【必見】闇金から借金をしてしまったときに最適な対処法

闇金 対処法

闇金からお金を借りてしまったのですが、どんどん利息が増えていき先月分の返済ができませんでした。

そのあと返済を催促する電話が何度もかかってきて怖いです。どのように対処したら良いのでしょうか?

闇金の取り立てを止めさせるには弁護士へ依頼するのが最も効果的です。

警察に相談するのも一つの方法ですが、警察は民事不介入のため脅迫行為などの証拠がないと動いてくれないケースも多いのです。

しかし、弁護士は早ければ委任契約を結んだその日に闇金に取り立て停止の連絡をしてくれますし、すでに支払ってしまった借金も返還させられる可能性もあるのです。

闇金に払ってしまった借金を取り戻せるのですか?

でも、利息の支払で手いっぱいで元本はあまり減っていないので、元本だけでも全額返済しなければなりませんよね?

いいえ、闇金で借りたお金は元本を含め1円も返す必要はないのです。

つまりこれまでに支払った借金は本来全額取り戻せるお金というわけです。

とはいえ、闇金は債務者自身が返還交渉しても真っ当に話ができる相手ではありませんから、専門家である弁護士に依頼するのがおすすめです。

そうなんですね。とにかく取り立てが不安で仕方ないので、弁護士に依頼して止められるならひとまず安心しました。

依頼する事務所を決めたら色々と相談して対応してもらいます。

闇金からお金を借りてしまい、どのように対処したら良いのか悩んでいますね。

闇金でお金を借りてしまったら高額な利息の返済に追われ、なかなか借金が減らずそのうちに返済が滞ってしまうでしょう。

返済が滞ると闇金の態度は一変し、厳しい取り立てや嫌がらせ行為をされることになります。

そういった場合でも、弁護士に依頼すればすぐに取り立てを止めさせることができますし、返済してしまったお金も全額取り戻せる可能性があるのです。

闇金と関わってしまったら、とにかく弁護士に相談するのが最適な対処法といえます。

1日も早く闇金の悩みから解放されたいなら、まずは当サイトで紹介しているような法律事務所の無料相談を利用して、弁護士から適切なアドバイスをもらいましょう。

>>【全国対応&24時間無料相談】闇金問題に対処可能な法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • 闇金の借金を滞納するとどういった取り立てが待っているのか
  • 闇金からお金を借りてしまった際の対処法
  • 闇金問題はなぜ弁護士に依頼すべきなのか

闇金の実態や取り立ての手口

闇金撃退法を考える前に、まずは闇金とはどういったものなのかや取り立ての実態などを把握しておきましょう。

闇金とは違法な貸付を行う業者

日本では貸金業を営む場合、貸金業登録をすることが義務付けられており、貸金業登録をせずに貸付を行うのは違法行為なのです。

なお、貸金業登録の種類については、1つの都道府県の区域内にだけ営業所や事務所を設置するなら都道府県知事登録、複数の都道府県の区域に営業所や事務所を設置するなら国の財務局長登録が必要となります。

貸金業登録するにはいくつかの要件があり、書類審査や調査が入りますし、3年ごとの更新も必要となります。

そのため、闇金のほとんどは貸金業登録をせず、違法に営業を行っているのです。

貸金業登録をせずに貸付行為を行うこと自体が違法なので、闇金から借金をしても一切返済する必要がありません。

また、貸金業の登録業者だったとしても法外な高利を設定している場合は闇金に含まれます。

闇金の貸付は不法原因給付にあたり返済の義務はない

闇金の借金を返済しなくても良い理由は、民法第708条の不法原因給付という法律にあります。

不法原因給付では「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。」と決められています。

簡単に言うと、法律違反での貸付は債務者に返還の請求はできないというものです。

闇金は貸金業登録をせず、もしくは登録していても利息制限法や出資法で定められた上限金利の年15~20%(元本により異なる)を上回る金利で貸付を行う業者なので、まさに違法行為での貸付に該当します。

そのため、闇金の貸付は不法原因給付と見なされ、債務者は返さなくても良いですし、本来ならば闇金は債務者に返済の請求すらできない立場というわけです。

しかし、闇金は違法業者なので、あたかも自分たちが正規の貸金事業者かのように取り立てを行ってくるのです。

勧誘方法はさまざまで闇金と知らずに借りてしまうことも多い

債務整理をしたばかりでカードローンを契約できない場合など、闇金と知っていてもやむを得ず借りてしまう場合もあるでしょうが、闇金の被害者は闇金と知らずにお金を借りてしまった場合が多いです。

