借金返済で体を売るのが限界という方へ。借金を軽減する方法を解説します

借金返済のため体を売るのが限界…。今すぐ現状を変える秘訣を伝授!

借金返済のため売春をしています。

精神的にも肉体的にも限界でこんな生活から抜け出したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

借金は債務整理で減額してもらったり免除してもらったりできるので、借金の支払いをするため体を売っているなら今すぐにやめてください。

そもそも売春は違法ですし、そのままの生活を続けていたら、仮に借金が返せたとしても将来絶対に後悔することになりますよ。

債務整理すれば借金を減らせるのですか?

でも、どうやって債務整理をしたら良いのかも全く分かりません。

債務整理は弁護士に依頼すれば良いのですが、主な手続き方法が3通りあるのでまずは法律事務所の無料相談を利用してください。

そうすれば債務整理の費用やあなたに合う債務整理方法などを教えてもらえます。

そうなんですね。もっと早く行動すれば良かったです。

すぐに近くの弁護士事務所を探してみます!

借金を返すために体を売っていて限界を感じていますね。

確かに体を売れば、普通に働くよりも高額なお金を手に入れられる可能性は高いです。

しかし、そもそも売春は違法であるうえ、体を売る生活を続けていたら犯罪被害に遭ったり、病気をもらったりする危険もあります。

さらには金銭感覚が麻痺し普通に働くこともできなくなるかもしれません。

借金返済のため体を売ることに限界を感じているなら、今すぐその生活に終止符を打つべきです。

普通の仕事をして借金の返済ができるか不安なら債務整理をしましょう。

債務整理は安全かつ確実に借金問題を解決に導いてくれるので、早期の完済が目指せますよ。

この記事でわかること
  • 体を売る以外に借金を早く返す方法
  • 債務整理の種類や手続き方法の詳細
  • 体を売る生活を続けるリスク

借金返済のため体を売るのが限界ならすぐに弁護士に相談し解決してもらおう

借金の負担が大きいと、生活費や毎月の返済分を稼ぐため体を売ってしまうケースがたまに見受けられます。

しかし、借金は債務整理という手続きで負担を軽減させることができるのです。

債務整理をするためには、まず法律の専門家である弁護士に相談しましょう。

借金問題の相談はほとんどの法律事務所が無料にしているうえ、手続きに至った場合も着手金や報酬の支払は分割にも対応しているので金銭的に余裕がなくても安心してください。

ここからは債務整理のメリットやデメリット、手続き費用などについてまとめたので、債務整理についての疑問や不安を解決しましょう。

債務整理の手続き方法は3通りあるので弁護士が最適な方法を考えてくれる

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という3つの手続き方法があり、どの手続きが合うかは債務者の収入状況や借入総額などによって異なります。

素人にどの手続きが良いか判断することは難しいですが、弁護士に相談すれば最も適切な方法を提案してくれるので安心してください。

以下で各手続きの詳細を解説していきます。

任意整理は金銭的にも精神的にも最も負担が少ない

任意整理は債権者と和解交渉を行い借金の利息をカットしてもらう手続きです。

利息がなくなることで元本の返済がスムーズに進み、早い時期での完済が期待できます。

任意整理のメリットは手続き費用が他の債務整理手続きに比べて、手続きにかかる期間が1〜3ヵ月程と短く済む点です。

金銭的にも精神的にも債務者の負担が少ないので、借金の残高があまり高額でなく安定した収入がある場合に推奨されるでしょう。

個人再生は多額の借金がある場合に向いている

個人再生は裁判所に再生計画を認めてもらい、借金を最大10分の1にカットしてもらう手続き(減額幅は債務総額によって異なります)です。

元本含め大幅に借金を減額できるので、多額の借金があっても早期の完済が見込めます。

なお、個人再生後に残った借金は原則3年かけて完済します。個人再生のメリットは、ローンを完済している車や資産を手放さずに済む点です。また、「住宅資金特別条項」を活用すれば、ローンが残っている住宅についても手元に残すことができます。

