嫁にバレず借金返済したい!借金がバレる理由や隠す方法は?借金がバレた時の上手な伝え方も解説!

借金 嫁バレ

夫が妻に内緒で借金するケースがあると聞いたのですが、そもそも内緒で借金できるものなのですか?

消費者金融の場合、顧客獲得のために電話連絡や郵送物なしで貸し付けをおこなうところもあります。こういったところから借りれば、家族にも秘密にできますね。

でも、一緒に住んでいるのだからすぐにバレそうな気もします。

たしかに、借金をずっと隠し続けるのはとてもむずかしいでしょう。バレないための対処法もありますが、借金生活をやめて、正直に打ち明けるのがベストなのは間違いないと思います。

「妻に内緒の借金があり、いつバレてしまうか不安でしかたない」という方がいます。すぐに打ち明けられるならそれに越したことはありませんが、どうしても伝えられない場合もあるでしょう。

この記事では、借金がいわゆる「嫁バレ」してしまう理由と、その対策方法について解説していきます。想定されるパターンを可能な限りあげているので、借金を隠す際の参考にしてみてください。

また、どうしても隠しきれなくなったとき、どうやって伝えるべきかのアドバイスもあります。夫婦関係を壊さないために、ぜひ役立ててください。

この記事でわかること
  • 「妻に内緒の借金」は珍しくない。基本的には打ち明けたほうがよい。
  • 借金を隠すときは細心の注意を払って徹底的に。バレる理由別に具体的な隠し方を解説!
  • 女性は日常の些細な変化も感じ取る。普段の振る舞いから平常心を心がけよう。
  • 借金を打ち明けるときは、誠意をもって謝罪するのがもっとも大切。
目次
  1. 「妻に内緒の借金」は珍しくない
  2. 借金がバレる理由と対策方法
  3. 借金を隠すためには日常の振る舞いや暮らし方も重要
  4. 夫婦生活を破綻させないためには誠意をもって謝罪する
  5. 借金を隠し続けることはむずかしい

「妻に内緒の借金」は珍しくない

実際のところ、夫婦間で借金を秘密にしている例は珍しくありません。

とくに消費者金融などの借り入れは審査も甘く、申し込みの段階で家族に気づかれる可能性は低いでしょう。

男性の場合、借金の理由としてはギャンブルや趣味の費用も多いようです。借金の理由が遊びの場合、言いにくいのは当然だと思います。

しかし、内緒で借金しているからといって、過剰に自分を責めるのはやめましょう。借金のストレスで心や体のバランスを崩せば、仕事や日常生活に支障をきたしてしまい、大切な家族に迷惑をかけてしまいます。

基本的には正直に伝えた方がよい

どんな理由にしろ、内緒で借金をした時点で打ち明けにくい気持ちがあると思います。

いつかは打ち明けなければいけないという思いや、いずれはバレてしまうという不安が心に渦巻いているのではないでしょうか。あるいは、バレたらそのときはそのときと考え、あまり重く考えていない人もいるかもしれません。

いずれにしろ、夫婦関係を破綻させたくないのであれば正直に伝えた方がよいでしょう。発覚が遅くなるほど相手の印象は悪くなりますし、本人の口からではなく「うっかり」でバレてしまった場合、離婚という可能性もあります。

借金がバレる理由と対策方法

正直に伝えた方がよいとはいえ、どうしても隠したいという状況はあるでしょう。

しかし、生活をともにする夫婦関係において、借金を隠すのは非常に困難です。どれだけ隠そうとも、思いがけない理由でバレてしまう可能性があります。

この項目では、妻に借金がバレる代表的な理由と、その対策方法を解説していきます。

【バレる理由1】金融業者からの郵便物と電話

妻にバレる理由で代表的なのは、金融業者からの郵便物や電話です。郵便物や電話の種類は、大きくわけて「契約書や明細書」「キャンペーン・勧誘」「督促」の3種類になります。

契約書や明細書は、封書やシール葉書で送られてきます。金融業者の会社名などから、不審に思った家族が勝手に開けて借金がバレる、というケースがあるようです。

また、すでに借り入れている金融業者から、追加の借り入れを誘うためにキャンペーンの案内がくる場合もあります。加えて、借り入れの履歴がある人は顧客情報を横流しされるケースもあり、ほかの金融業者から「借金しやすい人」としてターゲットにされる恐れもあるのです。

また、返済を滞納すれば当然ながら督促があります。自宅に連絡しないよう金融業者にお願いしても、督促されるほど延滞している人に対して金融業者が配慮するとも限りません。

契約書や明細書の郵送は金融業者に連絡すれば止められる

各金融業者のコールセンターに連絡すれば、明細書などの書類を送らないようにできます。また、ウェブサイトの会員ページで、明細書を書面ではなくweb明細にできる会社もあります。

