【伝え方】友人からお金を借りるときに納得してもらえる言い訳!お金を借りずに金欠問題を解決する方法も解説

友人 お金借りる 言い訳

生活費が足りず友人からお金を借りたいのですが、どんな言い訳をすれば貸してもらえるでしょうか?

友人からお金を借りるときに嘘をつくと今後の関係性が壊れる可能性があるので、なぜ生活費が足りなくなったのか経緯も含めてきちんと話すことが大切です。

たとえば急な冠婚葬祭があった、財布を落としてしまったというやむを得ない事情なら友人も納得できるでしょう。

そうですよね…。実は借金の返済で生活が苦しくなってしまい、友人には打ち明けにくいです。

こういった場合はどうすれば良いでしょうか?

借金返済で生活が苦しいという理由なら、たとえ嘘をついて友人から借りれたとしても自転車操業に陥る危険が高いです。

誰かに借りられないかを考える前に、まずは債務整理で今ある借金の問題を解決することを優先しましょう。

債務整理すれば借金がどうにかできるのですか?

債務整理は国が認めた借金救済制度なので、合法的に借金を減額することができます。

債務整理は法律の専門家である弁護士に委任する必要があるので、まずは無料相談を気軽に試してみてください。

借金を減らす方法があるのですね。

分かりました!すぐに相談します。

どうにか友人からお金を借りられないかと言い訳を考えていますね。

友人からお金を借りることを検討しているということは、きっと親にも頼れなかったりカードローンの借金もあったりと切羽詰まっている状況でしょう。

もし、消費者金融や銀行カードローンで借金があるなら、友人から一時的にお金を借りて返済できたとしても、また友人に返すために借金をするという繰り返しになるだけです。

友人からお金を借りることでトラブルに発展する危険もあるので、借りて返済するという発想をやめて、借金の減額が可能な債務整理を検討するべきでしょう。

当ページではお金を借りたいシチュエーション別にお金を工面する方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

また、借金の返済に追われて友人からお金を借りようと考えているなら、法律事務所の無料相談を利用して借金問題の専門家から直接、返済のアドバイスをもらうとよいでしょう。

>>【全国対応&24時間無料相談】借金問題に詳しい法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • 友人からお金を借りるときに納得してもらえる言い訳
  • 友人からお金を借りるのは避けた方が良いケース
  • 友人からお金を借りる以外の対処法

友人からお金を借りるときの言い訳と借りてはいけない場合

友人からお金を借りたいなら納得してもらえる理由でないとなかなか貸してもらうことはできないでしょう。

また、やむを得ない事情があっても友人から借りてはいけないケースもあるので気を付けなければなりません。

ここでは友人からお金を借りるときに納得してもらえる言い訳や、友人からお金を借りてはいけないケースについて解説します。

友人からお金を借りるときに納得してもらいやすい言い訳

いくら仲の良い友人であってもお金の貸し借りに抵抗を感じる人は多いですが、どうしてもやむを得ない理由なら友人も貸してくれる可能性があります。

友人に納得してもらいやすい言い訳の一例を紹介します。

急な冠婚葬祭

葬儀や結婚式などの冠婚葬祭では一気に数万円単位のお金が必要になる場合も多いので、突然だと用意できないこともあるでしょう。

お金を工面できず人生において重要な節目となる冠婚葬祭に出席できないのは可哀想だと思い、友人も仕方ないと手助けしてくれる可能性があります。

しかし、共通の友人の結婚式などで一緒に招待されている友人だと、自身の出費だけでも痛手なので貸してもらえないかもしれません。

税金や家賃、公共料金の支払い

住民税や自動車税などの税金は年に一度の請求のため、うっかり忘れていてお金が準備できないというケースは多いです。

また、毎月支払う家賃や公共料金、クレジットカードの支払いもお金が足りないと悩むこともあるでしょう。

納税に関しては国民の義務で、そのまま放置すると延滞金がかかったり差し押さえに発展したりしますので、友人も手助けしてくれる可能性はあります。

家賃や公共料金も滞納すると、退去を命じられたり電気やガスを止められたりしますので、見かねた友人が貸してくれる期待はできます。

公共料金やクレジットカードの支払いが遅れることによる影響はこちらの記事で詳しくまとめています。

なお、税金については役所へ相談すれば分割納付や猶予制度を利用できることがあるので、相談したうえで直近で支払う必要がある最低限のお金だけでも友人に借りられないか頼んでみましょう。

