闇金の借金を取消した時のキャンセル料は支払う必要なし!請求に困っている人へ対処法を解説します!

闇金 キャンセル料

闇金に融資を申し込んだあとで、怖くなって「キャンセルしたい」って伝えたらキャンセル料を請求されたんです。

何回も督促の電話がかかってくるので怖いです。払わなきゃダメなんですよね。

闇金のキャンセル料は支払う必要がありません。闇金は違法業者ですから、支払の義務は一切ありませんし、キャンセル料を払わないことで罰せられることもありませんよ。

そうなんですね。でも無視していると職場や家族にまで連絡が行きそうで不安なので、こんな思いをする位なら支払ってしまおうかとも思っています。

闇金に一度お金を支払ってしまうと、その後も標的にされて違約金などを請求されたり、押し貸しをされたりする恐れがあります。

闇金にはお金は一切払わず、闇金問題に強い弁護士や司法書士などに早めに相談することをお勧めします。

闇金に申込をしたものの、やっぱり怖くなってしまった、もしくは他の方法でお金が用意できたので「キャンセルをしよう」と考える人もいるでしょう。

闇金は違法な金利設定で、短い期間でも利息が多くかかりますので、借りないに越したことはありません。

しかし、闇金に融資のキャンセルを伝えた場合、「キャンセル料」「手数料」などの名目で代金を請求される場合があります。

闇金は元々違法な営業を行っている業者ですので、キャンセル料や違約金などを支払う義務はなく、支払をしないことで法的に罰せられることもありません。

闇金にキャンセル料や違反金などを請求された時には、闇金問題に対応可能な弁護士へ相談し適切に対処してもらいましょう。

当サイトでは、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、闇金からのキャンセル料請求などに困った際はぜひ気軽に相談してくださいね。

>>【全国対応&24時間無料相談】闇金問題に対応できる法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • 闇金から違反金やキャンセル料、手数料などを請求されても支払う義務はない
  • 一度キャンセル料を払うとその後も闇金の標的にされる恐れがある
  • 闇金の督促を放置するのは危険であり、勤務先や家族に連絡が行く恐れもあるため、早めに対処を行うこと
  • 闇金問題は警察に通報ができるが、即時に対処してもらうのは難しい。解決のためには闇金問題に強い弁護士や司法書士に相談すること

闇金がキャンセル料請求した後の流れは?無視するとどうなる?

闇金からの融資をキャンセルしようとすると、手数料・キャンセル料などの名目で支払を要求されるケースが多いです。

すると「早く闇金と縁を切りたい」という気持ちから、少し無理をしてでも支払をしようとする方が多いのではないでしょうか。

しかし実際に闇金に一度でもお金を支払ってしまうと、「お金を払う顧客」と認識されてその後も様々な代金を請求されるようになります。

闇金を利用する人は決して多いとは言えません。

そのため一度捕まえた顧客に対しては様々な手を使い、一人からできる限り多くのお金を搾り取ろうとするのです。

実際に申込からキャンセル料取り立てまでの闇金の手口を、順番を追って解説をしていきます。

  1. 申込時に勤務先や実家・親族などの個人情報を集める
  2. キャンセルした申込者に「手数料」「違約金」などの名目で代金を請求する
  3. 支払わなかった場合、電話や訪問などで執拗に取り立てをする

申込時に勤務先や実家・親族などの個人情報を集める

通常の金融機関に借金を申し込む際は、収入が安定しているかどうかを確認するために勤務先を申告します。

しかし闇金の場合は勤務先だけでなく、家族や友人などの連絡先を聞き出してくることが特徴です。

闇金には女性のオペレーターを用意して丁寧に対応し、闇金であることを悟らせない業者もあります。

また近年では「ソフト闇金」という、闇金であることを明かしつつ丁寧で優しい対応をアピールしている業者も増えています。

いずれにしても、借金の話を聞いて親身に相談に乗りながら、家族や友達など周囲の人のことを巧みに聞き出そうとします。

法律を守って健全な営業をしている業者は、第三者の連絡先を聞いてくることは絶対にありません。

キャンセルした申込者に「手数料」「違約金」などの名目で代金を請求する

闇金は一度申込をしてきた客を簡単には逃しません。

融資をキャンセルしようとすると、以下のような様々な理由をつけて代金を請求してきます。

  • もう融資するお金を準備してしまったため、その利息分は払ってほしい
  • キャンセルするためには違約金(手数料)が必要である
  • ネット申し込み分のシステム手数料、審査代を負担してほしい

