エポスカードの滞納は差押えの可能性も!滞納時の対処法や相談先を詳しく解説

先月、急な入院があったため給料が減り、エポスカードの支払いを滞納してしまいました。このままだと来月の支払いも厳しそうなのですが、どうしたらよいでしょうか?

まずはエポスカードの窓口へ連絡して、分割支払いや支払い猶予の交渉をしましょう。無断での滞納が続くと差押えに移行してしまいます。公共料金などの支払いをエポスカードに設定しているなら、支払方法の変更もしておいた方がよいでしょう。

わかりました。現在、エポスROOMIDを利用していて、家賃の支払いはエポスカードで固定なのですがどうなりますか?

家賃も含めて滞納が続くと、強制退去を求められてしまう可能性が高いです。家賃分だけでもATMやコンビニで支払った方がよいでしょう。

エポスカードの滞納が続くと、エポスカードは利用停止となり、最終的には給料や財産が差押えられてしまいます。

また「エポスROOMID」を利用している場合、滞納が続くと強制退去となってしまう可能性もあります。

もしも、手元にお金があればエポスのATMやコンビニで家賃分だけでも支払うとよいでしょう。

しかし、その後も支払いを続けられそうにない場合は、一度だけ支払いをしても根本的な解決には至りません。

そのような場合は、お金の問題に詳しい弁護士に相談をして、適切なアドバイスをもらうことをおすすめします。

当サイトでも紹介していますが、無料で相談できる法律事務所も多くあるので、ぜひ一度相談してみてください。

この記事では、エポスカードを滞納してしまったときにするべきことや、滞納が続くとどうなるかを詳しくお伝えします。

滞納への対処法や困ったときの相談先も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 数日の滞納であれば、振込での返済が認められる可能性が高い。エポスカードの窓口にすぐ連絡しよう。
  • エポスカードの滞納が続くと、給料や財産が差押えられる。
  • 自力での返済が困難だと感じたら、弁護士に相談して適切なアドバイスをもらおう。
目次
  1. エポスカードを滞納してしまったときにするべきこと
  2. エポスカードの滞納が続くと起こりうること
  3. エポスカードの滞納金を一括返済できない場合の対処法
  4. 弁護士に相談してエポスカードの滞納を解決した事例
  5. まとめ

