リボ払いが終わらない!一括返済や繰り上げ返済が無理なら債務整理を検討しよう

リボ払い 終わらせたい

リボ払いの返済を続けているのですがなかなか完済できません。いつになったら完済できるのでしょうか?なぜいつまでも終わらないのでしょうか?

リボ払いが終わらないのは、利用者がリボ払いの落とし穴に気付いていないケースが多いです。そもそもリボ払いには、金利条件が高く設定されていたり、借入れを繰り返しても毎月の返済額が変わらなかったりするという特徴があります。つまり、リボ払いとは元本の増加に気付きにくい返済方式になっているということ。普段からリボ払いで決済する癖が付いてしまうと、いつまでもリボ払いが終わらなくなってしまいます。

これ以上リボ払いの返済を続けるのは家計にも厳しい状況です。なんとか終わらせる方法はありませんか?

例えば、一括返済をしたり、毎月の返済額を増額したりすれば完済に近付くことができます。ただ、これは家計に余裕がなければ難しいかもしれません。もしこれ以上リボ払いの返済を続けるのが難しいのなら、債務整理を検討してみるのもひとつの選択肢です。弁護士に相談し、返済の見通しを立ててもらいましょう。

リボ払いを終わらせたいのに、いつまでもリボ払いから抜け出せないという人は少なくありません。

確かに、毎月の支払額が一定に保たれるリボ払いは、計画的に付き合うことができれば家計に役立つものです。

しかし、リボ払いは他の返済方式より金利が高く設定されていることも少なくありませんし、繰返し借入をしても返済額が増えないため元本の増加に気付きにくいという特徴もあります。

いつの間にか元本が膨上がり支払期間が長くなると、どうしても家計の負担になりますし、精神的なストレスも増加するでしょう。

リボ払いの返済に完済の目処をつけるには、債務整理が有効です。リボ払いの高い金利をカットし、無理なく払える金額で分割返済できるようになるので「本気でリボ払いを終わらせたい」と考えている人はぜひ法律事務所へ相談してください。

もし、いきなり法律事務所へ相談するのが心配なら、借金減額診断チェッカーを利用してみましょう。債務整理でリボ払いの月返済額がどれくらい減るのか、無料で診断できます。

この記事でわかること
  • リボ払いが長期化して困っている人は、なぜリボ払いが終わらないのかを知らなければいけない。リボ払いは完済が難しい返済方法。普段から元本の増加やリボ決済の利用頻度に注意する必要がある。
  • リボ払いの支払いを終わらせるには、一括返済が返済額の増加が有効な手段。ただし、それだけの経済的余裕があることが前提。
  • これ以上毎月のリボ払いを続けるのが難しいのなら、弁護士などに相談して債務整理を検討しよう。

リボ払いを終わらせたいなら「なぜ終わらないか」を知ることが重要

リボ払いを終わらせたいと願うなら、なぜ自分がリボ払いから抜け出せないのか、その理由を知らなければいけません。

実は、リボ払いには、利用者が抜け出せなくなるような特徴があります。これを意識できなければ、リボ払いを終わらせたいと思っても、いつまでもリボ払いに拘束される日々が続くことになってしまいます。

リボ払いがなかなか終わらない理由は以下の通りです。

  • 毎月の返済額がほとんど変わらないから
  • 毎月の支払い額が低額だから
  • 気付かないうちに元本総額が増えているから
  • 分割払いなどに比べて高い金利条が設定されているから

