任意整理中でもメルペイ後払いは利用できる!任意整理に影響を及ぼすケースとは?

メルペイ後払いが任意整理中に利用できるのはなぜ? メルペイ後払い以外の後払い決済も紹介!

現在、任意整理の返済中なのですが、メルペイ後払いなら任意整理中でも利用できると聞きました。利用しても任意整理には影響がないのでしょうか?

確かにメルペイ後払いの一括払いなら、任意整理中でも利用できます。任意整理の返済もメルペイの支払いも滞納しなければとくに影響はありませんよ。

安心しました。ただ先月ちょっと使いすぎてしまって今月の支払いがかつかつなのですが、もし任意整理中に借金の返済を滞納してしまったらどうなりますか?

一般的には2回以上滞納すると債権者から利息を含めて一括請求されます。そのため、返済に不安があるならメルペイ後払いの利用はやめましょう。もし、任意整理中に返済が遅れそうなときは、すぐに弁護士へ連絡してください。

メルペイの後払いは、現在「メルペイスマート払い」という名称で、メルカリが運用している後払いサービスです。

一括払いの場合は、信用情報の調査がないため任意整理中でも利用できます。

しかし、翌月に一括で返済する必要があるため、利用しすぎて返済不能に陥るケースも少なくありません。

もしも、任意整理中にメルペイ後払いが支払えなくなったり、任意整理の返済に困っているのなら後払いサービスなどを利用する前に弁護士へ相談することをおすすめします。

当サイトでは、任意整理に詳しい弁護士を多数紹介しています。他社依頼中でも無料相談可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

>>【任意整理中の返済に困ったら】弁護士に無料相談してアドバイスをもらう

この記事でわかること
  • 任意整理中でも、一括払いならメルペイ後払いの利用が可能。
  • 任意整理中でもメルペイ後払いの利用ができるのは、信用情報の審査がないため。
  • 任意整理の返済に支障が出るなら、メルペイ後払いの利用はやめよう。

任意整理中でもメルペイ後払いの一括払いなら利用が可能

前述したように、任意整理中でもメルペイ後払いの一括払いなら利用が可能です。

任意整理をするとほとんどの後払い決済が利用できなくなるため、任意整理中の人は利用したいと考えるのではないでしょうか。

そこでこの項目では、なぜ任意整理中でもメルペイ後払いが利用できるのかや、メルペイ後払いの審査基準や限度額についてお伝えします。

メルペイ後払いは信用情報の審査がない

任意整理中にメルペイ後払いが利用できるのは、信用情報の審査がないためです。

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。

クレジットカードの発行時やローンを組むときは、信用情報を審査して事故情報が登録されていると審査には通らないのが原則です。

また、携帯電話などの分割払いも、信用情報の審査があります。

しかし、メルペイ後払いには信用情報の審査がないので、任意整理中で事故情報が信用情報に掲載されていても、利用ができるのです。

定額払いの場合は信用情報の審査があるので利用できない

ただし、メルペイ後払いの定額払いを利用する場合は信用情報の審査があります。

前述したように任意整理中だと信用情報の審査に通らないので、メルペイ後払いの定額払いは利用できません。

メルペイ後払いを利用する際は一括払いを選択しましょう。

メルペイ後払いの審査基準はメルカリの「信用スコア」

メルペイ後払いで審査基準となるのは、メルカリの「信用スコア」です。

メルカリの信用スコアとは、メルカリ独自の審査基準です。

審査基準は公表されていませんが、以下の実績がよいとメルカリの信用スコアは上がる傾向にあると言われています。

  • メルカリ内での取引実績
  • 発送期限の厳守
  • 他ユーザーへの対応をしっかりしている

これらの評価がよいと、メルカリ後払いの審査に通りやすく、また上限額も大きくなるのが一般的です。

ちなみに2021年10月現在、メルペイ後払いの上限額は20万円です。

任意整理中にメルペイ後払いを利用すると任意整理に影響はある?

前の項目で、任意整理中でもメルペイ後払いを利用できるとお伝えしました。

そこで気になるのは「任意整理中にメルペイ後払いを利用すると任意整理に影響はあるのか」ということではないでしょうか。

結論からいうと、任意整理中の借金返済やメルペイ後払いの支払いが遅れなければ、メルペイ後払いが任意整理に影響することはありません。

逆に、どちらかの支払いが遅れると任意整理に影響を及ぼす可能性があります。

具体的にどのような影響を及ぼすのか、次の項目で詳しくお伝えします。

任意整理中の返済を滞納すると債権者から一括請求される可能性がある

メルペイ後払いは、前述したように滞りなく返済ができていれば任意整理には影響がありません。

しかし、メルペイ後払いの支払いに追われて任意整理の返済が滞ってしまうと、債権者から一括請求される恐れがあります。

さらに、その場合は利息や遅延損害金を含んだ金額となるため、任意整理をした意味がなくなってしまいます。

そのため、メルペイ後払いを利用することで任意整理の返済が難しくなってしまう可能性があるなら、メルペイ後払いの利用はやめましょう。

任意整理中にメルペイ後払いを滞納したらすぐに弁護士へ相談しよう

任意整理中にメルペイ後払いを滞納した場合、以下のようなリスクがあります。

  • メルカリから通知や電話での督促が来る
  • 遅延損害金や延滞手数料が発生する
  • メルカリが利用停止となる

また、メルペイ後払いの支払いに追われると、任意整理中の返済にも影響が出てしまうでしょう。

そのような場合は、すぐに弁護士へ相談してください。

支払いが難しければメルペイ後払いも任意整理する

任意整理は、債権者一社ごとに手続きが可能です。

そのため、メルペイ後払いの支払いが難しい場合は、メルペイ後払いも任意整理するとよいでしょう。

その場合、任意整理での支払先が多くなるため、法律事務所の「返済代行サービス」を利用するのがおすすめです。

返済代行サービスを利用すると、法律事務所が債務者の代わりに毎月債権者へ返済をおこなってくれます。

返済窓口が複数ある場合に、うっかり返済を忘れてしまったり返済金額のミスなどを防げます。

返済代行サービスを利用するメリットや自分で複数の債権者へ支払う方法について、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

