【弁護士が解決します】闇金トラブルを弁護士に相談しても意味がないというのは間違い!弁護士の選び方も解説します

闇金からの取り立てに悩んでいます。

闇金から弁護士に相談しても意味がないと言われたのですが本当でしょうか?

いいえ。実際は真逆で、闇金問題は弁護士に相談するべきです。

闇金は弁護士に介入されるのを嫌がるので、弁護士に相談しても無駄という嘘をつくのです。

そうなんですね。弁護士に相談するとどういった対応をしてくれるのでしょうか?

依頼を受けたらすぐに闇金へ連絡をし、取り立てをやめさせます。

また、これまでに支払ったお金を取り戻す手続きも進められます。

すぐに取り立てが止まるだけでなく、お金が取り戻せる期待もできるんですね。

どの弁護士事務所に頼んでも同じでしょうか?

基本的な対応は同じですが、闇金との交渉力や手続きのスピーディーさは事務所によって差があります。

そのため、闇金トラブルの対応実績が豊富な事務所を選ぶのがおすすめです。

わかりました!すぐに相談先を探して連絡してみます。

闇金トラブルは弁護士に相談しても意味がないと耳にして落胆していますね。

しかし、闇金のことを弁護士に相談しても無駄、意味がないというのは真っ赤な嘘です。

むしろ闇金の問題は弁護士に相談するべきです。

なぜなら弁護士はすぐに闇金の取り立てを止めさせたり、闇金に支払ってしまったお金を返還させられたりするからです。

当ページでは、なぜ闇金は弁護士に相談しても意味がないと嘘をつくのか、また闇金トラブルを依頼する弁護士の選び方や弁護士費用などについて解説してきます。

>>【取立てを即日ストップ!】闇金に強い弁護士への相談はこちら

この記事でわかること
  • 闇金トラブルを弁護士に相談すべき理由
  • 闇金にとって弁護士はどんな存在か
  • 弁護士が闇金に対して行ってくれること
  • 闇金トラブルを依頼する弁護士の選び方

「弁護士に相談しても意味がない」は嘘!今すぐ弁護士に相談しよう

闇金からの取り立てに悩んでいると、闇金から「弁護士に相談しても無駄」「弁護士は何もしてくれない」などと言われることがありますが、これらは全て嘘です。

逆に闇金問題は弁護士にすぐ相談しましょう。

ではなぜ闇金は弁護士に相談しても意味がないと嘘を言うのか、弁護士に相談するとどういった対応をしてくれるのかを詳しくまとめていきます。

闇金がもっとも嫌がるのが「弁護士の介入」

闇金が弁護士に相談しても意味がないと嘘をつくのは、弁護士に介入して欲しくないからです。

弁護士が介入することで闇金は貸したお金を回収できなくなったり、業務を妨害されたりしますから、まさに弁護士は闇金にとって関わりたくない面倒な相手なのです。

なお、闇金の相談先として弁護士のほかに警察を思い浮かべることがあるでしょうが、警察は民事不介入のため、あまり積極的に行動してくれないケースが多いです。

警察に闇金問題を相談しても解決できない理由はこちらの記事で詳しく解説しています。

ただし、弁護士が闇金の実態や取り立ての証拠などを集めて警察に提出できれば、逮捕に結びつく可能性はあります。

以下で闇金が弁護士の介入を嫌がる理由について解説します。

理由①弁護士は闇金への返済義務がないことを熟知している

実は闇金の貸付は違法行為なので、闇金から借りたお金は元本を含め一切返済する必要がありません。

闇金は貸金業登録をせずに貸付行為をしたり、法外な利息で貸付をしたりするため、民法第708条の不法原因給付という法律に抵触するのです。

不法原因給付では「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。」と明記されていますから、本来闇金は債務者に返済の請求や取り立てを行うことはできません。

