オリコからの一括請求を払えないとどうなるの?強制執行を回避するためにできることを解説

オリコからの一括請求が払えないとどうなる? 一括請求がきても債務整理なら解決可能!

オリコから一括請求が来てしまいました。とても一括で支払えるような金額ではありません。このままだとどうなってしまうのでしょうか?

オリコから一括請求が来ている原因は、今まで再三の督促を無視していた結果でしょう。このまま一括請求を支払えないまま無視してしまうと、自宅への取り立てや強制執行による財産の差し押さえは避けられません。

一括請求が来るまで放置していた自分が悪いのは百も承知なのですが、とても支払えません。何かよい解決方法はないのでしょうか?

一括請求が来て間もないなら、オリコに相談することで分割払いを認められる可能性が残されています。分割でも支払えない場合は、弁護士へ債務整理を依頼するとよいでしょう。

オリコからの借入やオートローンの滞納が続くと、滞納分を一括請求されることがあります。

一括請求に応じられればよいのですが、難しいからと請求を無視してしまうと、給料や財産の差押えにつながります。

そのため、オリコから一括請求がきたら、早めの対処が必要です。

分割で支払えるならすぐにオリコに電話して交渉しましょう。分割でも支払えない場合、弁護士へ債務整理を依頼して借金を減額する方法があります。

当サイトでは、債務整理の実績豊富な法律事務所を多数紹介しています。オリコから差押えを受ける前に、ぜひ無料相談を利用してみてください。

>>【オリコの一括請求に即対処】弁護士への無料相談はこちら

この記事でわかること
  • オリコからの一括請求が支払えないのはとても危険。今まで以上の厳しい取り立てや車両の引き上げ、強制執行は避けられないので要注意
  • オリコの一括請求が支払えなくても、すぐに相談すれば間に合う可能性が高い。オリコは相談すれば再分割を認めてくれる可能性が高いので、早め早めに相談することが大切
  • オリコからの一括請求が払えない、再分割をしても支払えない等の事情があるときは、債務整理で根本解決をするべき。強制執行が開始されていても、債務整理をすれば差し押さえを止められる

オリコからの一括請求を払えないとどうなる?

オリコからの一括請求を支払えない状況が続いていると、下記のことが起こり得ます。

  • 自宅訪問による取り立てを受ける
  • オートローン利用者は車を引き上げられる
  • 連帯保証人に借金を請求される
  • 強制執行により財産・給与を差し押さえられる

まずは、オリコからの一括請求が支払えないときに起こり得る4つのことについて、詳しくお伝えします。オリコから一括請求をされている方、されそうな方は参考にしてください。

自宅に訪問される

オリコから一括請求が来ているにも関わらず、支払いをしない、連絡等も一切無視・放置していると、自宅へ取り立てに来られてしまいます。

ただ、一括請求が来たあとすぐに自宅への訪問があるわけではありません。あくまでも、債務者と連絡を取ることが難しいときに自宅まで取り立てに来ます。つまり、オリコからの取り立て電話に出たり、何らかのアクションを起こしたりしている間は、自宅への取り立てを避けられるでしょう。

また、オリコには債権回収をするための部署があるうえに、オリコの関係支店は全国に点在しています。「自分は田舎に住んでいるからなかなか来られるような場所ではない」と思っていても、かならず取り立てに来られると思っておいてください。

なお、自宅へ取り立てに来られるとは言っても、取り立て手段は厳しく定められています。万が一、取り立て担当者に対して「帰ってください」と伝えても帰らないときや、大きい声を出されて怖い思いをしたときなどは、遠慮せずに警察を呼んでください。

オリコ側も債権回収のプロなので違法な取り立てを行う可能性は低いですが、知識として入れておいた損はないでしょう。とくに、闇金のような取り立てを行うことは絶対にないので安心してください。もし、自宅へ取り立てに来られたときは落ち着いて話し合いをし、返済の約束をすれば良いでしょう。

取り立てに関する禁止行為
  • 21時~8時までの間に行われる取り立て
  • 債務者と連絡が取れるにも関わらず、自宅に訪問して行う取り立て
  • 債務者に「帰ってください(退去)」と言われたのに退去しないとき
  • 債務者が弁護士等に債務整理等を依頼しているにも関わらず、債務者に直接取り立てをしたとき
  • 債務者に対して他者から借りて返済を求める行為(家族や友人等からもNG)
  • 大きな声を出したり乱暴をしたりすること

参考:e-gov「貸金業法(第21条)」

大手信販会社であるオリコですが、債権回収を行う者はオリコに雇われている個人です。犯罪行為であっても、中には債権を回収するために多少のリスクを背負うことがあるかもしれません。万が一、自宅への取り立て時に上記のことがあったときは、警察もしくは弁護士へすぐに相談してください。

