闇金の電話を無視するのは危険!最も適切な対処法とは弁護士に相談すること

闇金で借金をしてしまい、数日返済が遅れたら何度も催促の電話がかかってきます。

昼夜問わず連絡してきて迷惑なので、今後は無視しようかと思っているのですが大丈夫でしょうか?

闇金からの連絡を無視するとさらに取り立てがエスカレートするので危険です。

たとえば家族や勤務先にまで電話をしたり、なかには直接来訪し接触してきたりする業者もいます。

厳しい取り立てをして、利用者を精神的に追い詰めるのが闇金の手口なのです。

それでは闇金の借金を完済するまでは我慢するしかないのですか?

どんどん利息が増え、いつまで返済し続けなければならないのか分からず不安です。

決して我慢する必要はなく、弁護士に依頼すれば取り立てそのものがなくなるので安心してください。

本来、闇金からの借入は返済する必要がなく、闇金は取り立てをすることすらできない立場なのです。

弁護士ならば闇金との関りを根絶させることができますし、すでに支払ってしまったお金を取り戻せる可能性もあります。

闇金の借金は返さなくて良いのですね。

でも弁護士に依頼したら余計闇金を怒らせないか心配ですし、弁護士費用も支払えるか不安です。

弁護士が介入すれば闇金は逮捕されるのを恐れて取り立てを止めるので安心してください。

弁護士費用は闇金1社あたり4~6万円と見積もっておきましょう。

闇金問題に強い弁護士に依頼するとよりスムーズに手続きが行えるので、まずは無料相談を活用してみましょう。

闇金からの電話に悩んでいますね。

いっそ無視してしまえば闇金から逃げられるのではと期待するかもしれませんが、闇金の取り立ては非常にしつこいので無視してもあまり効果がありません

さらに無視することで取り立てがエスカレートする危険もあるのです。

無視していても闇金から逃げきれるわけではありませんから、法律の専門家である弁護士に適切に対処してもらい根本的に闇金との関係を断つことが大切です。

弁護士ならば闇金の取り立てをすぐに停止させられますし、すでに返済してしまった借金も返還させられる期待ができます。

当ページでは、闇金を無視するとどういった危険があるのかや、闇金問題を弁護士に依頼すべき理由などについて解説していきます。

最後まで読み進めて頂ければ、これまでの金銭的や精神的な負担が解消されるはずです。

この記事でわかること
  • 闇金からの連絡を無視することによる悪影響
  • 闇金の取り立てを止めるのに効果的な方法
  • 闇金問題を弁護士に依頼するメリット
  • 闇金問題を依頼した際の弁護士費用

闇金からの電話を無視するのはおすすめできない理由

闇金からの電話に出ると早急な返済を求められたり恫喝されたりして、とても怖い思いをするでしょう。

電話が鳴るたびにビクビクしてしまうという場合も多いはずです。

そういったことから闇金の電話を無視してしまおうと考えているでしょうが、闇金を無視するのはおすすめできません

なぜなら闇金は電話を無視したくらいでは、お金を搾取することを諦めてはくれない相手ですし、さらに厳しい取り立てをされる危険もあるからです。

具体的に闇金を無視しても効果がない理由や、無視し続けるとどういった取り立てが待ち受けているのかを詳しく紹介していきます。

闇金は複数の電話を使っているので着信拒否をしてもキリがない

闇金業者の多くは、店舗を持たずに携帯電話を使い営業をしています。

しかも、携帯電話は1つの回線だけでなく、複数の回線を利用しているのです。

つまり、闇金の電話番号を着信拒否をしたとしても、次は違う番号から電話してくるため、いたちごっこになってしまうのです。

闇金が複数の携帯電話を使う主な理由は、身元がバレないようにして警察の捜査から逃げるためです。

実は、闇金の営業で利用されている携帯電話は、闇金業者名義で契約したものではなく他人名義で契約したものです。

他人名義で契約した携帯であれば、闇金の被害者が警察に相談したとしても闇金業者の特定は難しいからです。

実際に近年では、闇金の利用希望者に融資の担保として携帯電話を契約させ、携帯電話の端末本体を業者あてに送付させるといった手口も増えています。

また、利息を返済できなくなった利用者に、返済の代わりとして携帯を契約して受け渡すよう指示するケースもあるのです。このようにして他人名義の携帯電話を複数所持し、使い分けているのが闇金の実態です。

