借金を滞納すると年金も差し押さえ対象になる?働いての完済が無理なら債務整理手続きを検討しよう

借金を滞納すると年金も差し押さえ対象になる?働いての完済が無理なら債務整理手続きを検討しよう

借金の返済が滞っていて、最終通告が来てしまいました…。このままでは、年金すらも差し押さえられてしまうのですか?年金まで差し押さえられてしまったら、生活ができません。どうにかならないのでしょうか。

財産差し押さえの決定がされても、年金が差し押さえられることはないから安心してください。年金は、差押禁止財産に該当するため、直接的な差し押さえはできない決まりになっています。

ただし、年金が銀行口座に振り込まれた瞬間に、差し押さえが可能な預貯金に変わってしまうので注意してください。年金は差し押さえられないけど、口座にお金を入れておくと、現金が差し押さえられてしまうこともあります。

では、“年金”を差し押さえられることはないけど、“口座に振り込まれた年金”は、差し押さえられてしまう可能性があるということですか?差し押さえられないためにはどうしたら良いのでしょう。

そうです。口座に残っているお金は差し押さえが可能な財産であるため、注意してください。差し押さえを回避するために、もっとも有効な策は「返済に遅れないこと」です。

現時点で遅れてしまっているのであれば、債権者(お金を貸してくれた人)に話をした上で、返済を続けてください。ただ、年金のみでは生活すらギリギリなのであれば、債務整理の検討も大切です。債務整理も視野に入れた解決策を模索していきましょう。

「年金は差押禁止財産だから大丈夫」そう思っている方も多いです。年金が差押禁止財産であることは、決して間違いではありません。しかし、口座に振り込まれた瞬間に差し押さえが可能となってしまうため、勘違いをしていると生活資金すらも差し押さえられてしまう可能性があります。

日本で支給される年金は非常に少なく、自分たちの生活でいっぱいいっぱいの方も多いことでしょう。しかし、借金の返済を行わずに放置しておくことは、強制執行になりかねませんので絶対に避けるべきです。

現時点で借金の返済が厳しいのであれば、年金受給額が今後上がる予定がないので、返済も難しいはずです。現時点でまったく支払えないのであれば、今すぐに債務整理を検討されたほうが良いでしょう。

債務整理を行うのであれば、状況が悪化する前に早めに行ったほうが良いです。まずは、弁護士に相談をした上で、自分に最適な債務整理を見付けてみてください。

この記事でわかること
  • 年金は差押禁止財産であるため、差し押さえられることはない
  • 年金が預貯金に変わった瞬間に差し押さえの対象になる
  • 年金の差し押さえを回避するためにもっとも有効な策は、働いて借金を完済すること
  • 借金の返済が厳しいのであれば、債務整理の検討を

年金は差し押さえられないが「預貯金」になった瞬間差し押さえ対象に

「借金の返済が滞って最終通告…年金も差し押さえられてしまうのかな?」と心配されている方、安心してください。年金が差し押さえられることはありません。年金以外にも、生活を行う上で絶対に必要なものは、差押禁止財産に該当するため、差し押さえることができません。

ただひとつ注意しなければいけないのが、差押禁止財産に該当するのは“年金”であることです。年金が個人の銀行口座に振り込まれたその瞬間に、差し押さえが可能となる“預貯金”に変わってしまいます。

銀行口座に振り込まれた瞬間に差し押さえられることは滅多にないですが、「年金は差し押さえられないから、口座に入れておいても大丈夫」と思っていると、差し押さえられてしまう可能性があるので注意してください

公的年金は「差押禁止財産」であるため差し押さえができない

厚生年金や国民年金などの公的年金は、“差押禁止財産”であるため、借金の返済が滞り強制執行を受けても差し押さえられることは絶対にありません。

差押禁止財産の中には、公的年金の他にも下記のようなものが該当します。

  • 生活を行う上で必要不可欠なもの(衣類や家電製等)
  • 仕事上で使用するもの
  • 給与・賞与・退職金など(ただし、1/4までは差し押さえが可能)

などです。

公的年金の他にも、債務者(借金を抱えている人)が生活を行う上で必要不可欠なものは、差押禁止財産に該当します。逆に言えば、生活上必要ではないものは、“差し押さえの対象となる”と考えておいてください。

公的年金は、借金の返済ができずに強制執行を受けた方であっても、「生活をしていく上で必要な資金」とみなされるため、差し押さえ対象からは外れています。

同じ理由から遺族厚生年金や障害年金等も差し押さえ不可

公的年金は差押禁止財産に該当するため、差し押さえられることは絶対にありません。また、同じ理由から“遺族厚生年金”や“障害年金”などの年金も、差し押さえられることはありません。

遺族厚生年金は、残された遺族が生活をしていく上で大切な資金ですし、障害年金は障害を負ってしまった方が、生活を行う上で必要な資金です。そのため、差押禁止財産に該当します。

