闇金がすすめてくる「ジャンプ」とは?意味やジャンプをするリスク、対処法を解説

闇金 ジャンプ

先生、闇金のジャンプとは、一体どんなものなのでしょうか。

ジャンプは、返済期限に利息の全部または一部だけを支払って、残りの返済額は後日に繰り越す方法です。延滞扱いにはならず、本来は消費者の返済を円滑にするために設けられた制度なのですが、闇金の場合は少々目的が異なります。

どう違うのですか?

闇金は元金を残して利息を搾取するのが目的です。また、返済の苦しい人に対してさらに貸付を行うことで、より多くの利息を支払わせようとします。つまり、ジャンプすると結果的に支払額が増えてしまうということです。

そうなんですね…。では、返済が難しくなったらジャンプせずにどうすれば良いのですか?

そもそも闇金は違法な組織で契約も無効であることがほとんどなので、一切お金を払う必要はありません。弁護士や司法書士に相談の上、闇金と手を切りましょう。そうすればもう返済に追われる心配もありません。

そうなんですね…。その場の流れでジャンプして焦っていたところだったので、安心し巻いた!闇金と縁を切る方向で進めて行きたいと思います!

闇金は返済の難しい契約者に対し「ジャンプ」という手法をすすめてきます。

本来、ジャンプは契約者の返済をサポートするための制度ですが、闇金は元金を残して利息を搾取するためにジャンプをすすめるのです。

闇金にすすめられるままジャンプを活用し続けると、いつの間にか返済額が倍以上に膨れ上がっていることも珍しくありません。

返済額が膨れ上がり自分の手に負えないと感じたら、専門家に相談しできるだけ早く闇金と縁を切りましょう。

そもそも闇金は違法な貸金業者であり、契約内容もすべて無効になるため、返済途中でも合法的に縁を切れます。

なお、闇金に対応できるのは弁護士や司法書士だけなので、警察に相談する前に法律家に相談して縁を切ることをおすすめします。

>>【全国対応&24時間無料相談】闇金対応可能な法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • ジャンプは支払期日に一部利息を払って、残りの返済を後に回すことを指す言葉
  • 消費者金融のジャンプと闇金のジャンプは目的が違う
  • 闇金のジャンプは活用すればするほど返済額が増える
  • 闇金とはできるだけ早く手を切るのがベスト
  • 闇金と手を切るには弁護士か司法書士に相談

