オリンポス債権回収からの通知はどんなときに届くのか?通知は無視せず一括返済など適切に対処すべき!

オリンポス債権回収という会社から通知が届きました。 オリンポス債権回収という名前に全然心当たりがないのですが、これはなんでしょうか。

オリンポス債権回収は債権回収会社の1つです。債権回収会社は元の債権者(お金を貸した側)から債権譲渡や回収委託を受けて借金の取り立てを行う会社です。借金の滞納が長く続いた場合に債権回収会社から督促の通知が届くことが多くあります。債権回収会社は法務大臣の許可を受けた正式な会社ですので速やかに対処する必要があります。

オリンポス債権回収の通知にはどう対応すればいいのでしょうか。

債権回収会社から通知が来た場合、その多くは借金の一括返済を請求されます。その時点で一括返済できるのであれば速やかに一括返済しましょう。親族などで経済的に支援してもらえるなら一時的に借りるのもよいでしょう。

一括返済は厳しいです。親族からの支援も期待できないのですが諦めるしかないのでしょうか。

一括返済が難しい場合は債務整理を検討しましょう。債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つがあります。弁護士に相談すれば適切な債務整理を選んでもらえるでしょう。

わかりました。弁護士に相談してみます。

債権回収会社からの通知は相当期間延滞している場合が多く、強制執行などのリスクもありますので弁護士への相談はできるだけ速やかに行ってください。

オリンポス債権回収株式会社という聞き覚えのない会社から通知が来てどう対処していいかわからず不安な方も多いのではないでしょうか。

オリンポス債権回収株式会社は債権回収会社の1つです。債権回収会社は元の債権者から債権譲渡や回収委託を受け借金の督促を行う業者で、法務大臣に認可を受けた正式な会社です。

債権管理会社から通知を受けたということは、対象の借金が相当期間延滞していて債権回収会社へ債権譲渡されたか、回収を委託されたということです。この場合、通知の内容に応じて返済しなければ最終的には給料の差し押さえなどの強制執行に発展する可能性がでてきます。

通知を受けた場合、速やかに一括返済することが一番です。親族などに協力を依頼できるのであれば、一時的に借金して返済することも検討しましょう。

しかし一括返済を求められても返済資金が用意できないというケースも多いと思います。返済の目処がどうしても立たないということであれば弁護士に相談し債務整理という方法で解決することができます。債務整理を依頼すれば一時的に返済もストップし、適切な対処方法についてもアドバイスしてくれるでしょう。

通知への対応が遅れれば遅れるほど遅延損害金の発生によって借金額が膨らみ、最悪の場合強制執行にも繋がりかねません。そうなる前に速やかに返済に受けた検討をすることをおすすめします。

この記事でわかること
  • オリンポス再建保証株式会社は法務大臣から認可を受けた債権回収会社。債権回収会社は元の債権者から再建の譲渡若しくは回収委託を受け、借金の督促を行う。
  • オリンポス債権回収から通知が来た場合は無視してはいけない。放置すれば給料の差し押さえなど強制執行に発展する可能性がある。
  • 通知の内容を確認しできるなら速やかに一括返済すること。親族などで経済的に協力してもらえる人がいるのであれば、一時的に借入し返済することも選択肢。
  • 返済が厳しく返済の目処がつかないようであれば弁護士に相談して債務整理を検討しよう。

オリンポス債権回収は法的に認められた債権回収会社

オリンポス債権回収は北海道を拠点とする債権回収会社で、法務大臣の認可を受けて債権の取り立てを行う会社です。札幌の本社の他に東京に支店を持っています。

商号 オリンポス債権回収株式会社 Olympos Servicing lnc.
会社設立日 平成12年9月12日
営業許可年月日 平成12年11月30日
許可番号 法務大臣許可第41号
資本金 11億2150万円
事業所 札幌本社(北海道)、東京支店(東京都)

債権回収会社は「サービサー」とも呼ばれ、「債権管理業に関する特別措置法」に基づき許可を受けた会社のことを指します。

債権管理会社の主な業務は債権回収業務で、元の債権者から債権の譲渡や回収の委託を受けて、債務者へ借金の取り立てを行います。

「債権管理業に関する特別措置法」が制定されるまで、債権回収を代理で行うことができるのは弁護士だけでした。弁護士資格を持たないものが行えば弁護士法違反となり、刑事罰の対象になります。