病気や怪我による通院費や入院費

病気や怪我などで病院に通院しなければならない場合に、治療費が支払えないと非常に困るでしょう。

放置してしまうと病気や怪我が悪化する危険もあるので、友人もやむを得ないと思って助けてくれる可能性があります。

もしも入院や通院に備えた保険に加入しているのであれば、保険金が下りたらすぐに返すので貸してほしいと頼むと良いでしょう。

財布を落としてしまった

財布を落としてしまったら、手持ちの現金がなくなり途方に暮れてしまいます。

また、現金だけでなく財布にクレジットカードやキャッシュカードを入れていたとしたら、カードが再発行できるまで生活に支障が出てしまうはずです。

友人に頼むときにはあまり高額な金額ではなく、キャッシュカードやクレジットカードなどが発行されるまでの間の必要最低限の金額を貸してもらえないか相談してみましょう。

こんな場合は友人からお金を借りてはいけない

前述したようにやむを得ない事情があれば友人も貸してくれる可能性はありますが、それでも状況次第では借りないほうが良いケースがあります。

特に以下で紹介する場合に該当するならば、お金を借りることで友人との関係が壊れる可能性が高いので頼るのはやめておきましょう。

すぐに返済できる見込みがない

友人からお金を借りるときには、必ずいつまでに返せるのかを伝えることが大切ですが、その期日が1ヵ月以上先なら借りるべきではありせん。

なぜなら期日が先延ばしになればなるほど友人に不信感を与えてしまうからです。

次の給料が入ったらすぐに全額返済するのが理想的です。

仮に友人がすぐに返せないなら分割で良いと言ってくれたなら、借用書のような書面を渡しておくと良いでしょう。

借りたい金額が大きい

お金を借りたい金額が1万円未満と少額なら友人も貸してくれる可能性が高いですが、金額が大きくなるほど躊躇してしまうでしょう。

ではどのくらいの金額なら良いのかと言うと、それはお金を借りる友人の状況にもよるので一概には言えません。

実際、友人が学校に通いながらアルバイトをしているのと、正社員として働いているのとでは全く収入が異なります。

いずれにしても、あまり大金を借りるとすぐに返済するのも難しいでしょうから、前述したように1ヵ月以内に何とか返せる金額に留めるべきです。

目安として5万円を超える金額だと友人も慎重になるはずですから、5万円以上は借りるのを避けた方が良いでしょう。

お金が必要な理由を正直に打ち明けられない

友人からお金を借りるときに嘘をつくといずれバレてしまいトラブルに発展する危険があるので、正直に打ち明けられない理由なら友人に頼るのはやめましょう。

たとえば、ギャンブルやキャバクラ、自身の趣味などに必要なお金だと打ち明けにくいですよね。

しかし、仲が良い友人ほどあなたの日々の行動や言動をよく見ていますから、言い訳をしても嘘だと見抜かれてしまいます。

親や消費者金融などからも借金をしている

友人からお金を借りることを検討しているなら、親から借金をしていて親にも頼れない、消費者金融や銀行カードローンで借入をしていて限度額がいっぱいという状況の人もいるでしょう。