一旦連絡が途絶えてもしばらくしてから電話してくる

闇金が複数の携帯電話を利用していたとしても、知らない番号からの電話に一切出なければ良いと思うでしょう。

しかし、闇金を無視し続けていて連絡が来なくなっても、忘れたころに再び電話による取り立てが始まることも多いのです。

一旦連絡が途絶えたことで諦めてくれたと勘違いしてしまいがちですが、闇金はそうそう簡単に身を引く相手ではありません。

数ヵ月経っても、数年経っても、お金を搾り取るためならしつこく付きまとってくるのです。

完済したにも関わらず、しばらく経過してから未払いの手数料があった、利息が足りていなかったなどとあらゆる口実で再び取り立てをしてくる悪質業者もあるほどです。

闇金と一度関りを持ってしまったら、無視するだけでは逃げ切れないと理解しておきましょう。

闇金を無視していると悪質な取り立てが始まるので危険

闇金をひたすら無視するのはあまり効果がないだけでなく、無視することで取り立てがエスカレートする危険があるので気を付けましょう。

闇金の取り立ての具体的な内容を以下にまとめました。

家族や親族へも電話され迷惑がかかる

闇金は利用者本人に取り立てをするだけでは終わらず、家族や親族までをも巻き込む悪徳業者です。

家族に内緒で闇金からお金を借りていたなら、取り立ての電話によってバレてしまうのは間違いありません。

家族や親族にも「身内なら返すのは当然だ」などとあたかも自分たちが正しいかのように取り立てをします。

そういった事態に陥ると、家族や親族と縁を切られてしまう可能性もあるでしょう。

たとえ闇金問題が解決したとしても、家族の信頼を取り戻せず取り返しのつかない状態になってしまうこともあるというわけです。

職場にも電話がかかってきて借金していたことが知られてしまう

闇金は利用者の職場にも平気で電話をしてきます。

さらに、電話に出た担当者に「○○さんが借金を返してくれない」などと言いふらすこともあるのです。

闇金にとって守秘義務などないもの同然と理解しておきましょう。

職場に電話をされたら、借金をした事実は勤務先で噂になり、あっという間に知れ渡ってしまうかもしれません。

そうなると会社へ出勤しずらくなったり、上司から厳しく注意されたりするはずです。

闇金のせいで職を失ったら、ますますお金に困り借金を増やしてしまう可能性もあるのです。

さまざまな嫌がらせ行為により精神的な苦痛を感じる

利用者を精神的に追い詰めて、どうにかお金を支払わせるのが闇金の手口です。

お金を搾り取るためには手段を選びませんから、悪質な嫌がらせをする業者も多いです。

たとえば、利用者の名前でデリバリーを勝手に注文される、救急車を呼ばれるなどが嫌がらせ行為の事例として挙げられます。

また、近年ではSNS上で利用者の個人情報を書き込みする闇金もいます。

取り立て電話に加え、こういった嫌がらせをされることで、利用者は精神的な苦痛を感じるでしょう。

本来は支払わなくて良いお金なのに関わらず、冷静な判断ができなくなってしまい「とにかく少しだけでも支払わなくては」と焦ってしまうのです。

直接取り立てに来て恐怖を感じる

近年では顔を見られないようにするため電話での取り立てが主流ですが、なかには自宅や勤務先に直接取り立てに来る闇金業者もあります

電話口で恫喝されるのでも非常に恐怖をおぼえますが、直接対面するとなったら命の危険をも感じるはずです。

また、家族と同居しているのであれば、親や配偶者、お子さんをも巻き込んでしまうことになります。

闇金からの取り立てによって、家族みんなが安心して生活できなくなる可能性もあると把握しておきましょう。

闇金は無視するのではなく適切な方法で対処すべき

無視していても闇金との関係が終わるわけではありませんから、適切な対処法で立ち向かいましょう。

対処法を実践するかしないかで、あなたや家族の人生は大きく変わります。

無視するのは闇金問題の根本的な解決にはならない

何度もお伝えしていますが、闇金はとにかくしつこいです。

取り立てや嫌がらせ等も我慢して無視していれば、闇金との関係が終わるというわけではありません。

そもそも、悪いことをしているのは闇金の方であって、あなたが我慢する必要はないことを忘れないでください。

とはいえ、素人が闇金とまともに話し合うことは難しいので、闇金問題を根本的に解決するためには法律の専門家である弁護士に任せるのが安心です。

弁護士に依頼すれば取り立てが止まるうえ支払済の借金も返還される可能性がある

弁護士に闇金の対応を依頼し、委任契約を締結すると早ければその場で闇金へ連絡をしてくれます

闇金は店舗を持たないことがほとんどなので、弁護士は電話で取り立てを停止するよう求めます。

闇金が最も恐れるのは逮捕されることなので、法律のプロである弁護士が介入したことが分かると、警察に被害届を出されたり刑事告訴されたりすることを警戒し、あっさり身を引くことが多いです。

