債務者が逃亡しても連帯保証人が返済義務を負う!返済額は後から主債務者へ請求しよう

連帯保証人 債務者逃亡

先日、債権者から友人の返済が滞っているから代わりに返済するよう請求が来ました。友人にいくら連絡しても出てくれないのですが「絶対に迷惑をかけない」と頼み込まれて連帯保証人になったんです。このような場合でも、私に返済義務があるんですか?

主債務者が逃亡した場合も、連帯保証人が借金の返済義務を負わなければなりません。債権者の請求どおり払うのが難しければ、法律事務所へ相談するのがおすすめです。債権者からの請求をストップしたり、裁判を起こされた場合は、訴訟対応もしてもらえます。

なるほど。自分の意思で連帯保証人になったので、仕方ないとは思うのですが、やはり返済義務を追うことに納得できません。払わずに済ます方法はないのでしょうか?

借金に担保が設定されていれば、担保の売却額で相殺できたり、5年以上滞納している借金なら時効援用で返済義務をなくせる可能性もあります。もし払わずに済ますのは難しくても、支払った分を後から主債務者へ請求することは可能なので、併せて法律事務所へ相談してみるとよいでしょう。

「絶対迷惑をかけないから、名前だけ貸して」と頼み込まれて連帯保証人になったら、主債務者が逃亡して連絡が取れなくなるケースは珍しくありません。

この場合、主債務者の返済が滞るため、債権者から連帯保証人へ代わりに返済するよう請求が来てしまいます。

連帯保証人である自分が返済義務を負うのは納得できない、と考える人もいるかもしれませんが、請求を無視すると給料や預貯金口座など財産を差押えられる恐れもあります。

連帯保証人になった借金について、債権者から請求を受けたら、すぐに法律事務所へ相談しましょう。

債権者からの請求をストップしてくれたり、裁判を起こされた場合は、訴訟対応もしてもらえます。

また債権者へ返済した分を後から主債務者へ請求することは可能なので、併せて法律事務所へ相談してみるとよいでしょう。

>>【債権者からの請求に即対応】法律事務所への無料相談はこちら

この記事でわかること
  • 主債務者が逃亡しても、連帯保証人は借金の返済義務を負う。
  • 5年以上滞納している場合は時効援用で返済義務をなくせる場合もある。
  • 連帯保証人の借金返済義務から逃れられない場合は、債務整理も検討しよう。