しかしカードローンやキャッシングなどの少額債権の増加によりこれらの債権回収を担う弁護士の数が不足していたこと、回収コストが債権額に対して負担となることなどが問題視されました。これらの問題の解消のため、法的に認められた民間会社が債権回収業務を行うことが認められたことが債権回収会社のはじまりです。

オリンポス債権回収もそういった債権回収会社の1つであり、通知がきたということは元の債権者がオリンポス債権回収に債権の譲渡か回収業務の委託を行ったということになります。

貸金業者からの委託を受け債権を回収している

オリンポス債権回収は以下のような貸金業者を取引先としており、これらの会社の借金について債権譲渡・回収委託を受けています。オリンポス債権回収という会社に聞き覚えがなくても、これらの会社から借金をしていたり、返済を延滞していたりする場合通知が届く可能性があるということです。

そのため通知が届いたら、まずはこれらの会社から借金をしていないかを確認する必要があります。もし心当たりがあれば、通知に対して適切な対処をする必要があるでしょう。

逆にこれらに当てはまらない通知の場合は詐欺の可能性もあるため、債権者や通知内容を慎重に確認するようにしてください。

【オリンポス債権回収の主な取引会社】

  • 武富士トラスト合同会社
  • 株式会社キュ・エル
  • MKイプシロン
  • MKアルファ
  • 株式会社北人
  • 首都圏企業再生ファンド2号投資事業有限責任組合
  • メザニンファンド3号投資事業有限責任組合
  • アイク
  • ディックファイナンス
  • ユニマットレディース
  • 有限会社ラックスキャピタル
  • 株式会社クリバース
  • アプラス
  • 合同会社OCC
  • 株式会社学研クレジット
  • 株式会社MKベータ
  • NISグループ(ニッシン)
  • エムズホールディング
  • ドリームユース

詐欺の可能性には十分注意

ご紹介したように債権回収会社自体は法律で認められた存在ですが、一般的には知名度のあるものではありません。そして知名度のないことを利用して債権回収会社を装ってお金を搾取しようとする詐欺グループが一定数存在することも確かです。

実際に、アダルト動画サイトや出会い系サイトなどの利用料を請求する名目で債権回収会社を語り請求してくるケースは多くあります。

これらの詐欺グループは「オリンポス債権(回収がない)」や「株式会社オリンポス債権回収(本物は後株)」など紛らわしい名称になっていることも多い為、請求の内容や請求者名をしっかり確認することが重要です。身に覚えがなく明らかに詐欺だとわかるものであるなら、無視して支払わないようにしてください。

通知書の放置は絶対にNG!

オリンポス債権回収からの通知をそのまま放置していると以下のような対応を取られる可能性があります。

  • 文書、電話、訪問による督促
  • 遅延損害金が解決するまで発生する
  • 裁判所に支払督促を申し立てられる
  • 給料などの差し押え、強制執行

最悪の場合、給料や自分の所有している資産の差し押さえなどの強制執行に発展してしまいます。また放置している期間も遅延損害金が発生し、返済額が膨れ上がっていきますので速やかに対応するようにしましょう。

オリンポス債権回収から通知書が届いた場合の3つの選択肢

オリンポス債権回収から通知が届いたら、まずは焦らず通知に記載されている請求内容をしっかりと確認してください。通知が正式なものであれば必ず債権元(もともと借金をしていた業者)の名前や支払いに関する連絡先について記載があるはずです。

債権者名などから自分に心当たりがある場合など通知内容が正しい場合は、返済や債務整理など速やかに以下の対応を行う必要があります。

  • 一括返済できるのであればすぐに一括返済
  • 返済の目処が立たないようであれば債務整理を検討
  • 時効の援用を検討

①一括返済できるのであればすぐに返済する

オリンポス債権回収から通知が来た場合は相当期間返済を延滞しているケースがほとんどですので、期限の利益期限の利益とは債務者(借金している側)が債権者(お金を貸した側)から返済を請求されない権利のことです。例えば100万円借金をして10万円ずつ10ヶ月で返済するとした場合、10ヶ月後までは全額返済をしなくてよいという権利を債務者側は持っていることになります。返済が約束どおりに行われなかった場合、この権利が失われることを「期限の利益の喪失」といい、即時で全額の返済を求められてしまいます。
は喪失しており、借金の一括返済を求めるものであることが多いでしょう。