それぞれについて具体的に見ていきます。

【リボ払いが終わらない理由①】毎月の返済額がほとんど変わらないから

カード会社や契約サービス内容にもよりますが、リボ払いでは毎月の返済額がほとんど一定額に保たれます。

つまり、繰り返しリボ払い決済で物品を購入して元本総額が増えたとしても、毎月のリボ払いの支払い額にはほとんど影響がありません。

その結果、お金の管理意識が低下するので、浪費癖がついてしまいます。これではいつまでもリボ払いでの完済は難しくなるでしょう。

【リボ払いが終わらない理由②】毎月の支払い額が低額だから

この点も契約サービス内容によるのですが、リボ払いが長期化している人は、毎月設定しているリボ払いの支払い額が低額な場合が少なくありません。

「リボ払いは無理なく家計に組み込める」という謳い文句に踊らされてしまうと、どうしてもリボ払いの設定支払い額を低額にしがちです。

支払い総額を無視して毎月の支払い額だけに注目すると、月額返済額は少ないに越したことはないからです。

しかし、毎月のリボ払いの支払い額が少ないということは、元本総額の返済が遠のくことを意味します。したがって、リボ払いと無理なく付き合う結果、いつまでもリボ払いと付き合い続けなければいけなくなります。

【リボ払いが終わらない理由③】気付かないうちに元本総額が増えているから

リボ払いは、気付かないうちに元本総額が増えているリスクのある支払い方法です。

というのも、リボ払いが長期化している人は、大きな買い物だけではなく日用品の買い物などもリボ払いで決済している場合があります。毎月の返済額がほとんど変わらないのに、細々と元本が増えているために、トータルの元本額がむしろ増えてしまいます。

このような形でリボ払いを普段使いしてしまうと、いつまでもリボ払いを終わらせることはできません。

【リボ払いが終わらない理由④】分割払いなどに比べて高い利率が設定されているから

リボ払いは、他の分割払いなどに比べて高い利率が設定されています。カード会社やサービス内容にもよりますが、年利14%~20%の範囲が中心で、かなり高い年利です。

分割払いの場合はそもそも2回の分割払いであれば手数料が取られることはありません。分割払いの場合は、3回以上の分割に設定してはじめて手数料が生じます。

これに対して、リボ払いは必ず毎月の支払いに手数料が上乗せされてしまいます。また、分割払いでは、分割回数が少ないほど手数料が安く設定されています。分割回数が多い、つまり、長期的に分割支払いを続ける場合には次第に手数料が高くなっていくのですが、それでもリボ払いの利率を超えることは滅多にありません。

例えば、リボ払いの手数料を18%程度に設定しているカード会社であれば、分割払いの最大手数料はおおよそ15~16%に設定されています。分割払いの回数が少なければ、12~13%程度です。

つまり、たいていのカード会社で、リボ払いの手数料を計算する利率よりも分割払いの方が約5%は利用者にとってメリットがあるような状況です。

したがって、ただでさえ毎月の返済額が少ないのに元本に対して高い利息が課されるために、どれだけ長期的にリボ払いを続けてもなかなか元本が減りにくいという現象が生じます。

リボ払いの返済を終わらせたいときに取るべき方法は?

ここからは、リボ払いの返済を終わらせたいときに取るべき方法を紹介します。リボ払いが終わらない理由を踏まえたうえで適切なアプローチをとれば、リボ払いを終わらせるのは決して難しいことではありません。リボ払いを終わらせるには、以下の3つの方法を検討してみましょう。

  • リボ払いの支払い状況の確認の利用方法の見直し
  • 一括返済や設定返済額の増額
  • 債務整理の検討

それでは、それぞれについて説明します。

支払い状況を確認してリボ払いの利用方法を見直そう

リボ払いの返済が長期化している人は、お金の管理意識が低下し、完済までの道筋を理解できていない可能性があります。

したがって、毎月の明細からリボ払いの利用状況や残額、完済までの期間をしっかりと理解し、現在のリボ払いの利用方法を見直しましょう。

例えば、リボ払いの支払いでは、元本の返済以外に高利率で計算された支払い利息が加算されています。どれだけの利息を余分に支払っている、支払うことになるのかを考えるだけで、リボ払いによる無駄な買い物は減るはずです。

また、生活に必要な食料品などの買い物のような少額な買い物が積み重なると、想像以上に大きい金額が毎月元本に組み込まれていることも分かるでしょう。

リボ払いを終わらせたいのなら、まずはリボ払い決済をできるだけやめるのが重要だと理解できます。

さらに、完済までの期間が分かれば、今後何年何ヶ月リボ払いの支払いを家計に組み込まなければいけないかが分かります。毎月支払い額を捻出するためにはどうすれば良いのかを考えられるので、生活を立て直すチャンスにもなるでしょう。

