脱毛ローンが残っている人必見!債務整理する3つの方法を解説!支払いが不安な人の疑問を解消します

脱毛ローンの返済が苦しい場合、債務整理できると聞いたのですが、本当にできるのでしょうか?

脱毛ローンは借金ですので、債務整理できます。

債務整理が出来ると聞いて安心しました。債務整理をする際の注意点はありますか?

最初にどの方法で債務整理をするのかを決める事が重要です。実は一言に債務整理といっても、債務整理には任意整理と個人再生、自己破産の3つのやり方があります。脱毛ローンで債務整理をする場合、可能な限りデメリットが少ない任意整理がおすすめです。

脱毛ローンが支払えずに不安を抱えている方は、年々増加傾向にあります。近年では女性だけでなく、男性も脱毛を行う人が増えたためです。

しかし、脱毛ローンを組んだ人の中には、借金だと理解しないままローンを組んでしまっている人が多いのが現状です。その理由は、「脱毛ローンにかかる費用を分割にしますか?」というように、借金をしますかとはお店側も聞いてこないからです。そのため、分割支払いが借金と認識しないまま脱毛ローンを組んでしまいます。

その結果、借金と理解せずに脱毛ローンを組んでしまい、返済に困ってしまうという事例は珍しくないのです。

では、脱毛ローンの支払いに困った場合、債務整理をすることは可能なのでしょうか?

結論から述べると、脱毛ローンの債務整理は可能です。しかし、債務整理の方法は任意整理や個人再生、自己破産の3つのやり方に分かれているため、どの方法で行うかによって内容は大きく変わります。

そのため、債務整理の特徴やデメリットを理解していないと、資格を失って会社を解雇されるなどの思わないトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

そこで、この記事では「債務整理の3つのやり方によってどのような違いがあるのか」や「債務整理の特徴やデメリット」について解説していきます。

併せて、脱毛ローンを滞納するような事態にならないための注意点や債務整理になる前に行うべきことについても解説しているので、最後まで読んで参考にしていただけたら幸いです。

この記事でわかること
  • 脱毛ローンは債務整理を債務整理する方法
  • 債務整理した場合は信用情報機関(以下ブラックリスト)の掲載が終わるまで脱毛ローンを組めない
  • 債務整理を行う前にクリーニングオフや途中解約できないかを確認する
  • 脱毛ローンを組む際には、金利や返済額を確認して余裕をもって組むことが必要

脱毛ローンでも債務整理はできる

脱毛ローンは借金であるため、任意整理や自己破産といった債務整理は可能です。

ローンを返済せずに放置しておくと、裁判所による強制執行の対象になる可能性があるのです。このような状態を防ぐためにも、脱毛ローンの返済が苦しく困っているのなら、債務整理をおすすめします。

脱毛ローンで債務整理の方法は3つ

債務整理には、以下の3つの方法があります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

債務整理を行う場合、3つの方法の特徴を詳しく知っておく事が重要です。

3つの方法の特徴を下記の図にまとめたので、確認してみてください。

個人再生 任意整理 自己破産
借金を無くせる
裁判所の手続きが必要
資格制限のある職につける
債権者の同意がいらない
ブラックリストに記載される
官報に名前が載らない
会社に秘密にできる

次の項目から、状況別にどの債務整理を選べば良いのかを紹介していきます。

利息さえカットすれば返済できるときは任意整理を選ぶ

任意整理は、自己破産や個人再生と比べて「官報に記載」や「裁判所の手続きが必要」などのデメリットが少なくなります。また、ブラックリストに登録されている期間が5年間と他の方法よりも短いことも特徴です。

このように、自己破産や個人再生と比べてデメリットが少ないため、債務整理後の生活を立て直しやすくなります。

ただし、任意整理で減らせるのは利息のみです。元本は返済スケジュールを調整した上で返済を続ける必要があります。

任意整理のメリットや注意点も知りたい方は「任意整理で月返済額を約1/2に!財産を残せて家族にバレずに手続きできる」も合わせてご覧ください。

任意整理を検討しても返済ができない場合は個人再生を検討する

任意整理では脱毛ローンの返済が難しい場合、個人再生を検討してください。
個人再生の特徴は、任意整理と違って借金が大幅に減額されることです。具体的には、80〜90%程度の減額が可能になります。そのため、任意整理の減額でも支払いが困難な場合には、個人再生がおすすめです。

ただし、個人再生には任意整理よりも大きいデメリットがあります。デメリットの違いは以下の3つです。

  • 官報に記載される
  •  裁判所での続きが必要
  •  ブラックリストの掲載期間が5〜10年

上記のようなデメリットがあるため、任意整理よりも手続きに手間と時間がかかり、家族や会社に知られる可能性も高くなります。また、親族や知人に借金をしている場合には、その借金も減額対象になるため、トラブル防止のためにも事前に話しを通しておく事が必要です。

