レイクから一括請求がきた!支払い義務と分割で返済できるかどうかを解説

レイクから一括請求がきた!支払い義務と分割で返済できるかどうかを解説

レイクから一括請求をされてしまったのですが、とても一括での返済は無理です。今さら分割払いに変更してもらえるのでしょうか?どうしたら良いのでしょうか?

レイクから一括請求が届いているということは、期限の利益を喪失している結果です。原則、一括返済しか認められていないので、レイクへ相談して分割払いに変更してもらうのは難しいでしょう。

では、残された選択肢は一括返済だけなのでしょうか?自分が悪いのは百も承知ですが、一括返済は無理です…。このまま放置しても危険ですよね?

一括請求はレイクからの最終通告です。このまま放置していれば、強制執行等の手続きに移行されます。どうしても返済が難しいなら、債務整理で分割にしたり免責(免除してもらうこと)したりすることを検討してください。

レイクからの借り入れを滞納していると、一括返済を求める請求書が届きます。今までの督促状や請求書の内容とは異なるため、なんとなく危機感を抱えている方は少なくないでしょう。

レイクから届いている一括請求は、その危機感通り非常に危険なものです。言ってしまえば、レイクからの最終通告。「無視するなら法的手続きに移行します」という意思の現れです。とは言っても、一括請求に対して一括で返済できる方は少ないでしょう。

そこで今回は、レイクからの一括請求を支払えないとどうなるのか?起こり得るリスクや、どうしても返済できないときの対処法についてお伝えします。

なお、レイクから一括請求が来て長期間経過している方、裁判所から書類が来ている方は、法的手続きに移行されている可能性が高いです。今すぐに弁護士へ相談しなければ、財産の差し押さえは避けられません。危機感を持って対応されなければ、自分や家族が嫌な思いをします。大至急、弁護士へ相談してください。

>>【相談無料】今すぐ取り立てを止められる!当サイトおすすめの弁護士はこちら

この記事でわかること
  • レイクからの一括請求は、期限の利益の喪失によるもの。一括請求された時点で原則一括返済のみです。レイクに相談したところで分割払いを認めてもらえる可能性は極めて低い
  • レイクからの一括請求を支払えずにいると、遅延損害金の上乗せ請求、強制執行(財産の差し押さえ)は避けられない。放置すればするほど現状は悪化する一方なので早めの対応が必要不可欠
  • 「一括返済が難しいから」と言って放置したり新たに借金をしたりするのは絶対にNG!支払えないなら支払えないなりの対応が必要。任意整理・個人再生で分割払いが可能になり、自己破産で借金を0にできる。今すぐ弁護士へ相談を

レイクからの一括請求は必ず一括で支払わなければならない?

レイクと取引をしている過程で、返済の遅れ等が発生すると一括請求をされてしまうことがあります。もしも、レイクから一括請求をされてしまったときは、原則一括返済しか認められません。

まずは、レイクから一括請求をされたら一括返済しかできないのか?分割払いに変更するための任意整理とは?についてお伝えします。

原則的には一括払いに応じなければならない

レイクから一括請求が来た時点で、返済方法は原則一括のみです。そもそも、レイクが残債の一括請求をするのは、あなたに重大な過失があったため、期限の利益を喪失しているからです。

期限の利益の喪失とは

通常、レイクの借り入れに対して毎月1回以上決まった金額を返済すれば良い契約になっています。これを期限の利益と言い、債務者側が得られるメリットのひとつです。しかし、レイク側が定めた規約に違反したり、今後の取引が難しいと判断されたりした場合には、期限の利益を喪失し、残債を一括請求されてしまいます。

レイク側からあなたへの信用は著しく低下しており、「今後は取引を継続するのが難しい」と判断された結果と言えるでしょう。そのような状態にいるあなたが、レイクに対して「分割払い(元の返済方法)にしてください」と伝えたところで認めてもらえる可能性は極めて低いです。

一括請求されてしまったたら、基本的には一括返済できる方法、もし払えないのなら債務整理を検討するしかありません。

任意整理を行えば分割払いに戻せる可能性あり

唯一、分割払いが認められる手段として任意整理があります。分割払いを希望される方は検討してください。

任意整理とは

任意整理とは、残債の一括請求を改めて分割払いにできないか?利息をカットしてもらえないか?と、レイク側に交渉を持ちかける債務整理手続きです。任意整理が成立すると、元金のみを3〜5年かけて完済を目指せるようになります。

