レイクALSAの返済に遅れる場合は連絡必須?対処方法や遅れた場合に起こること

レイクALSAの返済に遅れる場合は連絡必須?対処方法や遅れた場合に起こること

レイクALSAの今月の返済ができず延滞してしまいました。どうしたらいいでしょうか。

まずは速やかにレイクALSAに延滞することや支払う意志があることを連絡してください。返済予定などもわかれば、伝えるとベターです。場合におっては返済方法や返済期日の変更など、相談にも乗ってもらえます。

返済に遅れることでペナルティはあるのでしょうか。

ペナルティは発生します。具体的には「追加借入の停止」「遅延損害金発生」などが課せられるでしょう。同時にレイクALSAからの督促も始まります。督促に対応しなければ、最終的には裁判になり給料や財産を差し押さえられる可能性もありますので、速やかに対応するようにしましょう。

返済がどうしても難しい場合は、債務整理なども含めて対策を検討する必要性も出てきます。返済に困ったら、早めに専門家である弁護士に相談してみることをおすすめします。

レイクALSAのカードローンは、気軽に使うことができ便利なので、ついつい使いすぎてしまって返済に困る人も少なくありません。

しかし、返済に遅れれば、遅延損害金の発生やレイクALSAからの督促など、さまざまなペナルティが課せられます。延滞が続けば最終的には差し押さえに発展し、今後の生活に大きく影響を及ぼす事態にもなりかねません。

そのため、返済が遅れた場合には事態が悪化する前に、適切に対応することが重要です。

この記事では、レイクALSAの返済に遅れた場合の対処方法や、延滞した場合に起こることについて詳しく解説していきます。参考にしていただき、適切に対応してください。

この記事でわかること
  • 返済に遅れた場合には速やかにレイクALSAに連絡し、返済意思を伝えることが重要
  • レイクALSAの返済に遅れると「レイクALSAからの督促」「遅延損害金の発生」「新規借入の停止」などのペナルティが発生する
  • 延滞が長引けば「個人信用情報への事故情報の掲載」「給料や財産の差し押さえ」などの事態に発展する可能性もある
  • 「ついうっかり」をしないためには、自動引落やメールお知らせサービスの利用がおすすめ
  • 返済が厳しい場合には家計の見直しや副業収入で返済原資を確保するなどの対策が必要。どうしても難しいなら債務整理を検討する

レイクALSAの返済日に遅れる場合は必ず電話連絡!入金意志を伝える

レイクALSAの返済日に遅れる場合は、まずは返済が遅れる旨をレイクALSAに連絡することが最も重要です。

レイクALSAの場合、会員のさまざまな手続きや相談を受けてくれるお客様専用フリーダイヤルが設置されています。返済日に遅れそうな場合の連絡・相談は以下にて受けてもらえますので、速やかに連絡するようにしましょう。
・お客様専用フリーダイヤル(平日 9:00~18:00)
0120-09-09-09

また、会員専用ページの「ご返済予定の確認・登録」メニューから、返済日を変更することもできます。「ご返済予定の確認・登録」メニューからの返済予定の変更は、返済日の3日前から変更が可能です。

返済日を過ぎている場合でも変更ができますが、返済が会員ページからアクセスした日から4日以上後になる場合や、取引状況によっては、変更ができない場合もあります。その場合は、お客さま専用フリーダイヤルへ連絡するようにしましょう。

なお、連絡する際には、以下の点を伝えることを意識して、連絡すると良いでしょう。

  • 支払う意志があるが返済が遅れること
  • 何らかの理由で返済が遅れる場合はその理由
  • いつ頃支払えるか

いずれにしても、返済に遅れるとわかった段階で速やかに連絡することが重要です。レイクALSAとの信頼関係を損なわないためにも、まずは連絡することを忘れないようにしてください。

変更した返済日までに返済すれば延滞扱いにはならない

レイクALSAの場合、事前に返済日の変更を行い、変更後の返済日までに返済をすれば、延滞扱いにはなりません。

延滞日の変更はアクセスした日を含めて4日後までの日付となっていますので、最大で4日間は延滞の扱いなく、返済日を延期することができます。

それ以上返済が遅れる場合でも、返済額の一部返済や利息のみの返済など、柔軟に対応してもらえる可能性があります。

ただし、一部返済や利息のみの返済になると、元金は減りづらくなるため、その分利息負担は大きくなることは認識しておきましょう。

レイクALSAの返済日に遅れると起こる4つのペナルティ

レイクALSAの返済に遅れると、以下のようにさまざまなペナルティが課されます。

  • アイフルから督促される
  • 遅延損害金が発生する
  • 個人信用情報に延滞情報が掲載される
  • 無利息サービスを受けられなくなる
  • 追加の借入ができなくなる