このように切羽詰まって友人に借りようと考えている場合は、友人からお金を借りれたとしても自転車操業の状態からは抜け出せません。

友人から借りたお金で親や消費者金融などに返済しても、また友人に返すために借金をするという繰り返しになるだけです。

借入先を増やしても借金が減るわけではありませんから、関係性を壊さないためにも友人からの借入はやめましょう。

消費者金融や銀行カードローンなどから借金があるなら、後述する債務整理を検討してください。

友人からお金を借りずに済む対処法をシチュエーションごとに紹介

できれば友人との仲を壊したくはないはずですから、友人からお金を借りる以外の方法も検討すると良いです。

結論から言うと、現状借金を抱えているなら債務整理、借金をしていないなら公的融資やカードローンを利用すれば友人に頼らずに済むはずです。

なお、SNS間の個人間融資や闇金からお金を借りることは危険なので、どんなにお金に困っていても絶対にやめてください。

なぜ危険なのか詳しくはこちらの記事をご覧ください。

消費者金融や銀行カードローンなどの借金を抱えているなら債務整理をする

前述したように、すでに消費者金融やカードローンで借金があるなら友人から借りても自転車操業の状態になるのは目に見えていますから、今ある借金を何とか完済するのを優先してください。

借金を早期完済するためには債務整理という手続きが効果的です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という3通りの手続きがあり、それぞれ借金の減額可能な割合が異なります。

任意整理なら利息を免除

任意整理は消費者金融や銀行などの債権者と和解交渉をし、将来の利息をカットしてもらう手続きです。

利息がなくなる分、月々の返済が軽減され借金残高がスムーズに減っていく期待ができます。

ただし、任意整理後に残った借金は3~5年かけて完済する必要があります。

任意整理は手続き費用が約5万円と安く、債務者の負担が少なく済むメリットがあります。

個人再生なら借金を大幅に減額

個人再生は裁判所を通して借金を約5分の1~10分の1に圧縮してもらう手続きです。

元本含め大幅に借金を減額できるので、任意整理をしても完済が見込めない多額の借金がある場合でも早期完済の期待ができます。

個人再生後に残った借金は3~5年かけて完済する必要があります。

個人再生はローン完済前の財産は債権者の配当に充てるため回収されますが、住宅ローン特則という制度により持ち家だけはローン支払中でも維持し続けられるのがメリットです。

自己破産なら借金を全額免除

自己破産は裁判所を通して借金の返済義務をなくしてもらう手続きです。

借金を全額帳消しにできるので、個人再生をしても完済が見込めない、もしくは無職などで個人再生ができない場合でも早期の生活再建が目指せます。

自己破産では債権者の配当に充てるため、資産価値が20万円を超える財産はローンの有無に関わらず回収されます。

多額の借金があっても返済の負担から解放されるのがメリットです。

収入減により生活が苦しいなら公的融資を利用する

借金はないものの、収入が減ってしまったり職を失ったりしたなどの理由でお金が必要ならば、友人から借りても返済の当てがないでしょうから公的融資の利用を検討しましょう。

公的融資なら無利息もしくは非常に低い金利で借入ができますから、生活再建までの期間が長期にわたっても利息が膨れ上がる心配はありません。

ただし、公的融資は世帯の収入状況で対象かを判断されるため、親と同居かつ生計をともにしている場合は親の収入次第では利用できないので注意してください。

一人暮らしや結婚しているなどの理由で、親と別世帯ならば自身の収入状況が対象条件に該当すれば問題ありません。

公的融資制度にはいくつか種類がありますが、ここでは個人が幅広い目的で利用できる生活福祉資金貸付制度と緊急小口資金を紹介します。

生活福祉資金貸付制度は低所得者世帯向け

生活福祉資金貸付制度は、市町村民税非課税程度の低所得者世帯、65歳以上の高齢者が属する高齢者世帯、障害者手帳などの交付を受けた人が属する障害者世帯を対象にしています。

2021年6月現在は、特例貸付として新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した世帯も対象です。

生活福祉資金貸付制度で借りられる金額は、借入の目的や世帯構成などにより異なります。

保証人がいれば無利息ですが、保証人がいなくても年率1.5%と非常に低金利なのが魅力です。

ただし、申込から送金まで2週間~1ヵ月かかることは把握しておきましょう。

生活福祉資金貸付制度は各都道府県の社会福祉協議会で申込可能です。

緊急小口資金は少額を緊急で借りたい方向け

緊急小口資金は低所得者世帯で緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に10万円を貸付してくれる制度です。