レイクは貸金業者の中でも、比較的任意整理には応じてくれやすいです。また、交渉次第では、5年以上の返済期間で和解が成立するケースもあります。可能な限り債務者に寄り添った交渉をできる印象が強く、「無理のない範囲で返済を促し、確実に債権を回収しよう」という思惑が伺えます。

ただ、借入期間が短い方や返済に何度も遅れていたような方、一括請求されるまで放置をしていた方には、利息カットが少なめです。ある程度のカット交渉には応じますが、少し利息を残したまま交渉を成立させようとするため、大きな減額は見込めません。

ワンポイント解説
個人交渉には応じない

任意整理に応じるなら個人で交渉しても応じるのではないか?と思われる方がいるかもしれませんが、大きな間違いです。レイクに対して「任意整理(弁護士へ依頼)をしてでも確実に借金を返済します」という思いや行動が、交渉に響くからです。
少しの手間、お金を渋って自分で完結しようとする方に対しては、厳しい対応を取られる恐れがあります。任意整理を検討される方は、かならず弁護士へ相談してください。

レイクからの一括請求を返済できない場合の4つのリスク

レイクからの一括請求が支払えないときは、下記4つのリスクが発生します。

  • 遅延損害金の発生
  • 裁判の提訴
  • 強制執行(財産の差し押さえ)
  • 自宅への訪問・会社へ連絡の可能性

レイクからの一括請求は、数十万円〜数百万円単位になることもあります。「とても一括での返済は厳しい」そう感じている方も少なくはないです。ですが、支払えないからといって放置をしていると、上記のようなリスクが発生します。

次に、レイクからの一括請求を返済できない場合に起こり得る、4つのリスクについてお伝えします。

①遅延損害金の発生

レイクでは、滞納発生日1日目から遅延損害金(遅延利息)が発生します。遅延損害金とは、借金滞納に対するペナルティのような役割を担っており、通常の貸付利率よりも高い利率で利息を計算、請求します。

通常の利率上限
借入金額 利率上限/年率
10万円以下 20%
10万円以上100万円以下 18%
100万円以上 15%
遅延損害金の利率上限
借入金額 利率上限/年率
10万円以下 29.2%
10万円以上100万円以下 26.28%
100万円以上 21.9%

参考:利息制限法「第1条(利息の制限)・第4条(賠償額の予定の制限)」

遅延損害金は、通常の利息上限の1.46倍まで認められているため、借り入れ金額に応じて21.9%から29.2%以内で設定されます。レイクの遅延損害金は、借り入れ金額に関係なく一律20%(年率)で計算・請求されます。

たとえば、一括請求された残債の金額が100万円で、1年間滞納していた場合には、利息のみで20万円支払わなければいけません。元金の一括返済はおろか、利息の返済まで強いられてしまうため、借金の返済が困難になってしまうでしょう。

②裁判の提訴

一括請求を支払えない状況が続くと、レイクは提訴(裁判を起こすこと)します。裁判の目的は、債務者(あなた)に対して「借金を返済しなさい」という判決を求めるためです。

レイクが提訴すると、あなたは被告人になるため自宅に訴状が届いたり裁判所への出廷命令(呼び出し)をされたりします。これらの書類を放置したり、裁判所に出廷しなかったりすれば、レイク側の完全勝訴となるため、強制的な手続きに移行できる状態なります。

レイクに提訴されてしまうことで懸念すべきことに、家族に借金がバレてしまうことがあるでしょう。家族も、裁判所から手紙が届いたとなれば、ただならぬ危機感を覚えます。とくに、レイクからの借金を隠していた方は、家族からの信頼も失墜しかねません。

ワンポイント解説
裁判所からの書類は強制執行の一歩手前でとても危険

裁判所から書類が届いた時点で、相当な危機感を持ってください。レイクから届いた一括請求を無視した結果ではありますが、このままでは強制執行を避けられません。今すぐに強制執行を回避するためには、借金の一括返済もしくは弁護士へ相談してください。

③強制執行(給与や財産の差し押さえ)

一括請求を支払えずに、裁判所からの書類や出頭命令に応じなければ、強制執行は避けられません。強制執行までの流れは下記の通りであり、一括請求〜裁判所からの書類到着時点で早期の対応が求められるでしょう。

  1. レイクからの一括請求
  2. 裁判所からの支払督促
  3. 裁判所からの仮執行宣言付支払督促
  4. 強制執行が可能

強制執行が始まってしまうと、真っ先にあなたの預貯金を差し押さえられます。とは言っても、レイクの一括請求を返済できない方のほとんどは、資力があまりありません。そのため、預貯金の差し押さえのみで全額回収することはほぼ不可能です。