任意整理中の借金も含めて返済不能なら自己破産も検討しよう

メルペイ後払いに加え、任意整理中の借金も返済不能なら自己破産への方針転換も検討した方がよいかもしれません。

任意整理では、一般的に2回以上滞納すると債権者から利息や遅延損害金を含めた残債を一括請求されます。

また、一括請求に応じられず対応が遅れると、給料や財産が差押えられてしまう恐れもあります。

その前に弁護士へ相談し、自己破産への方針転換も検討するとよいでしょう。

当サイトでは、債務整理が得意な弁護士を多数紹介しています。他社へ依頼中でも無料相談可能ですので、不安なことや疑問点があればお気軽にお問い合わせください。

>>【他社依頼中でも無料相談OK!】債務整理が得意な弁護士はこちら

任意整理中でも利用できる後払いのキャッシュレス決済

メルペイ後払い以外にも、任意整理中に利用できる後払いのキャッシュレス決済があります。

  • NP後払い
  • バンドルカードの「ポチっとチャージ」
  • 家族カード

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えしていきます。

NP後払い

NP後払いとは、通信販売で購入した商品の代金を商品到着後に後払いできるサービスです。

信用情報の審査がなく、クレジットカードや銀行口座の登録も不要で利用できます。

限度額も5万5千円と低く、任意整理中でも利用しやすい後払い決済方法です。

ただし、利用できるのが通信販売のみなので、店頭でキャッシュレス決済を利用したい場合は他の方法を考える必要があります。

NP後払いに関しては、以下の記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」

バンドルカードとはVisaプリペイドカードで、信用情報の審査がなく任意整理中でも利用できます。

ただ、前払いでチャージをして利用するのが基本です。

しかし、バンドルカードの「ポチっとチャージ」を利用すれば、後払いでバンドルカードを利用できるようになります。

ポチっとチャージでは、利用した金額とその金額に応じた手数料を翌月末までに支払います。3,000円から50,000円まで何度でも申込みが可能です。

バンドルカードについては、以下の記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

家族カード

家族カードとは、本会員と生計を共にする配偶者・18歳以上の子供・両親に発行する、本会員と同じ種類のクレジットカードです。

家族カードを発行する際は、本会員の信用情報を元にするので、実際の利用者が任意整理中でも発行ができます。

ただし、家族カードは通常のクレジットカードと同様に利用できるため、使いすぎの防止にはあまり向いていません。

利用しすぎて本会員である家族まで支払不能となるケースも少なくないため、発行時は利用方法などのルールを家族とよく話し合いましょう。

家族カードについては、以下の記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

まとめ

メルペイ後払いは、信用情報の審査がないため任意整理中でも利用ができます。

メルカリの売上金も支払いに充てられるため、とても便利な決済方法です。

ただし、任意整理中の人がメルペイ後払いを利用する場合はとくに、きちんと自分の支払える範囲で利用しなければなりません。

メルペイ後払いを滞納してしまった場合や、メルペイ後払いの支払いに追われて任意整理中の借金が返済できないときは速やかに弁護士へ相談しましょう。

状況によっては自己破産への方針も視野に入れる必要があります。

当サイトでは無料相談可能な弁護士を多数紹介していますので、困ったことがあれば気軽に問い合わせてみてくださいね。

任意整理のよくある質問

任意整理中でも、メルペイ後払いは利用できますか?

はい、利用できます。
ただし、利用できるのは一括払いのみで、定額払いは利用できません。

メルペイ後払い以外にも、任意整理中に利用できる後払いのキャッシュレス決済はありますか?

「NP後払い」「家族カード」「バンドルカード」などが挙げられます。

任意整理の途中で返済が難しくなったらどうなりますか?

無断で滞納すると、債権者から利息を含めた残債を一括請求されるのが通常です。
そのため、返済が難しいと感じたらすぐに担当の弁護士へ相談しましょう。

現在、任意整理の返済中なのですが、返済が苦しいです。どうしたらよいでしょうか。

どうしても苦しい場合、自己破産へ切り替えることが可能です。
滞納をする前に、債務整理が得意な弁護士へ相談することをおすすめします。
STEP債務整理「債務整理が得意なおすすめの弁護士を紹介」

任意整理後に返済継続が難しいときは自己破産しか選択肢がありませんか?

自己破産以外にも、再和解・追加介入・個人再生という選択肢が考えられます。
自己破産のデメリットを避けたいという債務者にも道は残されているのでご安心ください。
ただし、どの選択肢にもデメリット・注意点があるので、必ず債務整理の実績が豊富な弁護士に相談しましょう。

任意整理の関連記事