自動契約機や店舗で契約できる金融業者なら、契約書が郵送されることもありません。

契約書が郵送で送られない金融業者を選んだ上で、契約後に各書類が郵送されないようにコールセンターやウェブサイトで確認しましょう。

キャンペーンのお知らせや勧誘で勘づかれないための言い訳

キャンペーンや新規勧誘の郵便物・電話も、各金融業者のコールセンターやウェブサイトで止められる場合があります。

しかし、止めることができずに郵便物・電話が来てしまった場合、先に解説した「借り入れ履歴がある人は金融業者のターゲットにされやすい」という点が言い訳の根拠になりえます。

つまり、妻に不審がられたら「結婚前に借り入れをしたけど、完済した後も勧誘がくる」と言い訳をするのです。顧客情報の横流しもありえると伝えれば、複数の金融業者から勧誘がきても納得しやすいでしょう。

ただし、そのときはうまくごまかせても、不審に思われる可能性は否定できません。その後の言動や持ち物は、チェックされる可能性があるので注意しましょう。

延滞はせずに督促がこないようにする

もっとも重要なのは、督促されないように返済を延滞しないことです。期日までに、確実に支払いを続けましょう。

そのためには、借金を膨らまさない努力も重要です。借り入れの金額が増えるほど、月々の返済額も大きくなって支払いが苦しくなります。

この記事をきっかけにして、現状より借金を膨らまさないようにしてください。

【バレる理由2】ATMの利用明細や銀行口座の履歴

借り入れや返済に銀行口座を使い、借金が発覚するケースもあります。

ATMの明細書には、金融業者の名前や「融資」「返済」「カードローン」などの情報が載っています。ポケットに入れたまま洗濯に出してしまったり、財布やかばんをチェックされたりして借金がバレるケースも少なくありません。

また、銀行口座の履歴にも注意が必要です。口座に不自然なお金の動きがあればすぐにバレてしまいます。通帳の記帳はもちろん、最近はweb明細を使用する銀行も増えてきました。家族のうち、だれがどの口座を管理しているか充分に気をつけなければいけません。

利用明細は自宅以外で処分しよう

ATMの利用明細は、もっていても使うことはありません。借り入れや返済の履歴が必要になっても、あとからまとめて発行可能な場合が多いでしょう。

そのため、ATMの利用明細は発行されたらすぐに処分するのをおすすめします。自宅に持ち帰ると処分を忘れたり、ゴミ箱から偶然見つかってしまう恐れもあるので、外で処分するのがよいでしょう。

ATMの利用明細が犯罪に使われることはほぼありませんが、気になるのであれば細かくちぎり、コンビニなど大量のゴミが入れられるところに捨てましょう。

振込融資や口座振替は避けよう

銀行口座の履歴からバレないためには、そもそも銀行口座が絡む取引は避けるとよいでしょう。

借り入れの際に銀行口座に振り込まれる振込融資や、口座からの振替返済は履歴が残るため、通帳を記帳されるとすぐにバレてしまいます。

ATMで借り入れ・返済すれば、履歴が残らないため発覚のリスクを下げられます。ただし、銀行系のカードローンは銀行口座と紐付けられており、銀行のウェブサイトから履歴を見られるので注意しましょう。

【バレる理由3】契約書やキャッシングカードが見つかる

契約書やキャッシングカードを自宅に置いていたために、それらが見つかって借金がバレてしまうこともありえます。

同じ家に住んでいる限り、完全に隠し切るのはむずかしいでしょう。掃除のときに偶然見つかる場合もあれば、不審に思った妻が意識的に探す恐れもあります。

車など「普通は見つからないだろう」と思う場所に隠しても、見つかる可能性は残ります。借金の証拠を隠すなら、自宅以外の場所に隠すとよいでしょう。

契約書やキャッシングカードは職場など「妻が絶対にこない場所」で保管する

自宅以外の隠し場所で一番身近な場所といえば職場といえます。多くの会社では、各自のデスクやロッカーがあると思います。

職場環境にもよりますが、会社の同僚が借金について追求することもないと思われるので、安全な隠し場所になる可能性が高いでしょう。自宅と同じかそれ以上の時間を過ごす場所なので、持ち出しやすい点も特徴です。

職場での保管が難しければ、貸金庫や貸しロッカーなども候補になります。多くの銀行では口座をもっていれば貸金庫の利用が可能ですし、近年は月々数千円で利用できる貸しロッカーサービスも増えています。

大げさに感じるかもしれませんが、本気で借金を隠しきろうと思うのであれば、これくらいの工夫が必要です。

カードレスの金融業者を選ぶ

金融業者を選ぶときに、キャッシングカードが発行されないところを選ぶのも有効な手段でしょう。借金の証拠を掴まれないためには、そもそも証拠を作り出さない意識が大切です。

