リボ払いが苦しくなったら破産すべき?延滞のリスクと取るべき手段を解説

リボ払いの支払いに困ったら、破産するしかないのでしょうか?

確かに借金を全て免除できる手続きは破産だけです。しかし、任意整理や個人再生などといった方法を取れば、借金を無理なく返せる額に減らすこともできますよ。

そうなんですか。でも、やっぱりそういった手続きをするとブラックリストに載ったり、デメリットもありますよね?

たしかに、同じところからの借り入れができなくなるなどのデメリットはあります。しかしいずれも返済が困難になった人のための公的な手段ですし、弁護士に相談すれば最もデメリットの少ない方法をご提案しますよ。

なるほど。心強いです!

それに、リボ払いは支払いを延滞したときのリスクの方が大きいんです。ギリギリまで払い続けずに、早めに債務整理を検討するのがおすすめです。

そうなんですね!教えていただいてよかったです。では早速、債務整理の準備をしようと思います!

毎月のリボ払いにお困りではありませんか?リボ払いの支払いは破産することで0円にできます。リボ払いは支払い額が大きくなり、支払い期間が伸びるほど多くの手数料を支払わなければなりません。
事実、リボ払いの手数料に苦しみ破産を検討する人は少なくありません。

そこでこの記事では、リボ払いで破産をするメリットとデメリットをご紹介。それ以外の債務整理の方法についても詳しく解説します。

また、リボ払いを延滞するのは危険です。支払いを延滞するとカードの利用停止や一括請求など、あらゆるリスクが伴います。支払いが苦しい方は、延滞せざるを得ない状況になる前に、債務整理などの手段を検討しましょう。

この記事でわかること

  • 破産すればリボ払いを0円にできる
  • ただし破産にはデメリットもある
  • リボ払いの減額には任意整理や個人再生という手段がある
  • リボ払いの延滞は危険
  • 債務整理は弁護士に任せるのがオススメ

リボ払いの支払いをゼロにできるのは破産手続きだけ

破産をすれば、リボ払いの支払いを全て免除することができます。つまり、破産してからは1円も支払う必要がないということです。

破産とは 債務者が債権者に対する支払いが困難になったときに、裁判所を通して行われる法的手続きのこと。破産をすると、全ての債務に対する支払いが免除されます。

 

破産手続きは収入が少なく支払いが苦しい人のための法的な手段

破産手続きをすれば、法的にリボ払いの免除が認められます。なお、弁護士に依頼して破産手続きを行なう一般的な流れは主に以下のとおりです。

  1. 弁護士への相談・依頼
  2. 債権者へ「受任通知」の送付
  3. 裁判所に破産を申し立て
  4. 裁判所から破産手続き開始決定が出る
  5. 破産管財人の専任
  6. 財産や経済状況の調査
  7. 債権者集会の開催
  8. 裁判所から免責許可決定がおりる

受任通知の送付や破産の申し立てを弁護士に依頼しない場合でも、破産手続きには「破産管財人」と呼ばれる担当者がつきます。破産管財人は破産に至った経緯や、返済に充当できる財産などを調査する担当者です。
なお、破産の手続きは3ヶ月~1年を要します。

手続きを面倒に思う方もいるかもしれませんが、破産をすれば債務を全て帳消しにすることができます。無職でリボ払いにあてる収入が全くない方や、どうしても返済しきれない額までリボ払いが膨らんでしまった方にはオススメの手続きです。

 

ただし破産手続きにはデメリットもある

ただし破産手続きには、以下のようなデメリットもあります。

  • 破産には審査がある
  • 財産の処分を必要とする
  • 一定の職に就けなくなる
  • 官報に個人情報が掲載される

破産には審査があり、裁判所に許可されないと破産することはできません。破産の審査では、破産に至った経緯や経済状況を調査されます。

また財産処分が必須であることは、多くの人にとってデメリットに感じられるでしょう。家や車がある場合は、リボ払いの支払いにあてるため売却する必要があります。しかし全ての財産を処分しなければいけないわけではありません。自由財産と呼ばれる財産は、手元に残しておくことができます。

自由財産とは 破産をしても手元に残しておける財産のこと。主に以下の財産のことを指します。
  • 破産手続き後に取得した財産
  • 生活に欠かせない家具や家電
  • 99万円以下の現金

破産をすると、弁護士や司法書士などの士業、警備員や会社役員など特定の職業に就けなくなります。ただし一定の期間が過ぎれば「復権」といって、再び職業に就けるようになります。

