担が軽減できない、逆に借金が増えるなどのリスクもあります。

金利があまり軽減されないこともある

借り換えをすると利息が下がる!という見かけたことがある方も多いでしょう。しかし実際には必ず低い金利で借りられるわけではありません。

「借り換えができるローンの種類」でも紹介をした通り、全てのローンが利息が低いというわけではありません。

商品概要で金利が「3.0%~18.0%」と紹介されていると、低い金利で借りるチャンスがあるのではないかと勘違いしがちです。しかし利息は単純に金融機関の利息になるだけでなく、貸し倒れのリスクに備えて設定されるものです。

初めて借りる人はどのような取引をするのかが分からないため、利息は一番高い利率に設定されることが大半です。そのため低い利率を期待して申込をしたにもかかわらず、実際は変化がないという事も決して珍しくはありません。

借金が増えてしまう

借り換えをするとそのお金でクレジットカードのリボ払いを完済しますので、クレカの残高はゼロになります。つまり利用可能額に大きなゆとりが出来る、ということです。

実際には借金が減っているわけではないのですが、利用できる金額は増えることになりますので、借金が減ったとつい思ってしまいがちです。借り換えをしたにもかかわらずまたカードを使ってしまい、借金が増えてしまうという事例も報告されています。

返済期間によっては総返済額が高くなることがある

借り換えをすると金利が低くなるメリットがありますが、返済する期間が長ければ総支払額は増えます。

「毎月の支払いを軽減したい」という気持ちを優先させて毎月少ししか返済をしていないと、その分利息が加算される日数が増えますので、借り換えをするよりも支払い総額はアップします。

50万円を返済する際のシミュレーション例
利率15.00%で毎月30,000円ずつ返済した場合…支払回数17回、支払総額549,165円
利率12.00%で毎月20,000円ずつ返済した場合…支払回数25回、支払総額560,153円

参考:手数料計算のシミュレーション(日本クレジットカード協会)

借り換えをする際は利率だけでなく、返済期間や支払い総額にも着目するようにしないと、かえって負担が増える恐れがあります。

審査に通らないことがある

借り換えローンはまとまったお金を一度に借りるローンです。高い金額を借りる場合は返済期間が自ずと長くなるため、途中で延滞や貸倒がないよう審査はより厳しく行われます。そのため借り換えたい残高分の金額を借りられないこともあります。

借り換えをするなら金利が低いところにしたい!と考える方は多いと思いますが、金利が低ければ低いほど審査はより厳しい傾向があります。

他者で延滞などの問題を起こしていなくても、他の金融機関で既にお金を借りている場合はそれだけで審査落ちするということも決して珍しくありません。

返済が苦しい時は任意整理が向いていることもある

うまく借り換えをすれば支払う利息が軽減されます。しかし借り換えをしても毎月の返済が著しく減るわけではありません。デメリットでも解説をした通り、逆に借金が増えてしまい更に苦しくなる方も実際にいます。

今現在「支払いが辛い」と感じている方は、借り換えだけでなく任意整理も視野にいれることをお勧めします。

借り換えは借金の根本的な解決にならない

インターネットやSNSなどの影響もあり「リボ払いは地獄」「リボ払いは怖い」等、クレカのリボ払いに対するマイナスイメージが強くなりつつあります。

それに伴い、借り換えでクレジットカードのリボ払いから抜け出せば楽になる!と考える人も増えていますが、それは間違いです。どちらも借金であることに変わりはないからです。借り換えをしても返済を大幅に楽にすることはできません。

また借り換えをするとクレジットカード分の残高がなくなり利用限度枠が増えますので、借金がなくなったと無意識に勘違いしてしまう人が多いです。借り換えをしても借金の返済は続く、ということを強く意識しなくてはいけません。

任意整理のメリット・デメリット

    【メリット】

  • 利息がカットできる
  • 毎月の返済金額が減る
  • 借入を確実に完済できる
  • 督促がなくなる

任意整理を行うと利息をカットできますので、支払いの負担を確実に減らすことができます。また毎月の返済金額を下げることができることもメリットです。無理のない範囲で完済へのゴールを確実に目指せます。

また任意整理の際に弁護士に相談を行うことで、カード会社からの督促や取り立てがなくなります。毎月の返済が大きくストレスになっている方は任意整理を検討しましょう。

    【デメリット】

  • ブラックリストに載り、ローンの利用ができなくなる

任意整理のデメリットは、信用情報機関に記録が残り、最長で5年間はローンの利用ができなくなることです。クレジットカードも利用ができなくなりますが、デビットカードやプリペイドカード、家族カードは変わらず利用できます。

まとめ

クレジットカードのリボ払いの残高は、消費者金融や銀行のカードローン、ショッピングリボ払いの借り換えに対応したおまとめローンなどを使って借り換えができます。

しかし借り換えのためにまとまったお金を借りる際は審査が厳しい傾向があります。逆に金利が高くなる、借り換えしたい金額を借りられないという事も。

低い金利で借りられれば利息の負担は軽減できますが、返済の期間によっては逆に支払い総額が増えることもありますので、前もってシミュレーションを行うことが大切です。

借り換えをすると返済の管理はしやすくなりますが、借り換えをしてもあまり変化がなく、かえって借金が増えるケースもあります。返済が苦しいと感じている場合は任意整理を視野にいれることもお勧めします。

リボ払いの借り換えについてよくある質問

リボ払いの借り換えは可能ですか?

リボ払いは銀行のカードローンやおまとめローンなどを使って借り換えが可能です。

リボ払いの借り換えを検討する際に注意すべき点はありますか?

借り換えをするときは金利や返済期間に注意することが重要です。借り換えしてみたら実際には金利があまり軽減されなかったり、返済期間によっては総返済額が高くなる恐れもあります。

借り換え以外にリボ払いの返済負担を軽減する方法はありますか?

うまく借り換えをすれば支払う利息は軽減されますが、借り換えをしても毎月の返済が著しく減るわけではありません。逆に借金が増えてしまい更に苦しくなる人も実際にいます。借り換えは返済の根本的な解決にはならないため、返済総額を減らせる任意整理を併せて検討したほうがよいでしょう。

任意整理とはどのようなものですか?

任意整理は、債務整理と呼ばれる国が認めた借金救済制度の一つです。今後支払う予定の利息をカットや減額し、返済総額を大幅に減らせます。債務整理には他にも複数の方法があり、どの方法が適しているかは個人によって異なるので、法律事務所へ直接相談して確認するとよいでしょう。

借り換えと任意整理どちらを利用する方が得ですか?

借り換えは金利を安くすることはできても全額カットすることはできません。その点、任意整理なら利息を全額カットできる可能性もあります。そのため、借金の負担軽減効果は、借り換えより任意整理の方が高いといえるでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…