ただし、カードレスの金融業者は数が限られるため、選択肢が少なくなるというデメリットがあります。各社のウェブサイトなどで、カードレスに対応しているか確認しましょう。

また、銀行系のカードローンは、ATMで使うキャッシュカードにキャッシング機能をつけられます。銀行のキャッシュカードなら、仮に見つかっても不審に思われにくいでしょう。

【バレる理由4】ローン審査や奨学金の保証人審査に落ちる

家族がいれば、家や車の購入を考えたり、子供の奨学金や教育ローンを申し込んだりする機会があるでしょう。そして、それらのローンにはかならず融資のための審査があります。

銀行も消費者金融も、融資の際は必ず信用情報をチェックします。クレジットカードや借り入れの履歴は信用情報機関をとおして共有されているため、隠すことはできません。

過去に滞納の履歴があると、それが理由で審査に落ちる恐れがあります。また、総量規制によって個人への融資は規制されており、借金の総額が年収の1/3を超えると、貸し付け契約ができないことになっています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において(中略)当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

引用元:e-Govポータル「貸金業法第13条の2」

ローン審査では「完済条件付き承認」というように、いまある借金を完済すれば融資が可能といわれる場合もあります。ローン審査でこのような回答が出てしまい、借金がバレてしまうケースもありえるでしょう。

不動産や車などローン審査のある高額商品は諦める

ローン審査の回答で借金がバレるのを防ぐためには、ローン審査を申請しないという対策方法しかありません。したがって、不動産や車などの高額商品は諦めるしかないでしょう。

もしくは、購入に関する手続きをすべて自分がおこなえれば、審査の回答も自分一人で聞けるかもしれません。こればかりは購入に至った経緯や、夫婦間の取り決め、時間の確保など各自の状況次第としかいえません。

「持ち家より賃貸の方が得」「車は買うよりカーリースの方がコストを下げられる」といった、高額商品の購入を避けられるライフプランを家族に提案してみましょう。

奨学金は機関保証を使う

教育ローンは奨学金と違い「親の借金」なので、審査を避けることはできません。一方、奨学金は「子供の借金」になるので、利用する前に子供としっかり話し合いましょう。

奨学金は親が保証人になる代わりに、機関保証をつけるという方法もあります。機関保証を使えば保証人は不要となり、親の借金も審査に影響しません。

保証料は、毎月の奨学金から差し引かれる形になります。金額は奨学金の種類や進学先によって決まるので、日本学生支援機構のウェブサイトで確認しましょう。

参照:日本学生支援機構 機関保証 

【バレる理由5】スマホやパソコンの検索・閲覧履歴

スマホやパソコンで「借金」や「金融業者」と検索すると、検索履歴や閲覧履歴が残ってしまいます。

履歴が決定的な証拠にならなくても、不審に思われる理由にはなるでしょう。パスワードや指紋認証を設定しても、履歴を見られるリスクを完璧にはなくせません。

検索や閲覧の履歴は残さないようにして、万が一にも見られないようにしておきましょう。

検索履歴の削除やプライバシーモードを使用する

Google検索のサジェスト(キーワードの入力時に出てくる検索候補)は手動で消去できます。また、インターネットに繋ぐブラウザの設定で、ウェブサイトの検索・閲覧履歴を消去可能です。

ただし、履歴が一切ない場合、逆にやましいことがあるのではないかとと疑われる可能性もあります。すべて消すのではなく、特定の履歴だけ消した方がよいでしょう。

また、シークレットウィンドウやプライベートブラウジングなど、各ブラウザのプライバシーモードを使えば履歴が残らないため、いちいち削除する手間も省けます。

借金を隠すためには日常の振る舞いや暮らし方も重要

借金がバレる主な理由を紹介しましたが、これらの対策を完璧におこなってもバレてしまうときはあります。夫婦の場合、日常の態度から些細な変化を感じ取り、なにか隠しごとをしているのではと疑う可能性もあるでしょう。

隠しごとの内容が借金だとわからなくても、浮気など別の疑いをもたれる可能性があります。借金を隠す理由はさまざまだと思いますが、根本的には「夫婦で揉めず平穏に過ごしたい」という気持ちがあるはずです。

あらぬ疑いまでかけられぬよう、借金を隠すときは常に平常心でいるように心がけましょう。

会話や帰宅時間から気づかれる場合もある

「女性の勘は鋭い」とはよくいわれますが、科学的にもいくつかの根拠が主張されています。

例えば「女性の方が右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太く、情報を総合的に処理する能力が優れている」といった説です。この説が正しければ、男性としてはまったく関係ない情報からでも、女性は事実を推測できるといえるでしょう。