エポスカードを滞納してしまったときにするべきこと

エポスカードの滞納は、期間が長くなるほど延滞金がかさんだり差押えなどのリスクが高まります。

そのため、なるべく早く対処しなければなりません。

その際、すぐに支払えるのか、今後も支払える見込みがないのかによって対応が変わってきます。

すぐに支払える場合は、ATMやコンビニにて支払いたい旨をエポスカードの窓口へ連絡しましょう。

今後も支払いの見込みがない場合は、滞納分を分割払いにしてもらうなどの交渉をカード会社へしたり、家賃や公共料金の支払い方法の変更をする必要があります。

次の項目から、エポスカードを対応してしまったときにするべきことを、詳しくお伝えするので参考にしてください。

すぐに支払える場合はエポスATMやコンビニで支払う

引落し日にたまたま口座残高が足りず、支払いができなかったというケースは珍しくありません。

その場合、エポスカードでは再引落しはしていないため、ATMやコンビニで支払いをする必要があります。

振込での支払いを希望する場合は、コールセンターに問い合わせなければなりません。

必ず支払いをする予定だからと連絡が遅れると、その分の遅延損害金が請求されてしまいます。

また、エポスカードが利用停止となってしまう可能性も高いので、引落し日に支払いができなかったらすぐに連絡をしましょう。

すぐに振込で支払いをすれば、大きな問題にはならずエポスカードも継続して利用できます。

参照:エポスカードホームページ「 支払日に引落しできなかったので再引き落としはできますか?」

カード会社へ分割返済や支払猶予の交渉をする

すぐに全額の支払いは難しいけれど、分割や一定期間の猶予があれば支払い可能な場合はエポスカードの窓口へ連絡して、分割支払いや支払猶予の交渉をしましょう。

数日程度の滞納や、数回での分割払いであれば応じてもらえる可能性があります。

その際は、返済計画の明確な根拠となる給料明細などの資料を手元に用意しておくとよいでしょう。

交渉が成立しなかった場合、エポスカードが利用停止となったり督促状などが届く可能性が高いです。

そのため、交渉不成立の場合はすぐに次の対処に移りましょう。

家賃や光熱費の支払方法を変更しておく

家賃や光熱費をエポスカードでの支払いにしている場合、家賃や光熱費の支払いも滞ってしまいます。

そのため、引落し口座の変更や振込での支払いに変更しておくとよいでしょう。

手元にお金がなく、当面の支払いが難しい場合は支払猶予の申請や、副業による収入の確保なども検討しなければなりません。

自力での解決が困難な場合は、親や友人に金銭的援助をお願いするのも一つの方法です。

エポスROOMIDを利用中ならATMで家賃を振り込む

エポスROOMIDは、エポスカードが連帯保証人となって家賃などの保証をするサービスです。

家賃はエポスカードから引き落とされて、不動産業者へ支払われます。

もしも、残高不足などで引落しができなかった場合は、エポスカードから不動産業者に家賃が支払われ、入居者はエポスカードに借金がある状態です。

そのため、エポスのATMやコンビニ、インターネット入金を利用して早急にエポスカードへ家賃分を支払いましょう。

エポスATMは全国に約180カ所あり、以下のページから検索できます。

参照:エポスカードホームページ「エポスATM検索」

エポスカードの滞納が続くと起こりうること

エポスカードの滞納が続くと、基本的に以下の流れで督促や差押えがおこなわれます。

  1. 滞納の翌日から遅延損害金が発生し、カードは利用停止となる
  2. 手紙や電話での督促を受ける
  3. カードが強制解約となり、ブラックリストに登録される
  4. 給料や財産の差押えがおこなわれる

一度ブラックリストに登録されると、5~10年の間は新規でのクレジットカードの契約や、ローンの審査が通りにくくなってしまいます。

また、給料が差押えられると勤務先も煩雑な手続きに対応しなければならず、滞納の事実が知られるとともに迷惑をかけることは免れられません。

エポスカードの滞納が続くと起こりうることについて、次の項目からさらに詳しくお伝えします。

滞納の翌日から遅延損害金が発生する

遅延損害金は、滞納の翌日から発生し、以下の計算式で求められます。

利用残高×年利×遅延日数÷365日

エポスカードにおける、遅延損害金の年利は以下のとおりです。

  • ショッピング・・・年利14.6%
  • キャッシング・・・年利20%

利息制限法で定められている遅延損害金に対する年利の上限は20%であるため、上限いっぱいの高金利であるといえます。

そのため、滞納が長引くと返済総額はどんどん膨らんでしまいます。

滞納の翌日以降にエポスカードは利用停止となる

滞納をすると、数日でエポスカードは利用停止となります。

利用停止までの期間は、ショッピングの加盟店との兼ね合いもあり、明確には定められていません。また、過去の滞納・返済履歴などによっても異なります。

ただ、早ければ滞納の翌日から利用停止となるため、公共料金や携帯電話などの支払いをエポスカードでしている場合は注意が必要です。

また、滞納中にエポスカードが期限切れとなった場合でも、滞納分の返済義務はなくならず遅延損害金が加算されます。

利用停止の状態であれば、滞納分の支払いを終えればエポスカードはまた利用できるようになります。

通知や電話での督促を受ける

滞納を放置すると、通知や電話での督促を受けます。

これらの督促を無視してしまうと「支払う意思がない」とみなされて、エポスカードの強制解約や差押えに移行してしまう可能性が高いです。

そのため、エポスカードからの連絡は無視せず、応対や折り返しの連絡をしましょう。

その際は、分割での支払交渉やいつであれば支払うことができるかを伝える必要があります。

ただし、返済計画に無理があったり過去に何度も滞納をしていたりすると、分割での返済や支払猶予が認められる可能性は低く、次の段階に移行してしまうケースがよく見られます。