一方でローンが残っているもの(住宅ローン以外)に関しては回収の対象となり、手続き費用が70万円~150万円程度と高額になるというデメリットもあります。

そのため、任意整理をしても完済が見込めない場合に検討される手続きと言えます。

自己破産はどうしても完済が見込めない場合の最終手段

自己破産は裁判所に返済不能であると認めてもらい、借金を全額免除してもらう手続きです。

借金を帳消しにできるので、多額の借金があるが安定した収入がないというように、どうしても借金返済ができない場合でも早期の生活再建が目指せるでしょう。

自己破産のメリットはどれだけ多額の借金でも支払い義務がなくなる点ですが、その代わりにデメリットも大きいです。

たとえば、自己破産をすると持ち家や車など高価な財産はローンの有無に関わらず手放さなくてはなりませんし、免責許可を得るまで資格制限を受けるので一部の職種は仕事に支障が出てしまいます。

ちなみに自己破産の手続き費用は30万円~80万円程が相場で、高価な資産や財産がないほど安い傾向にあります。

マイホームや車がなくなり家族にも影響を及ぼすため、やむを得ない場合の最終手段として検討される手続きと言えるでしょう。

以下それぞれの記事で債務整理の方法を詳しく解説しています。

借金が返せないと思ったら、ここから無料相談してみましょう

借入先が正規の貸金業者なら債務整理をすれば借金の返済が楽になる

お金を借りているのが消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングなど正規の貸金業者なら、債務整理をすれば体を売ってお金を稼ぐ必要はなくなるはずです。

なぜなら前述したように債務整理には借金の返済が楽になるというメリットがあるからです。

月々の返済額が減れば、体を売らない普通の仕事だけでも生活できる可能性は高まるでしょう。

しかし、債務整理をすると個人信用情報機関に事故情報が記録されるデメリットがあることは把握しておくべきです。

信用情報機関に事故情報が記録されると、いわゆるブラックリストの状態になり一定期間ローンやクレジット契約はできなくなります。

ただし、ブラックリスト状態は任意整理なら5年、個人再生と自己破産なら5〜10年で解消され、その後は債務整理前と同じようにローンを組めるようになるので安心してください。

一定期間ローンやクレジットを利用できない我慢をしなければなりませんが、体を売る生活から解放されることを考えれば前向きに債務整理を検討できるはずです。

債務整理は合法的な借金救済制度なので安心して利用できる

借金が減ったり、帳消しになったりするなんて何となく怪しいと感じるかもしれませんが、債務整理は合法的な救済制度なので決して怪しい手続きではありません。

また、自分で作った借金なのに減らしてもらうのはズルいのではと感じる場合もあるでしょうが、借金をしている人なら誰もが利用できる権利がある制度なので後ろめたさを感じなくても大丈夫です。