主債務者が逃亡しても連帯保証人は借金の返済義務を負う

「絶対に迷惑をかけないから、名前だけ貸して」といわれ、断りきれずに連帯保証人を引受ける人は多いです。

連帯保証人とは、主債務者が返済不能に陥った場合、代わりに借金の返済義務を負う人を指します。

主債務者がきちんと返済をしている間は、連帯保証人に借金の請求が来ることはありません。

しかし主債務者が夜逃げなどをして突然消息を絶ってしまうと、代わりに返済するよう債権者から連帯保証人へ請求がいきます。

主債務者が逃亡すると分かっていれば、誰も連帯保証人になどならなかったはずです。

しかし、主債務者が逃亡してしまった場合でも、連帯保証人には借金の返済義務が発生してしまいます。

なぜ、主債務者が逃亡した場合も、連帯保証人は借金の返済義務から逃れられないのでしょうか。

次の項目から、詳しくお伝えします。

自分の意志で連帯保証人になったなら契約は有効

連帯保証人になる時は、まさか主債務者が逃亡するなんて想像もしていなかったでしょう。

そのため「自分は騙されて連帯保証人にさせられたのだから、連帯保証人の契約は無効では」と考える人もいるかもしれません。

しかし、自分の意志でサインや捺印をして契約を結んだのなら、例え主債務者が逃亡した場合でも連帯保証人の契約は有効です。

ただし悪質なケースでは「そういうことなら、連帯保証人になろうとは思わなかった」と後から主張して連帯保証人の契約を取消せる可能性もあります。

例えば主債務者に以下のような事情があり、連帯保証人はそのことを知らずに契約したような場合です。

  • 連帯保証人になる時点で、主債務者に多額の借金があった。
  • 主債務者が、破綻の危険性の高い事業を始めようとしていた。

また相手に脅迫され、無理やり連帯保証人にさせられた場合にも、契約が無効となる可能性があります。

民法第96条1項によると、脅迫によっておこなった意思表示は取り消すことが可能です。

第九十六条 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

引用元:e-Govポータル「民法第96条1項」

もし連帯保証人になるという意思表示が脅迫によるものなら、取消すと主張できるのです。

上記のような悪質なケースや脅迫に該当しそうな人は、法律事務所へ一度相談するとよいでしょう。

「債権者に騙されて契約した」場合でなければ詐欺ではない

連帯保証人になった途端、主債務者に逃げられた場合「初めから借金を返済する気がない、詐欺ではないのか」と考える人もいるかもしれません。

しかし基本的に債務者が騙したり嘘をいっていたような場合は詐欺には当たらず、あくまでも債権者側が連帯保証人に対して嘘をいっていた場合のみ該当します。

例えば「債権者からの請求額を見たら、契約時に保証した金額より高額になっていた」というケースです。

この場合、契約書に署名・捺印した時に貸付額が記載されておらず、後から書入れられた可能性があります。

もし契約書記入の際に債権者も同席していて、口頭で確認された金額とは異なる金額が後から書入れられたなら、口頭で確認された金額を超える請求は認められません。

また、契約書記入の際に債権者が同席していなかった場合も、基本的に当初確認された金額を超える請求は拒否できます。

もし、債権者が引き下がらない場合は、速やかに弁護士へ相談しましょう。

ただし債権者に騙されたとして詐欺を主張する場合は、証拠がなければ立証できません。

連帯保証人の契約を結ぶ際は、契約書の控えをもらうなど、しっかりとした証拠を残すことが重要です。

主債務者が逃亡して借金の返済義務を負ったら法律事務所へ相談しよう

脅迫や詐欺などであることを立証できない限り、連帯保証人自身に借金を返済する意思がなくても、債権者が請求を止めてくれることはありません。

また請求を無視しても、債権者は強制的に借金を回収しようと裁判を起こす恐れがあります。

裁判で債権者に有利な判決が下りれば、給料や自宅など財産を差押えられる場合もあるのです。

大切な財産が差押えられる前に、主債務者が逃亡して借金の返済義務を負ってしまったら、まずは法律事務所へ相談しましょう。

法律事務所へ依頼すれば、弁護士が間に入って債権者からの請求をストップしてくれたり、裁判を起こされた場合は、代理人として訴訟対応もしてくれます。

また借金額などに応じて、借金自体の負担を減らす方法もアドバイスしてもらえるのです。

まずは無料相談を利用して、気軽に相談してみましょう。

>>【債権者の請求をストップ】法律事務所の無料相談はこちら

連帯保証人になった借金の返済義務を負ったらどうする?

ある日突然、主債務者が消息を絶ち、連帯保証人である自分宛てに請求が来たら、どうすればよいのでしょうか。

「迷惑をかけないといわれて名前を貸しただけだから、1円も払いたくない」という人もいるでしょう。

もしくは自分の意思で連帯保証人になったのだから、請求に応じて返済しようと考える人もいるかもしれません。

しかし連帯保証人への請求は基本的に一括請求である場合が多く、返済の意思にかかわらず、債権者の要求どおり返済できる人は少ないです。

では、連帯保証人になった借金の返済義務を負った場合、どうすればよいのでしょうか。

次の項目から、具体的な対処法について紹介しますので、参考にしてください。

連帯保証人の変更・解除を申出る

債権者の合意が得られれば、契約途中で連帯保証人を変更・解除できます。

ただし、以下のような条件がつくのが一般的です。

  • 自分と同程度の収入がある別の連帯保証人を立てる。
  • 不動産などの一定以上の資産を担保として差し出す。

また主債務者が逃亡して連絡が取れないという状況であれば、債権者に契約の途中変更を受入れてもらうのは極めてハードルが高いといえます。

もし債権者の合意が得られない場合は、基本的に契約期間が満了するまで契約を解除できません。

担保の設定がある場合は担保の売却額で相殺する

もし、連帯保証人になった借金に不動産などの担保が設定してある場合、担保を売却し、その売却額で借金を相殺できる可能性もあります。

ただし連帯保証人は債権者から請求があった場合、基本的にそれを拒むことができません。

また、例えば連帯保証人の収入が極端に多く、担保になっている物件が売れそうにないという場合は「連帯保証人に対して裁判を起こす方が先」と債権者が判断する可能性もあります。