個人再生のメリットや注意点を知りたい方は「借金を1/5に減額し住宅も残せる個人再生とは?メリット・デメリットや詳しい手続きについて解説」で詳しく解説しているので、ご覧ください。

脱毛ローンを返却できる見込みがまったくないなら自己破産を選ぶ

脱毛ローンを返済できる見込みがない場合には、借金が無くなる自己破産を行ってください。自己破産をすることにより、得られるメリットは以下3つです。

  • 借金すべての支払い義務が免除される
  •  多少の財産を残すことが出来る
  •  債権者による強制執行(給料の差し押さえなど)を受けなくなる

自己破産は、裁判所に認められればこれまでの借金の支払い義務がすべて免除になるという大きな効果がある一方で、やはりデメリットも存在します。

あくまで自己破産は、債務を整理する最終手段だとご認識ください。

自己破産の主なデメリットは以下の4つです。

  •  官報に記載される
  •  財産を処分する
  •  ブラックリストの掲載期間が5〜10年
  •  資格制限のある職業につけない(警備員や生命保険募集人、宅地建物取引士など)

自己破産における他の債務整理とのデメリットの違いは大きく2つあります。具体的には、「財産を処分する必要があること」と「資格が一定期間失効する、または取得出来ない可能性」です。例えば、もしあなたが住宅や車といった資産を持っているのであれば、ごく一部を除き、すべて手放さなければいけません。

また一定期間、対象となる資格職務につけなくなる資格制限があるため、解雇されてしまう可能性があります。対象となる職業は非常に多く、一例として宅地建物取引士や弁護士、税理士などです。

このように、自己破産を行うと借金がなくなりますが、デメリットが非常に大きいため、可能な限り避けるようにしてください。

債務整理すると、返済中の脱毛ローンはどうなる?

債務整理をすると返済中の脱毛ローンは強制解約になります。そのため、施術が途中でも債務整理以後は施術を続けることができません。ですから、まだ施術が終わっていない場合には、脱毛が中途半端になってしまう可能性があります

ただし、すでに支払いが済んでいて施術を行っていない場合には、契約次第で施術をうけることが可能です。

債務整理後は脱毛ローンを組めない

脱毛ローンを支払えず債務整理した場合には、ブラックリストの掲載期間が終了しないとローン審査に落ちてしまうため、新たな脱毛ローンを組むことは出来ません。ブラックリストの掲載期間は債務整理の方法によって異なるので、確認するようにしてください。

ブラックリストの掲載期間の違いは下記の内容です。

  • 任意整理の場合は借金が完済してから5年間
  •  個人再生の場合は借金が完済してから5〜10年間
  •  自己破産の場合は免責決定してから5〜10年間

上記のブラックリストの掲載期間が終了すれば、脱毛ローンを組むことが可能です。
ちなみに、ブラックリストと呼ばれる信用情報機関には、JICCとCIC、KSCの3つの情報機関があり、それぞれに登録期間の定めがあります。その中のKSCが、個人再生と自己破産の登録期間を10年と定めているため、個人再生と自己破産の登録期間が5〜10年間と期間に幅が出てしまっているのです。

「脱毛ローンで債務整理すべきか」は弁護士に相談しよう

美容脱毛の普及にともなって、脱毛ローンで債務整理を検討する人も増えています。

どの方法が適切か、そもそも債務整理をすべきなのか、自分だけでは判断がつかないときは弁護士に相談してアドバイスをもらいましょう。

弁護士なら相談者の状況をヒアリングし、返済が苦しくなった脱毛ローンをどのように対処すべきか、債務整理も含めた提案が可能です。

弁護士には守秘義務もありますので、相談内容や債務整理した事実を漏らすこともありません。

脱毛ローンを滞納する前に行うべきこと

脱毛ローンの支払いができなくなる前に対応すべきことは以下の2つです。

  • クーリングオフできないかを確認
  •  脱毛ローンの契約内容を確認して途中解約を検討する

それぞれについて説明していきます。

クーリングオフには条件がある

脱毛ローンはクーリングオフを行うことができます。クーリングオフとは、契約を結んでも一定期間であれば理由にかかわらず契約を解除できる制度です。脱毛ローンでもこのクーリングオフ制度を利用できますが、以下の条件を満たしておく必要があります。

  • 契約日から8日以内に「書面」で申告する
  •  契約期間が1ヶ月を超えるもの
  •  契約金額が5万円以上

上記の条件に適応している場合には、クーリングオフをすることが可能です。
ですから、脱毛ローンを借金と考えず安易に契約をしてしまった場合や冷静に考えると支払いが難しい場合には、脱毛ローンのクーリングオフをおすすめします。