そもそも日本国憲法では、「健康的で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」としています。そのため、人々が生活を続けていく上で、必要な最低限のお金は絶対に差し押さえられることはありませんので安心してください。

私的年金は場合によって差し押さえ対象となる

差押禁止財産として認められるのはあくまでも“公的年金”です。そのため、私的に加入している年金保険は、差し押さえの対象となる可能性があるので注意しましょう。

ただ、私的年金の中でも公的年金と同等に扱われる年金があります。

  • 厚生年金基金
  • 国民年金基金
  • 確定拠出年金(個人型・企業型)
  • 確定給付企業年金

上記の年金は、加入義務のない私的年金に該当しますが、差押禁止財産に該当します。厚生年金基金や国民年金基金は、厚生年金や国民年金などの公的年金を補完する役割を担っているためです。確定拠出年金は、確定拠出年金法第32条の規定により、差し押さえることができない財産として定められています。

このように、ほとんどの私的年金についても“差押禁止財産”として認められています。私的年金であっても、老後資金確保の観点から、とても重要な役割を担っているため差し押さえられることはありません。

支払われた年金が“預貯金に変わった瞬間”に差し押さえの対象となる

公的年金や私的年金は基本的に差押禁止財産であるため、差し押さえができませんが、あくまでも“年金の差し押さえができない”のです。つまり、“年金が振り込まれた瞬間”に、差し押さえが可能な財産に変わってしまうのです。

少し複雑ですが、日本の法律では「年金の直接的な差し押さえはできないが、預貯金の差し押さえは可能」となっています。そして、年金と支払われたお金は、口座に入金された瞬間に“預貯金”に変わってしまいます。

これは誰にも変えられることではありません。ただし、年金が振り込まれた瞬間に差し押さえられてしまえば、「健康的で文化的な最低限度の生活を営む」ことができません。そこで、差押禁止財産の中には「66万円以下の現金」が含まれているのです。

つまり、66万円以下の現金であれば、差し押さえられることがないのです。そのため、振り込まれた年金をすぐに引き出し、口座の中に預貯金がない状態にしておけば差し押さえられる心配はありません。ただ、口座に入れていなくても現金として66万円以上持っていた場合には、差し押さえの対象になるので注意してください。

年金滞納による年金の差し押さえを回避するためには?

借金を滞納しても、年金を直接的に差し押さえられることはありません。しかし、年金が口座に振り込まれ、預貯金に変わったその瞬間に、差し押さえが可能な財産となってしまいます。

年金として振り込まれたお金を差し押さえられないためにできることは2つ

  • 働いて完済を目指すこと
  • 債務整理で根本解決を目指す

働きながら確実に収入を得て、完済を目指す方法も良いでしょう。しかし、体力が衰えてきて働くのがむずかしいのであれば、無理して働くよりも、債務整理を行って根本的な解決を目指したほうが良いでしょう。

体力があるなら働いて完済を目指すことが第一

日本の多くの企業では、定年退職を60歳としていましたが2013年の法改正をきっかけに、年金受給年齢(65歳)まで働けるようになりました。しかし、現在の日本は世界一の長寿大国であり、「元気なうちは働く」ことが当たり前の時代になりつつあります。

年金を差し押さえられないためにもっとも有効な策は、「借金を返済すること」です。元気なうちは働いて収入を得て、返済を続けることを考えても良いでしょう。また、年金の受給は基本的に65歳からですが、1か月単位で繰り上げたり繰り下げたりすることができます。

繰り上げ受給の最大は60歳までの5年間(60か月)、一方で、繰り上げ受給の最大は70歳までの5年間です。1か月年金の繰り上げ受給をすることで、0.5%受給額が下がってしまい、最大で30%もの年金が一生涯下げられてしまいます。

一方で、繰り下げ受給をした場合には1か月0.7%、最大で42%アップされた年金が受給できます。元気なうちは働いて、70歳まで繰り下げ受給することで、借金の返済もできますし、老後資金の確実な確保も可能となるでしょう。

もはや返済の目処が立たないなら債務整理を行ったほうが良い

「ギリギリの年金生活なので借金の返済はできない」
「現在、借金を滞納してしまって、最終通告が来てしまった」
「借金返済の目処が立たない」
上記のような悩みを抱えているのであれば、今すぐにでも債務整理を検討したほうが良いでしょう。収入が年金しかない方であっても、債務整理は可能ですし、債務整理が成立すれば借金が減る、もしくは、0になる可能性が高いので、現状を変えるためにはとても有効な策です。

現状で借金の返済目処が立たないのであれば、この先も借金を支払うことはむずかしいはずです。待っていても年金の受給額が増えることは絶対にありません。体力も衰えてきて、働くこともむずかしいのであれば、なおさら債務整理を検討したほうが良いでしょう。

