闇金の借金は任意整理が困難!闇金専門の弁護士事務所に相談して闇金以外の借金もまとめて解決!

闇金 任意整理

借入をした業者が実は闇金だったようです。毎日何十件も督促の電話が入っていて、もう耐えられないので任意整理を考えています。

闇金からの借金は任意整理では解決できません。闇金からの督促や嫌がらせを止めるには、闇金専門事務所に依頼するのが一番の近道です。

闇金専門事務所に依頼する方がいいのですね。実は、闇金以外からも借入があって、そちらは任意整理で解決できますか?

闇金と闇金以外から借入がある場合は闇金の借入から先に解決するべきです。闇金専門事務所には任意整理案件も請負う事務所もあるため、最初からまとめて依頼できる事務所を選ぶのもよい方法です。

闇金から借入してしまうと、あの手この手で返済を遅らせいつまでも完済できないように仕向けられたり、返済が滞ると執拗ないやがらせや取立てを受けることもあります。

精神的に追いつめられ、借金解決法の一つである任意整理という方法を知って、任意整理をすることで闇金問題を解決しようと思う人もいるでしょう。

しかし、任意整理は任意の交渉事であり、債権者が交渉に応じてくれなければ成立しません。

闇金業者は法律を無視した悪徳業者であり、任意整理の交渉には応じてくれないため、任意整理以外の方法で解決する必要があります。

闇金問題で困ったら、闇金専門事務所に相談するのが一番です。

豊富な実績を持つ弁護士や司法書士が間に入ることで、早ければ即日督促や嫌がらせを止めることが可能です。

この記事でわかること
  • 闇金は任意整理の交渉に応じないため、闇金からの借金は任意整理で解決できない。
  • そもそも闇金からの借金は返済義務がない。
  • まずは闇金対応を闇金専門事務所に依頼し、闇金問題解決後、債務整理専門事務所に依頼し任意整理をするのがよい。
  • 任意整理中に代理人への費用が払えないからといって、闇金から借金するとさまざまなリスクがある。
  • 闇金から借りる前に代理人に相談して費用の支払いを待ってもらったり、国の支援制度を利用するとよい。

闇金からの借金は任意整理で解決できない

任意整理は債務整理と呼ばれる借金問題解決法の一つで、債権者が正規の貸金業者であれば任意整理をすることで返済の負担を大幅に減らせます。

しかし、闇金は法律を無視した悪徳業者のため、任意整理をしても借金問題解決には至れません。

なぜ、闇金からの借金は任意整理で解決できないのでしょうか?

次の項目から詳しく解説します。

闇金は任意整理の交渉に応じない

任意整理とは、弁護士や司法書士に代理人となってもらい、債権者と返済条件の交渉をしてもらう債務整理の方法です。

弁護士や司法書士が間に入ることで、交渉後は将来利息カットや滞納分を含めた長期分割返済が可能になり、毎月の返済による負担を減らせます。

しかし、闇金は弁護士や司法書士が間に入っても交渉には応じてくれず、将来利息カットや滞納分の分割返済を認めてくれません。

それどころか、闇金対応に不慣れな弁護士や司法書士が間に入ると、闇金からの報復を受ける可能性があり危険です。

そもそも闇金からの借金は返済義務がない

闇金の取立て行為が悪質な場合、貸付自体が公序良俗に反するとして、貸付金が不法原因給付とみなされます。

※不法原因給付・・・違法な原因に基づいておこなわれた給付のこと。

不法原因給付とみなされると、借金が無効になります。

よって、悪質な取立てをおこなう闇金からの借金は、そもそも返済義務がないといえます。

闇金からの借金は闇金専門事務所に相談しよう

前の項目でお伝えしたとおり、闇金からの借金は任意整理では解決できません。

そもそも返す必要がないので無視するという方法もありますが、闇金は借入の際に申告した個人情報を悪用し、さまざまな方法で無視できないよう嫌がらせをしてきます。

たとえば、

  • 「返済しないと家族や勤め先に借金のことをバラす」などと脅す。
  • 勝手に救急車や警察を呼ばれる。
  • ピザを大量に注文される。
  • 家に「金返せ!」などと書いた張り紙をされる。

などあらゆる方法で債務者を精神的に追いつめます。

闇金問題を解決したいなら、必ず闇金問題を専門に扱っている弁護士や司法書士に相談しましょう。

なぜ闇金専門事務所に相談するのがよいのか?

詳しくは以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

正規の貸金業者からの借金よりも先に闇金問題を解決しよう

闇金被害に遭う人のほとんどが、他にも借金があり、

  • 借金が年収の1/3を超えている。
  • 過去に借金滞納や債務整理をしたことで、信用情報に事故情報が載っている。

などの理由で正規の貸金業者から借りれないため闇金に手を出してしまいます。

借金問題の根本的な解決を図るには、闇金からの借金と正規の貸金業者からの借金両方を解決する必要があります。

闇金と正規の貸金業者では借金の解決法が異なり、闇金問題は闇金専門事務所へ、正規の貸金業者からの借金は債務整理専門事務所へ債務整理を依頼して解決しましょう。

この時、正規の貸金業者からの借金を任意整理で解決したいのなら、先に闇金からの借金について解決することが大切です。

なぜ、闇金からの借金を先に解決すべきなのか?