一昔前は電柱や公衆電話にチラシを貼る勧誘が多かったのですが、近年はダイレクトメール、SNSなどの勧誘も増えています。

特にSNSでの勧誘は個人間融資を装っているため、裏に闇金が隠れているとは気付きにくいのです。

このように闇金の巧妙な勧誘方法により、被害に遭ってしまうケースが後を絶ちません。

闇金の厳しい取り立ての実態

闇金は最初のうちは良心的な態度をとっていても、返済が少しでも遅れると突然態度が急して脅迫的な取り立てをします。

闇金の取り立ては債務者自身だけでなく、勤務先や家族をも巻き込むことも多いため精神的に追い詰められるでしょう。

追い詰められた被害者が、とにかく取り立てを止めてもらうために少しでもお金を払うのを待っているのです。

しかし、闇金の取り立てはお金を返済しなくても、弁護士が連絡をすればすぐに止められるので安心してください。

では実際にどういった取り立てを行っているのか紹介していきます。

なお、以下に記載した取り立て方法は全て違法行為にあたるので、実際に同様の取り立て行為をされたとしても毅然とした態度で対応しましょう。

時間を問わずしつこく電話をしてくる

闇金の取り立てで最も多いのが、とにかくしつこく電話をしてくることです。

それも深夜や早朝など時間を問わず電話してくるので睡眠を妨害されますし、電話に出ると恫喝されるので電話が鳴るたびにビクビクしてしまうでしょう。

また、電話は本人の携帯だけでなく自宅の固定電話にもかかってくるため、家族をも巻き込んでしまいます。

勤務先へ電話をしてくる

闇金は勤務先へも督促の電話をしつこくしてくるため、職場の同僚や上司などにも不審がられてしまうでしょう。

なかには電話をとった職場の人に、借金をした事実をバラされてしまうこともあります。

借金が原因で会社を解雇されることはありませんが、闇金で借金をしたことが知られると会社に行きにくくなってしまうはずです。

また、あまりにも電話の頻度が多いと業務に支障が出て、上司から注意される可能性はあります。

自宅や勤務先へ直接訪問してくる

闇金は電話のみならず自宅や勤務先に直接訪問して取り立てをしてくるケースもあります。

大きな声で返済を催促するような闇金もあるので、近所の人や同僚にも借金をしたと噂が広まるでしょう。

また、ご家族と一緒に暮らしているのであれば、配偶者やお子さんなどもとても怖い思いをすることは間違いありません。

家族や親戚へも取り立てを行う

闇金は債務者本人のみならず家族や親戚をも調べて取り立てを行います。

そのため本人が取り立てを無視していても、家族に被害が及ぶことになるのです。

闇金は家族や親族なら連帯責任で返済しなければならないなど、平気で嘘をついてお金を搾り取ろうとします。

そういった状況になれば家族や親戚とも縁を切られてしまうこともあるでしょう。

勝手に出前を頼まれるなどの嫌がらせをされる

闇金の取り立てはお金を返せと請求するだけにとどまらず、嫌がらせも合わせて行う場合もあります。

たとえば勝手に出前を頼まれてしまう、救急車を呼ばれてしまうなどです。

また、インターネット社会の現代ではSNS上で、氏名や住所などの個人情報を流出される悪質な嫌がらせもあります。

そうなると闇金だけでなく、他の犯罪者からも狙われかねませんからとても危険です。

全額返済しても請求が続く

闇金の借金を全額完済すれば取り立てから解放されると思うでしょうが、借金を返しても闇金の請求は続きます。

なぜなら借金を完済しても、まだまだお金を引っ張れると思えば、闇金はさまざまな名目をつけてお金を搾り取ろうとするからです。

完済してしばらく経った後に、未払いの利息があった、手数料が残っていたなど適当な理由をつけて請求をしてきます。

完済すれば闇金から解放されるといった期待はしないでおきましょう。

闇金でお金を借りてしまった際に取るべき対処法

闇金の実態や取り立ての手口が分かっていれば始めから借りなかったのにと思うでしょうが、お金をすでに借りてしまったのであれば後悔しても仕方ありません。

お金を借りてしまった場合にとるべき対処法をしっかり把握し、実行しましょう。

闇金対応を得意とする弁護士に相談する

闇金への対応方法のうち最もおすすめなのが、弁護士へ相談することです。