弁護士も債務整理の手続き経験は豊富なので、借金に悩んでいる人の事情はしっかり分かってくれます。

安心して借金の返済が苦しいことを弁護士へ正直に打ち明けてみましょう。

きっと親身に相談にのってくれますし、債務整理についての不安も解消されますよ。

お金のために体を売り続けていても借金問題は解決せず将来にわたって後悔することになる

弁護士へ相談すれば解決すると理解できているものの、なんとか自力で借金完済しようと考えているなら絶対にやめましょう。

体を売る生活を続ければ借金完済も可能と思うかもしれませんが、今の生活を続けていたら将来必ず後悔します。

なぜなら体を売る生活が長引くほど、周囲の人が離れたり命を落としたりとさまざまなリスクが高まるからです。

動画をインターネット上で拡散されて知人や親族にバレる

悪質なケースだと性行為を無断で隠し撮りされていて、インターネット上で動画が拡散されてしまうことがあります。

そうなると不特定多数の人々の目にさらされ、知人や親族が知ってしまう可能性もあるでしょう。

そんな動画を見られてしまったら、友人も離れていってしまうでしょうし、家族からも勘当されてしまうかもしれません。

また、インターネット上で公開された動画は半永久的にネット上に残り続ける危険もあります。

ストーカーなど犯罪被害に巻き込まれ命の危険を伴う

自分では安全と思っていても、体を売る相手や動画をみた視聴者にストーカーされたり、約束したお金を支払ってもらえないなどのトラブルに遭う危険もあります。

ストーカー被害に悩み精神的に不安定になってしまう可能性もありますし、加害者から危害を加えられる事件も多いです。

お金のために体を売ってしまったばっかりに、自分の命を無くしてしまうこともあるのです。

性病をうつされる危険が高い

体を売る相手が増えれば増えるほど、性病にかかるリスクも高まります。

性病と言ってもその種類は多く、比較的症状が軽いものもありますが、身体に日常生活がままならないほどの痛みや痒みが生じるものもあります。

さらに、性行為を通じてHIVウイルスに感染してエイズ(AIDS)を発症した場合、免疫力が低下し、最悪の場合死に至る可能性もあるのです。

性病にかかっても潜伏期間があるので、知らない間に別の人にうつしてしまい恨まれる危険もあります。

また、恋人や配偶者がいるのなら、性病がきっかけで体を売っていたことがバレてしまう可能性が高いでしょう。

金銭感覚が麻痺し他の仕事ができなくなる

体を売っていると普通の仕事をするより短時間で大金を手に入れることができるので、金銭感覚が麻痺しやすいです。

借金を返すために始めたのに、お金に余裕ができたことでブランド品や高価な貴金属に目がくらみ借金を増やしてしまう危険もあります。

また、借金完済という本来の目的が叶った場合でも、いま以上生活水準を下げることができなくなり体を売る以外の仕事に就けないこともあるでしょう。

結婚や就職をする際など将来にも影響を及ぼす

体を売る生活を続けていると、性行為をした相手がどんどん増えていくためあなたの噂がどこかで広まってしまうリスクが高まります。

また、前述したように動画もしくは写真を撮られたりしてネット上に流れてしまうかもしれません。

そういった事態に陥ると、将来結婚したい相手が見つかったり、就職先が見つかったりした際にも、体を売っていたことが知られてしまう可能性があります。

近年はSNSも普及しているため、情報が漏れたらあっという間に噂が広まるでしょう。

せっかく体を売る生活に終止符を打てても、いつまでの過去の行いが付きまとってしまったら後悔してもしきれません。

闇金に個人情報を流されて連絡がくるようになる

体を売る代わりにお金を受け取っている場合、裏に闇金や暴力団関係者が潜んでいる可能性があります。

闇金は利用者の情報を共有するケースが多いので、体を売る生活を続けていたら闇金から融資の勧誘をされることもあるのです。

もし、お金に困っているタイミングで甘い誘い文句を聞いたら、心が揺さぶられてしまいますよね。

しかし、闇金の金利は非常に高いので、借入をしてしまったら利息を返すだけでもいっぱいいっぱいになるでしょう。

そして闇金にお金を返すためにまた体を売るという生活が続き、いま以上に売春する頻度を増やさなくてはならなくなります。

ここまでくると限界を通り越して自暴自棄になってしまい、周囲の人からも見放されまともな生活に戻れなくなってしまう危険があるのです。

借金を完済しても逃げられず精神的に病んでしまう

お金を借りているのが正規の貸金業者なら借入残高を全て完済すればそれで終わるので問題ありませんが、闇金のような違法な業者から借入しているなら完済してもしつこく付きまとわれます。

闇金はお金を引っ張れる相手を見つけると、お金を取れるだけ搾り取ろうとします。

体を売っていて多額のお金を受け取っているあなたは闇金にとっては良いカモです。

我慢しながら体を売る生活を続け、やっとの思いで闇金からの借金を完済したとしても、手数料や未払いの利息などと難癖をつけられズルズルとお金を渡すことになりかねません。

いつまでも終わらない借金地獄に精神を患い、自殺に追い込まれてしまう人もいるほどです。

まとめ

この記事のまとめ
  • 体を売るのが限界ならすぐに弁護士に相談し適切な借金問題解決方法を教えてもらう
  • 消費者金融や銀行など正規の業者からの借金は債務整理で減額もしくは免除してもらえる
  • 体を売る期間が長引くほど犯罪に巻き込まれたりネット上で動画が拡散されたりするリスクが高まる
  • 体を売る生活を続ければ精神を患ったり命を落としたりする危険がある

借金の返済を目的に体を売っていても、大金を手にできることから金銭感覚が麻痺してなかなか借金を減らせなかったり、借金がかえって増えてしまうケースも多いです。

借金が減らない、逆に増えてしまったとなれば、ますます体を売る頻度が増えてしまうでしょう。

しかし、体を売る生活が続くほど、あなたの将来へ及ぼす影響は大きくなります。

もう限界と感じている今が現状の生活から抜け出すのにちょうど良いタイミングです。

まだ元の生活に戻れる今のうちに、弁護士に相談して借金問題を解決してもらいましょう。

1日も早く行動することで明るい将来を迎えられる日は近づきますよ。

阿部 由羅
監修者

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]