そして、このまま毎月リボ払いの返済を継続していると将来的にいずれ家計が破綻するリスクがあるのなら、以下で紹介するようなさらに踏み込んだ対策に踏み出すことができます。

一括返済や返済額を増加しよう

リボ払いを終わらせたい、完済までの期間をできるだけ短くしたいのなら、以下の方法が有効です。

  • 一括返済
  • 繰り上げ返済
  • 毎月の返済額の増額

利用明細などで今後の返済計画を把握したとき、いつまでのリボ払いが終わらないことに億劫さを感じるのは当然です。

そうであるならば、元本が減りにくいリボ払いを早々に終わらせるために、元本が減少するような対策をとるのが適切と言えるでしょう。

それぞれの方法について、以下で具体的に見ていきます。

一括返済すれば抜本的に解決できる

一括返済とは、利用残高すべてを現時点においてまとめて返済する方法です。元本自体がすべて消滅するので、今すぐにでもリボ払いを終わらせることができるというメリットがあります。しかも、このまま支払い計画通りにリボ払いの支払いを続けていると発生したいたはずの将来的な利息もなかったことになるので、最終的な支払い総額が減少するという意味でも利用者に役立ちます。

リボ払いをするに終わらせたいという人は、一括返済をすれば抜本的な解決を図れます。ただし、預金や収入などの事情を考慮したうえで、一括返済できるだけの経済的余裕があることが大前提です。

間違っても、リボ払いの一括返済を目的として他社からの借入れをするようなことはしてはいけません。なぜなら、リボ払いの一括返済を目的とした他社からの借入れとは、まさに「借金返済のために借金を重ねる」行為だからです。

返済が長期化している人は、他社からの借換えで一時的に利息の支払い条件を有利にしようとしがちですが、中長期的に見たときにはリボ払いの支払いで困っている現状の課題を先延ばしにしているだけでしかありません。

確かに、他社からの新規借入れをすることでリボ払いの支払いからは解放されるでしょう。しかし、翌月からは新たな借入れについての返済がスタートします。仮に毎月の返済額がリボ払いの支払いよりも低額で済むとしても、最終的にはリボ払いの返済を続けていた場合よりも返済期間が延びてしまいます。

他方、毎月の返済額がリボ払いの支払いよりも高額ならば、毎月の家計をより圧迫するだけです。返済額が高額になる新たな借金の返済を続けるぐらいなら、リボ払いの返済をそのまま継続するか、以下で説明するような繰り上げ返済などのより有効な手段を選ぶべきでしょう。

つまり、リボ払いの一括返済のために新たな借金をすることは、何のメリットも生み出さない無益な方法でしかありません。そして、リボ払いの一括返済をするだけの経済的余裕がないのなら、以下のように一括返済にこだわらなくてもリボ払いの支払い期間を短縮する方法はあります。

繰り上げ返済で負担を減らそう

繰り上げ返済とは、利用残高の一部を現時点において繰り上げて返済する方法です。

一括返済のように利用残高全額を返済するほどの余裕はなくても、例えば数ヶ月分だけでも繰り上げて返済することで元本残高を減らすことができます。繰り上げて返済した分だけ完済までの支払い期間・回数は減少しますし、一括返済には及ばないものの、将来的な利息が減少するので最終的な支払い総額の負担を減らすこともできます。

明細などを確認することでリボ払いの利用方法や家計収支を見直すことができれば、今までよりも家計の経済状況が好転しているはずです。すると、繰り上げ返済するだけの費用を準備するのも難しくありません。

もちろん生活に無理のない範囲内ではありますが、繰り上げ返済をすることで完済日に近付くことができるでしょう。ただし、繰り上げ返済をすると、その分だけ手元のお金がなくなります。