返済日に遅れたからといって、すべてのペナルティがすぐに課されるわけではありませんが、延滞が長引けば長引くほどペナルティの影響は大きくなります。

返済に遅れた場合は、できるだけ早く延滞を解消し、ペナルティの影響をできるだけ抑えるようにしましょう。

レイクALSAから督促される

返済に遅れると、レイクALSAからの督促が始まります。レイクALSAからの督促は以下のような順序で行われます。

  1. レイクALSAから督促の電話がかかってくる
  2. 自宅に督促状が届く
  3. 一括返済の請求がある
  4. 法的手続きに行われ、給与や財産が差し押さえられる

レイクALSAから督促の電話がかかってくる

返済日から遅れると、まずレイクALSAから督促の電話がかかってきます。この電話は返済が遅れていることの通知、返済意思・返済日の確認が目的です。

電話に応答しなければ、自宅に催促状が送られてくるなど、周囲にもバレやすくなってしまうため、必ず応答するようにしましょう。

いきなり職場などに連絡が来ることはない

返済日が遅れた場合、職場にも督促の連絡があったり、自宅に取り立てにくるのではと不安に思っている方もいるかも知れません。

しかし、こういった取り立ては、以下の通り、貸金業法という法律で制限されており、レイクALSAが行うことはありません。

正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。

引用元:貸金業法 第二十一条 三項 e-Gov法令検索

ただし、督促の電話に応答しないなど連絡が取れない場合は、例外として認められているため、督促の連絡に応答しなければ、自宅や職場に電話連絡がくる可能性はある点には注意しましょう。

自宅に督促状が届く

督促の電話に応答しなかったり、滞納が長期に及んだりした場合、レイクALSAから催促状や督促状が送付されます。

催促状や督促状には、遅延している金額や支払期限などが記載されており、支払期限が守れない場合には、次に解説するように一括返済請求や差し押さえなど、さらなる状況の悪化が起こります。

この時点で、返済の目処がたっていないのであれば、直ぐにでも債務整理などを検討する必要があります。放置していれば、どんどん解決に向けた手段が減っていきますので、まずは弁護士に相談し、今後の対応策についてアドバイスをもらうようにしましょう。

一括返済の請求がある

督促状の期日までに返済が行われなかった場合、レイクALSAから借金全額の一括返済が求められます。

借入の契約には、通常、「期限の利益」という債務者側の権利が認められています。「期限の利益」とは、簡単にいうと契約通りに返済が行われている場合、契約終了までの間、借金の返済はしなくてもいいという権利です。

延滞するということは、契約内容が履行されていないということですから、債務者の権利である「期限の利益」も喪失することで、猶予を与えられていた借金全額の返済を求められることになります。

期限の利益のことを詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

法的手続きに行われ、給与や財産が差し押さえられる

一括返済に応じない場合、レイクALSAは返済に対する裁判を起こし、法的手続きを行います。

法的手続きが認められれば、債権者が貸し付けた借金の回収のため、債務者の給料や財産が差し押さえられます。差し押さえでは、給料は手取り額の1/4、預貯金は全額が対象となります。

給料を差し押さえられれば、会社にも差し押さえの通知が行きますので、周囲に借金の延滞を知られることになります。

通常、差押え等の回収業務は債権者ではなく、委託された債権回収会社が行います。レイクALSAの場合は、アルファ債権回収という会社へ委託するケースが多いようです。

財産の差し押さえや債権回収会社については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

遅延損害金が発生する

返済に遅れると、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は賠償金の一種で、この場合、レイクALSAが契約通りの返済が行われないことによって、受けた損害を賠償するという意味合いがあります。

レイクALSAの場合、遅延損害金は年利20%です。これは、利息制限法の上限利息ギリギリで、通常の借入利率の4.5%~18.0%から見ても、かなり高く設定されています。

