個人再生にかかる期間は約6ヶ月?返済期間を合わせると3〜5年?ブラックリストの掲載期間と合わせて解説

個人再生にかかる期間は約6ヶ月?返済期間を合わせると3〜5年?ブラックリストの掲載期間と合わせて解説

個人再生の手続きは期間が長くかかるといわれていますけど、どのくらいの期間がかかるんですか?

個人再生は裁判所を通じて行う債務整理手続きのため、申立から認可をもらうまでに4~6ヶ月ほどかかるのが一般的だね。それに個人再生は認可後も残った借金を返済していく必要があって、返済期間は3~5年かかるからそれも認識しておく必要があるね。

裁判所を通じた手続きだから時間がかかるんですね。個人再生をするとブラックリストに掲載されて新たなローンやクレジットカードを作れなくなるって聞いたんですがそうなんですか?

その通り。個人再生などの債務整理を行った場合、信用情報機関に事故情報が登録される。これを一般的にブラックリストに掲載されるというんだけど、これにより新たな借入などは難しくなる。

ブラックリストに登録されると普段の生活で不便なこともでてきちゃいますね。ブラックリストは登録されるとずっとその状態が続くんですか?

確かにブラックリストに掲載されると不便な面もでてくるね。でも借入ができない時期は逆に自分の生活面を見直すいい機会だととらえて改善してもらいたいところだね。ブラックリストはずっとではなくて、5~10年で抹消されるからずっと借入ができないわけではないので安心してほしい。

個人再生の手続きは裁判所を介した法的な債務整理手続きのため、手続きには長い期間が必要です。また借金減額後も残った借金は返済していく必要があり返済完了まで3~5年かかります。

個人再生を行うと信用情報機関に事故情報が登録され、いわゆるブラックリスト入りの状態となります。ブラックリストに登録される期間は5~10年間ですが、この期間は新たなローン契約やクレジットカードの作成は難しくなります。

またこれらの期間はあくまで手続きがスムーズに進んだ場合の期間です。個人再生の手続きは準備資料も多く手続きも複雑です。資料の不足や誤りがあれば手続きが遅れるだけでなく、最悪の場合手続きが認められない可能性もあります。

できるだけ早く手続きを完了させるためにも弁護士・司法書士に相談し、最適な方法をアドバイスしてもらうことをおすすめします。

この記事でわかること
  • 個人再生が終わるまでの期間は申立から認可までの期間と返済期間を認識しておく必要がある
  • 申立から認可までに4~6ヶ月かかる。期間の幅は個人再生委員が選任されるかどうかで違う
  • 個人再生の認可をスムーズにもらうためには、「弁護士費用を確実に払う」「弁護士からの依頼事項を確実にこなす」などの対策をとると良い
  • 返済期間が3~5年必要になる。原則的には3年となっているが特別な事情がある場合に5年まで延長が可能
  • 個人再生をした場合、ブラックリストに載る期間は5~10年。この間は新たな借入やクレジットカードの作成は難しくなる

個人再生が終わるまでの期間は?

個人再生は借金を大幅に減額し、残った残額を返済していく債務整理手続きです。個人再生で借金を減額したうえで返済し経済的再生を果たすまでには長い期間がかかります。

個人再生は借金の減額について裁判所に申し立て減額の認可をもらうまでの期間と減額後の借金を返済していく期間の大きく2つに分かれ、それらがすべて完了してはじめて手続きが終了します。

個人再生は自己破産と異なり手続認可後にも返済が続きます。計画通りに完済できなければ借金は元の状態に戻ってしまうため、返済が終わるまでの期間についても十分に把握しておくべきです。

ここでは個人再生手続きにかかる期間について詳しく解説していきましょう。

個人再生の認可が下りるまでの期間は4~6ヶ月

個人再生の手続き期間は申立から認可までにおおよそ4~6ヶ月程度かかります。4~6ヶ月間と幅があるのは、個人再生の手続きに個人再生委員が選任されるかどうかが関わってくるからです。個人再生委員が選任されるかどうかは各地の裁判所の運用や債権の状況によっても異なります。個人再生などの債務整理の経験豊富な弁護士・司法書士であればその地域の状況を詳しく把握していますので、選任されるか知りたい方は相談してみると良いでしょう。

個人再生委員は裁判所に代わって個人再生の手続きを監督する役目を担っています。手続きにおいてこの個人再生委員との面談、意見聴取などがあるため、選任される場合は手続き期間が長くなる傾向にあり、費用面でも個人再生委員への報酬があるため高額となる傾向にあります。