「ジャンプ」は利息を一部払って残りの返済は後日に繰り越すこと

ジャンプとは予定額が返済できない場合に、利息を一部支払って、残りの返済を後日に繰り越すという手法です。

「利息更新」と呼ばれることもあります。

ジャンプを使えば返済期日に予定額の一部(利息)しか支払わなくても、延滞扱いになることはありません。

延滞に対して発生する「遅延損害金」が発生することもなく、通常通り返済した扱いになります。

また、ジャンプは闇金だけでなく一部の消費者金融でも採用されている制度です。

ただし、消費者金融のジャンプと闇金のそれは、全く別物。

闇金のジャンプは非常に危険なので、すすめられても使わないようにしましょう。

消費者金融と闇金におけるジャンプの違い

消費者金融では通常、支払いが困難な消費者をサポートするためにジャンプという制度を設けていますが、闇金は違います。

「ジャンプ」という言葉は、消費者金融と闇金で異なる意味を持つのです。

特にジャンプの目的、そして回数について、両者の間には大きな違いがあります。

闇金は利息を多く搾取するためにジャンプをすすめる

消費者金融がジャンプ制度を設けているのは、利用者が返済を円滑に進めるためです。

一方、闇金はより多くの利息を搾取することを目的としてジャンプをすすめます。

闇金は法外な割合の利息を搾取することで利益を得ている組織です。

つまり利息の対象となる元金が返済されて少なくなると、闇金の利益も減ってしまいます。

そのためジャンプをすすめて元金を残した状態にし、引き続き高い利息を搾取しようとするのです。

闇金は何度でもジャンプできることが多い

消費者金融の場合、ジャンプは条件なしに利用できるわけではありません。

審査の上、やむを得ず返済できない理由があればジャンプできるシステムです。

多くの場合は回数制限もあり、何度でも利用することはできない仕組みになっています。

これに対し、闇金のジャンプは払えない理由や回数に関係なくできます。

なぜなら契約者がジャンプすればするほど完済が遠のき、闇金が儲かる仕組みだからです。

返済に困った契約者にとって、支払いを一部先延ばしにできるジャンプは非常に魅力的なシステムに感じられるでしょう。

しかし、闇金のジャンプはより多くの利息を搾取するための手段に過ぎないのです。

闇金のすすめるジャンプのリスク

闇金との取引でジャンプをするということは、利息だけを支払い元金が丸々残ることで実質返済が進んでいないのと同じ状態になるということです。

元金の返済が進まなければ、いつまで経っても借金は完済できません。

それどころか、返済が長期化することで支払う利息の分、損をしているのです。

たとえば1月で2割の利息が付く闇金から、10万円を借りたとしましょう。

借りてから1か月後、利息を含めた返済額は12万円です。

しかしお金が用意できず、利息の2万円だけを支払ってジャンプしたとしましょう。

この時点で借金の元金は10万円のまま変わっておらず、来月もまた12万円の請求がくることになります。

本来1月で返済できれば12万円支払えばよかったものを、1月ジャンプしたことで合計14万円の支払いが必要になるのです。

何度もジャンプするということは、それだけ利息の支払いを増やして損をしているのと同じといえます。

ジャンプと共に行われる「追い貸し」

闇金をジャンプと同時に、追い貸しをすすめてくることがあります。

追い貸しとは、すでにある借金に追加で借金を重ねることです。

返済が困難な契約者にとって、「追い貸しで一旦今の借金をチャラにして、その後返済すれば良い」という誘い文句は非常に魅力的に聴こえます。

しかし、この追い貸しはジャンプ以上に厄介なもので、返済不能に陥る可能性が非常に高いため絶対に利用しないようにしましょう。

ジャンプと追い貸しを続けた場合の具体例

たとえば1月で2割の利息が付く闇金から、10万円を借りたとしましょう。

借りてから1か月後、利息を含めた返済額は12万円です。

しかし、お金が用意できず、利息の2万円だけを支払ってジャンプしたとしましょう。

この時点で借金の元金は10万円のまま変わっておらず、来月もまた12万円の請求がくることになります。

そこで、闇金が30万円の追い貸しで、一旦今の借金を返済することをすすめてきたとしましょう。

手元には30万円で元の12万円、そして30万円に対する6万円の利息が差し引かれた12万円の現金が手に入ります。

しかし借金の元金は30万円。

つまり、1月後に36万円が用意できなければ、またジャンプする必要があるということです。

返済の回数や分割支払の方法はさまざまですが、追い貸しやジャンプをするだけ返済額は確実に膨れ上がります。

更新手数料を求められることもある

ジャンプする代わりに、利息の更新手数料を求められることもあります。

更新手数料が払えないと、借用書を書き換した上で元々借りた借金の元金と同じだけの金額を新たに貸付し、以前の借金を一度完済扱いにすることを求められる場合も。

この手法は追い貸しと同じで、借金が結果的にどんどん膨れ上がってしまいます。

もし更新手数料が支払えないとしても、こうした誘いに乗るのは非常に危険です。

「ジャンプ」をせざるを得ない状況になったら闇金と手を切る

ジャンプを使わなければ支払いができなくなったら、ジャンプや追い貸しを利用せず、きっぱりと闇金から縁を切ることが大切です。

そもそも闇金は貸金業法に準拠していない違法な組織であり、闇金との契約も無効なものがほとんど。

無効な契約書に基づく金銭は支払う義務がないため、全額返済していなくても縁を切ることは何ら問題ありません。

ジャンプの一部返済もできなくなると状況はさらに悪化

闇金と手が切れないまま借金を続けていると、状況はさらに悪化します。

闇金もジャンプをすすめているうちは闇金も良心的な態度を取るものの、ジャンプで利息の返済すらできなくなると、態度を一変することもしばしば。

1日に数百件という督促の電話がかかってきたり、直接家に押しかけて怒鳴るといったこともあります。

場合によっては契約時に伝えた家族に対して危険な督促が行われる可能性も。

闇金と早く縁を切らないと、このような激しい取り立てにおびえることになりかねません。

闇金と手を切る方法

弁護士か司法書士に代理人を依頼すれば、簡単に闇金との縁が切れます。

弁護士や司法書士に相談するなら、直接事務所に問い合わせるか国民生活センター経由で相談すると良いでしょう。

闇金は、連絡を無視したり引っ越してもしつこく追ってくるため、1人では縁を切れません。

それどころか、闇金からの連絡を無視することでかえって先方の怒りを買い、より激しい取り立てに遭う可能性すらあります。

一度弁護士に代理人を依頼すれば、それ以上闇金と関わる必要はありません。

自分の身の安全や精神状態を守るためにも、弁護士や司法書士を活用しましょう。

司法書士や弁護士に相談する

闇金に対応できるのは、弁護士資格や司法書士の資格を持った人だけです。

警察は「民事不介入」という原則があり、基本的に金銭の貸借には関与しません。

そのため、よっぽど闇金が恐喝や暴行など刑事罰に匹敵することをしないかぎり、逮捕のために動くことはないのです。

法律事務所の中には、相談無料で報酬も事件解決後に分割払いできる事務所があります。

特に闇金問題の解決実績が多い法律事務所では、依頼費用をすぐに払えない方のためにこうした料金制度を設けている場合が多数。

また、直接事務所に来訪するのがためらわれる方や、時間の取れない方には電話やオンラインで相談できる法律事務所がおすすめです。

国民生活センターに相談

法律事務所に相談するハードルが高い場合は、国民生活センターに相談してみましょう。

国民生活センターとは、消費者庁が管轄するさまざまな問題の相談窓口です。

相談者の話を聞いた上で、必要に応じて弁護士や司法書士を紹介してもらえます。

国民生活センター

電話番号 03-3446-0999
受付時間 平日11時~13時(土日・祝日・年末年始を除く)