リボ払いを早期に終わらせたい一心から無理して繰り上げ返済してしまうと逆に家計が苦しくなるリスクもあるので、計画性を失わないように注意してください。

毎月の返済額を増加しよう

リボ払いの毎月の支払い額は、契約内容によって増額できます。従来よりも毎月多い金額を支払うことができれば元本残高が減るスピードが速まるため、完済までの支払い回数を減らせます。一括返済や繰り上げ返済をするだけの経済的な余裕がない場合におすすめの方法です。

リボ払いの契約次第で、1円単位、1000円単位、1万円単位など、さまざまな形で返済額を加算できるので、ぜひ契約内容をお確かめください。

収入が少なく返済目処が立たないようなら債務整理を検討しよう

一括返済、繰り上げ返済、返済額の増額は、どの方法もリボ払いをはやく終わらせるための有効な手段ではありますが、他方で家計に経済的な余裕がなければ活用できない方法でもあります。

毎月の収入と照らし合わせたときに、仮にリボ払いの利用方法や家計収支を見直したとしても、リボ払いを早期に終わらせるための方法を実践できそうにないという場合も少なくはありません。

そこで、これ以上リボ払いの支払いが長期化すると生活が立ち行かなる可能性があるのなら、債務整理を検討するのがおすすめです。

債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理の三つの手続きが用意されており、それぞれの経済状況やリボ払いの元本残高などの事情に応じて適切な手段を選択できます。詳しくは、弁護士などの専門家にご相談ください。

自己破産を利用すればリボ払いから完全に解放される

自己破産とは、裁判所を利用して現在抱えているすべての借金を帳消しにする手続きです。

毎月のリボ払いの支払いから解放されるだけでなく、元本残高もすべて免除されるため、リボ払いの支払いがなくなった状態で生活をリセットできます。

ただし、リボ払いから完全に解放されるという大きなメリットがある反面、いろいろなデメリットも生じます。所有している不動産をはじめとする財産を処分しなければいけませんし、自己破産成立後10年程度はブラックリストとして扱われます。

また、そもそも過度な浪費が原因でリボ払いの元本残高が膨れ上がっている場合には、自己破産が認められないリスクも少なくはありません。

つまり、これらのデメリットを比較衡量したとき、リボ払いの支払いだけでなく他社からの借入れの返済でも困っているという場合であれば、自己破産を活用することで新生活の転機にするのは一つの方法です。

しかし、リボ払いの支払いだけで困っていて、元本残高もさほど多額ではないのなら、自己破産以外の債務整理手続きを選択するのが一般的です。

個人再生を利用すれば借金が大幅に減額される

個人再生とは、裁判所を利用して実現可能な返済計画を練り直すという手続きです。

リボ払いの元本残高が大幅に減額されたうえで、3年~5年をかけて完済を目指すようなスケジュールを組み直すことができます。リボ払いの支払いをこのまま継続していてはいつまでも完済日の目途が立たない状況に対して、個人再生を利用すれば現実的な目標をもって完済日まで頑張れるというメリットが生まれます。

ただし、自己破産と同じように、裁判所を利用する手続きである以上いろいろな手間がかかります。そして、煩雑な手続きを乗り越えなければいけないのに、得られる効果は以下で紹介する任意整理と同じ「借金の減額」です。

したがって、リボ払いを終わらせたいと思うのなら、より柔軟に債権者と交渉してリボ払いの返済計画を設計できる任意整理の方がおすすめと言えるでしょう。

任意整理を利用すれば柔軟な返済計画を作れる

任意整理とは、裁判所を利用せずにカード会社と直接交渉して実現可能な返済計画を練り直す手続きです。

裁判所を利用せずにカード会社と直接交渉できるため、より柔軟な返済カリキュラムを組むことができます。また、任意整理を実行した段階から利息の支払いがストップするために、純粋に利用額だけを返済することに注力できるというメリットも生じます。さらに、現在の収入や財産、リボ払いの元本残高などを鑑みて、元本残高が減額されることも少なくはありません。

任意整理に長けた弁護士に依頼すれば、より有利な条件で任意整理の内容をまとめてくれるので、無理のない生活を続けながらもそう遠くない将来にリボ払いの完済日を迎えることができます。どの債務整理手続きが適切か、どのような返済計画を練り直すべきかについて有用なアドバイスを得るためにも、ぜひ専門家にご相談ください!