「債務整理を行ったら自宅を失う」

そう思っている方も多いですが、債務整理には主に3つの手続きがあり、自宅が失う手続きは“自己破産”だけです。他の債務整理手続きを行えば、自宅を失う心配もありません。まずは、自分に合った債務整理を検討されてみてはどうでしょうか。

年金受給者も支払われる年金が“安定収入”として認められるため、任意整理手続きが可能

年金受給者でも、任意整理手続きが可能です。任意整理は、債務者(借金を抱えている人)と債権者(お金を貸してくれた人)との間で行う“交渉”です。債権者と交渉を行い、将来の利息をカットしてもらい完済を目指す手続きです。

あくまでも交渉手続きであるため、年金受給者はできないのではないか?と思われがちですが、年金も立派な収入として認められるため、交渉の余地はあります。

任意整理は安価で簡易的に手続きを行えるため、おすすめです。自宅などの財産を失う心配もないですし、3~5年以内という短い期間で完済を目指す手続きです。たとえ年金は差し押さえられることはないと言っても、預貯金は差し押さえの対象となるため、借金を滞らせることだけは避けましょう。

現在、借金が滞っているのであれば、今すぐにでも任意整理等の債務整理を検討しましょう。弁護士が介入することで、債権者に“受任通知”を発送するため一切の取り立てがストップします。支払いの意思能力があるのであれば、任意整理を検討しましょう。

マイホームを残したいなら個人再生を行ったほうが良い

「マイホームを残したいけど、大幅に借金をカットしたい」という方は、個人再生を検討してみてください。個人再生は、法的強制力を持った手続きであるため、裁判所が決定を下せば、債権者(お金を貸した人)の意思に関係なく、借金が減額されます。

そして、個人再生の一番のメリットは「住宅などの資産を残せること」です。年金を受給されている方は、若くても60歳以上です。定年退職をされている方も多いため、賃貸住宅の入居審査には通りにくい傾向にあります。

人が最低限の生活を行っていくために絶対に必要な住まいを失うわけにはいきません。「可能であれば、住宅を残したい。」という方も、安心できる手続きです。

ただし、個人再生は借金を0にする手続きではないため、大幅に減額(1/5程度減額)された借金を数年掛けて完済します。もしも支払い途中で債務者(借金を抱えている人)が亡くなってしまえば、相続人は住宅を相続できますが、債務者が残した借金も同時に相続します。

後世に借金を残したくないのであれば、できるだけ早い段階での完済を目指した計画を立てることが大切です。

借金を返済できる見込みがないのであれば、自己破産の検討を

借金を返済できる見込みが一切ないのであれば、自己破産を検討したほうが良いでしょう。国民年金保険や厚生年金保険として支払われる年金は、微々たるものです。おそらく、自分たちの生活で精一杯な方がほとんどでしょう。

「生活で精一杯であるにも関わらず、借金の返済まで行うのはむずかしい」
「借金を大幅に減額されても、返済を続けていける自信がない」
そのような方は、自己破産を行ってください。もし自己破産をしても、公的・私的年金が差し押さえられることは絶対にありませんので安心してください。

ちなみに、自己破産の費用は30万円~とかなり高額ですが、分割でのお支払いや法テラスの利用で立て替え払いが利用できます。今すぐに費用の準備ができなくても、債務整理が始められます。まずは、弁護士へ相談されてみてはどうでしょうか。

まとめ

今回は、借金の返済が滞ったら年金も差し押さえられてしまうの?差し押さえられないためにはどうしたら良いのか、についてお伝えしました。

この記事のまとめ
  • 年金は差押禁止財産なので、年金が差し押さえられる心配はない
  • 年金が預貯金に変わった瞬間から、差し押さえ可能財産になる
  • 66万円以下の預貯金は、差押禁止財産
  • 元気なうちは働いて、借金の完済を目指すのもひとつの手段
  • どうしても借金返済の目処が立たないのであれば、債務整理の検討も視野に入れたほうが良い

年金は、差押禁止財産に該当するため、直接的に差し押さえられる心配はありません。また、私的年金のほとんども、差押禁止財産であるため、差し押さえられる心配はないとのことでした。

一方で、年金が預貯金に変わった瞬間には差し押さえ可能財産に変わってしまうので注意しなければいけません。「年金は差押禁止財産だから大丈夫」と、高を括っていると、預貯金を差し押さえられてえしまうので注意してください。

そして、借金の返済目処が立たず、借金を支払っていけないのであれば、早めに債務整理を検討されることをおすすめします。現在、支払えない借金をしばらく経ってから支払えるようになる可能性は極めて低いです。早めに決断をして、早めにスッキリしてしまったほうが、気持ちが楽になることでしょう。

この記事を書いた人

林裕二

FPライターとして“お金”にまつわる記事を数多く寄稿。プライベートでは裁判傍聴が趣味であり、法律関連の知見もある程度持っております。債務整理については、FPとしてのライフスタイルアドバイスも含めながら、わかりやすい記事を発信していきます。