ワンポイント解説
オリコは債権譲渡をすることはない

回収が難しくなった債権を債権回収会社に譲渡する業者も少なくはありませんが、オリコは債権譲渡を行いません。万が一、オリコの支払いに延滞をされている方で、債権回収会社から一括請求がされているときは詐欺である可能性が高いです。

オリコは債権回収まですべて自社(株式会社オリエントコーポレーション)で完結しています。オリコ以外から一括請求が来ることは絶対にないので注意してください。
参考:オリコ「債権譲渡詐欺」

引っ越しや結婚で住所や名字が変わってもかならずバレる

引っ越しや結婚等で戸籍情報が変わってもオリコ側で新たな情報を入手できるため、かならず新たな場所まで取り立てに来られてしまいます。これは、戸籍法12条の2 2項に記載されている条文を根拠に、債権者が自己の権利を主張するためとして認められているためです。

自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合 権利又は義務の発生原因及び内容並びに当該権利を行使し、又は当該義務を履行するために戸籍の記載事項の確認を必要とする理由

引用元:e-gov「戸籍法(第10条)」

債権者はお金を返してもらえる権利を行使するために必要であると認められたときは、あなたの新しい住所や氏名を知ることができます。新生活を迎えたあとも一括請求や自宅への取り立てが止まることはありません。

これから新生活を迎えようと思われていた方。結婚して幸せな生活を送ろうとしている方に水を差す結果になるでしょう。

また、引っ越しをしたあとに住所変更手続きを行わなければ、オリコもあなたの新居を知ることができません。つまり、自宅への訪問や郵送物を止められる可能性が高いでしょう。

しかし、引っ越しをしたあとも住所変更をしないと、住民税の問題や公的書類の発行ができないなどのデメリットの他、住民基本台帳法違反になります。最悪の場合、5万円以下の過料が科されてしまう恐れがあるので、かならず住所変更手続きは行ってください。

参考:e-gov「住民基本台帳法」

オートローン利用者は車を引き上げられる

オリコのオートローンを利用されている方も多いですが、残債を一括で支払わなければ車両を引き上げられてしまいます。

一括請求が来たあとでも取り立てに対してしっかり応じ、再分割の相談等を行っていれば最悪の事態を免れる可能性があります。しかし、一括請求が来ている時点で最終段階であり、それすらも無視するようなら、仕方なく車両を引き上げていくでしょう。

「なぜ自分の車を持っていかれてしまうのか?」と思われる方がいるかもしれませんが、銀行以外のオートローンを利用されている方は、車両を所有権留保されています。車検証を確認すれば、使用者は債務者名義になっているはずですが、所有者は「株式会社オリエントコーポレーション」になっています。

つまり、ローンをすべて支払い終わるまでは、あなたが使用している当該車両の所有者はオリコです。この状態を所有権留保と言い、あなたがローンの支払いを滞ったときに、すぐにでも車両を引き上げられるような状態にしています。

日常生活で車を利用されている方、引き上げられてしまうと仕事に支障が出る方でもオリコからすれば一切関係ありません。一括請求を支払えなかった結果と思うしかないでしょう。

どうしても車両がなければ生活できないなどの事情を抱えている方は、延滞の解消をしたうえで日本オート保証サービスなどの利用を検討してください。詳しくは下記記事でお伝えしているので、参考にしてください。

ワンポイント解説
車両が引き上げられて終わりではない

仮に車両を引き上げられても債務が残り、一括請求は続きます。たとえば、残債100万円残っている車両が引き上げられたとしても、当該車両が100万円で売却できることは考えにくいためです。
仮に残債100万円残っている車両が60万円で売却できたとすれば、60万円を借金返済に充て、残りの40万円を一括請求されます。

連帯保証人にも請求される

オリコのローン商品によっては、連帯保証人や保証人を設定されているケースも珍しくはありません。万が一、保証人等が付いている債務の一括請求を支払えないでいると、保証人等にまで請求がいきます。

当然、主債務者同様に一括で支払うよう請求をされてしまいます。連帯保証人は、オリコからの請求を拒否できません。主債務者と同様の支払い義務が生じるため、連帯保証人の自宅へ取り立てに来られてしまう可能性も高いです。

一括請求されている主債務者本人のみならず、保証人等にも多大な迷惑・影響をあたえる恐れがあります。可能な限り自分で解決をしたいと思うなら、オリコへ再分割を相談したり債務整理を検討したりしたほうが良いでしょう。

強制執行により財産・給与を差し押さえられる

オリコからの一括請求を支払えない状態が続いていると、最終的には強制執行をされてしまいます。強制執行が開始されると、あなたが持っている換価性の高い財産や給与の一部を強制的に差し押さえられてしまいます。

