履行テストをクリアしないと個人再生できない?支払期間や月々の支払金額まで徹底解説

個人再生 履行テスト

個人再生を検討中なのですが、履行テストがあると聞いて不安です。借金の返済があるのに、そのうえ履行テストの支払いなんてできません。

法律事務所へ個人再生を依頼する場合、法律事務所から債権者へ受任通知を送ると借金の返済をストップできます。そのため履行テスト中は借金の返済をしなくてよいので安心してください。

そうなんですね。ちなみに履行テストは具体的にいつからいつまでおこなうんですか?

個人再生の申立て直後から6ヶ月間の間におこなうのが一般的です。実際には申立てする裁判所によって異なるので、個人再生に詳しい法律事務所へ相談してみましょう。

個人再生をする際、申立てをする裁判所の運用によっては、履行テストをおこなう場合があります。

履行テストとは、債務者が再生計画どおりに返済ができるかどうかを確認するためにおこなうもので、一定期間は毎月決められた金額を指定された口座へ振込みます。

履行テストがクリアできないと再生計画は認可されず、個人再生ができなくなる恐れがあります。

裁判所や法律事務所の指示に従い、十分な準備をして履行テストに臨みましょう。

当サイトでは個人再生の実績豊富な法律事務所を多数紹介しているので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

>>【個人再生の実績多数】法律事務所の無料相談はこちら

この記事でわかること
  • 個人再生で履行テストをするのは「再生計画に無理がないか確認するため」
  • 履行テストの支払期間は申立て直後~6ヶ月程度が一般的。
  • 月々の支払金額は個人再生後に毎月返済する金額を基準にする。

個人再生で履行テストをするのは「再生計画に無理がないか確認するため」

個人再生をする際、手続き期間中に「履行テスト」をおこなうことがあります。

個人再生における履行テストとは、個人再生の認可後に債務者が再生計画に沿って返済を続けられるかどうか、確かめるための積立トレーニングのことです。

履行テストでは、再生計画が認可された場合に支払う予定の金額を一定期間、再生委員などへ毎月支払います。

そのため、まとまったお金がある場合でも一括で支払うことは認められません。

また再生計画どおりに、毎月滞りなく支払いを継続していくことが大切です。

履行テストは東京地方裁判所をはじめとする多くの裁判所がおこなっていますが、各裁判所によって内容が異なることもあるため注意してください。

申立てをする裁判所の運用を確認し、履行テストがある場合はしっかりと準備をして臨みましょう。

「小規模個人再生」「給与所得者等再生」どちらも履行テストをおこなう

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類があります。

どちらも裁判所から再生計画の認可を受けるためには「債務者が継続的に安定収入を得て返済を続けていけるかどうか」が重要です。

そのため小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選択した場合でも、履行テストがおこなわれる可能性があります。

また履行テストをクリアできなければ、個人再生の利用要件である「継続して返済ができる」を満たしたことになりません。

そのため小規模個人再生や給与所得者等再生の「その他の要件」を満たしていたとしても、再生計画が裁判所に認可されない可能性は極めて高くなるのです。

履行テストをクリアしないと個人再生ができない

「交通事故に遭って働けなくなり、収入が途絶えてしまった」などやむを得ない特殊な事情がない限り、支払いが遅れると履行テストはクリアできません。

履行テストをクリアできなければ再生計画は認可されず、個人再生自体ができなくなる恐れがあります。

個人再生ができなかった場合、弁護士から別の債務整理手続きへ方針変更するようすすめられる可能性が高いです。

しかし途中で方針変更すると、手続き完了までの期間が延び、そのせいで痺れを切らした債権者から訴訟を起こされる恐れもあります。

そのため依頼する段階で弁護士とよく話合い、しっかりと方針を決定することが大切です。

当サイトでは、債務整理に強い法律事務所を紹介しています。

個人再生を検討しているけど、自分にできるか不安という人は、無料相談を受付けているのでぜひ一度相談してみてください。

個人再生における履行テストの支払期間は?