次に、差し押さえの対象になり得るのが「給料(ボーナス含む)」です。現時点で、借金の返済ができないほど、生活が困窮しているのにもかかわらず、強制的に給料を差し押さえられれば、生活にも影響をあたえかねません。

ご家族がいる方なら、滞納がばれてしまうことはもちろん、家賃や光熱費、食費等の我慢を強いることになってしまいます。自分1人で背負っているわけではなく、家族のお金である以上、あなたがしっかりしなければいけません。

また、給料が差し押さえられてしまうときは、会社にも借金滞納の事実がバレてしまいます。自分自身が惨めな思いをしたり、会社にいづらくなったりして、借金の返済や生活にも影響をあたえる結果になりかねません。

そして、強制執行が始まってしまうとレイクが任意整理に応じない恐れがあります。その理由は、法的手続きによってあなたの財産を確実に差し押さえられるからです。

本当に支払えるかどうか、信用しても良いのかどうかわからない相手に対して、わざわざ任意整理に応じることはしません。レイクは「もういいです。強制執行で債権を回収しますから」という態度になるでしょう。

そうなると、強制執行を回避するための選択肢は、個人再生もしくは自己破産しかありません。自分で自分の選択肢を狭める恐れがある強制執行。ここに至る前までに、弁護士へ相談しておいた方が良いでしょう。

④自宅への訪問・会社への連絡の可能性

レイクから一括請求が届いているにもかかわらず、一切の放置徹底をしていると、自宅への取り立てや会社への連絡は避けられません。本当なら、レイクもそのような面倒くさいことは避けたいのです。

しかし、何度連絡をしても電話に出ない、督促状にも一切反応しなければ返済もされない。もうどうすることもできない。という状態になってしまえば、レイクも仕方なく訪問や会社への連絡をして本人との連絡に漕ぎ着けます。

ただ、最近は借金の取り立てをとても厳しく規制しています。下手に、自宅訪問をしたり会社への連絡をしたりすると、貸金業法に抵触する恐れもあり、レイク側からしたら非常にリスキーです。

そのため、会社や自宅訪問もなしに突然、裁判手続きに移行されてしまう可能性もあります。いずれにせよ、一括請求が支払えない状態が続いていると、あらゆる危険しかないと思ってください。

レイクからの一括請求に応じられない場合に今すぐ検討すべきこと

レイクからの一括請求に応じられなくても、絶対に放置だけはやめてください。「無い袖は振れない」「払えないものは払えない」その気持ちはわかりますが、それならそれなりの行動をしなければダメです。

レイクからの一括請求に応じられないなら、下記のことを検討して解決を目指してください。

  • 一括返済資金の工面
  • 債務整理による借金整理

次に、一括請求に応じられないときの対処法についてお伝えします。だまって放置をするのではなく、行動に移すことでかならず現状を変えられます。

①不用品売却等で資金を工面して一括返済

レイクから一括請求された金額次第では、不用品の売却等で資金を工面できる可能性があります。たとえば、数十万円程度の一括請求なら、親族から借りたり家にあるブランド品を売却したりすれば、工面できるでしょう。

この後に及んで「これは大切なものだから処分したくない」「親に頭を下げるのは嫌だな…」などと思わないほうが良いです。

とにかく、いかにして資金を工面するべきか?を考え、行動することが大切です。レイクからの一括請求を清算したうえで、改めてブランド品を購入したり親にお金を返したりすれば良いです。今、自分が置かれている状況を理解したうえで、どの行動が正しいのか?を検討しましょう。

②債務整理で解決

レイクの一括請求が払えず、資金工面も難しいなら債務整理を検討してください。債務整理には、下記3種類の手続きがあり、自分に合った手続きを選択できます。

  • 元金のみを分割払いできるよう、交渉を行う任意整理
  • 現在抱えているすべての借金をまとめて大幅に減額できる個人再生
  • 現在抱えているすべての借金を免責(免除すること)できる自己破産

任意整理については、本記事冒頭でもお伝えした通りです。「レイクへの一括返済が難しいけど、分割なら支払える」という方は、任意整理を検討してください。

個人再生や自己破産は、任意整理に比べて経済的メリットが非常に大きいです。

債務整理 経済的メリット
任意整理 原則利息のみ
個人再生 最大100万円まで減額
自己破産 借金のすべてを免責

ただ法的手続きであるため、手続きが複雑であったり費用が高額(いずれも30万円程度〜)であったり、デメリットも多いです。また、すべての借金が対象になってしまうため、一括請求されているレイクのみの手続きができません。

すべてのことを考慮したうえで、自分がどの債務整理手続きを進めていくか検討されてみてはどうでしょうか。いずれの手続きでも、始めることでレイクの一括請求を解決できます。

ワンポイント解説
まずは弁護士へ相談することが大切

自分がどの債務整理をすれば良いのかわからない、自分でも債務整理をできるのか知りたい、そう思われている方は弁護士へ無料相談してください。もちろん、債務整理をするかしないかは、もあなたの自由ですし、相談だけでも構いません。まずは一歩、踏み出してみてはどうでしょうか。

一括返済のために新しい借金をすることはNG!