もし一括返済できるのであれば速やかに一括返済するようにしましょう。返済が遅くなれば遅延損害金がかかり、返済額が膨れ上がるため、速やかに返済することをおすすめします。

親族に立て替えてもらうことも選択肢にしよう

現在の経済状況では一括返済が難しい場合は、一時的に親族に立て替えてもらうという方法もあります。

協力してもらえそうな親族がいるのであれば、選択肢にしましょう。

返済金を借金で用意してはいけない

債権回収会社への返済金を用意するために新たな借金をしてなんとか返済しようという人もいますが絶対にやってはいけません。

借金を借金で返すようになると総額は雪だるま式に膨らんでしまう

借金の返済金を借金で返済してしまうと、借金は減るどころか雪だるま式に膨れ上がってしまいます。複数社から借金をしているいわゆる「多重債務」の状態になると、利息に利息がつく複利という状態になりあっという間に借金が増えていきます。

例えばA社に100万円の借金があり、金利が10%だとすると利息がつくと借金は110万円になります。このA社の借金を返済するためにB社から110万円借入をするとB社の借金は121万円です。

このように多重債務になると借金を返済するたびに利息がどんどん膨れ上がり、返済するどころか借金が増えてしまいます。

知らぬ間に闇金から借り入れしてしまう場合も

そもそも債権回収会社から督促が来るということはすでに相当期間延滞をしているはずです。借金を延滞すると信用情報機関に事故情報が登録(ブラックリスト入り)されます。

一般の貸金業者の場合、ブラックリスト入りしている人は審査に通らないため新たな借り入れはできません。もし借り入れができる場合、「ブラックOK」などと謳った闇金である可能性が高いため、絶対に利用してはいけません。

闇金は借入をするまでの間は非常に親切で親身になってくれますが、一度利用すれば支払えなくなるまで、ありとあらゆる方法でお金を搾取してきます。通常の借金を延滞している状況であれば、闇金の高い利息を払い続けることは非常に難しいはずですので、近いうちに返済できなくなり更に状況は悪化するでしょう。

②返済が厳しい場合は弁護士に相談し債務整理を検討

上記の通り、オリンポス債権回収から督促を受けている場合はすぐに返済をしなければならないのが原則です。しかし、すでに相当期間返済を延滞している状況のはずですので、一括返済はとてもできないという方も多いはずです。
このような場合でも放置するのではなく弁護士に相談し、借金の減額や返済期間の延長などが可能な債務整理を検討しましょう。

債務整理というと「破産」というようなネガティブなイメージが先行していますが、生活再建に向けたメリットも多い法的に認められた手続きです。返済が厳しい場合は前向きに検討してみてください。

弁護士に債務整理を依頼すれば督促や返済は止まる

弁護士に債務整理を依頼すると、債権回収会社も含めすべての督促と返済が一時的にストップします。

弁護士に依頼するとまず債権者に受任通知が送付されます。この受任通知を受けた債権回収会社を含む貸金業者は債務者に直接連絡できません。これは貸金業法で規定された法律上の効果です。

督促や返済が一旦ストップすることで生活は平穏を取り戻し、今後の返済などについて落ち着いて検討することができるでしょう。

弁護士費用は分割払いや後払いにも対応してくれる

弁護士に依頼するとなると気になるのは弁護士費用です。すでに返済を延滞している方が多い為、弁護士費用が捻出できないと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし弁護士費用については分割払いや後払いなど柔軟な対応をしてくれる事務所も多くあります。また先程ご紹介した通り、弁護士に依頼すれば現在の借金の返済は一時的にストップするため、これまで返済していた費用を弁護士費用のため積み立てていくことも可能です。