官報に個人情報が載るのもデメリットの1つですが、官報は政府が発行する誌面なので一般人が読むことはあまりありません。そのため官報から周囲に破産したことがばれる、ということは考えにくいでしょう。

破産手続きをすると、こうしたデメリットがあることをあらかじめ知っておきましょう。

リボ払いの支払いを減らせるのは破産だけではない

リボ払いの支払いを減らせるのは、破産手続きだけではありません。任意整理や個人再生という手段を取れば、借金を減らして無理なく返済を続けることもできます。
リボ払いの支払いに困ったら、検討すべき債務整理は以下の3通りということです。

  • 破産
  • 任意整理
  • 個人再生

では任意整理と個人再生がどのような手続きなのか、見ていきましょう。
 

任意整理で将来利息をカット

任意整理とは 債権者との直接交渉により、将来利息をカットして返済額を減らす方法のこと。返済期間を伸ばして無理のない返済計画を立てることもできます。

任意整理は裁判所を通さず債権者と直接交渉することで、リボ払いを減額できるのが特徴です。裁判所を通す手続きに比べて非常にスピーディーに手続きが進むほか、費用もほかの債務整理と比べて安いのがメリットといえるでしょう。

ただし任意整理で減額できるのは、一般的に利息のみです。支払い額そのものを減らすことはできないため、リボ払いにあてるお金に一定の余裕がある人にオススメです。

 

個人再生で元本もカット

個人再生とは 裁判所を介して債務額を最大10分の1にできる方法のこと。免除はできないものの、リボ払いの大幅な減額が期待できます。

個人再生は以下のとおり、債務の額によって自分で支払わなければいけない金額の最低割合が決まっています。

債務の総額 最低自己負担額
100万円未満 全額
100万円~500万円未満 100万円
500万円~1,500万円未満 債務総額の5分の1
1,500万円~3,000万円未満 300万円
3,000万円以上 債務総額の10分の1

リボ払いの総額が100万円未満なら、個人再生で減額はできません。100万円以上の債務があれば、個人再生で債務の元本を減額できます。なお個人再生は破産と異なり、家を売却処分せずに残しておけます。

そのため、多額のリボ払いがあるものの家は手放したくないという人にオススメです。ただし家以外の財産処分を必要とするほか、官報に掲載される、職業制限があるなど破産と似たデメリットもあるので注意が必要です。

債務整理には破産以外にも方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。各方法の特徴をふまえ、自分に合った方法を取ればリボ払いの免除、または無理のない支払いが実現できるでしょう。

リボ払いの支払いを延滞するのは危険

リボ払いに苦しくなると、「少しくらい延滞しても大丈夫だろう」と考えてしまうことがあるかもしれません。しかしその考えは危険です。実は、リボ払いの延滞にはあらゆるリスクがあります。
 

カードが利用停止される可能性がある

リボ払いの支払い延滞が起きると、カードそのものの利用を止められる可能性があります。カードが利用停止になるまでの期間は会社によりまちまちですが、早ければ延滞から1~2日でカードが使えなくなることも。

ECTや公共料金、通信料など日常的な支払いをカードで行なっている場合は特に、急に利用停止になると非常に不便です。各支払い方法を済ませるために、各社に対して支払い方法を変更する必要があります。

 

一括請求や遅延損害金の支払いを求められる場合も

支払いが延滞すると、カード会社からリボ払いの総額を一括請求される場合があります。支払いが延滞しているということは、債権者にとって代金が回収できない可能性が発生しているということです。

そのためカード会社は延滞を発見すると、通常どおりの分割支払いでなくリボ払いの総額を一度に請求してくる場合があるのです。これは利用者に逃げられないための措置の1つといえます。

また、延滞を続けると場合によっては遅延損害金の支払いを求められることも。遅延損害金は年率14.6~15.0%程度が一般的です。返済日の翌日から滞納した日数分を日割りして計算し、リボ払いの支払いに加算されます。

それでもなお督促を無視し、支払いを延滞した場合は訴訟を起こされる可能性もあるでしょう。そうなる前に、債務整理という適切な方法での手続きをしておけば遅延損害金を支払う必要もありません。

 