個人再生手続の大まかなスケジュール

個人再生は概ね以下のようなスケジュールで手続きが進みます。

ここでは大まかな流れについてご説明しますので、詳しく知りたい方は以下の記事を参照してみてください。

  • 弁護士・司法書士へ依頼・受任通知発送
    弁護士・司法書士へ依頼すると債権者(お金を貸した側)に対し受任通知(弁護士介入通知)が送付され、同時に取引履歴の開示請求を行います。
  • 申立(1ヶ月後)
    開示された取引履歴を元に過払い金の引き直し計算を行い、債務残高を確定します。合わせて申立のために
    必要な書類の準備や作成を行い、裁判所に個人再生を申し立てます。
  • 開始決定(2ヶ月後)
    申立から1ヶ月ほどで裁判所から個人再生手続き開始決定が出されます。開始決定までの期間に裁判所から借金の経緯や収入の状況など提出した資料の内容について問い合わせがある場合もあるため、できるだけ早く対応するようにしましょう。
  • 債権の届出(3ヶ月後)
    開始決定が出されると裁判所から債権者に対し債権の届け出を求める通知が出されます。申し立てた側はそれを受けて債権を認めるかどうかを裁判所に提出し債権額が確定します。
  • 再生計画案の提出(4~5ヶ月後)
    債権が確定したら減額後の返済計画について再生計画案を作成します。再生計画案の提出には期限が設定されていますので遅れないようにしましょう。
  • 再生計画案の認可(6ヶ月後)
    再生計画案を提出すると裁判所が再生計画案を書面決議に付し債権者からの反対が一定数以下であれば再生計画が認可され借金の減額が確定します。
  • 返済支払開始(7ヶ月後)
    再生計画の認可が確定した翌月から返済が開始となります。返済が滞った場合個人再生の認可自体が取り消されることもありますので、着実に返済していくことが大事です。

個人再生の手続期間を短くするには弁護士費用の支払いと依頼事項の着実な実行が大切

先ほど解説したように個人再生の認可はスムーズに進んだとしても4~6ヶ月と長い期間がかかります。

手続きが滞ると手続き期間も長くなり、その間には遅延損害金返済が滞った場合に発生する損害賠償金の一種です。多くの場合、契約や約款で遅延損害金が定められており元本・利息の支払いに加えて支払う必要があります。遅延損害金は利息制限法で利率が定められており、10万円未満で29.2%、10万円以上100万円未満で26.28%、100万円以上で21.9%が上限ですが、年率14%~20%の範囲で定められていることが多くなっています。も発生してしまいます。当然最終の返済額も大きくなってしまう可能性もあるため、できるだけ早く認可を得ることが大切です。

ここでは手続きをできるだけ早く終わらせるための対策についてご紹介します。

弁護士費用の支払いを確実に行う

弁護士・司法書士へ支払う依頼費用を契約に基づき確実に支払うようにしましょう。

弁護士・司法書士に手続きを依頼する場合は弁護士・司法書士費用が必要になります。弁護士・司法書士費用は30~50万円 と多額の費用がかかるため、支払いも一括または分割で支払うことが多くなっています。多くの弁護士・司法書士事務所では依頼費用の支払いが完了してから申立を行うこととなっているため、支払いが遅れれば手続きはいつまでも始まらないままです。

支払いが滞ることにより期間が長くなるだけでなく、弁護士・司法書士との信頼関係が損なわれ最悪の場合、依頼を断られる可能性もありますので確実に支払いを行うようにしましょう。

弁護士の依頼事項を確実にこなす

手続を進めるにあたり弁護士から書類の準備などを依頼されますので、確実にこなすようにしましょう。

弁護士・司法書士に依頼すれば、手続きの多くを弁護士・司法書士が代替してくれますが、何もしなくていいわけではありません。申立には借入先、借入額、収支などの家計の状況、財産状況等を証明するさまざまな資料が必要になります。これらの資料は依頼者本人が情報提供したり、資料を準備したりする必要があり、準備できなければ手続きを進めることができません。

弁護士から依頼があった場合はできるだけ速やかに準備することで手続期間を短縮することにつながるため、積極的に協力するようにしましょう。

個人再生の返済期間は原則3年

個人再生で減額された借金の返済期間は原則3年間となっており、特別な事情があり裁判所が認めた場合は最長で5年間まで延長できます。ただし、再生計画認可後に自ら早めに返済することは自由です。

また再生計画認可後に病気やケガなどやむをえない理由で返済が難しくなった場合は、裁判所の許可が得られれば最長2年間までの延長が可能です。つまり認可された再生計画で弁済計画が3年の場合は5年まで、5年の場合は7年までの延長が可能になります。ただし、返済の延長が認められるまでには期間がかかります。