とくに注意すべきは給与の差し押さえで、会社に借金の事実や借金を滞納していた事実がバレてしまうことでしょう。借金等を理由に解雇されることは許されませんが、周りからの目や心配される声が掛かると、精神的な被害は避けられません。

一括請求から強制執行までの流れ
  1. オリコから一括請求が来る
  2. 裁判所から支払督促が届く
  3. 裁判所から仮執行宣言付支払督促が届く
  4. 強制執行開始

オリコからの一括請求が来ていても、すぐに強制執行が開始されるわけではありません。強制執行は法的手続きであるため、かならず裁判所の判決が必要です。そのため、強制執行が開始される前には裁判所からの書類が届きます。

裁判所からの支払督促はオリコから届く支払督促とは異なり、とても強い効力を有しています。裁判所から書類が届いた時点で危機感を持ち、適切な対応をしなければ手遅れになるでしょう。

ワンポイント解説
強制執行を止めるためには債務整理が有効

強制執行が開始されたあとであっても、債務整理をすれば直ちに差し押さえを止められます。しかし、強制執行が開始されている時点で任意整理の選択肢はありません。個人再生もしくは自己破産の2択になってしまうため、いずれ債務整理をするなら早め早めに対応しておいたほうが良いでしょう。

オリコからの一括請求が払えないときはどうすれば良い?

オリコからの一括請求が支払えなくても、放置すれば状況が悪化するだけです。かならず、下記いずれかの手段を用いて借金の解決をしてください。

  • オリコに再分割の相談をする
  • 債務整理で借金を減額する

オリコは誠心誠意対応すれば、再分割依頼に応じてもらえる可能性があります。再分割の提案が通らない、条件が厳しい等の理由があるときは債務整理も検討してください。

分割で支払える見込みがあるならオリコサービスセンターに問い合わせ

ご自身で生活スタイルの見直しを行った結果、分割で支払える可能性が残っていたなら、オリコに相談をしてください。オリコサービスセンターの電話番号は、今まで送られてきていた督促状等に記載されているはずです。

万が一、書類等を処分されて電話番号がわからない方は下記を参考にしてください。

東地区(東京第一サービスセンター):049-256-1151
西地区(福岡サービスセンター):092-261-5616

東地区 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県 静岡県
西地区 富山県 石川県 福井県 岐阜県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮城県 鹿児島県 沖縄県

オリコでは東地区・西地区によって問い合わせ番号が異なります。ご自身が住まわれている地域を確認し、対応している電話番号へかけてください。
参考:オリコ「ご入金できなかった場合の問い合わせ先」

「支払う意志」を見せれば分割に応じてくれる可能性あり

オリコは一括請求が来たあとでも支払う意志さえ見せれば、再分割に応じてくれる可能性が高いです。今まで再三の督促等を放置していたとしても、可能な限り債務者に寄り添い、無理のない範囲内で再分割の相談に応じてくれるでしょう。

再分割の条件はあなたの借入状況や生活状況等に応じて変わります。オリコ側が大きく譲歩することもあれば、厳しい条件を提示されてしまうこともあるでしょう。できるだけ自分の有利な条件で和解できるためには、誠心誠意対応することが大切です。

たとえば、裁判手続きに移行したあとに再分割の相談をしても手遅れである可能性が高いです。一方で、一括請求が来た時点で危機感を持ち、すぐにオリコに相談すれば可能な限りの譲歩をしてもらえる可能性が高いでしょう。

オリコからすれば、面倒な裁判手続きをすることなく支払ってくれるなら譲歩する姿勢です。早めに相談することを心がけてください。

債務整理で借金を減額する

オリコでは一括請求後も再分割の相談に乗ってもらえるとのことでした。しかし、再分割相談時に「今までの利息をすべてカットしてほしい」「遅延利息をカットしてほしい」「元金を少しでもカットしてほしい」と伝えても、通る可能性は極めて低いでしょう。

もし、オリコ側との条件が合わなかったり、オリコと再分割契約の和解が成立したけど支払えなかったりしたときは、債務整理を検討してください。債務整理をすることで一括請求されている借金を大幅に減額したり0にしたりできます。

裁判所の判断で無理のない返済計画を立て直せるため、自分自身の生活を大切にしながら借金問題をすぐに解決できます。

とくに、失業や病気等の理由から分割で約束をしたところで支払えない方は、自己破産手続きが有効です。自己破産をすればオリコ以外からの借金も含め、すべての借金を0にできます。

借金を0にしなくても大幅に減額してもらえれば支払える。と考えている方は、個人再生を検討すれば良いでしょう。いずれの手続きでも、オリコからの一括請求が支払えないときにはとても有効な手段です。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に対して借金の返済が困難であることを申し立てて、借金をすべて0にする手続きです。