この遅延損害金は、元金や元金に発生する利息とは別に発生し、延滞が解消するまで加算されていきます。

延滞が長引けば長引くほど、負担は大きくなっていくため、一日でも早く延滞を解消することが重要です。

ちなみに遅延損害金がいくらになるかは、以下の計算式で計算が可能です。
借入残高×年利20.0%÷365日×延滞日数

レイクALSAの会員ページを見れば、遅延損害金を含めた返済額を確認することも可能です。

個人信用情報に延滞情報が掲載される

返済を延滞すると、個人信用情報に延滞情報が掲載されます。

個人信用情報とは、貸金業者が貸付を行う際に必ず参照する情報で、個人の借入の申込・借入・返済に関する履歴が記録されているものです。個人信用情報に、事故情報が掲載されていれば、ローンやクレジットカードの審査にはまず通りません。

事故情報は、掲載から最大5年間保持されます。これは延滞を解消しても同じですから、一度掲載されれば、無効5年間はローンやクレジットが利用できません。

無利息サービスを受けられなくなる

無利息サービスを利用中の場合でも、延滞すれば無利息サービス期間が強制的に終了します。

レイクALSAでは、初めて契約する方向けに以下の2つの無利息サービスを提供しています。

  • 借入金全額について60日間利息0円
  • 5万円まで180日間利息0円

どちらを利用しているかに関わらず、延滞した時点でこのサービスは強制終了となります。延滞する時期によっては、かなり損をする可能性もあるので、注意しましょう。

追加の借入はできなくなる

返済が遅れた場合、延滞が解消するまではレイクALSAからの追加の借入はできなくなります。既に借り入れている借金が返済できていないわけですから、追加の貸付ができないのは当然のことです。

また、延滞が繰り返される、長期に及ぶなど、レイクALSAとの信頼関係が損なわれれば、限度額の引き下げにより、将来にわたって追加の借入ができなくなる可能性もあります。

原因別の返済遅れへの対処方法

これまで解説したとおり、返済に遅れることでさまざまなペナルティが発生します。

返済に遅れてしまった場合は、できるだけ早く延滞を解消するとともに、同じことが起こらないように対策を打つべきです。

ここでは、原因別の対処方法について詳しく解説していきます。

うっかり返済忘れや急な出費による延滞を防ぐ方法

「ついうっかり返済日を忘れてしまった」「急な出費で返済原資が足りなくなった」などのミスは、誰にでも起こります。しかし、こういった場合であっても延滞は延滞です。これまで解説したようなペナルティは当然、発生します。

こういったことが原因で延滞した、延滞しそうになった経験がある方は、以下のような対処方法を検討しましょう。

  • 返済日を給料日直後に設定する
  • 自動引落を利用する
  • 返済期日を通知する「メールお知らせサービス」を活用する

返済日を給料日直後に設定する

返済日を給料日直後に設定すると、返済日に資金がないというケースを減らせるのでおすすめです。

給料日から返済日までの間に、ついお金を使ってしまい、返済に困ったという経験をした人も多いのではないでしょうか。給料日と返済日を近い日付にしていれば、ついつい使いすぎてしまうことも減るはずです。

レイクALSAに限らずですが、借金の返済期日に遅れるということはかなりのペナルティを負うことになるため、極力避けることが重要です。

自動引落を利用する

自動引落を利用するのも1つの方法です。

レイクALSAでは、「自動引落」「新生銀行カードローンATM」「コンビニ提携ATM」「振込」とさまざまな返済方法が用意されています。

自動引落であれば、返済日が来れば自動的に口座から返済が行われるため、返済日を忘れて延滞するようなことはありません。先程ご紹介した給料日直後に支払日を設定することと合わせて行えば効果的でしょう。

なお、レイクALSAの口座振替は、「14日」「27日」のいずれかのみ設定できますので、できるだけ、給料日に近い日を設定するようにしましょう。

なお、自動引落が残高不足となった場合は別の方法で支払う必要がありますので、注意しましょう。

メールお知らせサービスを利用する

レイクALSAでは、返済日の3日前に、メールで返済日を通知する「メールお知らせサービス」を行っています。

アプリのプッシュ通知を設定することもできるので、メールは普段見ないという人でも、返済日を忘れることなく対応できるでしょう。

レイクALSAの返済が厳しい場合の対処方法

既に返済が厳しくなっている場合は、根本的に借金問題の解決を図る必要があります。

今回、返済ができたとしても、いずれ返済に行き詰まることも充分に考えられますので、早めに以下のような対策を検討してください。

  • 家計を見直し、返済原資を捻出する
  • 副業で収入を増やし、返済原資を捻出する
  • おまとめローンで金利負担を軽減する
  • 返済のために他社から借入は絶対にNG
  • どうしても返済が厳しい場合は債務整理を検討しよう