返済が厳しくなった場合は早めに手続きを依頼した弁護士・司法書士に相談するようにしましょう。

個人再生をした場合にブラックリストに載る期間は5年~10年

個人再生を行った場合、信用情報機関に事故情報が登録されます(ブラックリスト入り)。

個人信用情報は借入時やクレジットカードの作成時に貸金業者が審査に利用する情報のため、事故情報が登録されると、新たな借入やクレジットカードの作成はできなくなります。

ここでは具体的にいつからいつまでの期間ブラックリストに登録されるのかについて詳しく解説します。

個人信用情報から事故情報が削除されるまでは5~10年

個人再生の場合、事故情報の登録される期間は信用情報機関によって異なります。また信用情報機関により加盟している業者に違いがあります。他の債務整理方法と合わせて登録機期間を見てみましょう。

信用情報機関の
種類
加盟している
業者
個人再生 任意整理 自己破産
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行、信金、農協、
ろうきんなど
10年 5年 10年
日本信用情報機構(JICC) 貸金業者、
保証会社など
5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード会社、携帯電話会社など 5年 5年 5年

個人再生の事故情報は、基本的に上記の期間が経過すると信用情報機関から削除されます。

貸金業者やクレジットカード会社は新たな貸し付けを行う際に個人信用情報を照会し審査しますが、業者によっては複数の信用情報機関を参照していることもあり、例えばCICとKSC、JICCとKSCなどを参照している場合には10年間新規の借入やクレジットカードの作成は難しくなるでしょう。

ブラックリストに掲載されるタイミングは受任通知送付若しくは個人再生開始決定時

ブラックリストに掲載されるタイミングは信用情報機関が債務者が支払不能に陥ったことを知ったタイミングです。

個人再生を弁護士に依頼した場合、委任契約を締結した段階で債権者に受任通知が送付され、債権者が支払不能の事実を知ります。また、自分で個人再生手続を行う場合は個人再生の開始決定が認可された時点でその事実が官報に掲載されることで債権者や信用情報機関が支払不能の事実を知ることになります。

このいずれかの債権者や個人信用情報会社が事実を確認したタイミングでブラックリストに掲載されるというわけです。

個人信用情報に事故情報が掲載されるとクレジットカードの作成や新たな借入ができない

ブラックリストに掲載されるとクレジットカードを作れなくなったり、新規ローンの審査に通らなくなったり影響が出てきます。

それぞれの対策について詳しくご紹介します。

クレジットカードが作れない

ブラックリストに掲載されるデメリットの1つはクレジットカードが作れなくなることです。

公共料金をはじめとして各種サービス利用料の支払いなど多くの場面で必要になっていますので、不便を感じる方も多いはずです。

代替カードを用いることで、ある程度の不便は解消できる

ただし、クレジットカードに変わるカードを作ることで、店頭での電子決済、ネット決済、スマホへチャージはある程度カバー可能です。

具体的カードの1つ目は、家族カードを利用することです。家族カードはクレジットカードの主たる契約者の信用力で家族がクレジットカードを利用できます。夫が債務整理をしていたとしても、妻が主たる契約者のクレジットカードの家族カードの発行であれば妻の信用力が十分にあれば発行が可能です。

ただし主たる契約者と生計を同一にしている人でないと作れない、限度額は主たる契約者の限度額を共有するなどの条件がありますので、認識しておいてください。

また、デビットカードもクレジットカードに代わるカードとしては使い勝手がいいカードです。デビットカードとはクレジットカードと違い利用と同時に口座からお金が引き落とされるカードです。現金で払うことと同じですので作成時の審査などはありません。

デビットカードの見た目はクレジットカードと同じでVISAやJCBが発行しており加盟店であればどこでも利用することができます。ただし、一部のインターネットサービスなどではデビットカードでは利用できないケースもありますので利用前に確認するようにしましょう。

そして、プリペイドカードを代替カードとして持つ方法もあります。プリペイドカードは事前に現金をカードにチャージし利用する前払い式のカードです。デビットカード同様にチャージした分しか利用できないため審査はありません。見た目もクレジットカードと特に変わりないため、違和感もありません。最近ではスマホのアプリで簡単に作成できるものがあるなど利用しやすくなっていますので、検討してみてもいいでしょう。

なお、インターネットで「ブラックリストに掲載されていてクレジットカードが作れる」といった情報や「ブラックリストでもクレジットカードの審査を通します」といった広告を見かけます。しかしこれらの情報は特に根拠もなく、審査に通すとすれば怪しい業者の可能性もあるため、審査に申し込むことはやめておきましょう。

新規ローンの審査が通らない

ブラックリストに掲載されている期間は新規ローンの審査はほぼ通りません。ブラックリスト期間中でも借入できるといったような広告をたまに見かけますが、違法な業者である可能性もあるので利用は注意するようにしてください。