履行テストがおこなわれるのは、個人再生の申立て後から再生計画の認可が下りるまでの期間です。

個人再生の申立て後、再生計画案の確認や債権調査などがおこなわれ、その間同時に履行テストも進みます。

この項目では履行テストの一般的な支払期間についてお伝えしますが、各裁判所によって異なる場合もあるので、必ず申立てをする裁判所の運用を確認してください。

履行テストの支払期間は申立て直後~6ヶ月程度が一般的

履行テストの支払いは個人再生の申立後すぐに始まり、支払期間は原則として3~6ヶ月間と定められています。

東京地方裁判所では、履行テストの支払期間を申立て直後~6ヶ月間としているので、同様の運用をしている裁判所も多いです。

なお履行テストの途中で債務者に返済能力が十分あると認められた場合には、6ヶ月を待たずに履行テストを終了するケースもあります。

毎月期日までに再生委員などが指定した口座に振込む

履行テストの支払期間中は、毎月決められた期日までに指定された口座へ振込むのが一般的です。

振込みをおこなう口座は、再生委員や弁護士が指定する場合もありますが、申立人自身で用意することもあります。

東京地方裁判所の場合は、全ての個人再生手続きで再生委員を選任し、履行テストをおこなうため、再生委員が指定した金融機関の口座に振込むことになります。

初回期日は申立日から1週間以内が一般的

履行テストにおける1回目の支払期日は、申立日から1週間以内に設定されるのが一般的です。

なお履行テストにおける1回目の支払いは、個人再生の手続開始決定をすべきかどうかの判断材料の1つにもされています。

そのため個人再生の申立て後、すぐに1回目の支払いができないと、手続きが開始されない恐れがあります。

それだけでなく、最悪の場合は手続開始決定が棄却されてしまうこともあるので注意してください。

借金返済と履行テストが被ることはない

「借金の返済があるのに、そのうえ履行テストの支払いなんてとても無理・・・」と思う人もいるかもしれませんが、その点は心配ありません。

個人再生を依頼すると、弁護士から各債権者に受任通知が送られます。

受任通知を受け取った債権者は、債務者に直接借金の取立てをしてはならないと法律で定められているので、一時的に債権者への返済をストップできます。

借金の返済がなくなり今まで返済に回していたお金が浮くので、履行テストの支払いが可能になるのです。

費用積立と履行テストが被らないよう調整してくれる法律事務所が多い

個人再生の費用を支払う期間が履行テストの支払期間と被ると、両立できるか不安に思う人もいるかもしれません。

しかし個人再生の実績が豊富な法律事務所へ依頼すれば、費用の支払期間と履行テストの支払期間が被らないよう、上手く調整してくれる場合がほとんどです。

法律事務所はともに借金問題の解決を目指すパートナーですから、履行テストを無事クリアできるように不安なことは何でも相談しましょう。

当サイトでも個人再生の実績豊富な法律事務所を多数紹介しているので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

>>【相談無料】個人再生に強い法律事務所はこちら

個人再生における履行テストにはいくら必要?

履行テストをクリアできるかどうかは、個人再生を成功させるために最も重要なポイントの一つといえます。

そのため十分な準備をして確実に支払いたいと考える人が多いです。

では、履行テストでは実際にどれくらいの金額が必要なのでしょうか。

次の項目から、詳しくお伝えします。

月々の支払金額は個人再生後に毎月返済する金額を基準にする

前述したように、履行テストは債務者が再生計画に沿って返済を続けられるかどうかを確かめるためにおこないます。

そのため履行テスト期間中に債務者が毎月払う金額は、再生計画が認可された場合に債権者へ毎月払う予定の金額を基準にします。

例えば再生計画では月々4万円を返済していく予定の場合、履行テスト期間中も4万円を支払うということです。

個人再生の履行テストで払ったお金は全額返金されるのが一般的

履行テスト期間中に支払ったお金は、履行テスト終了後に債務者へ全額返金されます。

返金されたお金は、再生計画が認可された後、実際に各債権者へ返済する際の返済資金に充てるのが一般的です。

例えば大阪地方裁判所やその他一部の地方裁判所では、個人再生の際に再生委員は選任されず、積立金制度という履行テストと同じような制度が用いられています。

積立金が返金される際は何らかの費用が差引かれることはなく、積立てた金額は全て債務者の手元に残るのです。

一部が再生委員の費用に充てられる場合もある

東京地方裁判所の場合は、履行テストで支払った金額から再生委員の報酬として15万円が差引かれ、残りが債務者に返金されると履行テストは終了です。

東京地方裁判所以外でも、個人再生の際に再生委員が選任される場合は、履行テストで支払った金額から再生委員の報酬が差引かれるので注意しましょう。

また東京地方裁判所の場合は、再生委員の報酬は15万円ですが、その他の裁判所で申立てをする際は金額が異なる場合もあるので必ず確認してください。

まとめ

個人再生における履行テストとは、再生計画どおりに返済できるかどうかを確認するためのテストです。

履行テストの支払いが滞ってしまうと、再生計画が認可されず、個人再生ができない可能性もあるので注意してください。

また履行テストを確実に成功させるために、個人再生の実績豊富な法律事務所へ依頼するとよいでしょう。

当サイトでは無料相談を受付けている法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に利用してくださいね。

個人再生における履行テストのよくある質問

個人再生の履行テストとはなんですか?

債務者が再生計画どおりに返済ができるかどうかを確認するための積立トレーニングのことです。

個人再生の履行テストではどんなことをするのですか?

一般的に、申立て直後から6ヶ月間、再生計画が認可された後に各債権者へ返済する予定の金額と同じ金額を、毎月指定された口座へ振込みます。

債権者へ返済しながら個人再生の履行テストで支払いができるか不安です。

法律事務所へ個人再生を依頼すると、法律事務所から債権者へ受任通知が送られ、借金の返済をストップできます。そのため履行テストの支払いと借金の返済が被ることはありません。

個人再生の費用を積立てながら個人再生の履行テストで支払いができるか不安です。

個人再生の実績豊富な法律事務所へ依頼すれば、個人再生の費用積立と履行テストの支払いが被らないよう、上手く調整してくれる法律事務所がほとんどです。詳しくは法律事務所へ直接相談してみましょう。

>>【相談無料】個人再生の得意な法律事務所へ相談する

個人再生の履行テストで払ったお金はどうなるのですか?

基本的には履行テスト終了後に全額が債務者へ返金されます。ただし再生委員が選任されている場合は、一部が再生委員の報酬に充てられるので注意してください。

個人再生(民事再生)の関連記事
個人再生にかかる期間は約6ヶ月?返済期間を合わせると3〜5年?ブラックリストの掲載期間と合わせて解説

個人再生にかかる期間は約6ヶ月?返済期間を合わせると3〜5年?ブラックリストの掲載期間と合わせて解説

個人再生の手続きは裁判所を介した法的な債務整理手続きのため、手続きには長い期間が必要です。また借金減額後も残った借金は返済していく必要があり返済完了まで3~5年かかります。 個人再生を行うと信用情報機関に事故情報が登録され、いわゆるブラック…