なお、新型コロナ特例貸付の対象条件を満たしている場合は借入限度額が20万円まで引き上げられます。

その名の通り緊急性を要する世帯向けなので、申込から送金までの期間が1週間程と早いのが魅力です。

ただし、借入可能な金額が10万円または20万円までと少額なので、生活再建までに長期間かかりそうなら生活福祉資金貸付制度の利用を検討しましょう。

緊急小口資金も生活福祉資金貸付制度と同様に各都道府県の社会福祉協議会で申込可能です。

とにかく急ぎでお金が必要なら一時的にカードローンの利用も検討する

借金がない場合で、即日から1週間以内のうちにお金が必要ならば緊急小口資金でも間に合わないので一時的にカードローンを利用することも検討しましょう。

カードローンは公的融資に比べると金利が高いですが、消費者金融よりは銀行カードローンの方が低金利です。

また、2~3ヵ月以内と早いうちに完済できる見込みがあるならば、無利息サービスのある消費者金融を利用しても良いでしょう。

なかでもレイクALSAは無利息の期間が60日(web申込限定)もしくは180日(借入額5万円まで)と長めなので選択肢に入れておくと良いです。

銀行カードローンや消費者金融では支払期間が長くなるほど利息が高額になるので、なるべく早いうちに完済することが大切です。

まとめ

友人からお金を借りるときの言い訳としては、冠婚葬祭や税金などの支払い、財布を落としたなどやむを得ない理由が効果的ですが、絶対に嘘をついて借りるのはやめましょう。

結局後から嘘だとバレてしまい友人との仲に亀裂が生じるはずです。また、返済できる当てがなかったり、借りたい金額が5万円以上と大きいなら友人に頼ってはいけません。

こういった場合は公的融資やカードローンなどを一時的に利用しましょう。

一方、すでに借金を抱えていて返済が苦しくて友人からお金を借りようと思っているなら、借りて返してを繰り返す自転車操業の状態に陥りますから、現在の借金を何とか完済することを優先しましょう。

借金の早期完済には債務整理が効果的なので、一度弁護士事務所の無料相談に出向いてみると良いです。

このように友人からお金を借りずに済む方法はありますから、切羽詰まった状態でも冷静に対処法を考えてください。

友人からお金を借りることに関するQ&A

友人からお金を借りたいのですがどんな言い訳をしたら良いですか?

やむを得ない事情があるなら友人も貸してくれる可能性が高いです。
たとえば急な冠婚葬祭、病院にかかる治療費などがあげられます。
ただし、絶対に嘘をつくのはいけませんのでありのままの理由を正直に話しましょう。

友人からお金を借りると関係性を壊してしまいますか?

お金を借りてもすぐに返済できるなら友人との関係性が壊れる可能性は低いです。
ただし、お金を借りたい理由で嘘をついてバレたり、返済する予定だった日を過ぎたりしたら今後は付き合うのを避けられてしまうでしょう。
また、何度も繰り返し借りるのも良い印象は持たれません。

どれくらいの金額なら友人から借りても良いですか?

どれくらいの金額なら借りれるかは友人の収入状況によっても異なりますが、目安として5万円を超える金額だとなかなか貸してもらえないでしょう。
仮にまとまったお金を貸してもらえたとしてもすぐに返せなくなる危険が高いので、必要最低限の金額だけで頼むようにしてください。

借金返済のための資金が足らず、友人からお金を借りて借金を返済しようと考えています。

借金返済のために友人からお金を借りようと思っているなら債務整理を優先して行うべきです。借金返済のために友人から借りても、自転車操業の状態から抜け出せず、友人に返すためにまた借金をするという繰り返しになるだけです。債務整理なら借金自体を減額できるので、ぜひ無料相談を利用して法律事務所へ相談してください。

借金はありませんが生活が苦しく、生活費を友人から借りようと考えています。

借金がない場合は公的融資やカードローンを利用すれば友人に頼らずに済みます。友人から借りれば必ず返済しなければならず、すぐに返済できる見込みがないのに借りてしまうと、友人との関係性を壊すことになりかねません。一度、各都道府県の社会福祉協議会などへ相談してみるとよいでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…