2~3ヶ月の滞納でブラックリストに登録される可能性が高い

滞納から2~3ヶ月が経つと、ブラックリストに登録されます。

「ブラックリストに登録」とは、信用情報に事故情報が掲載されることです。信用情報はローンやクレジットの契約内容や滞納などの情報で、信用情報機関にて保管されています。

掲載期間は5~10年であるケースがほとんどで、その期間中は新規でのクレジットカード契約やローンを組むのが難しいことが一般的です。

2~3ヶ月の滞納でエポスカードは強制解約となる

ブラックリストの掲載と同時期に、エポスカードは強制解約となるのが一般的です。

強制解約となると「社内ブラック」に登録される可能性があります。

社内ブラックとは、クレジットカード会社が独自に持っている金融事故などを起こした顧客リストのことです。

信用情報に登録される事故情報は一定期間が経過すると抹消されるのに対し、社内ブラックは永久的に保存されます。

そのため、エポスカードが強制解約されて社内ブラックとなると、永久的にエポスカードを利用できなくなってしまうのです。

3ヶ月以上の滞納で財産や給料を差押えられる可能性がある

滞納が3ヶ月以上続くと、エポスカード側は法的措置に移行する可能性が高いです。

法的措置に移行すると「支払督促」が届きます。支払督促へは、期限内であれば異議を申し立てて取り下げさせることができます。

しかし、異議を申立てられた債権者は通常訴訟へ移行するのが一般的です。

通常訴訟に移行すると、督促を無視していた債務者が敗訴するケースがほとんどで、給料や財産の差押えがおこなわれます。

そうなる前に、分割での返済を交渉したり弁護士へ相談するのがよいでしょう。

前の項目でも触れたように、給料の差押えが実行されると勤務先にも迷惑がかかります。

また、滞納額が回収できるまで差押えを止めることはできないため、生活も苦しくなってしまいます。

給料の差押えについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

滞納金は一括返済を求められるのが一般的

滞納した金額に関しては、一括返済を求められることが一般的です。

一括での返済が難しいからと、督促を無視してしまうと前述したように差押えがおこなわれるので、必ず対応しましょう。

返済が難しいと感じたら、早い段階で専門家である弁護士へ相談するのがおすすめです。

滞納は長引くとそれだけ遅延損害金がかさみ、返済総額が膨らんでしまいます。

滞納解消後もローンやクレジットカードの審査に通りにくくなる

前の項目で述べたように、滞納を続けると信用情報に事故情報が登録されます。

一度登録された事故情報は、滞納していた金額を満額返済しても抹消されません。

そのため、信用情報に事故情報が登録されている5~10年の間は、滞納を解消していたとしても、ローンやクレジットカードの審査が通りにくくなってしまうのです。

エポスROOMIDを利用中に滞納すると強制退去の可能性もある

エポスROOMIDを利用している場合、滞納から3ヶ月ほどが経つと家賃の一括返済を求められるのが一般的です。

一括返済に応じないと、支払督促や明け渡し訴訟に移行してしまいます。

明け渡し訴訟において、家賃を滞納している居住者が勝訴できる可能性は低く、強制退去となる場合が多いです。

そうならないためにも、滞納してしまいそうな場合はエポスROOMIDのサポートデスクに連絡して、分割払いや支払猶予の交渉をしましょう。

交渉が成立しない場合は、借金問題を専門としている弁護士に相談して収入状況などに合わせたアドバイスをもらうのがおすすめです。

無料相談を受け付けている法律事務所も多くあるので、訴訟や差押えとなる前に一度相談してみてください。
>>家賃の滞納について弁護士に相談して解決する【初回相談無料】