借金をすべて0にする代わりにあなたの持つ一定以上の財産を処分することが条件ですが、多くの財産を持たない方でも自己破産ができます。極端な話ですが、無一文の方でも自己破産は可能です。

マイナス(借金)しかない方でもプラマイゼロまで持ち直せるのが自己破産と思っておけば良いでしょう。

なお、オリコから一括請求が来ていても自己破産は可能ですし、強制執行が開始されているときでも自己破産ができます。誰でもいつでも手続きを開始できるので、借金をとにかく解決したい方は弁護士へ相談してください。

個人再生とは

個人再生とは、借金の返済が不能であることを裁判所に申し立てて借金を大幅に圧縮し、無理のない範囲(圧縮した借金を3~5年かけて)で完済を目指す手続きです。すべての借金をまとめて最大100万円まで減額できるため効果は絶大です。

個人再生は住宅ローン以外の借金を整理できる手続きであるため、マイホームを失いたくない方にとてもおすすめな制度。他にも、自己破産をすることで資格制限を受けてしまう職に就いている方等も個人再生を検討してください。

自己破産と個人再生では、減らせる借金額に大きな差が発生しますが、自己破産にはないメリットが個人再生には多くあります。どちらの債務整理を選択すれば良いか悩まれている方は、まずは弁護士へ相談されてみてはどうでしょうか。

任意整理をすれば再分割も可能

債務整理には任意整理という手続きがあります。任意整理は、現在までに発生している利息や将来発生する利息をカットして、元金のみを3~5年かけて完済を目指す手続きです。

他の債務整理とは異なり、ひとつの債務から手続きが可能であるため「オリコからの一括請求のみ解決したい」と考えている方にはとてもおすすめです。また、一度オリコと再分割で和解をしたあとに支払えなくなって一括請求をされてしまった方でも、任意整理なら再々分割を認めてもらえる可能性があるでしょう。

ただ、1度オリコとの約束を守れずに任意整理をする以上は、厳しい条件を提示されてしまう可能性が高いでしょう。オリコの返済が難しいなら、任意整理以外の債務整理手続きを検討するのも良いです。

ワンポイント解説
2度以上の任意整理には応じない

オリコでも2度以上連続して任意整理に応じる可能性は極めて低いです。1度大きく譲歩して任意整理に応じたにもかかわらず、2度目も任意整理を依頼されれば、厳しく対応されるのは当然でしょう。

仮に2度目の任意整理に応じるとしても、カットできる利息が少ないもしくはないため、任意整理を2度する意味はありません。返済が苦しいときは他の債務整理を検討されたほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、オリコからの一括請求が支払えないとどうなるのか?どうしても支払えないときの対処法についてお伝えしました。

オリコは大手信販会社のひとつであり、債権回収にも長けているという特徴があります。自社で債権回収の部署を構えていることもあり、一括請求が支払えなかったときはとても厳しい対応をされるとのことでした。

一方で、支払えないときには債務者に寄り添い、時には大きく譲歩するのもオリコの特徴です。仮に一括請求が来たときでも、オリコに対して誠心誠意相談すれば、再分割を認める可能性もあるでしょう。

ただ、どうしてもオリコからの一括請求を支払えない。再分割の条件が厳しい。再分割後に支払不能に陥ってしまった。などの事情を抱えている方は、債務整理で借金問題を解決するのも良いでしょう。

債権者からの一括請求に関するよくある質問

債権者からの一括請求を支払えないでいるとどうなりますか?

債権者からの一括請求を支払えないと、自宅への取り立てや裁判を提起されます。
裁判で債務者が勝てる見込みは薄く、給料や財産が差押えられてしまう恐れがあります。

債権者からの一括請求をどうしても支払えないときはどうしたら良いですか?

一括請求が来たあとでも、分割払いに応じる可能性があります。
まずは、債権者に相談してください。そのうえで、話がまとまらなかったり分割でも支払いが厳しいなどの事情があるときは、債務整理を検討するとよいでしょう。
STEP債務整理「債務整理が得意なおすすめの弁護士を紹介」

一括請求を無視し続けていて強制執行の一歩手前まで来ています。強制執行の回避は可能ですか?

仮に強制執行が開始されていたとしても、債務整理をすれば差押えを止められます。
ただ、強制執行が始まった時点で、任意整理の選択肢はなくなります。
早め早めの対応を心がけたほうがよいでしょう。

一括請求されている借金に連帯保証人がついているのですが、私が支払えないとどうなりますか?

連帯保証人に請求がいきます。
あなたが任意整理以外の債務整理をした場合も、連帯保証人に請求が行くので覚えておきましょう。

一括請求に応じられず、差押えが決まってしまいました。何が差押えられますか?

主に、預貯金や給料です。
それでも借金を回収しきれない場合は、自宅や土地などの不動産を差押えられる可能性もあります。