リボ払いの「割賦枠」を超えると翌月一括支払いになる

割賦枠とは 一括払い以外の支払い方法において、利用できる上限金額のこと。割賦販売法という法律に基づいて定められています。

リボ払いの総額が割賦枠を超えると、翌月に一括で支払わなければなりません。これはリボ払いに限らず、ボーナス払いや分割払いにおいても同様です。

また割賦枠は利用可能上限額とは別で定められています。そのため利用可能額に余裕があるからといって、油断はできません。

特に支払いの目途が立たない状況でリボ払いの買い物を続けると急に一括で多額の請求が来て、支払いが生活を大きく圧迫してしまう可能性があります。

なお割賦枠がいくらに設定されているかは、各カード会社に電話やインターネット上で問い合わせて知ることができます。

 

リボ払いが難しくなったらすぐに弁護士へ相談

リボ払いに対する破産などの債務整理は、支払いを延滞してしまう前に行なうことが重要です。カードを止められたり、遅延損害金を請求される前に動けば、少しでもリボ払いを減らせるかもしれません。

また債務整理のどの手続きが最適かは、プロに相談してアドバイスをもらうのがベストです。破産した方が良い人もいれば、任意整理で利息をカットするだけで支払いの目途が立つ人もいます。

弁護士に依頼すれば、先にご紹介した各手続きのデメリットもふまえて最適な方法を提案してもらえるでしょう。また特に破産をする場合は、破産を許可する審査に通らなければいけません。

弁護士は破産手続きに関するあらゆるノウハウを持っているため、審査や調査がスムーズにいくようアドバイスをくれるはずです。

 

弁護士に依頼すると自分に合った手続きがスムーズに進む

弁護士に依頼すれば、1人で手続きをする場合に比べてスムーズに手続きが進みます。なぜなら弁護士には債務整理の専門知識と交渉力があるからです。

破産手続きをはじめとする債務整理には、専門的な知識が必要です。自分1人で手続きを行なうには、中々ハードルが高いでしょう。十分な知識をつけるには、時間もかかってしまいます。

また、任意整理では相手方との交渉が欠かせません。裁判所を介する個人再生や破産においても、債権者とのやり取りや裁判所との折衝が必須です。
弁護士はこうしたやり取りや交渉において、依頼者にとって有利になる方法を知っています。

そのため弁護士に任せれば破産の許可がおりやすいなど、手続きがスムーズに進むのです。

 

弁護士が代理人になると手続きが楽

弁護士に代理人を依頼すれば、自分で面倒な手続きをする必要はありません。弁護士は依頼者に代わり、各債権者や裁判所とのやり取りを全て担います。

また債権者が自身のリボ払いの状況が分からない場合は、弁護士が代わりにカード会社へ問い合わせて利用状況を確認することも可能です。

つまり一度弁護士に依頼すれば、その後債権者が自分で何か手続きをしたりする必要はないのです。弁護士から進捗を聞き、リボ払いの減額または免除を待つだけです。

なおリボ払いを債務整理している間、債権者からの督促は来ません。弁護士が窓口になってくれるため、万が一連絡が来ても対応する必要すらないのです。

まとめ

  • リボ払いの債務を全額免除できるのは破産手続きだけ
  • ただし破産にもデメリットはある
  • 任意整理や個人再生で債務を減額するという手段もある
  • リボ払いを延滞するとあらゆるリスクがある
  • リボ払いの支払いが難しくなったら早めに弁護士に相談するのがおすすめ

リボ払いに困ったら、破産手続きで債務を免除してもらうことができます。ただし、破産は財産処分や職業制限などといったデメリットもあるため、支払いに困ったときの最終手段といえるでしょう。

減額すれば支払えそうな場合は、破産の前に任意整理や個人再生といった手段を検討するのもおすすめです。くれぐれもリボ払いを延滞し、放置するといったことがないようにしましょう。

リボ払いを延滞すると、突然カードが利用停止になる、遅延損害金を請求されるなどのペナルティが課されます。カード会社から訴訟を起こされることも考えられるので、そうなる前に債務整理をするのがおすすめです。

交渉の余地があるうちなら、任意整理によるリボ払いの減額にも期待できるでしょう。どの債務整理手続きが最適かどうかは、弁護士に相談してアドバイスをもらうと安心です。確かな知識とノウハウで、依頼者にとって最適な手続きを提案してもらえるでしょう。

この記事を書いた人

kanada

法律事務所での事務局経験あり。法律関係の他、資産運用や経営者向けの記事の執筆実績が豊富です。難しいテーマでも分かりやすい言葉遣いを追求し、誰でも気軽な気持ちで読める文章執筆を心がけています。