エポスカードの滞納金を一括返済できない場合の対処法

前述したように、エポスカードを滞納すると一括での返済を求められるのが一般的です。

しかし、滞納をしている状況では一括返済に応じられないケースが多いのではないでしょうか。

その場合、何も対処をしないと給料や財産の差押えに移行してしまいます。

この項目では、エポスカードの滞納金を一括返済できないときの対処法をお伝えします。

分割払いをカード会社に交渉する

一括での返済が難しい場合、分割払いをカード会社に交渉してみましょう。

債権者であるカード会社も「無理に一括支払いを求めて回収不能となるよりは、分割返済に応じて少しずつでも債権を回収したい」と思ってる可能性があります。

そのため、分割払いの交渉が成立するケースは多いです。

その際は、必ず無理のない返済額での交渉をして、交渉成立後に再度滞納をしないようにしましょう。

再度滞納してしまうと、二度目の交渉成立は難しく一括返済は免れられません。

もしも、カード会社から交渉を拒否されてしまったり、再度滞納した場合は弁護士に相談して交渉を依頼するとよいでしょう。

交渉不成立の場合は、給料や財産の差押えまであまり時間がないと認識して、早めに弁護士へ相談することをおすすめします。
>>弁護士へカード会社との交渉を依頼する【初回相談無料】

副業で収入を増やして返済を確実に進める

分割払いの交渉が成立したら、再度滞納をしないように確実に返済を進めなければなりません。

そのため、副業をして収入を増やすのは有効な手段です。

日雇いや短期でのアルバイトであれば、本業とのスケジュール管理もしやすいのでおすすめです。

また、以下のような在宅勤務が可能な副業も、時間の都合がつけやすいというメリットがあります。

  • アンケートモニター
  • Webライター
  • データ入力
  • 音声や動画の文字起こし

スマートフォンのみでおこなえる仕事も多くあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードはすべて解約して借金を増やさないようにする

エポスカードのほかにもクレジットカードを利用している場合、滞納金の返済が終わるまではすべて解約しておくのがよいでしょう。

返済のあてがない状態でクレジットカードを利用することは、借金を増やすのと同義です。

エポスカードの滞納額を返済し終えても、他のクレジットカードを滞納してしまってはいつまでも返済は終わりません。

そのため、クレジットカードの利用は控えるか、利用してしまいそうなら解約しておくのがよいでしょう。

お金のトラブルに詳しい弁護士に相談する

副業や収支の見直しをしても、自力での返済が困難だと感じたら弁護士へ相談するのがおすすめです。

弁護士に依頼する際は、お金のトラブルに詳しい弁護士を選ぶとよいでしょう。

返済総額が高額で、返済不能に陥っている場合は「債務整理」も検討する必要があります。

債務整理には、以下の3つの方法があります。

  • 任意整理・・・将来分の利息カットをして元金のみを分割で返済していく
  • 自己破産・・・一定以上の価値がある財産を手放して債務を0にする
  • 個人再生・・・借金総額を大幅に圧縮して残債を分割返済していく

債務整理には、借金問題を解決できるという大きなメリットがありますが、信用情報に事故情報が掲載されたり周りに借金の事実が知られる可能性があるなどのデメリットもあります。

まずは自分の借金や収入の状況がわかる資料を持って法律事務所へ相談に行き、弁護士に状況に合った適切なアドバイスをもらうとよいでしょう。

弁護士に相談してエポスカードの滞納を解決した事例

エポスカードの滞納額が大きくなってしまい、自力での完済が難しいケースは珍しくありません。

その場合、消費者金融やカードローンで借入をして返済に充てようと考える人は多いですが、絶対にしてはいけません。

消費者金融やカードローンの借入でエポスカードの滞納金を返済すれば、エポスカードからの督促や差押えの危険性はなくなります。

しかし、今度は新たな借入先である消費者金融やカードローンへの返済をしなければなりません。

問題なく返済できればよいのですが、返済が滞ると遅延損害金の加算や滞納による給料や財産の差押えの発展してしまいます。

そのような事態に陥る前に、借金トラブルの専門家である弁護士に相談をして解決するのがよいでしょう。

この項目では、実際にエポスカードの滞納を弁護士に相談して解決した事例をお伝えします。

任意整理によって月々の返済金額が小さくなった事例

Aさんは、ポイントを貯める目的で月々の支払いのほとんどをエポスカードで支払っていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で給料が激減。その月のエポスカードの引落し額が足りずに滞納してしまいました。