普段の会話でも、極端にお金の話を避けたり、罪悪感から急に優しくなったりすると、不審に思われるかもしれません。帰宅時間の遅さや休日に出かける頻度から、疑いをもつ可能性もあります。

「平常心を保つ」とは、態度や振る舞いを急に変えないということです。借金をする前と同じような生活を続けるのが重要となります。

「借金返済のための借金」はしない

平常心を保つために、そして返済を延滞しないためにも、借金返済のための借金は絶対にしてはいけません。一時的な危機を逃れるために借金を重ねても、余計に苦しむだけです。

月々の返済ができなくなった時点で、1人で解決するのは不可能になったと考えるべきです。正直に打ち明けて、家族の協力を得るようにしましょう。

借金を繰り返し、自分自身をコントロールできないときは、迷いなく周囲の力を借りるべきです。また、そういった人たちを救済するために、借金を減額・帳消しできる「債務整理」という方法もあります。

実際に債務整理するかは無料相談の後に決められるので、まずは気軽に、弁護士のアドバイスを聞いてみましょう。

夫婦生活を破綻させないためには誠意をもって謝罪する

ここまで「借金をいかに妻から隠すか」を解説しましたが、すでに書いたとおり、基本的には正直に伝えた方がよいでしょう。

すぐに打ち明ける場合も、隠し続けた上で白状する場合も、もっとも大切なのは誠意をもって謝罪することです。

変に開き直ってしまえば、その後の夫婦関係は冷え切ってしまいます。もしくは離婚となり、子供と会えなくなる、慰謝料をされるといった事態になります。

多重債務者は依存症となっている場合が多く、改善や治療には周囲の協力が不可欠です。借金生活から抜け出すために協力してもらえるよう、反省の意志をしっかりと示しましょう。

「大切な存在だからこそいえなかった」と伝えよう

男性は一般的に、プライドが高いといわれます。社会的な評価を気にするあまり、弱さを人に見せないようにする傾向があります。

大切な存在である妻に対して、借金という弱みを見せたくないのは自然なことです。「大切な存在だからこそいえなかった」と素直に伝え、今後はどんなことでもきちんと相談すると約束しましょう。

夫婦関係でもっとも大切なのは信頼関係です。信頼とは、お互いの弱みを補い、支え合うことだと考えましょう。

新たな借金を重ねないように生活を改善しよう

借金を増やさないようにするのが、借金解決の第一歩です。借金しないようにするためには、生活から変えていかなければいけません。

借金の原因となる浪費の依存症は、カウンセリングで治療できます。同じ依存症の人たちが集まる互助会もあるので、積極的に利用していきましょう。仕事のストレスが浪費の原因であれば、転職も有効な手段です。

また、日本貸金協会には「貸付自粛制度」があります。自らを自粛対象者として申請すると、協会所属の貸金業者から借り入れができなくなります。 

借金をしないようにするためには、借金をしない・できない環境をつくることが大切です。

参照:日本貸金協会 「貸付自粛制度について」

借金をやめるためのカウンセリングは恥ずかしくない

カウンセリングのように、心の治療に対して「恥ずかしい」と思う人もいるでしょう。「たかが借金で病院になんていきたくない」と考える人は少なくありません。

しかし、問題は先延ばしにするほど解決も困難になります。借金が膨らめば、それだけ周囲にかける迷惑も大きくなるでしょう。

カウンセリングなど他者の協力を得て、借金から立ち直る人は大勢います。そこに社会的な評価や立場は関係ありません。

借金を減額・帳消しできる債務整理も検討しよう

すでに伝えたとおり、債務整理をすれば借金の減額や帳消しが可能になります。国が認めた公的な制度なので、遠慮なく活用していきましょう。

債務整理をしたくないという人もたくさんいますが、それは「自己破産は二度とまともな生活が送れなくなる」という、間違ったイメージをもっているのが原因です。

実際は、自己破産をしても一般的な生活は充分送れますし、自己破産から這い上がって社長になった人もいます。また、任意整理や個人再生といった別の方法も選択可能です。

任意整理をためらっている場合、まずはメリット・デメリットを正しく知ることからはじめましょう。下記の記事で債務整理の種類やリスクを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

借金を隠し続けることはむずかしい

夫婦間でいかに借金を隠すかと、それがどれだけむずかしいのかを解説しました。

女性はとくに、日常の些細な違いから夫の変化に気づきます。男性視点でどれだけ証拠を隠そうとも、常に「嫁バレ」してしまうリスクがあると思いましょう。

下手に隠すより、正直に伝えた方が平和的に解決できるかもしれません。打ち明けるときは、誠意をもって反省したことを伝えるとよいでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]