まとめ

リボ払いの支払いが長期化してしまっている人は、まず自分の現在のカード利用状況などを客観的に分析する機会を作るようにしてください。収入に見合っていない高価なものを購入する癖があったり、日用品などの細かい買い物でもリボ払いで決済してしまっていたり、浪費癖や収支の管理の甘さを改善する必要があります。根本的な原因を押さえなければ、どれだけ「リボ払いを終わらせたい」と願っても、リボ払いから脱するのは難しいでしょう。

お金の使い方やリボ払いの利用方法を見つめ直すことができたら、ようやくリボ払いを終わらせるための具体的な方法を実践しましょう。それぞれの経済事情に鑑みて、無理のない範囲で、一括返済や繰り上げ返済、毎月の支払い額の増額を行ってください。元本の減りがはやくなるので完済日が近づきますし、支払い総額を減らすこともできるので、メリットしかありません。

もちろん、現在の家計状況を見直したとしても、今後リボ払いを継続するのが難しいという人もいるでしょう。リボ払いの支払いを今まで通り続けると生活が立ち行かなくなり完済も難しい状況であるのなら、債務整理を検討しましょう。弁護士などの専門家に相談すれば、現在の経済状況を踏まえたうえで、どのような方法を選択すればリボ地獄から抜け出せるのかについて適切な方向性を示してもらえます。リボ払いをはやく終わらせたいと願うなら、まずは弁護士にご相談ください!

リボ払いが終わらない場合のよくある質問

リボ払いを利用し続けることにはどのような危険がありますか?

リボ払いは金利が高いうえに支払った気になりやすいため危険です。何も考えずに利用し続けると、利息だけを払い続けいつまでも完済できない状況に陥ってしまいます。

リボ払いを一刻も早く終わらせるにはどうすればよいですか?

リボ払いを終わらせたいのなら、残高を完済する必要があります。一括返済や繰り上げ返済を利用して早期完済を目指しましょう。

リボ払いを終わらせたいのですが、一括返済や繰り上げ返済は難しいです。どうすればよいですか?

一括払いや繰り上げ返済といった自力で抜け出す方法が難しい場合は、債務整理を検討しましょう。債務整理することで、無理なく返済できる金額まで借金の負担を減らすことが可能です。

債務整理をしてリボ払いを終わらせたいのですが、債務整理は自分でおこなうことも可能なのですか?

債務整理の手続きは複雑で、専門知識を要するため自身でおこなうのは極めて難しいです。そのため、法律事務所に相談することをおすすめします。専門家である弁護士が早く確実に債務整理の手続きをおこなってくれます。

そもそも債務整理とは?

債務整理は、利息や元金をカットし返済総額を大幅に減らせる国が認めた借金救済制度です。債務整理には複数の方法があり、主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」を用いて借金問題を解決します。どの方法が適しているかは個人によって異なるので、法律事務所へ直接相談して確認するとよいでしょう。

監修者
得意分野
  • 労働問題
  • 相続
  • 医療トラブル
所属事務所
弁護士法人アクロピース
所属弁護士会
千葉県弁護士会
登録番号
50635
経歴

福岡県立修猷館高等学校 卒業
明治大学法学部法律学科 卒業
東北大学法科大学院 修了

弁護士の吉田伸広と申します。私が弁護士として心掛けていることは、じっくりお話を伺うことと、法的な問題を解決するだけでなく、精神的にも身体的にも元気になっていただくことです。人の一生で、弁護士に頼らなければならない出来事はそう多くあるものではありません。だからこそ、一度法律の問題を抱えると頭の中はその問題でいっぱいになります。四六時中不安になり、体調を崩してしまう方も沢山いらっしゃいます。困り果てて、疲れ切ってしまっているのは、決してあなただけではありません。勇気を出してお話を聞かせてください、お待ちしています。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…