次の項目から詳しく説明します。

闇金からの借金があると任意整理の依頼を断る弁護士や司法書士が多い

実は債務整理専門事務所の中には、闇金から借りているという理由で任意整理の依頼を断る事務所もあります。

闇金問題が解決しない状態で任意整理をしても、債務者が取立てを恐れて闇金への返済を優先した場合、正規の貸金業者への返済が滞る可能性があるからです。

任意整理後に返済が滞れば、正規の貸金業者からの督促を受け、再び何らかの債務整理が必要になり意味がありません。

そのため「まず先に闇金問題を解決してから任意整理をする」という順番を守ることが大切です。

まずは闇金対応を闇金専門事務所に依頼しよう

闇金問題の解決には、スピードと豊富な経験が不可欠なため、闇金専門の弁護士や司法書士に依頼するのが一番の近道です。

闇金対応に不慣れな弁護士や司法書士に依頼してしまうと、解決どころか闇金からの報復を受けてしまう可能性があるためおすすめできません。

そういった事態を避けるためにも、闇金問題を依頼する際は闇金の対応実績豊富な弁護士や司法書士に依頼することが大切です。

闇金専門事務所に依頼の相談をする場合は、あらかじめ以下のような情報をまとめておくとスムーズです。

  • 闇金業者の名称や電話番号
  • 闇金業者が指定している振込先の口座番号
  • 借入日および借入金額
  • 返済日および返済金額

また、

  • 闇金からの着信履歴
  • 返済した時の振込明細書
  • 闇金業者による犯罪行為があった証拠(スマホ・ボイスレコーダーの録画・録音)

もあれば証拠として提出しましょう。

闇金問題解決後、債務整理専門事務所に依頼し任意整理をしよう

闇金問題解決後、正規の貸金業者からの借金を任意整理で解決しましょう。

任意整理をする際は、債務整理専門事務所を探して改めて依頼するのもよいですが、闇金専門事務所の中には、任意整理案件も請負う事務所があるため一度相談するとよいでしょう。

同じ事務所で依頼する場合、

  • 一つの事務所で手続きが完結するので借金問題全体の解決が早い
  • 費用を割引してくれる場合がある

などのメリットがある場合もあります。

詳しくは闇金問題を依頼する際、依頼先の事務所に任意整理の実績や料金体系なども合わせて問合せるとよいでしょう。

任意整理の費用や流れ

任意整理にかかる費用は、弁護士の場合は平均4~7万円程、司法書士の場合は平均2~5万円程が一般的です。

司法書士に依頼した方が費用は安く抑えられる場合が多いようですが、司法書士が代理人になれるのは「元金140万円以下の借金のみ」な点には注意が必要です。

この元金140万円以下とは1社あたりの金額のことで、複数社から借金がありその合計額が140万円を超えていても、各社の金額が140万円以下なら司法書士に依頼できます。

一方、弁護士の場合には司法書士に比べて費用は高めですが、代理人になれる借金の金額に制限がないので、金額に合わせてどちらに依頼するか検討するとよいでしょう。

また、任意整理の主な流れは以下のようになっています。

  1. 借金問題について債務者が弁護士や司法書士の事務所に相談する。
  2. 債務者が依頼すると決めた事務所の弁護士や司法書士と委任契約を結ぶ。
  3. 代理人となった弁護士や司法書士が債権者に受任通知を送る。
  4. 代理人となった弁護士や司法書士が債権調査をおこなう。
  5. 代理人が債権者と今後の支払について利息の減額や分割返済の交渉をおこなう。
  6. 和解内容が決定する。
  7. 和解内容に沿って債務者から債権者への返済が再開する。
ワンポイント解説

弁護士や司法書士に任意整理を依頼するメリットは他にもあります。

例えば「2010年6月18日以前」から借入している場合、過払金が発生している可能性があり、弁護士や司法書士に依頼すると、任意整理手続きと同時に過払金調査もしてもらえます。

また、滞納期間5年以上の借金の場合は時効援用することで払わなくて済む可能性があり、弁護士や司法書士に依頼すれば、時効援用で解決できるか調べた上で、手続きを依頼できます。

過払金や時効援用の手続きは専門知識が必要で、自分でやろうとして失敗するケースも多いため、まずは一度弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は、弁護士や司法書士に代理人となってもらい、債権者と返済条件の交渉をしてもらう債務整理の方法です。

任意整理のメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

■メリット

  • 将来利息をカットもしくは減額してもらえる。
  • 月々の返済額を減らせる。
  • 複数社に返済している場合、返済を一本化できる。
  • 既に借金の支払を滞納していても、督促を止め無理のない金額で分割返済できる。