弁護士や司法書士に相談した後の流れ

闇金と縁が切れるまでの流れは非常にシンプルで、以下のとおりです。

  1. 法律事務所に相談
  2. 代理人を依頼
  3. 弁護士または司法書士から闇金へ連絡
  4. 闇金からの督促が止まる
  5. 縁が切れる

闇金は自分たちが違法な営業をしていることを認識しています。

そのため、弁護士が出てくると下手なことをして警察に連絡されることを恐れ、取り立てをやめるのです。

なお、契約者は弁護士に代理人を依頼した時点から、闇金の取り立てや連絡に応じる必要はありません。

闇金は連絡に応じると、まだお金を巻き上げられると認識し、よりしつこく連絡してきます。

もし弁護士が闇金に連絡した後でも直接督促が来るようなら、弁護士から再度闇金へ督促をやめるよう念を押します。

あくまで自分は対応せず、何があっても弁護士経由で闇金に督促をやめるよう連絡するのがポイントです。

この方法でほとんどの闇金と縁が切れます。

ジャンプが必要になる前に闇金とはできるだけ早く縁を切る

闇金はそもそも利用しないことが重要です。

もし利用してしまっても、できればジャンプが必要になる前に縁を切るようにしましょう。

早くから縁を切ってしまえば、それだけ支払うお金も少なく済みます。

本当にお金に困ったら生活保護や自治体の補助金も検討

「失業した」「離婚した」「事故に遭った」などの理由でお金が必要な場合は、自治体から補助金がもらえることもあります。

自治体の制度はフルに活用して、決して闇金には手を出さないようにしましょう。

どうしても生活が苦しい場合は、生活保護など公的な制度を利用することをおすすめします。

借金ありでも生活保護の申請・受給は可能!受給金を返済に充てたり、新たな借り入れが不可な点には要注意

なお、闇金でなく消費者金融からの借金返済に困っている場合は、債務整理などといった方法で借金を減らせます。

債務整理については、以下の記事で詳しく解説しています。

債務整理で月々の返済額はどう変わる?手続きごとにわかりやすく解説します

まとめ

闇金は支払いの難しい契約者に対して「ジャンプ」をすすめ、より多くの利息を搾取しようとします。

闇金のジャンプをすると一時の支払いからは逃れられるものの、結果的に返済額が増えてしまいます。

また、追い貸しの利用はさらに危険です。

闇金はあの手この手で利息をむしり取ろうとしますが、決してその手には乗らないようにしましょう。

そもそも闇金は利用しないのが一番ですが、一度借りてしまった場合は法律事務所に相談して早めに縁を切るのがベストです。

自分一人で悩まず、まずは気軽な相談から始めてみてはいかがでしょうか。

闇金のジャンプについてよくある質問

闇金の「ジャンプ」とはどういう意味ですか?

ジャンプとは、利息の一部を払って残りの返済を繰り越す方法です。ジャンプを使えば返済期日に予定額の一部(利息)しか支払わなくても、延滞扱いになることはありません。そのため、延滞に対して発生する「遅延損害金」が発生することもなく、通常通り返済した扱いになります。

闇金のジャンプを利用する場合リスクはありますか?

闇金との取引でジャンプをするということは、利息だけを支払い元金が丸々残るので実質返済が進まないということです。元金の返済が進まなければ、いつまで経っても借金は完済できず、返済が長期化することで支払う利息の分損をしていることになります。

消費者金融のジャンプと闇金のジャンプは違うのですか?

消費者金融のジャンプと闇金のジャンプは、目的が異なります。消費者金融では通常、支払いが困難な消費者をサポートするためにジャンプという制度を設けていますが、闇金はより多くの利息を搾取することを目的としてジャンプをすすめます。

ジャンプでも返済が困難な時に、闇金から追い貸しをすすめられました。追い貸しとは何ですか?

闇金はジャンプと同時に追い貸しをすすめてくることがあります。追い貸しとはすでにある借金に追加で借金を重ねることです。追い貸しはジャンプ以上に返済不能に陥る可能性が高いため、絶対に利用しないようにしましょう。

リスクがあると分かっていてもジャンプや追い貸しを利用せざるを得ない状況です。何かよい解決策はありませんか?

そのような状況なら弁護士に相談して闇金と手を切るのがベストです。弁護士に依頼すれば、完全に督促は止められます。一度交渉してもしつこく連絡を取ってくる場合は、弁護士が何度も根気よく対応するので問題ありません。闇金も時間の無駄だと認識し、そのうち督促を諦めます。