計画的な支払い、中古品などの利用によりできるだけ出費を抑える工夫を

新規ローンを組むことができない場合の対処法の1つは現金を用意することです。当たり前のことですが実はとてもこれが重要です。

そもそも債務整理をするに至った原因は身の丈に合わない借金をしてしまったことや、無計画な借金により返済が難しくなったというケースも多いはずです。新規ローンに通らないことをデメリットととらえず、計画的にお金を貯めたり自身の経済力の範囲で生活するなど、お金にまつわる部分を改めて整理するいい機会ととらえましょう。

2つ目の方法は中古品などを活用しできるだけ安く買うことです。自動車や携帯電話をはじめとして新品であれば高額な買い物となることの多いものでも、中古品であれば安く買えることも増えてきました。自身の貯蓄や余剰金の範囲で購入できるものを探して購入するといいでしょう。

ただし、中古品の場合は中には粗悪品があったりするケースも考えられます。できるだけ信頼できる店舗から購入する、実物を確認した上で購入するなどの対策を取ったうえで購入することをおすすめします。

事故情報が削除されても個人再生の対象となった債権者からの借入は難しい

事故情報の登録期間が経過して事故情報が削除されたとしても個人再生の対象となった債権者の場合借入ができない場合が多くなっています。

個人再生の対象となった債権者では社内で事故情報が半永久的に保管されます。この状態は「社内ブラック」といわれ、審査にはほぼ通りません。また、個人再生を行った債権者だけでなくそのグループ系列の企業などでも同様に事故情報が共有されている場合も多いため、例えば銀行系の消費者金融などで個人再生を行った場合は親会社である銀行のローンも通らないと考えておきましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 個人再生における期間は申立から減額認可までの期間と減額後の借金を返済していく期間の2つに分かれる
  • 認可が下りるまでの期間は4~6ヶ月かかり、個人再生委員が選任されるかで異なる。個人再生委員の選任は裁判所ごとに運用が決まっており、選任される場合は手続き期間が長くなる傾向にある
  • 個人再生手続きは弁護士への依頼→申立→開始決定→再生計画提出→再生計画認可→返済開始の流れで進む
  • 個人再生は認可されてから5~10年間はブラックリストに掲載され新たな借入やクレジットカード作成ができなくなる
  • ブラックリストは受任通知送付若しくは個人再生開始時から掲載される。
  • クレジットカードを作れない期間は「家族カードを使う」「デビットカードを使う」「プリペイドカードを使う」などで対処できる
  • 新規ローンができない期間は「現金を用意する」「中古で安く買う」など自身の経済状況に合わせた生活を心がけると良い
  • 事故情報が削除されても個人再生の対象とした債権者では事故情報が「社内ブラック」として保管されているため、審査は通らない

個人再生の手続は裁判所を介した手続きのため4~6ヶ月かかります。返済期間も3~5年と手続きが完全に完了するまでには長い期間が必要です。ブラックリストにも5~10年掲載されるため、生活への影響も大きくなることが考えられます。

しかし個人再生は自宅を守りながら借金を大幅に減額でき、現在の苦しい状況から経済的な再生を図れるメリットのある債務整理方法です。

現在、返済で苦しんでいる方はできるだけ早く手続きを開始し認可を受けることで返済に苦しむ今の状況を脱することが大切です。弁護士・司法書士へ相談すれば適切な債務整理方法についてアドバイスがもらえますし、手続き時に支援してもらうこともできます。

まずは現在の状況を変えるためにも弁護士・司法書士へ相談してみてはいかがでしょうか。

監修者
得意分野
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 離婚
  • 交通事故
所属事務所
弁護士法人アクロピース
所属弁護士会
埼玉弁護士会
登録番号
53459
経歴

宮城県立仙台第二高等学校 卒業
中央大学法学部法律学科 卒業
明治大学法科大学院 修了

私の弁護士としてのモットーは、「譲れないものは譲らない」です。法律問題に限らず、紛争に巻き込まれたとき、人は相手のことを気遣い、あるいは諦めて、相手の主張をほとんどそのまま受け入れてしまう場合があると思います。もちろん、それも問題解決の選択肢の一つなので、間違っていることだとは思いません。ですが、本来法的に認められるべき権利は守られなければならないと私は思いますし、それをご本人に代わり主張するのが弁護士の役割だと考えています。たとえ難しい問題でも、ご相談者様やご依頼者様と共に考え、譲れないもの、譲るべきではないものをまず基本に据えて、そのうえで最大限の利益を図れるよう、解決に努めて参りたいと思います。そして、最後には、この弁護士に相談して良かった、依頼して良かった、と思っていただければ嬉しいです。

個人再生(民事再生)の関連記事