なぜなら、警察は闇金への対応をしてくれない場合がありますが、弁護士はすぐに闇金へ接触し取り立てを停止させられます。

また、お金を返さない、電話に出ないのも闇金を相手にしないために効果的な方法ではあるものの、闇金の問題を根本から解決できるわけではありません。

弁護士に依頼するのは一時的な対処法ではなく、今後闇金との関りを一切絶つことができる重要な対応となります。

ただし、闇金対応の経験がない弁護士では手続きがスムーズに進まない可能性もあるので、闇金問題を解決した実績が豊富な事務所を選ぶのがおすすめです。

なお、弁護士に依頼するとなると弁護士費用が心配になるでしょうが、闇金問題は相談無料なうえ闇金業者1社あたり4~6万円で対応してくれるケースがほとんどです。

一括での支払いが厳しい場合も分割や後払いにしてくれるので是非相談してみましょう。

借りたお金は一切返済しない

闇金でお金を借りてしまったならとにかく1円も返さないのが効果的です。

少しでもお金を返せば、お金を支払えるカモだと見なされ、とことん搾り取られてしまいます。

とはいえ、取り立てが続いているなら精神状態も不安定でしょうし、闇金に直接「返済しない」と立ち向かうのは実際難しいですよね。

しかし、前述したように闇金の借金はそもそも返済義務がありません。

闇金は「借りたものは返すのが筋だ」「返さないと訴える」などと正論めいたことを言ってくるでしょうが、それば全て法律を遵守した正規の貸金業者だけが言えることです。

法律を違反した闇金にお金を返さなくても、債務者が不利になることは絶対にありません。

もし、すでに闇金にお金を支払ってしまったのであれば、今後は支払いをせず弁護士へ相談しましょう。

知らない番号からの電話には出ない

ほとんどの闇金は店舗を持たず携帯電話だけで営業をしているため、複数の携帯を所有していることが多いです。

そのため、知らない電話番号から着信があったとしても、闇金からの可能性があるので絶対に出ないようにしましょう。

もしも闇金の電話に出てしまったら何も言わずにすぐ切ってください。

闇金と対等に話すことは難しいですし、電話に出ても罵倒や恫喝され、お金を返さない自分が悪いのではと思い込んでしまう場合も多いのです。

精神的に追い詰められるため、とにかく闇金とは接触しないのがベストです。

闇金とのやり取りを録音しておく

闇金と電話で話す勇気があったり、電話を無視していたら直接訪問してきたりした場合には、やりとりを必ず録音もしくは録画しておきましょう。

ささいな内容でも証拠を残しておけば後からきっと役に立つはずです。

ボイスレコーダーを用意しておくのも良いですし、最近ではスマホアプリでも録音ができるので便利です。

録音や録画していることがバレると激高される可能性が高いので、見つからないようこっそりと実行してくださいね。

恐怖でそんな余裕がないと感じるのであれば家族にも協力してもらうと良いです。

脅迫や暴力行為を受けているなら警察に連絡する

闇金問題は警察に相談すれば対応してくれる場合もありますが、警察は民事不介入のためなかなか動いてくれない可能性もあります。

とは言え、平成15年にヤミ金融対策法が制定された後は警察も取り締まりを強化していますから、以前よりは積極的に相談に乗ってくれるはずです。

また、闇金の悪質な取り立ての証拠があれば、被害届を受理し刑事事件として対処してくれる可能性は高まります。

なお、脅迫されていたり暴力行為を受けているならば、命の危険もあるのですぐに警察に連絡してください。

闇金対応には弁護士への相談が最もおすすめな理由

繰り返しになりますが、闇金の対応では弁護士に相談するのが最もおすすめです。

闇金問題を弁護士に依頼するメリットについて詳しくまとめました。

すぐに取り立てを止められる

弁護士に相談し委任契約を締結すると、早ければその場で闇金へ取り立てを止めるよう連絡をしてくれます。

ほとんどの闇金は弁護士が介入したことが分かると、刑事告訴されることを警戒し取り立てを止めます。

そうなれば、毎日の取り立てから解放され、今後は借金の返済をしなくて済むので生活を再生しやすくなるのです。

ただし、闇金のなかにはすんなり引き下がらないで取り立てを続ける業者もいますから、そのような闇金が相手でも弁護士は何度も連絡をして確実に取り立てを止めるまで交渉を続けます。