レイクから一括請求が来た方は、「とにかく返済しなければ!」と思って、新たに借金をして返済してしまいそうになることもあるでしょう。しかし。一括返済のために新たな借金を抱えるのは非常に危険です。

借金を返済するために借金をすれば、目の前の一括請求という問題は解決できます。ところが、借金自体は残るため根本的な解決には至りません。

最後に、一括返済のために新しい借金を抱えることが絶対にダメな理由、危険な理由についてお伝えします。今、お金を借りようとしている方は、これからお伝えすることを参考にしてください。

借金返済のために借金をすると自転車操業状態に陥り危険

レイクからの一括請求を返済するために、新たな借金をしてしまうと、自転車操業状態に陥るためとても危険です。そもそも、レイクから一括請求された理由は、返済遅延が原因です。

仮に、新たな借金をして現状は解決できたとしても、いずれかならず返済に行き詰まるでしょう。誰かからお金を借りるということは、当然に利息も発生するため、また返済できない状態に陥ることは誰でも予想できるはずです。

また、レイクから一括請求されている時点で、通常の消費者金融等からお金を借りるのは難しいです。では、どうやって資金を工面すれば良いのか?友人や家族からの借り入れ、最悪のケースでは闇金から借り入れしてしまう方も少なくはありません。

お金の返済ができなくなれば、人間関係に亀裂が入り、大切な人との関係悪化になる恐れもあります。闇金からの借り入れがあると、高額な利息請求に加えて過度な取り立てを受けることにもなりかねません。

借金をしてレイクの一括返済をできれば、レイクからの請求や取り立ては止まります。一時的には、ストレスから解放されるでしょう。しかし、根本的な解決にはなっていないので、借金を借金で返済するのだけは絶対に避けてください。

一括返済のために借金を抱えても根本的な解決にはならない

レイクの一括請求を返済するために新たな借金をしても、根本的な解決にはなりません。なぜなら、本来返済できないはずの借金を新たに抱えることになるからです。また、消費者金融等から借りられない状況であるあなたが、新たな借金を抱えようとすれば、多くのリスクが伴うでしょう。

レイクから一括請求された時点で、一括返済できる資力がないなら債務整理を検討するべきです。債務整理なら、あなたの無理のない範囲で返済を続けたり、借金そのものを0(免責)にしたりできます。

「今すぐにレイクからの請求(取り立て)を止めたい」などの理由でも構いません。まずは、弁護士へ相談のうえで、一括請求と向き合い、根本的な解決を目指していきましょう。

まとめ

今回は、レイクの一括請求が来たらどうすれば良いのか?支払えないとどうなるのか?についてお伝えしました。

レイクから一括請求をされてしまっている時点で、原則一括返済しか認められていません。万が一、返済ができなければ遅延損害金の発生や、強制執行等の厳しい対応を取られてしまうとのことでした。

多くの方が、一括請求された時点で一括返済できるだけの資力を有していません。レイクに一括返済するために、新たな借金をすること自体とても危険です。今回お伝えしたことを参考にしていただきつつ、一括請求が来た時点で債務整理を検討してください。

【Q&A】レイクから一括請求されたときの正しい対処法とは?

レイクから一括請求されました。分割払いへの変更はできますか?

レイクから一括請求された時点で、期限の利益を喪失しています。原則、一括返済しか認められません。ただ、債務整理(任意整理)をすれば、無理のない範囲で分割払いをできる可能性が高いです。詳しくは本記事でお伝えしているので、参考にしてください。

レイクの一括請求を払えずにいるとどうなりますか?

レイクの一括請求を支払えない状況が続くと、遅延損害金の発生や強制執行(差し押さえ)や厳しい取り立てを受けることになるでしょう。支払えないなら支払えないなりに、正しい対処をしなければとても危険です。

レイクの一括請求を支払えないときの正しい対処法とは何ですか?

レイクの一括請求が来ている時点で、一括返済をできる方は少ないでしょう。正しい対処法としては、債務整理を検討・実行することです。間違えても、新たな借金等を抱えて返済するのだけは避けてください。