請求される金額は融資を受けるはずだった金額の10%~50%、もしくは1万円~数十万円であったりと、業者によって異なります。

支払わなかった場合、電話や訪問などで執拗に取り立てをする

もしキャンセル料を支払わない場合、支払が滞ったときの督促と同じように取り立てが行われます。

「申込時に申告した個人情報をばらまく」「職場や家族に連絡する」等と脅したり、電話口で怒号を発したりして、相手を精神的に追い込みます。

時間帯を問わず何度も連絡をする、いわゆる「鬼電」をしてくることも特徴です。

ワンポイント解説

督促に関する連絡については、貸金業法で規定がされています。
しかし闇金業者は貸金業法を守らずに違法な営業をしている業者ですので、連絡に関しても規定を守りません。

一度支払うとその後も標的にされる恐れがある

キャンセル料を支払えば督促が止まって闇金と縁が切れる、という考えは大きな間違いです。

一度支払いをしたことで「この顧客は不当な手数料も払ってくれる」と思われ、別の名目で支払を請求されるようになります。

例えば申込の際に自分の銀行口座を伝えていた場合、勝手にお金を振り込まれる「押し貸し」をされ、法外な利息を請求されたという事例もあります。

また闇金業者は業者同士で顧客情報を共有していることが多く、他の業者から勧誘や押し貸しを受けるケースもあります。

キャンセル料を支払ったから闇金と縁を切れるというわけではないのです。

闇金からのキャンセル料請求を無視するとどうなる?

キャンセル料の支払をしても闇金問題は解決できないということを解説しましたが、だからと言ってキャンセル料を支払わないままでいると、様々なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

実際に闇金のキャンセル料を支払わないことで発生したトラブル事例を3つ紹介します。

家族や勤務先に督促をする

一般的な金融機関は在籍確認を除いて第三者には連絡をしませんし、顧客が貸金業者を利用していることも絶対に明かしません。

しかし闇金業者は家族や勤務先などの本人以外にも連絡を行い、支払をしていないという事実を堂々と明かします。

子どもがいる場合は通学している学校をつきとめて「○○さんの親がお金を払わないので困っている」とその学校宛に電話をすることもあります。

お金を押し貸しされる

キャンセル料を支払わずにいると、キャンセルをしていないとみなされて強引にお金を振り込まれる恐れがあります。

闇金の利息は違法で高いことが特徴であり、高い利率を表す言葉としては「トイチ」、つまり10日で1割(10%)が有名です。

しかし実際はトイチよりも高い利率、例えば7日間で20%(2割)10日間で10%(1割)の利息を請求する業者もあります。

例えば突然10万円を押し貸しをされ、対処に困って7日間経過した場合は

10万円×0.2(2割)=2万円

2万円の利息が発生することになります。そして「利息を払ってほしい」と執拗な督促が続くことになるのです。

自宅に嫌がらせをされる

キャンセル料を支払わずにいると、闇金から陰湿な嫌がらせをされる恐れがあります。

・大量の出前を頼まれる
・自宅に取り立てに来て貼り紙をされる
・救急車や消防車を呼ばれる

身に覚えがない出前が来た場合、事情を話せば代金を支払わずに済むかもしれませんが、配達をした人やお店に迷惑をかけることになります。消防車や救急車を呼ぶ行為も同様です。

また自宅へ貼り紙をされたり救急車や消防車を呼ばれることで、近所から注目を浴びて不審がられることになります。

無関係な人を巻き込むことによって相手を精神的に追い込んでいくのが闇金の手口です。

闇金のキャンセル料請求に困っている人向けの対策法を解説

闇金問題に巻き込まれないためにはヤミ金に申し込まないことが一番なのですが、既に申し込んでしまい、キャンセル料の請求に困っている方に向けて対処法を解説していきます。