しかし、闇金は法律をよく知らない利用者に容赦なく取り立てを行います。

一方、弁護士は法律の専門家ですから、闇金の借金に返済義務がないことは熟知しています。

弁護士が債務者に入れ知恵をすると闇金はお金を回収できなくなりますから、債務者が弁護士に相談するのを未然に防ぐため嘘をつくというわけです。

理由➁弁護士は口座凍結などで闇金の業務を妨害する

闇金の主な商売道具は他人名義の携帯電話と預金口座ですが、弁護士は闇金の使用する口座を凍結させられます。

正確には、弁護士は銀行や信用金庫などの金融機関に対して、該当の口座が犯罪に使われていると伝え利用停止するよう要請できるのです。

口座が凍結され利用できなくなると闇金は非常に困ります。

なお、携帯電話については弁護士が携帯電話会社に対して回線停止の依頼をすることはできませんが、警察と連携して闇金の携帯電話を利用できなくすることもあります。

このように弁護士は闇金の業務を妨害しかねない存在なので、闇金が弁護士の介入を嫌がるのも納得できます。

理由➂弁護士の実態調査によって逮捕される危険がある

弁護士は闇金にとって関わりたくない相手なのは間違いありませんが、闇金が最も恐れているのは警察に逮捕されることです。

ただし、前述したように警察は闇金トラブルに対して積極的に動いてくれないケースが多いので、闇金の被害者が相談してもすぐに逮捕とはなりません。

一方、弁護士は相談者の話を基に闇金の実態を調査し、取引の内容や取り立ての証拠などを集めます。

そうして集めた数々の情報や証拠を警察に提出し、被害届の受理や刑事告訴に繋げるのです。

つまり、弁護士の実態調査は闇金を逮捕に追い詰めるための下準備と言えるでしょう。

弁護士の介入が怖いというよりは、弁護士が介入することによって逮捕されるのを避けたいというのが闇金の本音です。

>>【取立てを即日ストップ!】闇金に強い弁護士への相談はこちら

闇金対策を弁護士に依頼する2つのメリット

闇金の被害者にとって、弁護士に依頼するメリットは、取り立てを止めさせられることと支払ったお金を取り戻せることの2つです。

早ければ依頼したその日に闇金の取り立てをストップできる

弁護士は闇金トラブル解決の依頼を引き受けると、すぐに闇金に連絡を取ります。

闇金の多くは店舗を持ちませんから、闇金と依頼者がいつもやり取りをする電話番号に直接電話をするのです。

早ければ依頼を引き受けたその場ですぐに電話をします。

弁護士から電話があると口座凍結や逮捕を避けたいために闇金はすんなり引き下がることが多いものの、なかには取り立てを続ける悪徳業者もいます。

弁護士はそういった闇金に対して何度も連絡をして、取り立てが完全に止まるまで根気よく粘ってくれます。

闇金からの取り立てが止まれば精神的にも金銭的にもとても楽になるでしょう。

>>【取立てを即日ストップ!】闇金に強い弁護士への相談はこちら

闇金へ支払ってしまったお金を取り戻せる

闇金の貸付は不法原因給付にあたり本来1円たりとも返済する必要はありませんから、弁護士はすでに支払ったお金を取り戻す手続きもできるのです。

まずは闇金との和解交渉を進め返還するよう求めますが、闇金との和解交渉するのは難しい場合が多いです。

交渉での返還が難しいとなれば、弁護士は口座凍結や裁判所へ訴訟提起をするなどの法的手段にうつります。

裁判所からの支払い命令が出ても闇金は支払いをしない可能性が高いですが、闇金被害は「振り込め詐欺救済法」の対象となるので、口座凍結した闇金の口座の預金から被害回復分配金として返還してもらえる可能性があります。

闇金に支払ったお金を確実に取り戻せる、全額返還してもらえるとは限りませんが、弁護士に任せることで少しでもお金を取り戻せることができるなら嬉しいですね。

闇金問題を弁護士に依頼する際の費用や弁護士の選び方

闇金トラブルを弁護士に任せるとなると、弁護士費用やどの弁護士事務所に依頼すべきなのかが気になるでしょう。

ここからは弁護士費用の相場や闇金問題を相談する弁護士の選び方を紹介します。

闇金トラブル解決の弁護士費用の相場は4~6万円

弁護士に依頼すると高額な弁護士費用がかかるのではと不安になるでしょうが、闇金問題解決に関する費用は闇金1社につき大体4~6万円です。

つまり、複数の闇金から借金をしてるとその分費用は高くなってしまいます。

また、闇金問題解決の費用が安い事務所を探していると、司法書士事務所が目に留まることがありますが、闇金とのトラブルは訴訟に発展することもあるので司法書士より弁護士に依頼しておくのが安心です。

司法書士に依頼すると結局弁護士に依頼し直す必要が出てきて、かえって費用が割高になる可能性があります。

闇金問題解決の依頼をする弁護士を選ぶポイント

闇金問題を相談する際には弁護士費用を重視して事務所を選んでしまいがちですが、依頼先によっては満足いく結果が得られないことがあるので、費用以外のポイントにも目を向けましょう。

