【リボ払いの「ヤバい事例」】今リボでヤバいあなたが抜け出す方法と相談先

リボ払い やばい

リボ払いを利用していると友人に話したら「リボ払いはやばいからやめたほうがいい」と言われました。毎月支払う額が少なくて便利だと感じているのですが、なぜやばいのでしょうか。

リボ払いは確かに便利な支払方法です。しかし、金利の確認や支払残高の把握をしていないと、気づいたら返済が困難になっている事例は少なくありません。ご友人はそのような事態にあなたが陥ることを懸念しているのかもしれませんね。

そうなんですね。毎月返済しているので、金利や支払残高はあまり気にしていませんでした。確認したら残りの支払回数が60回以上で途方も無いのですが、早く返済を終わらせる方法はありますか?

リボ払いは繰り上げ返済ができます。また、クレジットカードの支払設定が自動的にリボ払いとなっているなら、解除して支払残高を増やさないようにすることも大切です。返済に不安がある場合は、債務整理も視野に入れて一度弁護士に相談するのもよいでしょう。

リボ払いは、利用金額や件数に関係なく、支払残高に応じて毎月一定の金額を支払う方法です。そのため、明確な返済計画を立てて利用していれば、問題はなく便利な支払方法といえます。

しかし、リボ払いは金利が毎月支払い全体にかかり返済総額が高額になるにもかかわらず、毎月の返済額は小さいので気づいたら「やばい」状況であるケースが多いのです。

まだ残高の返済が可能な状況で気づき抜け出せればよいのですが、すでに返済不能となっているのなら、弁護士に相談するとよいでしょう。

あなたの状況に合わせた、無理のない返済計画やリボ払いによる借金の解消方法をアドバイスしてもらえます。

>>【無料相談】弁護士に相談してリボ払いから抜け出す

この記事でわかること
  • リボ払いは、金利や支払残高を常に把握して利用することが大切。
  • リボ払いから抜け出すには、繰り上げ返済や設定の解除が有効。
  • リボ払いは債務整理の対象。返済不能なら早めに弁護士へ相談しよう。

リボ払いが「やばい」といわれるのはなぜ?

「リボ払いはやばいからやめたほうがいい」

そのように聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか。

リボ払いがやばいといわれるのは、以下の点を正しく把握せずに利用した結果、返済不能となるケースがあるからです。

  • 金利は毎月支払残高全体にかかるため返済総額が高額になる
  • 毎月の返済額に変化がないので支払残高が増えているのに気づきにくい
  • リボ設定に気づかないままクレジットカードを利用してしまう

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えします。

金利は毎月支払残高全体にかかるため返済総額が高額になる

リボ払いの金利は、一般的に15.00%です。

そして、この金利を用いて月々の手数料が計算されます。

手数料の計算方法は

手数料=支払残高×金利(15.00%)×31(日)÷365(日)