あくまでも、債権者の判断によるということを覚えておいてください。

担保を売却しても請求額が残ると連帯保証人に請求がいく

前述のような、担保を売却して借金を相殺するという方法は、あくまでも担保の売却額が借金額を上回る場合に有効です。

そのため、担保を処分した後に借金が残ってしまう場合は、不足額について連帯保証人に請求がいくことになります。

5年以上滞納している場合は時効援用で返済義務をなくす

最終返済日から5年以上経過している借金であれば、時効援用をすることで返済義務をなくせる場合があります。

ただし時効成立までの期間に時効の中断事由があると、時効期間がリセットされてしまうので注意しましょう。

時効援用ができるのは主債務者だけと思っている人もいるかもしれませんが、連帯保証人も時効援用で返済義務をなくせます。

また付従性といって、主債務者の時効が成立したり、時効が中断すると、連帯保証人の時効もそれに伴って成立・中断します。

加えて連帯保証人の時効が中断していても、主債務者の時効が成立していれば、連帯保証人が主債務者の時効援用をすることで借金の返済義務をなくせる場合もあります。

連帯保証人の時効援用方法や時効の中断事由について、詳しくは以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

返済に応じて後から主債務者へ請求する

もし債権者の請求に応じる資力があるならば、債権者の要求どおりに返済するのが最も早く解決する方法です。

この場合、連帯保証人は自分が債権者に支払った金額を後から主債務者へ請求できます。

これを求償権といいます。

また、主債務者からの回収が困難な場合でも、自分とは別に連帯保証人がいる場合は、連帯保証人の頭数で割った分を他の連帯保証人に請求することも可能です。

債権者と分割返済の交渉をする

債権者は「連帯保証人に自己破産などの債務整理をされるより、分割返済でも回収できた方がよい」と考えていることが多いです。

そのため、分割弁済の交渉が成立する余地はあります。

ただし、自力で分割交渉する場合は、完済まで高額な利息も併せて支払うよう要求される恐れもあるため、注意しましょう。

また、時効が成立していた場合は、時効援用で返済義務をなくせるチャンスを逃す恐れもあります。

自力で交渉する前に、時効が成立している可能性がないか、専門家である法律事務所へ相談することをおすすめします。

連帯保証人の借金返済義務から逃れられない場合は債務整理も検討しよう

前の項目で紹介した方法でも、連帯保証人の借金返済義務から逃れられない場合は、法律事務所へ相談するのがおすすめです。

前述したとおり、自力で分割返済の交渉をすると、高額な利息も請求される恐れがあります。

また、返済後に主債務者や他の連帯保証人へおこなう請求も、法律事務所にアドバイスをもらいながらおこなうのが確実です。

法律事務所へ相談した場合、債務整理という方法で借金問題を解決します。

債務整理とは国が認めた借金救済制度で、利息をカットしたり一括請求を長期の分割払いに変更できるなど、合法的に借金の負担を減らす手続きの総称です。

単なる節約法やその場しのぎの金策ではなく、借金自体を減らせるところが大きなメリットです。

債務整理には主に以下の3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

それぞれの方法について、どのような手続きなのか、どのようなメリットや注意点があるのか、次の項目から詳しくお伝えします。

任意整理で利息をカットし長期分割で返済できる

任意整理とは、法律事務所が債権者と直接交渉して、今後支払う予定の利息をカットや減額し、3~5年の長期分割で完済を目指す方法です。

任意整理をすると、利息がカットされるので最終的に債権者へ返済しなければならない金額を減らせます。

また債権者から一括での返済を迫られている場合も、法律事務所が間に入って交渉することで、長期分割で返済できるようになるのです。

他にも任意整理には、近所や勤務先はもちろん同居家族にもバレずに手続きできる、などのメリットがあります。

ただし、任意整理をすると一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができないので注意してください。

「任意整理をすると、自分の場合どのくらい借金の負担が減るのか」気になる場合は、以下の借金減額診断シミュレーターを利用してみましょう。

自己破産で借金の返済を全額免除してもらえる

自己破産とは裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を全て手放す代わりに、借金の返済を全額免除してもらえる方法です。

債務整理の3つの方法の中で、最も借金の負担を減らせる方法ですが、家や車などの財産を所有している場合は財産を失う恐れがあります。

ちなみに任意整理と同じく、一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

また「自己破産をすると近所や職場に知られてしまうのでは」と気にする人もいますが、基本的には同居している家族以外に知られることはないので安心してください。

個人再生で家や車など財産を残して借金を減らせる

個人再生とは、裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を手放さずに借金を負債総額に応じて約1/5から1/10に圧縮し、3~5年で分割返済する方法です。