闇金対応の実績が豊富な事務所を選ぶ

弁護士は借金問題のほかにも、離婚や交通事故などさまざまな案件を取り扱っていますから、なかには闇金対応が不得意な事務所もあります。

闇金対応が不慣れな事務所に依頼しても、闇金の取り立てがスムーズに止まらなかったり、最悪の場合は失敗に終わってしまう危険もあります。

そのため、闇金とのトラブルを解決した実績が豊富な事務所を選んでおくのが安心です。

弁護士事務所を選ぶ際には、ホームページに闇金の解決事例や取扱件数などが掲載されているかを確認すると良いでしょう。

24時間365日対応可能な事務所を選ぶ

弁護士事務所のなかには24時間365日対応してくれることがあるので、できればそういった事務所を選ぶと良いです。

闇金の取り立て電話は早朝や深夜にでもかかってくることがありますから、すぐに相談できるのは心強いでしょう。

取り立てが完全になくなるまできちんと対応してくれる事務所を選ぶ

弁護士が連絡した後でも取り立てを続けてくる闇金がいますから、取り立てが完全に止まるまで対応をしてくれる事務所が安心です。

相談時に委任後どれくらいの期間までは闇金の取り立てに対抗してくれるのかを聞いてみましょう。

また、万が一取り立てが止まらなかった場合に弁護士費用の返金対応があるのかも確認してください。

>>【取立てを即日ストップ!】闇金に強い弁護士への相談はこちら

闇金とグルになっているので悪徳弁護士には要注意

弁護士のなかには、まれに闇金とグルになっている悪徳な弁護士が紛れ込んでいることがあります。

素人には判断が付きにくいですから、闇金とグルだと気付かずに依頼をしてしまう人もいるのです。

ほとんどはきちんと対応してくれる弁護士ですが、闇金と和解するよう勧めてきたり、元本だけでも返済するよう求めてきたりする弁護士は闇金とグルになっているので絶対に依頼してはいけません。

何度もお伝えしているように、闇金の借金には1円たりとも返済義務が生じないので、和解をする必要も元本を返済する必要もないのです。

また、闇金へ「弁護士に相談する」と言ったときに、闇金側から弁護士を紹介されることがありますが、こちらも闇金の仲間だと把握しておきましょう。

闇金問題を弁護士に相談することについてのQ&A

闇金問題は警察と弁護士どちらに相談すべきですか?

闇金とのトラブルは警察に相談してもなかなか動いてくれないことが多いので、弁護士に相談する方が良いです。
弁護士ならばすぐに闇金の取り立てを止めさせられるうえ、闇金に返還請求を行うこともできます。
ただし、闇金から暴力を受けたり脅迫されたりして、命の危険を感じるなら真っ先に警察に通報してください。

弁護士は闇金に対して何をしてくれるのですか?

弁護士は闇金に取り立てをやめるよう連絡するほか、これまでに支払ったお金の返還請求をしたり、闇金の実態を調査し警察に提出したりしてくれます。
委任をするとその場で闇金に連絡をしてくれる弁護士も多いです。

闇金トラブルを解決してもらうと弁護士費用はどれくらいかかりますか?

闇金問題の解決を弁護士に依頼すると、闇金1社につき4~6万円の費用がかかります。なお、相談だけなら無料としている事務所がほとんどです。

まとめ

この記事のまとめ
  • 闇金トラブルを弁護士に相談する意味がないというのは嘘
  • 闇金にとって弁護士は関わりたくない面倒な相手
  • 闇金のことを弁護士に相談すれば取り立てがすぐに止まる
  • 闇金問題解決のためにかかる弁護士費用の相場は4~6万円
弁護士に相談しても意味がないというのは、弁護士の介入を嫌がる闇金の真っ赤な嘘ですから鵜呑みにしないでください。

むしろ弁護士に相談すればすぐに闇金の取り立てが止まり平穏な生活を取り戻せます。

また、これまで闇金に支払ってしまったお金が返ってくる可能性もあります。

弁護士事務所を選ぶ際は、闇金対応を得意としているか、取り立てが止まるまでしっかり対応してくれるかなどを重視しましょう。

また、闇金問題解決にかかる弁護士費用は4~6万円程なので、相場から逸脱していないかも確認してください。

闇金を含めた借金問題は無料相談が可能なので、いくつかの事務所に相談したうえで依頼先を決めると良いです。

>>【取立てを即日ストップ!】闇金に強い弁護士への相談はこちら