であり、毎月支払残高の全体に対してかかります。

そのため、リボ払いの支払残高が増えれば増えるほど、返済総額も高額となるのです。

また、返済期間が長引くと毎回高金利の手数料を支払う必要があるので、返済総額は増えていきます。

毎月の返済額に変化がないので支払残高が増えているのに気づきにくい

リボ払いは、利用金額に関わらず毎月一定の金額を支払います。

そのため、毎月問題なく返済できていると支払残高の確認もおろそかになり、気づいたら支払残高が膨れ上がっているケースは多いです。

また、リボ払いはクレジットカードの利用限度額まで利用できてしまうため、利用限度額が高額に設定されていると、とくに気づかない可能性があります。

リボ設定に気づかないままクレジットカードを利用してしまう

クレジットカードを契約するときに、初期設定がリボ払いとなっていることがあります。

リボ払いを利用したくない場合は、クレジットカードを契約するときに以下のことを確認するとよいでしょう。

  • 支払方法の選択時に「リボ払い」にチェックが入っていないか
  • リボ払い専用のカードでないか

リボ払いに設定されていることに気づかずクレジットカードを利用してしまうと、後に高額な金利の手数料を請求されます。

もしもリボ払いに設定されていることに気づいたら、すぐにクレジットカード会社へ連絡して変更してもらうとよいでしょう。

リボ払いの仕組みを正しく理解しよう

リボ払いは「リボルビング払い」の略称で、クレジットカードにおける返済方法の1つです。

リボ払いは、利用した金額の大きさや回数に関係なく毎月一定の金額を返済します。

一括払いや分割払いとは違い、毎月の返済金額が決まっているので家計の管理がしやすいなどのメリットがあります。

しかし、リボ払いの仕組みを理解しないまま利用し続けると、いつの間にか返済額が膨れ上がってしまうというリスクも忘れてはいけません。

この項目では、リボ払いの仕組みをわかりやすくお伝えします。

分割払いとリボ払いの違い

リボ払いは、よく分割払いと混同されますが、分割払いは利用した金額に対して支払回数を選択して支払う方法です。

例えば、1月に次のような買い物をしたとします。

分割払い派
Aさん
リボ払い派
Bさん
15万円の
パソコン
5回払い リボ払い定額1万円
6万円の
カバン
3回払い リボ払い定額1万円
2万円の
旅券
2回払い リボ払い定額1万円

この場合、1月以降の月々の支払金額は以下のとおりです。

分割払い派
Aさん
リボ払い派
Bさん
2月 6万円 1万円
3月 6万円 1万円
4月 5万円 1万円
5月 3万円 1万円
6月 3万円 1万円
7月以降 支払完了 翌年12月まで
毎月1万円

それぞれ利用金額や支払回数に応じて、手数料がかかります。

上の表でわかるように、リボ払いは毎月の支払い金額は定額ですが、返済を終えるまでの期間が長いです。

その分手数料を支払う回数も多く、返済総額が一括払いや分割払いに比べて高額になってしまう傾向があります。

リボ払いの返済方式は主に2種類

リボ払いの主な返済方式には、以下の2つの種類があります。

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

それぞれの返済方式の特徴や利用する際の注意点について、次の項目から詳しくお伝えします。

設定した金額を毎月支払う「定額方式」

定額方式とは、支払残高に関係なく毎月設定した金額を支払う方法です。

上図のように、新たな買い物によって支払残高が増えても、支払う金額は変わりません。

設定した金額に手数料を加えて支払うのが一般的ですが、クレジットカード会社によっては手数料を含めた金額を支払金額に設定することが可能です。

その場合は、支払金額が低いと支払金額のほとんどが手数料となってしまう可能性があるので注意しましょう。

手数料は支払残高に比例し、以下の式で計算できます。

手数料=支払残高×金利(15.00%)×31(1ヶ月の日数)÷365日

支払残高に応じた金額を支払う「残高スライド方式」

残高スライド方式とは、支払残高の大きさに応じて支払額を段階的に増減させる支払方法です。

支払金額はあらかじめ設定し、例えば下記のようになります。

支払残高 毎月の支払額
10万円未満 5,000円
10~20万円未満 1万円
20~30万円未満 2万円
30万円以上 10万円ごとに
1万円上乗せ

そのため、買い物をせずに支払残高が減っている月は支払金額も低くなります。

逆に、出費がかさんで支払残高が増えると支払金額も増えるので、定額式よりも出費の管理が重要です。

どちらの方法も、支払残高がある限り支払いは終わりません。

自分が契約しているリボ払いの返済方式を確認するには?

リボ払いの返済方式には主に2つの種類があるとお伝えしましたが、今現在、自分が契約しているリボ払いの返済方式が分からない人もいるでしょう。

そのような場合は、主に以下の2つの方法で確認できます。

  • クレジットカード会社の会員サイト
  • 利用明細書

会員サイトで調べる場合は、リボ払い設定の確認・変更ができるページなどから確認できます。

また、利用明細書の中に、現在契約しているリボ払いの返済方式や金利などが記載されていることもあります。

クレジットカード会社によっては、独自のリボ払いの種類や支払コースを設定している場合もあります。

その場合も、会員サイトや利用明細書に金利や支払額の詳細を記載していることが多いので確認してみましょう。

もし、会員サイトや利用明細書を見ても自分が契約しているリボ払いの返済方式が分からい場合は、コールセンターなどに電話で確認してみるのも一つの方法です。

リボ払いで「やばい」状態とはどんなとき?