家計を見直し、返済原資を捻出する

返済が厳しい状況にあるなら、まずは家計の支出を見直し、返済原資が捻出できないか検討しましょう。

家計を見直すには、まず家計収支表を作成し、どんな支出があるのか調べてみるといいでしょう。

家計を1から見直せば、意外と節約できるところは多いものです。例えば、家賃の安いところに引っ越したり、実家に帰れば、家賃を節約できます。携帯電話を格安携帯に変更する、保険を見直すなどの方法も有効でしょう。

また、飲み会などの遊興費を節約するのも効果的です。会社での付き合いなどもあるので、0にするのは難しいかもしれませんが、月に1回だけにするなど制限を自分で決めるといいでしょう。

副業で収入を増やし、返済原資を捻出する

節約するだけでは資金が捻出できないのであれば、副業で収入を増やすのも有効な手段です。

最近ではクラウドソーシングも一般化しており、ライティングやタスク作業などで収入を得ることも可能です。Webに関する知識やデザインなど専門的なスキルを持っている方であれば、高単価での受注も可能なのでおすすめです。また、土日のみのイベントスタッフなどをうまく活用すれば、収入を増やすこともできるでしょう。

ただし、副業は就業規則で禁止しているケースもありますので、事前に就業規則や雇用契約の内容を確認するのを忘れないようにしてください。また、副業に力を入れすぎて本業がおろそかになってしまっては、本末転倒です。

あくまで「本業の空いた時間で副収入を得る」ためのものを忘れないようにしてください。

おまとめローンで金利負担を軽減する

複数の会社から借金をしているのであれば、おまとめローンで金利や返済の負担を軽減するのも有効です。

おまとめローンは、返済負担や金利負担の軽減や返済先の一本化を目的に、複数社から借り入れた借金を1社にまとめるサービスで、金融機関や消費者金融等から提供されています。

借金が一本化できれば、金利や返済負担が軽減され、結果として返済見込が立ちやすくなる可能性があります。

ただし、おまとめローンも通常の借金と同様に審査が必要で、既に複数社から借金をしている場合が多いため、審査は厳しい傾向にあります。

また、おまとめローンの審査に通ったとしても、借り換えただけで借金自体が減るわけではありません。根本的な問題は解決していないことも理解しておきましょう。

おまとめローンについては、以下の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

返済のために他社から借入は絶対にNG

返済が厳しいからといって、他の会社から返済のために借金をするのは絶対にやめてください。

返済のために借金をするということは、利息が利息を生む「複利」の状態になっており、返済は雪だるま式に膨らんでいきます。

近い将来、借金に限界が来て、行き詰まることになるので、一時しのぎにしかならず、更に状況を悪化させるだけです。

複利の恐ろしさは以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

どうしても返済が厳しい場合は債務整理を検討しよう

どうしても返済が厳しいようであれば、債務整理を検討しましょう。

債務整理は、債権者との交渉や裁判所への申立を経て、借金を減額・免除してもらい経済的更生を図る手続きです。債務整理と聞くと、自己破産をイメージして、まるで犯罪者のようなネガティブなイメージを持つ人も多くいますが、国が認めているれっきとした救済措置です。

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの手続きがあり、受けるメリットやデメリットがそれぞれ異なります。

借金や収入の状況により、選択すべき手続きは異なりますから、まずは専門家である債務整理に強い弁護士に相談し、ご自身の状況にあった債務整理手続きがどれかをアドバイスしてもらうと良いでしょう。

当サイトでは、各債務整理手続き別に、借金がどのくらい減額されるのかを簡単に調べられる「借金減額診断ツール」をご用意していますので、一度調べてみるのもいいでしょう。

将来の利息を免除してもらう「任意整理」

任意整理は、各債権者と個別に交渉し、主に将来発生する利息を免除してもらい、完済を目指す手続きです。利息が免除されるため、返済分がそのまま元金に充当されるので、返済の目処がつきやすくなることが大きなメリットです。

レイクALSAをはじめとしたカードローンは、金利が高めに設定されていることが多いため、金利部分が免除されるだけでも、支払総額を大きく減らすことができる可能性があります。