弁護士費用相場は自己破産や個人再生の場合数十万円にもなりますが、借金問題が解決することはそれ以上の大きなメリットです。費用面での不安も含めてまずは一度弁護士に相談してみてください。

状況別に適する債務整理方法を選ぶことで借金問題を解決できる

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの手続きがあります。

借金や収入の状況などによって選択できる債務整理は異なりますし、手続きによって受けるメリット・デメリットもさまざまです。

弁護士に相談すればこれらも踏まえて状況に応じた適切な手続きを選んでもらえるでしょう。

任意整理ならリスクを最小限に借金の減額が可能

任意整理は、債権者毎に将来利息の免除などを交渉して借金を減額する債務整理手続きです。

任意整理は債務整理の中でもデメリットが少なく、債務整理後の生活への影響が最小限で済むことが特徴です。債務整理手続きのため、個人信用情報に事故情報が掲載され、新規の借入やクレジットカード作成はできなくなります。しかし、自己破産のように資産を処分する必要もなく手続き中の職業制限などもありません。

また債権者毎に個別に交渉することになるため、保証人がついているものなどを除いて手続きできることもメリットと言えるでしょう。

また任意整理では減額後の借金の返済期間についても交渉できる点もメリットです。債権回収会社から通知が来ているということは、すでに期限の利益を喪失し一括返済を求められているはずですが、任意整理を進めることで分割返済が復活する可能性があります。

ただし減額されるのは利息部分のみのため借金の大幅な減額は難しいこと、借金を返済していくことが前提であるため返済能力を問われること、債権者との交渉のため失敗する可能性があることなどデメリットもあります。

これらを含めても生活への影響を最小限に抑えながら借金問題を解決できるため、返済できる能力があるのであれば任意整理の選択をおすすめします。

自己破産を行うことで支払い義務が免責される

自己破産は借金が返済できないことを裁判所に認めてもらい借金全額の返済を免除してもらう手続きです。借金返済を全額免除してもらえるため、再スタートをきれることが最大のメリットといえるでしょう。

任意整理で借金を減額しても返済が難しい場合は、次に自己破産を検討することになります。

自己破産は債務整理手続きの中で唯一、手続き後の返済が必要ない大きなメリットを得られますが、少額なものを除きすべての資産を処分することになる、手続き中に特定の職業への就業が制限されるなど相応のデメリットや制限がかかります。

また借金の原因がギャンブルや浪費などの場合、免責不許可事由に当たるとして自己破産が認められない可能性があります。

これらのデメリットや制限を許容でき条件に当てはまるのであれば、返済義務のなくなる自己破産は非常に効果的な債務整理手続きといえます。自己破産すると、借金を免責される罪悪感や世間のネガティブなイメージから尻込みされる方もいますが、本来は生活の再建に向けた前向きな手続きです。

個人再生なら自宅を残して債務整理を行うことも可能

個人再生は借金を概ね5分の1程度まで減額し、残額を返済していく債務整理手続きです。また「住宅ローン特則」を利用することで住んでいる自宅を守りながら、借金の大幅な減額が可能であることも特徴です。

任意整理と同様に手続き後に返済義務が残るものの、借金は大幅に減額され自己破産のように自宅を処分する必要もありません。また自己破産のデメリットである特定職業の就業制限や借金の原因による利用条件もないため、自己破産のデメリットが許容できない場合は個人再生を検討することになるでしょう。

ただし任意整理同様に返済義務が残るため、確実に返済できるだけの収入が求められる点は認識しておいてください。

相談は速やかに行えばデメリットは少なくなる

債務整理を行う場合に弁護士への相談はできる限り速やかに行いましょう。

債務整理の手続きが遅れれば、強制執行で給料の差し押さえなどの強制執行のリスクが高まります。また延滞が進めばその期間、遅延損害金が発生するため返済する借金はどんどん膨れ上がってしまいます。

先程ご説明したとおり、債務整理手続きは借金の額によって選択できる幅が異なり、借金額が膨らめばそれだけデメリットの多い手続きを選択せざるを得なくなる可能性が高まります。