リボ払いは、仕組みを正しく理解して明確な返済の見通しを立てて利用すれば、とても便利な支払方法といえます。

しかし、以下に当てはまる場合は正しく利用できておらず「やばい」状態である可能性が高いです。

  • 支払残高の総額を把握していない
  • 公共料金や生活費もリボ払いを利用している
  • 月々の返済額が低すぎる

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えします。

支払残高の総額を把握していない

支払残高の総額を把握していないと、返済の計画を立てることもできないでしょう。

支払残高の総額を把握せずにリボ払いを続けていると、気づいたら支払残高が高額となり、返済不能に陥る恐れがあります。

現在、支払残高を把握していないのなら、カード会社の会員サイトやコールセンターに問い合わせて、確認するとよいでしょう。

公共料金や生活費もリボ払いを利用している

公共料金や生活費などにリボ払いを利用している人もいると思います。

その場合、支払残高や月々の収支バランスを考え、明確な返済計画を立てて利用しているなら問題はありません。

しかし、支払残高に対する返済計画がなかったり、収支バランスが崩れているにも関わらず日常的にリボ払いを利用しているのは危険です。

月々の返済額が低すぎる

前述したように、リボ払いは月々の支払時に支払残高全体に対して手数料がかかります。

そのため、支払残高に対して月々の返済額が低く、返済回数が多くなると総支払額も大きくなってしまいます。

気づいたら、利息の支払いだけで数十万円を超えていたというケースも少なくありません。

今一度、月々の返済額を見直してみるとよいでしょう。

リボ払いから抜け出す方法

ここまでお伝えしたことを踏まえて、今のうちにリボ払いから抜け出したいと考えた人は多いのではないでしょうか。

とくに、前の項目でお伝えした「やばい」状態に陥っているなら、一刻も早く問題を解決したいですよね。

リボ払いの返済に少しでも不安があるのなら、早い段階でリボ払いから抜け出すのがよいでしょう。

リボ払いから抜け出す方法は、主に以下の4つです。

  • 支払残高の繰り上げ返済をする
  • 支払残高と支払期間を把握して利用する
  • 自動的にリボ払いとなる設定を解除する
  • 支払残高が返済不能なら弁護士に債務整理を依頼する

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えします。

支払残高の繰り上げ返済をする

繰り上げ返済は、毎月設定している金額に上乗せした金額を返済する方法で、一括返済と一部返済の2つの方法があります。

また、繰り上げ返済で上乗せした金額には手数料がかからないので、金銭的に余裕のある月は繰り上げ返済をするとメリットが大きいです。

一括返済は、支払残高を一括で支払う方法です。全額返済、一括払い、全額払いなどの呼び方をしているクレジットカード会社もあります。

一部返済は、月々の支払金額とは別に上乗せして支払をする方法です。上乗せ、増額払いなどといわれることもあります。

クレジットカード会社によっては1円単位で返済額を増額できる場合もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。

支払残高と支払期間を把握して利用する

前の項目でも述べましたが、リボ払いは明確な返済計画を持って利用すれば便利な支払方法です。

そのため、支払残高や支払期間を把握し、無理のない計画であれば大きな問題はありません。

毎月の支払金額が一定であると、支払残高の把握がおろそかになってしまうかもしれませんが、リボ払いを利用するのであれば必ず利用するごとに確認しましょう。

あらかじめ支払残高の上限を自分で決めておくと、管理がしやすいのでおすすめです。

また、支払計画を立てるときは手数料を必ず考慮しましょう。

自動的にリボ払いとなる設定を解除する

クレジットカードが自動的にリボ払いとなる設定になっている場合は、設定の解除をしましょう。

リボ払いの解除は、利用しているクレジットカードの会員サイトでできることが多いです。

また、直接クレジットカード会社に問い合わせて解除してもらうこともできます。

ただし、設定を解除してもリボ払いで買い物した分の支払残高は変わらず、手数料も残るのが通常です。

手数料の負担を減らしたい場合は、繰り上げ返済を利用するとよいでしょう。

支払残高が返済不能なら弁護士に債務整理を依頼する

支払残高がすでに返済不能となっており、リボ払いをやめただけでは解決できない場合もあると思います。

その場合は、弁護士へ債務整理を依頼するとよいでしょう。

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの方法がありますが、リボ払いの場合は任意整理をするケースが多いです。