また、債権者と直接交渉するため、周囲にも知られにくく、弁護士に依頼することで手続き負担もかなり少なくて済むという点もメリットと言えるでしょう。
任意整理については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

返済全額を免除してもらい再スタートできる「自己破産」

自己破産は返済が難しいことを裁判所に認めてもらい、借金全額の返済を免除してもらう手続きです。借金が全額免除されるため、再スタートを切れることが最大のメリットといえます。

ただし、所有している財産は少額なものを除き処分する必要がある、手続き中は特定の職業につくことができないなどデメリットも、債務整理の中で最も多くなります。

また、自己破産には「免責不許可事由」が設定されており、ギャンブルが原因の借金などの場合は認められないこともあります。

デメリットの影響は、ご自身の財産の状況などによって異なるため、手続きすべきかどうかを弁護士に相談してみることをおすすめします。

住宅ローンのある自宅を残しながら借金を大幅減額できる「個人再生」

個人再生は、自己破産同様に裁判所を介して、住宅ローンのある自宅を残しながら借金を大幅に減額し、残額を3~5年で返済する手続きです。

手続き後に返済が残るものの、自己破産と異なり、所有する財産を処分する必要がない、免責不許可事由がないなどのメリットがあります。

借金額が大きい場合や住宅ローンのある自宅を所有している場合などに、選択する手続きになるでしょう。

債務整理は専門家に相談して適切な手続きを選択するべき

これまでご紹介した通り、債務整理手続きはご自身の借金や財産の状況により、選択すべき手続きが異なります。

弁護士に相談すれば、ご自身の借金や財産の状況に合わせて最適な借金問題の解決方法をアドバイスしてもらえます。債務整理手続き毎のメリット・デメリットや、必要な費用や期間などについても説明してもらえますので、安心して手続きを進めることができるでしょう。

また、債務整理には法的な知識が求められるケースも多く、素人では適切な判断が難しいケースもしばしばあります。弁護士に依頼すれば、スムーズに手続きを進めてもらうこともできます。

最近では初回相談無料としている事務所も多いので、借金問題で悩んでいるのであれば、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。きっと、借金問題解決に向けた前向きなアドバイスをしてくれるでしょう。

レイクALSAの返済に遅れたらどうすればいいの?

レイクALSAの返済に遅れたらどうすればいいですか?

速やかにレイクALSAのお客様専用フリーダイヤルに連絡し、返済に遅れた旨と返済意思があることを連絡してください。その後、延滞解消に向けた対策を検討しましょう。

レイクALSAの返済に遅れてしまった場合に、受けるペナルティはどんなことがありますか?

ペナルティとしては「レイクALSAからの督促」「遅延損害金の発生」「新規借入の停止」「無利息サービスの停止」などがあります。また延滞が長期化すればブラックリスト入りしたり、最終的には給料や財産の差し押さえに発展する可能性もあります。

返済忘れや急な出費による延滞を防ぐ方法はありますか?

レイクALSAでは返済日を指定することができるため、給料日の直後に設定すると急な出費にも対応できるでしょう。また、返済方法を自動引落にしたり、メールお知らせサービスを利用することでついうっかりの返済忘れも防止できます。

借金返済の目処がつきません。どうすればいいでしょうか。

まずは家計の見直しや副業収入などで返済原資を捻出できないか検討してみましょう。おまとめローンで月々の返済額や利息負担を抑えることで、解決することもあります。どうしても返済が厳しいようであれば、債務整理を検討する必要があるかもしれません。

まとめ

レイクALSAの返済に遅れてしまうと、焦りと後ろめたさからどうして良いかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、返済に遅れた場合は落ち着いて適切な対応を取ることがとても重要です。対応を誤れば、延滞によるさまざまなペナルティを受けるだけでなく、借金の状況を更に悪化させてしまうことにも繋がりかねません。

返済に遅れた場合は、まずはレイクALSAに連絡し返済意思が確実にあることを伝えることが第一です。その後、延滞解消に向けた対策をしっかりと検討していきましょう。

どうしても返済が難しいようであれば、速やかに弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は借金問題の解決のプロですから、あなたにとって最適な解決方法をアドバイスしてもらえるでしょう。

弁護士と聞くと敷居が高く感じますが、弁護士はあなたの味方です。まずは気軽に相談してみてください。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]