個人再生は自己破産のように借金がゼロにはならないものの、条件を満たせばローンの残る住宅も手元に残せるというメリットがあります。

なお自己破産同様、一定期間は信用情報に事故情報が載る点や、同居している家族にのみ秘密で手続きするのは難しい点には注意しましょう。

ここまで、3つの債務整理手続きについて紹介してきました。

「自分にはどの方法が合っているのか」「自分の場合どれくらい負担が減るのか」もっと詳しく知りたいという人は、法律事務所へ直接相談してみるとよいでしょう。

専門家である弁護士から、個々の状況に合わせたアドバイスを受けられます。

当サイトでは無料で相談できる法律事務所を紹介しているので、まずは気軽に相談してみてください。

まとめ

連帯保証人になったら主債務者が逃亡してしまい、債権者から請求を受けた場合は、すぐに法律事務所へ相談しましょう。

請求を無視してしまうと、給料や預貯金口座などを差押えられる恐れがあります。

法律事務所へ相談すると、債権者からの請求をストップしてくれたり、裁判を起こされた場合は訴訟対応もしてくれます。

また債権者へ返済した金額は、後で主債務者に請求することも可能なので、併せて法律事務所へ相談してみるとよいでしょう。

連帯保証人になった借金のよくある質問

連帯保証人になったら、主債務者が夜逃げしてしまいました。初めから払う気がなかったと思うので、詐欺ですよね?

主債務者に騙されたり嘘をつかれた場合は、基本的に詐欺には当たりません。自分の意志で連帯保証人になったのなら、契約どおり返済義務が発生します。

「絶対に迷惑をかけない」といわれたので連帯保証人になったのに、主債務者に逃げられてしまいました。騙されて連帯保証人になったので、契約は無効ですよね?

自分の意志でサインや捺印をして契約を結んだのなら、例え主債務者が逃亡した場合でも連帯保証人の契約は有効です。ただし相手に脅迫され、無理やり連帯保証人にさせられた場合などは、契約が無効となる可能性があります。法律事務所へ相談して詳しく事情を説明し、アドバイスを受けるとよいでしょう。

連帯保証人になったら主債務者が逃げてしまい、債権者から請求が来ています。返済できる見込みがないのですが、無視しても大丈夫ですか?

請求を無視してしまうと、信用情報に事故情報が掲載され、新規借入やクレジットカードの新規発行ができなくなったり、債権者から裁判を起こされ財産を差押えられる恐れもあります。そうなる前に、法律事務所へ相談するとよいでしょう。

連帯保証人になったら主債務者が逃げてしまい、債権者から請求が来ています。返済できない場合どうすればよいですか。

借金に担保が設定されていれば、担保の売却額で相殺できたり、5年以上滞納している借金なら時効援用で返済義務をなくせる可能性もあります。どちらも難しければ、法律事務所へ相談するのがおすすめです。債権者からの請求をストップしたり、裁判を起こされた場合は、訴訟対応もしてもらえます。

連帯保証人になったら主債務者が逃げてしまい、債権者から請求が来ています。返済することに納得がいかないのですが、払わずに済ます方法はありますか?

借金に担保が設定されていれば、担保の売却額で相殺できたり、5年以上滞納している借金なら時効援用で返済義務をなくせる可能性もあります。どちらも難しい場合、法律事務所へ依頼して自己破産をすれば、借金の返済を全額免除してもらうことも可能です。

監修者
得意分野
  • 借金問題
  • 相続
  • 交通事故
所属事務所
力武法律事務所
所属弁護士会
長崎県弁護士会
登録番号
46405
経歴

佐賀県伊万里市出身
2003年 伊万里高等学校卒業
2007年 日本大学法学部法律学科(法職課程)卒業
2009年 東北大学法科大学院修了
2012年 弁護士登録し、岩永法律事務所(現:弁護士法人岩永・新富法律事務所)に勤務
2018年 力武法律事務所開業

長崎で力武法律事務所を運営しております、力武伸一です。「皆様にとってより身近な法律事務所でありたい」を理念として掲げ、お悩みの相談を受け付けております。ご相談いただく方々は、さまざまな不安や悩みを抱えておられます。その不安を、より「早く」大きな安心に変えることを意識しております。
また、弁護に関わる法律は難解な言葉も多いため、理解しやすいように「分かりやすく」説明いたします。相談の際には、平日の昼間だけでなく夜間、土日祝日、弁護士が直接「親しみやすく」接することを心掛けております。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…