債務整理が必要だとわかったらできるだけ早く弁護士に相談するようにしてください。

③消滅時効が成立していそうなら時効の援用を検討

債権回収会社から通知がきたということは、相当期間延滞していた可能性が高いため対象の借金が消滅時効を迎えている可能性があります。

消滅時効を迎えていれば、「時効の援用」を行うことで返済が必要ない可能性も。

時効の援用は「最終返済日の翌日から5年が経過している」「時効の更新がされていない」の2つの条件を満たしていれば宣言が可能です。オリンポス債権回収からの通知には最終約定弁済期日という項目がありますので、この日付から5年以上経過していれば、時効の援用が可能かもしれません。

時効は更新されるため、実態的には時効の援用は難しい

ただし時効は以下のような事情で時効期間が延長されてしまいます。大雑把にいうと債務者が借金を返済する必要があるものだと認識していると確認できた場合は、時効期間はリセットされカウントしなおすということです。

  • 5年以内に返済している
  • 5年以内に示談を結んでいる
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手にある
  • 10年以内に裁判手続をされている

時効の援用ができれば借金を返済する必要もなくなりますが、債権回収会社は債権回収の専門家です。そう簡単には時効を成立させてはくれません。

時効の援用までもう少しだからと引き延ばしている間にも遅延損害金はかかります。仮に上記のような事情で時効が更新されてしまえば時効の援用ができないばかりか、積み上がった遅延損害金にも支払い義務が生じます。

実質的には通知がきた時点で時効を迎えていない限りは時効の援用は難しいと言えるでしょう。

消滅時効の成立は個人信用情報で調査できるため、不安なら弁護士に相談を

消滅時効は個人信用情報を確認することで債権会社名や延滞の発生時期を確認することができます。

債権の状況が掲載されている信用情報機関は以下の3つに分かれており、借入先によって掲載されている会社が異なるため、借入先に応じて請求しましょう。

信用情報機関 主な加盟企業
株式会社日本信用情報機構(略称:JICC) 消費者金融会社、信販会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社など
株式会社シー・アイ・シー(略称:CIC) クレジット会社、信販会社、携帯電話会社など
全国銀行個人信用情報センター(略称:KSC) 銀行、信用金庫、信用組合、政府関係金融機関、信用保証協会など

信用情報に記載されている延滞(異動)の発生時期を確認し、消滅時効が成立していることが確認できれば時効援用通知書を債権者に送付することで借金の返済義務はなくなります。

時効援用について弁護士に依頼しようと検討されている場合でも、この方法で時効の援用が可能なのかはざっくりと確認することができるので、依頼前に自分で信用情報を入手し確認してから相談するといいでしょう。

まとめ

オリンポス債権回収株式会社から通知が届いた場合、借金の返済は待ったなしの状態にあることがほとんどです。聞き覚えがないからと放置すれば、最悪の場合給料の差し押さえなどの強制執行の可能性があります。

まずは通知内容をしっかりと確認し、心当たりがあるのであれば速やかに一括返済の対応を取りましょう。場合によっては親族などに協力を求めるのも良いでしょう。どうしても返済資金が準備できないのであれば弁護士に相談し、債務整理手続きを進めてください。

対応が遅れれば遅れるほど遅延損害金が加算されるなど状況は悪化していきます。速やかに対応することが何よりも重要になりますので、放置せずすぐに対応してください。

この記事を書いた人

ryo

金融系・転職系を中心に執筆活動を展開。丁寧でわかりやすく、どこよりも詳しい記事を心がけ発信します。本サイトでは個人再生分野を主に担当。借金を大きく減額できる制度ですので、よろしければその他の記事もご覧ください。

借金問題の関連記事
闇金の借金で口座凍結!今すぐやるべくことは?弁護士に相談し借金問題を根本的に解決することが大事

闇金の借金で口座凍結!今すぐやるべくことは?弁護士に相談し借金問題を根本的に解決することが大事

闇金から借金をしたら口座が凍結されたという方が増えています。闇金から借金をしただけなのに、突然口座が利用できなくなったり、銀行から犯罪利用の疑いがあるので口座凍結したとの通知が来たりと何があったのか理解できず不安になる方も多いのではないでし[…]