すぐに取り立てが止まらなかったとしても信頼して弁護士にすべてを任せましょう。

あらゆる闇金撃退法を使い追い詰められる

弁護士は闇金にあらゆる手段を使い、対抗することができます。

代表的な撃退法としては口座凍結、携帯電話の利用停止、警察へ被害届の提出や刑事告訴が挙げられます。

闇金が使用している口座の凍結や、携帯電話の利用停止をすれば、闇金にとっては商売ができなくなりとても大きなダメージとなります。

また、闇金が最も恐れているのは逮捕されることなので、警察に被害届の提出をされたり刑事告訴されたりするのは、なるべく避けたいものです。

弁護士が介入することで、収入を得る術を失ったり逮捕されたりする可能性が高まるので、闇金は非常に不利な立場に追い詰められます。

そのため、弁護士が連絡するだけで、報復しようとは考えずあっさり引き下がる業者が多いというわけです。

闇金に支払ってしまったお金を取り戻せる可能性がある

弁護士は闇金に取立行為を止めさせられるだけでなく、支払ってしまったお金を返還させられる期待もできます。

そもそも闇金の借金は返済しなくても良いお金ですから、知らずに支払ってしまったのなら元本も利息も含め全額返してもらうのは当然です。

実際に、平成20年6月には最高裁判所で、闇金は元本と利息を合わせ利用者に全額返還すべきとの判決も下りました。

ただし、闇金との和解交渉は難しい場合が多いため、弁護士は口座凍結や裁判所へ訴訟提起をするなど法的手段をとり全力で返還させる努力をします。

これは弁護士だからこそできる対抗手段と言えるでしょう。

過払い金を取り戻せる可能性が高いケースや、請求の際の注意点を知りたい方は、「過払い金請求とは?払い過ぎた利息を取り戻せる条件とグレーゾーン金利について」も合わせてご覧ください。

まとめ

闇金から一度でも借入をしてしまったら、とにかく高額な利息で一向に返済が進みません。

そして返済が行き詰ると待っているのは厳しい取り立てや嫌がらせです。

しかし、弁護士ならばそういった悪質な取り立て行為もすぐに止めさせられて、悩みから解放してくれます。

さらに、すでに支払ってしまった借金も口座凍結や訴訟などあらゆる手段を使い、取り戻せるよう働きかけてくれるのです。

警察に相談したり、闇金からの連絡を無視するという対処法もありますが、一刻も早く闇金を撃退し今後一切関わりを持たないようにするには、弁護士に依頼するのが最良の選択と言えます。

多くの弁護士事務所は借金問題に関して無料相談を実施しているため、弁護士費用が気になる場合でも安心して連絡してみましょう。

闇金の対処についてよくある質問

弁護士に依頼すれば闇金からの督促は止まりますか?

弁護士が相談者の依頼を受け、受任通知を出した時点で先方からの督促は止まります。中には利用者本人にしつこく督促してくる闇金もありますが、こうした督促に本人が応じる必要は一切なく、着信拒否をしても問題ありません。

闇金からお金を借りてしまったと気づいたら、警察と弁護士どちらに相談すべきですか?

弁護士へ相談するのがおすすめです。民事不介入の原則により、事件性が認められない限り警察が積極的に動いてくれることはないからです。弁護士に相談したうえで事件性がありそうな場合は、改めて警察にも相談するとよいでしょう。

闇金対応には、警察より弁護士に相談するとよい理由は何ですか?

弁護士に依頼するメリットは、闇金の督促が止むだけでなく、闇金に対して返済したお金が取り戻せる可能性がある点です。闇金からの貸し付けは違法行為であり「不法原因給付」というものに該当するため、そもそも返済する義務がありません。闇金と交渉して直接資金回収するのが難しい場合は、被害回復分配金の支払い手続きにシフトしできる限り代金を回収できるよう動いていきます。

闇金からの借入に返済義務がないのは本当ですか?

本当です。
最高裁の判決でも、闇金業者に対しては、元金・利息を含めて既返済分の全額返金請求が認められると解釈されています。

闇金を着信拒否するとどうなりますか?

1つの電話番号を着信拒否しても、大概の場合は他の電話番号から督促が来るので意味がありません。また、着信拒否することで闇金は返済する意志がないと判断し、外部の取り立て業者に依頼をします。取り立て業者は携帯電話の番号など個人情報を受け取り、より激しく取り立てをしてくるのです。闇金からの電話は、着信拒否するよりも弁護士へ相談することをおすすめします。

闇金問題の関連記事
闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…