その後はカード会社と連絡を取りつつ、数日遅れで振込での返済をしていたのですが、給料は戻らずにだんだん返済が苦しくなってしまい、滞納するように。

滞納から3ヶ月が過ぎたころ、エポスカードから「支払督促」が届き、支払総額は遅延損害金も加算されて100万円を超えていました。

自力での解決は難しく、差押えは回避したかったAさんは友人に勧められて弁護士へ相談することにしました。

相談者 20代女性
月々の収入 手取り20万円→15万円に減
借入状況 エポスカードの滞納額が110万円
債務整理での相談結果 任意整理により利息がカットされ、月々3万円の分割払いへ

弁護士に相談した結果、任意整理をして利息をカットし、元金の分割返済が認められました。

弁護士のアドバイスによって、月々の収支も見直したAさんは無理のない返済計画を立てることができました。

現在は副業によって収入も増やし、順調に返済を続けています。

他にも借金があり返済不能なため自己破産で借金を解消した事例

Bさんは、エポスROOMIDを利用していました。また、水道光熱費の支払いや買い物にもエポスカードを利用していました。

しかし、投資に失敗してしまい約500万円の損失が出ました。

100万円ほどは貯金で賄えたのですが、残りは消費者金融やキャッシングで補填。

その結果、毎月の返済に追われてエポスカードの支払いも滞納するように。

あるとき裁判所から「強制立ち退き」を求める通知が届き、Bさんは慌てて弁護士へ相談しました。

相談者 30代男性
月々の収入 手取り28万円程度
借入状況 エポスカードでのショッピング枠30万円
エポスカードでのキャッシング枠50万円
消費者金融など合計5社から410万円
債務整理での相談結果 自己破産により債務は0に

借金総額が高額であることから、弁護士は自己破産を提案。

Bさんは借金を自力で完済したい気持ちがあったものの、債権者から提示された分割返済額では返済が滞ることは明らかでした。

そのため、自己破産を決意。自己破産後はアパートを引き払い、実家に戻って二度と借金をしないように弁護士のアドバイスのもと、投資はやめて収支の管理を徹底しています。

まとめ

エポスカードの滞納が続くと、一括返済を求められたり給料や財産の差押えに繋がります。

家賃や光熱費の支払いもエポスカードにしている場合は、強制立ち退きや光熱費の供給ストップにもなりかねません。

エポスカードを滞納してしまったときの対処法は、状況別に以下のとおりです。

すぐに支払可能 エポスの窓口に連絡してATMで振込む
数日後や分割なら支払可能 エポスの窓口に連絡して猶予や分割払いを交渉する
返済不能 弁護士へ相談する

無断での滞納は、のちに支払方法や猶予を交渉する際に不利となる可能性が高いので、絶対にやめましょう。

自力での解決が困難だと感じたときは、借金問題に精通している弁護士に相談すると適切なアドバイスがもらえます。

当サイトでも紹介していますが、無料相談を受け付けている法律事務所も多くあるので、まずは一度相談してみるとよいでしょう。

借金問題の関連記事
闇金の借金で口座凍結!今すぐやるべくことは?弁護士に相談し借金問題を根本的に解決することが大事

闇金の借金で口座凍結!今すぐやるべくことは?弁護士に相談し借金問題を根本的に解決することが大事

闇金から借金をしたら口座が凍結されたという方が増えています。闇金から借金をしただけなのに、突然口座が利用できなくなったり、銀行から犯罪利用の疑いがあるので口座凍結したとの通知が来たりと何があったのか理解できず不安になる方も多いのではないでし[…]