弁護士が介入した後に督促を続ける業者であっても、弁護士は確実に取り立てを止めるまで交渉を続けてくれるので安心してください。

また、弁護士に依頼するメリットに、闇金に支払ってしまったお金を取り返せる可能性があることも挙げられます。

実際、平成20年6月に闇金は元本と利息を合わせ利用者に全額返還すべきとの判決が最高裁判所で下りました。

闇金との和解交渉はスムーズに進まない場合が多いため、弁護士は銀行口座凍結や裁判所への訴訟提起などあらゆる法的手段をとり、お金を取り返す努力をしてくれます

取り立てが止まるうえ支払ってしまったお金が戻ってきたとしたら、より早く生活を建て直せるでしょう。

そもそも闇金から借りたお金は一切返済する義務がない

自分自身が借りたお金ならば、利息はともかく元本だけでも支払わなくてはいけないのではと思うかもしれませんが、実は闇金で借りたお金は元本含め1円たりとも返済する義務はありません

なぜなら闇金は法律違反をして貸付行為をしているため、民法第708条の不法原因給付に抵触するからです。

不法原因給付という法律では「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。」と定められています。

分かりやすく言うと、法律違反をしながらの貸付は債務者に返還請求はできないという内容です。

日本では貸金業を営む場合に貸金業登録が必要ですが、闇金業者は貸金業登録をしないで、もしくは登録していても利息制限法や出資法で定められた上限金利(年15~20%)を上回る高金利で貸付行為をしています

つまり、不法原因給付で記された違法行為での貸付に該当するというわけです。

そのため、闇金でお金を借りたとしても債務者は元本をも返す必要はなく、闇金は債務者に返済の請求すらできない立場にあります。しかし、違法業者である闇金は法律などお構いなしに取り立てを行ってくるのです。

闇金問題の弁護士費用は4~6万円が相場

弁護士に依頼すれば闇金問題が解決すると分かっても、弁護士費用が心配でなかなか行動できずにいるケースは多いです。

しかし、闇金問題の相談なら無料ですし、委任契約に至った場合でも闇金業者1社あたり4~6万円が相場なので、高額な弁護士費用がかかるのではと不安に感じる必要はありません。

4~6万円で闇金への支払をせずに済むようになり、取り立てからも解放され、さらに支払ってしまったお金をも取り返せるのであればとても助かるはずです

弁護士費用の一括払いが厳しいなら、分割や後払いにしてくれるので相談時に確認してみましょう。

脅迫や暴力行為をされているなら警察へ相談する

闇金のような悪徳業者なら警察に相談すればすぐに逮捕してもらえるのではと期待するかもしれませんが、警察は民事不介入のため取り立てや嫌がらせ行為を相談しただけではなかなか動いてくれない場合があります

しかし、脅迫や暴力行為を受けているならば、命の危険もあるのですぐに警察署に通報してください

なお、脅迫や暴力行為はなくても、悪質な取り立て行為や嫌がらせ行為の証拠があれば被害届の提出により刑事事件として対処してくれる可能性は高まります。

平成15年にヤミ金融対策法が制定されたことで警察も闇金の取り締まりを強化していますから、弁護士と協力しつつ少しでも多くの証拠を集めましょう

まとめ

この記事のまとめ
  • 闇金を無視していても取り立ては終わらない
  • 闇金の取り立てがエスカレートし家族や職をも失う可能性がある
  • 闇金の対処法でおすすめなのは無視することではなく弁護士に相談すること
  • 弁護士なら最短即日で取り立て停止できるうえ支払い済のお金の返還も期待できる

闇金の電話を無視すると、家族や親族にまで取り立てが及んだり、職場にも借金をしたことがばれたりする可能性があります

そうなると家族と絶縁される、離職せざるを得ないといった状況になりかねません。

また、悪質な嫌がらせによりまともな精神状態でいられなくなってしまう場合もあるのです。

闇金に人生をめちゃくちゃにされる前に、法律の専門家である弁護士に相談し、適切に対処してもらいましょう。

弁護士事務所は敷居が高いと感じるでしょうが、親身に相談に乗ってくれますし、相談だけなら無料なので安心してください。

勇気を出して弁護士に依頼すればすぐに闇金の取り立てから解放され、生活を再建させられるはずです。