ネカフェ生活で借金踏み倒しは無意味!借金問題を解決したいなら法律事務所へ相談しよう

ネカフェ生活でも借金は踏み倒せない! ネカフェ生活を送る人の効果的な借金解消法は?

数ヶ月前からネットカフェ生活を送っているのですが、借金の返済でギリギリの状況です。もうこれ以上返済するのは無理だと思うのですが、借金を踏み倒す方法はないでしょうか?

借金を踏み倒した場合、ずっと債権者から逃げ続ける人生を送らなければなりません。定職に就けず、債権者に見つかったら引っ越しを繰り返す日々です。そんなことをするよりも、きちんと法律事務所へ依頼して債務整理をした方が借金の負担は軽くなるでしょう。

なるほど、わかりました。債務整理を依頼するにはどうしたらよいですか?

まずは「住居」と「安定収入」を確保しましょう。債務整理を行う以前に、定まった住居と安定した収入を確保することは、今後経済状況を再建するうえで必要不可欠です。そうはいってもどうしたらよいかわからないという場合も、法律事務所へ相談してアドバイスをもらうとよいでしょう。

ネットカフェ生活を送っている人で、借金を抱えている人は多いです。

ネットカフェ生活は収入が不安定になりがちで、なかには「借金の返済が滞ってしまうのではないか」という不安から精神的に追い詰められてしまう人もいます。

しかし、返済が辛くても借金を踏み倒すことはおすすめできません。

一度借金を踏み倒してしまうと、債権者から一生逃げ回る人生を送ることになってしまいます。

場合によっては家族や友人など、大切な人との関係を壊すことにもなるのです。

今、あなたがネットカフェ生活を送りながら借金返済について悩んでいるなら、まずは法律事務所へ相談してみましょう。

>>【借金返済に悩んでいるなら】まずは法律事務所へ無料で相談しよう

この記事でわかること
  • ネットカフェ生活を送る人が借金を踏み倒しても返済義務はなくならない。
  • ネットカフェ生活を送る人が借金を踏み倒すとずっと債権者からの逃亡生活を続けることになる。
  • ネットカフェ生活を送る人が借金を踏み倒すと国民健康保険に加入できず選挙にも行けない。

ネットカフェ生活を送る人が借金を踏み倒しても意味がない

ネットカフェ生活を送る人にとって、借金の返済は大きな負担となっていることでしょう。

日々の生活もやっとなうえ、いつ終わるかわからない借金の返済に追われ「いっそ借金なんて踏み倒してしまえばいいのでは」と思う人もいるかもしれません。

しかし、結論からいうと、借金を踏み倒してもなんの意味もありません。

「なぜ、借金の踏み倒しは無意味なのか」次の項目から詳しくお伝えします。

踏み倒しても借金の返済義務はなくならない

たとえ借金を踏み倒したとしても、借金の返済義務からは逃れられません。

長い間返済していなかったり、債権者と連絡を取っていなかったとしても「時間が経てば勝手に借金の返済義務がなくなる」ということはないのです。

借金の返済義務をなくしたいのなら、自己破産をして裁判所から免責許可を受けるのが最も確実な方法です。

借金の時効は時効援用の手続きをしないと成立しない

借金の返済義務をなくすには、自己破産以外にも、時効を完成させるという方法もあります。

「借金には時効がある」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、借金の時効は「ただ時効成立の期間を過ぎれば自動的に返済義務がなくなる」というものではありません。

借金の時効を完成させるには、時効が成立した状態で時効援用の手続きをする必要があります。

時効が成立する条件とは、最終返済日から5年以上経過していることです。

ただし、時効成立までの期間に時効の中断事由が発生していると、その時点で時効期間がリセットされてしまいます。

時効援用のやり方や時効の中断事由についてさらに詳しく知りたい場合は、こちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

ネットカフェ生活を送る人が借金を踏み倒したらどうなる?