脱毛ローンを契約してすぐに解約したいと思ったら、クーリングオフを申し込むようにしてください。

途中解約は違約金が発生する場合も

クーリングオフ期間が過ぎてしまって脱毛ローンの支払いが苦しい場合には、途中解約を検討してみてください。脱毛ローンは特定継続的役務提供特定継続的役務提供は、一定期間にわたってサービスを受けないと効果が出ないサービスで高額な対価が必要なもののことです。脱毛のような美容医療の他に、エステ、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相手紹介サービス、パソコン教室が対象とされています。に該当するので、、途中解約することが可能です。ただし、途中解約にはクーリングオフと同じく、契約期間が1ヶ月を超えるもので契約金額が5万円を超えるものという条件があるので、当てはまるかの確認は必要になります。

また、違約金が必要な場合もあります。しかし。違約金は法律によって上限が決められており、法外な金額を請求されることはありません。途中解約により支払う違約金は以下の2つのどちらかになるので、確認してみて下さい。

  • 施術開始前の場合は2万円
  •  施術開始後の場合はすでに受けた施術料金と未施術の料金の1割または2万円の低い金額

上記の違約金で途中解約が可能なので、支払いが苦しい場合には、契約内容を確認して途中解約を検討するようにしてください。

脱毛ローンを契約する前に注意すること

脱毛ローンを契約する前には、以下の3つに気をつけることが重要です。

  •  脱毛費用を分割支払いすることは借金であると認識する
  •  金利の確認
  •  支払い額が余裕を持って支払えるか確認

それぞれについて説明していきます。

脱毛ローンは借金

脱毛ローンは脱毛の総額費用を分割して支払うものです。つまり、ローン契約であり、借金になります。この認識を持つことが一番重要なポイントです。

脱毛サロンは、脱毛ローンを組むときに「借金」との説明はしてくれません。脱毛ローンが借金であることは常識という認識だからです。そのため、「分割支払い」と言われて安易に契約しないことが重要になります。

もちろん、脱毛ローンが悪いわけではありません。支払いが一定なので返済計画が立てやすいことや、まとまったお金がなくても脱毛できるなどのメリットもあります。

したがって、「借金」と認識したうえで、無理のない返済計画を立てることが重要なのです。

脱毛ローンを組む前に金利を確認する

脱毛ローンは資金を借入れするため、当然利息が発生します。そのため、契約する前に脱毛ローンの金利を確認することは非常に重要です。金利が高すぎることで、支払いが困難になる可能性もあります。

では、脱毛ローンの金利はどれくらいなのでしょうか?脱毛ローンの金利は、年利7.5〜8%程度の場合が多いです。

例えば、脱毛ローンの金額が15万円で年利7.5%、12回払いの場合には以下の金利かかります。(元利均等返済元金と利息を合わせて毎月の支払いを均等にならす返済方法です。で計算)
返済総額:156,158円
支払利息総額:6,158円
月額返済額:13,013円

ですから、基本的に脱毛ローンの金利は銀行融資の金利相場の2〜3%と比べるとすごく高いことが分かります。そのため、高い金利がかかるという認識を持つことは大事です。

ただし、サロンやクリニックによっては、金利が1.25%のように低く設定しているところや一定期間金利が無料のところもあるので、確認するようにしてください。

支払い額は余裕を持って支払えるか確認

安易に脱毛ローンを組む前に、実際に返済ができるかを確かめることが重要です。

脱毛ローンの費用は、おおよそ15〜30万円程度かかります。この金額は決して安い額ではありません。しかし、脱毛ローンを組むことで、「払えるのでは?」と思ってしまうのです。その結果、支払いが困難になる人は珍しくありません。

ですから、実際に返済が出来るかシュミレーションすることはとても大事です。シュミレーションした結果、支払いが苦しいと感じたら、より低額の脱毛コースなどを検討するようにしてみてください。
このように、脱毛ローンを組む際に収入に見合った金額なのかを確認することで、返済に困ることはなくなります。

まとめ

脱毛ローンは借金のため、債務整理が可能です。しかし、債務整理にもデメリットはあるため、脱毛ローンを借金だと認識して計画的に返済することが出来たら、それに越したことはありません。

それでも、債務整理が必要になった場合には、個人再生や自己破産よりデメリットが少ない任意整理から検討してみてください。任意整理を選択することで、ブラックリストに載る期間も最小限に抑えることが出来るため、債務整理後の生活の立て直しが容易くなるはずです。

このように、脱毛ローンで債務整理を行うやり方や脱毛ローンを滞納するような事態にならないための注意点などを理解することは非常に重要です。ですから、この記事では、脱毛ローンを滞納しないためのポイントや滞納した場合の対処法、債務整理のやり方などについて詳しく解説してきました。脱毛ローンが支払えず悩んでいるなら、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

また、この記事を読んでもどうしても悩みが解決できない場合は、法律事務所に相談をしてみてください。法律のプロである弁護士に相談することで、悩みを解消できるはずです。