■デメリット

  • 新しくカードを作ったり新規借入が難しくなる。
  • 新たに誰かの借金の保証人になるのが難しくなる。

任意整理についてさらに詳しく知りたい場合は以下の記事を参考にしてください。

当サイトでは闇金対応・任意整理どちらも依頼できる弁護士の紹介に加え、大まかな借金額を入力するだけで減額金額がわかる「借金減額診断ツール」を無料で提供しています。

任意整理で自分の借金がどのくらい減るのか本当に返せない借金を解消できるのか、気になる方はぜひ、ご活用ください。

任意整理中に代理人への費用が払えなくても闇金から借金するのは絶対にダメ

任意整理手続き中の場合、生活費や代理人への費用が払えず借入をしたいと思っても、既に信用情報に事故情報が載っています。

そのため、正規の貸金業者では借りられない場合がほとんどでしょう。

しかし、お金に困っているからといって闇金から借入をするのは絶対にやめましょう。

任意整理中に闇金から借入をすると、さまざまなリスクがあります。

  • 任意整理中に闇金から借入するとどのようなリスクがあるのか?
  • 任意整理中にどうしてもお金が必要になった場合どうしたらいいのか?

次の項目からそれぞれ詳しくお伝えします。

闇金への返済を優先し任意整理の支払いが滞ると、債権者から一括請求を受ける

闇金から一度借りると法外な利息を支払うよう要求され、返済できないと執拗な取立てを受けます。

取立てに耐えられず闇金への返済を優先した場合、任意整理中の債権者への支払いが滞る可能性があります。

通常、任意整理後に2ヶ月程支払いが滞ってしまうと、依頼した代理人に辞任されるケースが多いです。

代理人が辞任すると任意整理をした債権者に辞任通知が送られ、辞任通知が届いた債権者は債務者に残金を一括で返済するよう求めてくるのが一般的です。

一括返済ができない場合、改めて債務整理をしなければならないケースが多く、また最初に依頼した事務所に再度依頼はできないため改めて引き受けてくれる事務所を探す必要があります。

そうなると任意整理の費用が無駄になってしまう上に、2回目の任意整理となると和解条件も厳しくなるためさらに返済が厳しくなるケースも珍しくありません。

闇金問題解決のため別事務所を探す手間や追加費用の負担が増える

闇金問題は債務整理では解決できないため、闇金対応をしてくれる事務所を探し、改めて闇金問題について依頼する必要があります。

そのため、依頼先の事務所を探す手間や闇金問題解決のための費用が別途かかることになり、さらに支払わなければならないお金が増えることになります。

任意整理中にお金が足りなくなってしまったら?

任意整理の手続き中は、基本的に借金が一切できなくなります。

本来であれば借金ができなくなることは債務者にとってメリットではありますが、任意整理中に代理人への支払いができないほど、お金に困ってしまうこともあります。

こういった状況のときに「ブラックでも借りれる賃金業者はないか?」と考える人もいると思いますが、任意整理中に新たな借金を作る、ましてや闇金業者から借金をすることは絶対にやってはいけないことです。

では、任意整理中にお金が足りなくなってしまったら、どうすればいいのか?

この項目で解説していきます。

闇金から借金せず「代理人に相談し費用の支払いを待ってもらおう」

闇金から借入をしても、結局その場しのぎにしかならず、借りた後はさらに金銭的負担が増え借金問題解決が遠のくだけです。

支払いがきついと感じたら、まずは依頼先の事務所に費用の支払いを待ってもらえないか相談しましょう。

きちんと連絡をして支払いが遅れてしまう旨やその理由を伝えて誠意を見せれば、親身になって対応してくれる事務所も多いです。

また、そもそも返済計画に無理があるのなら、任意整理以外の債務整理に方針変更することも検討してくれるでしょう。

辞任される前なら、方針変更しても今まで払った費用分を割引してくれることもありますし、何より改めて依頼する事務所を探す手間がかかりません。

闇金から借金せず「国の生活福祉資金貸付制度を利用しよう」

どうしてもお金が必要な場合は、国の支援制度である生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。

生活福祉資金とは、低所得者、障害者、高齢者の生活を経済面から支えて、生活の立て直しをサポートする制度です。

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人などの属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

あくまでも貸付なので返済する必要はありますが、闇金や正規の貸金業者と比べて金利が低く、連帯保証人を立てずに借りられることもあるためおすすめです。

生活福祉資金の相談は各市区町村の社会福祉協議会が窓口になっています。

厚生労働省のサイトに詳しい貸付条件や、都道府県社会福祉協議会の問合せ先も載っているので参考にしてください。

参照:生活福祉資金貸付制度|厚生労働省

まとめ

闇金からの借入は任意整理では解決できないため、借入をしたのが闇金だと分かったらすぐに闇金専門事務所に相談しましょう。

闇金は法律を無視した悪徳業者のため、放置すると手段を選ばず執拗に取立てをおこないます。

家族や勤め先まで闇金の嫌がらせが及ぶことも少なくないため、できるだけ早い段階で専門家に依頼し対処しましょう。

また、任意整理後にお金が必要になっても闇金から借入するのは絶対にやめましょう。

闇金から借りたことで自体がさらに悪化する可能性が高いため、困ったら依頼先の事務所や国の相談窓口に相談するようにしましょう。

闇金問題の関連記事