前述したように、借金を踏み倒しても返済義務はなくならず、自己破産をするか時効が完成しない限り借金は一生残ることになります。

それだけでなく、借金を踏み倒してしまうと今以上に状況が悪化し、また保証人がいる場合には保証人の人生を狂わせてしまう恐れもあります。

次の項目から「借金を踏み倒した場合、どんな状況に陥るのか」について詳しくお伝えします。

取立てに怯える生活が続く

借金を踏み倒してしまうと、一生、債権者からの逃亡生活を続けることになります。

どこかに腰を据えて住むことができず、ネットカフェを転々として、お金がないときは野宿をする場合もあるかもしれません。

債権者に居場所が知られるのを恐れて友人や家族とも連絡がとれず、孤立無援の厳しい状態となってしまうことが多いです。

定職に就けない

前述したように、借金を踏み倒して逃げている間は定まった住居がなく、定職に就くのが困難になります。

日雇い労働やパチンコ店の店員、風俗の勧誘など、不安定な収入の仕事にしか就けないことも多いです。

仮に、安定した収入の仕事に就けたとしても、債権者に見つかった場合はすぐに引っ越さなければならないため、同じ勤務先に長く勤めるのは難しいでしょう。

1日ごとに遅延損害金が増え続ける

借金を滞納すると、返済が遅れたペナルティとして1日ごとに遅延損害金がつきます。

これは借金を踏み倒している間も変わりません。

債権者によっては、通常の利息より遅延損害金の利率を高く設定している場合もあります。

そのため、放置すると遅延損害金はどんどん膨らみ、遅延損害金の金額が元金を上回る場合もあります。

国民健康保険に加入できず選挙にも行けない

債権者は住民票を自由に閲覧できるため、住民票を移してしまうと、どこに転居したかすぐに知られてしまいます。

そのため、借金を踏み倒して逃げている間は住民票を移動できません。

そうなると、国民健康保険に加入できず、選挙にも参加できないことになります。

国民健康保険に加入できないと、病院での支払が高額になります。

また、国民健康保険は滞納すると高い利率の延滞税が課せられ、銀行口座や給与が差押えられることもあります。

国民健康保険を滞納した場合の対処法について詳しく知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

借金の保証人に迷惑がかかる

お金を借りる際には、保証人をつけることが多いです。

もし、債務者が借金を踏み倒して逃げてしまったら、その返済を保証人が肩代わりしなければなりません。

借金を踏み倒せば保証人からの信頼を失うのはもちろんのこと、保証する金額によっては保証人も自己破産など何らかの債務整理手続きをしなければならない場合もあります。

そうなれば、保証人の人生を壊してしまう恐れもあるのです。

ネットカフェ生活を送る人が借金問題を解決する方法

ネットカフェ生活を送る人が借金問題を解決するのに、借金を踏み倒すという方法は全く意味がありません。

それどころか、今以上に状況が悪化し、大切な人との関係を壊す結果にもなりかねません。

次の項目から、ネットカフェ生活を送る人が借金問題を解決するために、本当に有効な方法についてお伝えします。

今、ネットカフェ生活を送りながら借金の返済に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

「住居」と「安定収入」を確保して法律事務所へ相談しよう

返済困難な借金の問題を解決するのに、債務整理はとても有効な手段です。

債務整理とは、利息をカットして分割で返済したり、すべての借金の返済義務をなくしたりできる手続きで、法律事務所へ依頼しておこなうのが一般的です。

しかし、債務整理をする場合、その後経済状況を再建するためには、定まった住居と安定した収入を確保することが大切です。

そのため、ネットカフェ生活を送る人はまず「住居」と「安定収入」を確保する必要があります。

以下の記事では、ネットカフェ生活を送る人が「住居」と「安定収入」を確保する方法について、より詳しく紹介していますので参考にしてください。

「住居」と「安定収入」が確保できたら、次は法律事務所へ相談に行きましょう。

法律事務所へ依頼すれば、債権者からの督促も止めることができますし、個々の状況によっては、家族や周りに知られず手続きすることも可能です。

最適な方法は人によってさまざまなので、気になる人はまずは以下の無料相談を利用して、気軽に法律事務所へ相談してみてください。

まとめ

ネットカフェ生活を送る人は、今の自分の状況を知られたくないために、家族や友人との連絡を絶って孤立しがちです。

孤立してしまうと必要な情報を得られず、その結果、借金の問題に対する有効な対処法がわからないまま、踏み倒しという手段を取ってしまう人も少なくありません。

改めて、借金を踏み倒しても返済義務が消えることはなく、今以上に状況が悪化して大切な人との関係を壊すかもしれないことを覚えておきましょう。

自分の力ではどうにもならないと思ったら、ぜひ法律事務所の無料相談を利用してください。

経験豊富な弁護士が、あなたに最適な解決策を提示してくれるでしょう。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…