任意整理・・・将来分の利息をカットし、元金のみを分割返済していく。

利息がカットされるので、総返済額が下がり月々の返済額負担も小さくなります。

例えば、リボ払いの残高が150万円あるとします。以下の表は、そのまま払い続ける場合と任意整理した場合の比較です。

そのまま払い続ける場合 任意整理した場合
返済回数 50回 50回
月々の返済額 4万円 3万円
返済総額 約200万円 150万円

このように、任意整理をすると最終的な返済総額をぐっと抑えられます。

なお、任意整理の交渉結果次第では、返済期限を延長してもらえる場合もあります。その場合には、月々の返済額をさらに抑えることが可能です。

>>【相談無料】任意整理で減らないリボ残高を解消する

ショッピングによるリボの残高は自己破産が認められない可能性も

自己破産では、一定以上の価値がある財産を手放す代わりに債務が0となります。

そのため、借金総額が高額で、返済不能に陥っている場合は自己破産を選択するケースが多いです。

しかし、借金の理由が浪費による場合、免責不許可事由自己破産をしても免責が認められない事由のこと。免責が認められないと、借金の返済義務はなくならない。に該当して自己破産をしても借金の返済義務がなくならない可能性があります。

第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

引用元:e-Govポータル「破産法第252条」

ただし、免責不許可事由がある場合でも、債務者に更生可能性があると裁判所が判断すれば、裁量免責が認められることがあります。

もしショッピングによるリボ残高を自己破産で解決したい場合は、免責が認められるかどうかの見通しを含めて、事前に弁護士とよく話し合うとよいでしょう。

リボ払いの「やばい」状況を債務整理で解決した事例

Aさんは、引越しをするときに一括払いが難しかったので、月々10,000円の支払いで大丈夫だというリボ払いを利用しました。

家具などの高額な買い物をしても毎月1万円さえきちんと返済すればよく、とてもお得だと思いそれから頻繁にリボ払いを利用するように。

毎月滞りなく1万円を支払っていたので、返済額も減っているものと思い込んでいたら、あるときカードの利用限度額に達しているとの通知が来ました。

慌てて確認したら、支払残高が利用上限額の100万円に達しており、クレジットカードの利用も止められてしまいました。

100万円を返せるあてもなく、困ったAさんは友人に紹介された弁護士へ相談することにしました。

相談者 20代前半女性
月々の収入 手取り22万円程度
借入状況 リボ払い残高100万円
弁護士への相談結果 任意整理で返済残高は60万円に

Aさんは手数料や利息を考えずにリボ払いをしていたため、今まで支払ったほとんどが手数料と利息に充てられていました。

Aさんが月々に支払い可能な金額だと、このまま返済を続けてもほとんど利息のための支払となってしまいます。

そのため、弁護士を相談して任意整理をすることに。

無事に手数料と利息のカットが認められ、Aさんは元金の約60万円を月々2万円の分割返済しています。

>>【相談無料】弁護士に任意整理の相談をしてみる

まとめ

リボ払いは、計画的な返済計画を立てて利用すれば、とても便利な支払方法です。

しかし、仕組みを理解していなかったり便利だからと使いすぎてしまうと、のちに支払不能となってしまうケースが多くあります。

今現在、リボ払いを利用しているのなら以下の4点をすぐに確認するとよいでしょう。

  • 支払残高はいくらか
  • 返済が完了するのはいつか
  • 返済までにかかる手数料は合計でいくらか
  • 無理なく返済が続けられるか

もし少しでもリボ払いの返済に不安がある場合は、この記事を参考にして早い段階でリボ払いから抜け出すのがおすすめです。

すでに支払いが不能であるのなら、弁護士に債務整理を依頼するとよいでしょう。

無料で相談を受け付けている弁護士も多くいるので、まずは相談してみてください。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…