  • 闇金にはお金を支払わない
  • 家族など周囲の人にあらかじめ事情を伝える
  • 闇金問題に強い弁護士・司法書士に相談をする

闇金にはお金を支払わない

違法な営業をしている貸金業者からお金を借りても返済をする義務自体がなく、キャンセル料を払う義務もありません。

闇金に支払をしなくていい条件、理由については以下の記事に詳しくまとめられています。

縁を切りたいという気持ちから闇金にお金を払ってしまう方もいますが、支払をしても闇金問題は解決しません。

「理不尽な要求でもお金を払ってくれる客」とみなされて他の名目で支払を請求されるようになります。

家族など周囲の人にあらかじめ事情を伝える

闇金業者は家族や職場にまで連絡を行うことが特徴です。

突然闇金から電話がかかってきたら誰でも驚きますし、怖い思いをする方もいるかもしれません。

もし可能であれば、前もって闇金問題に巻き込まれていることを伝えておくのが一番です。

「友達が自分の情報を闇金に漏らした」等、自分ではない第三者が関わっていることにしてもよいでしょう。

闇金問題に強い弁護士・司法書士に相談をする

闇金にお金を支払うといいカモだとみなされ、逆に無視をし続けると嫌がらせを受け周囲を巻き込むことになります。

闇金問題を解決するには、闇金問題に強い弁護士や司法書士に相談をしましょう。

弁護士の業務は多岐に渡りますが、その中でも借金問題、特に闇金問題に強い弁護士は、闇金への効果的な対処法を熟知しています。

闇金業者の中には「弁護士は自分と手を結んでいるから無駄だ」「第三者の介入は規約違反だ」等と脅迫を行う業者もいますので、弁護士に相談をするとどうなるか怖いと考える方も多いでしょう。

しかし闇金は弁護士が介入すると困るからこそ脅しをして止めさせているのです。

実際に弁護士が間に入ると、闇金は問題が大きくなることを恐れて手を引くことが多いです。

また稀ではありますが、弁護士に依頼をすることで、闇金に支払った被害額を取り戻すことができる場合もあります。

闇金業者による暴力や器物損壊などがあった場合は警察も対処してくれる

闇金問題は警察に相談することができますが、以下の理由により迅速に対処をしてもらうことは難しいことが実情です。

  • 警察は民事不介入のため、金銭問題は取り締まれない
  • 闇金は居所が掴みにくく証拠も集まりにくい
  • 同じ業者からの被害が複数ないと動かないこともある

警察だけに頼ると、いつ警察が動くか分からないままで闇金からの電話や嫌がらせに耐えることになります。

しかし闇金からの暴力や嫌がらせ、不法侵入を受けた場合は、警察に通報することで取り締まりに動いてくれます。弁護士だけでなく警察にも通報を行いましょう。

まとめ

闇金の融資を断ると「キャンセル料」「手数料」などを請求されることがありますが、支払をする義務はありません。

しかし支払をしないでいると延滞をしたときと同様、何度も電話がかかってくるようになり、自宅への訪問や嫌がらせが始まる可能性があります。

申込時に申告した職場や家族にまで督促をする業者もいます。

キャンセル料を支払っても闇金と縁を切ることはできません。

ヤミ金問題を解決したいのであれば、闇金業者への対処実績が豊富な弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。

早ければその日のうちに闇金と縁を切ることができます。

闇金のキャンセル料に関するよくある質問

闇金からの借入をキャンセルしたところ、キャンセル料を請求されています。払わなければなりませんか?

そもそも闇金との貸付契約は法律上無効なので、キャンセル料も支払う必要はありません。

闇金のキャンセル料を払わないとどうなりますか。

違法業者にキャンセル料を支払う必要はありませんので、支払いをしないことによって法的に罰せられることはありません。しかし闇金から違法な取り立てが行われるようになったり、嫌がらせを受けたりする恐れがあります。

闇金へキャンセル料を支払えば闇金問題は解決しますか?

一度支払いを行うと不当な手数料でも支払をする顧客であるとみなされ、キャンセル料以外の名目で支払を請求されたり、押し貸しをされたりします。また闇金業者は名簿を共有しているため、他の会社のターゲットにされる可能性もあります。

もう闇金にキャンセル料を支払ってしまいました。どうすればいいですか。

闇金問題に強い弁護士に早急に相談をしましょう。弁護士が間に入ることで、闇金に個人情報を消去してもらい、二度と連絡や督促をしないように交渉をしてもらうことができます。稀ではありますが、支払ったお金を返してもらえるケースもあります。

闇金からの督促が怖いですが、どうすれば解決できますか。

弁護士に依頼をすることで督促を止めることができます。闇金業者への対処実績が豊富な弁護士を選びましょう。警察は民事不介入のため連絡をしても督促をすぐに止めることはできませんが、自宅への不法侵入や器物損壊などで困っている場合は警察にも通報を行いましょう。

闇金問題の関連記事
闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…