借金を秘密にするリスクを知っておこう!秘密のまま解決する方法について解説

借金を家族に秘密にしているのですが、打ち明けたほうがいいのでしょうか?秘密にして解決できる方法があれば知りたいです。

借金を秘密にすることはおすすめしません。借金を隠し続けることは難しいうえに、借金の存在が知られてしまうと離婚などのトラブルになりかねないからです。それでもどうしても秘密にしたまま借金を解決したい場合は、知られる前になるべく早く解決することが重要になります。

確かに、ずっと隠し続けるのは精神的な負担も大きそうですね。しかし早期に解決するのは難しそうです。

速やかに解決出来なさそうな場合は、任意整理や個人再生といった債務整理を検討してみてください。秘密を保ったまま解決できる可能性が高いです。

上記のように借金を秘密したいと考えている方は多いです。しかし借金の存在を秘密にすることは、「トラブルの原因になる可能性が高いこと」や「隠し続けることが困難なこと」、「精神的な負担が大きいこと」などデメリットが非常に多いためおすすめ出来ません。

とはいえ、どうしても借金を秘密にしたまま解決したいという方もいると思います。そういった方は、出来るだけ早く解決する方法を探ってみてください。

そのうえで解決する方法が見つからないという方には、任意整理や個人再生といった債務整理(自己破産は除く)をおすすめします。どちらの方法も確実に秘密にできるわけではありませんが、秘密を保ったまま解決出来る可能性は高いです。ただし債務整理には大きなリスクも伴いますので、リスクを知ったうえで慎重に検討するようにしてください。

慎重に検討したうえで債務整理を決意した場合、債務整理は自身で行うことが難しいため、弁護士に依頼することがおすすめです。弁護士に依頼することで任意整理や個人再生を行っても、秘密にできる可能性が高くなるメリットもあります。

この記事でわかること
  • 借金を秘密にするのはおすすめできない
  • 借金を秘密にすることで離婚などのトラブルの原因になる
  • 借金を秘密にすることは難しく、精神的な負担も大きい
  • 秘密のうち借金を解決するには任意整理と個人再生がおすすめ
  • 借金が高額で解決できない場合は自己破産などの債務整理を行う

借金を秘密にするのはおすすめできない

借金を秘密にするのはおすすめできません。隠していた借金が家族に知られることで、トラブルになる可能性が高いからです。配偶者がいる方なら借金があると知られることで、離婚の原因になる可能性もあります。

もし借金をしているなら、出来るだけ早く打ち明けることをおすすめします。

借金を秘密にするのがおすすめできない理由

借金を秘密にすることがおすすめできない代表的な理由は以下の6つです。

  •  生活を共にしている場合は借金を隠し続けるのは難しい
  •  結婚後に借金を知られると離婚原因になる可能性がある
  •  借金を打ち明けることで借金問題を解決できる可能性がある
  •  借金を返済できないと利息や延滞損害金などによって借金が増える
  •  借金を隠していることにより精神的な負担になる
  •  借金によって住宅ローンの審査の可否が変わってくる

どれも重要なことなので、それぞれについて詳しく解説します。

生活を共にしている場合は借金を隠し続けるのは難しい

配偶者や親などの家族と同居している場合は、借金を隠し続けることが非常に困難です。借金があると知られる原因は郵便物や電話などのさまざまな原因があるため、常に気を配っておく必要があります。

例えば金融機関などの借り入れ先からの契約書類や明細書などは、家族に借金があると最も知られやすい原因です。そのため自宅に届く郵送物は、家族より先に受け取って処分する必要があります。

他にもATMで返済している場合に、明細書を家に持ち帰ったことが原因で知られたり、自宅の近くのATMで返済しているところを見られたりといったアクシデントも想定されます。そのため借金を知られないためには、工夫が必要です。

こういった工夫は短期間であれば、気をつけて行動することで継続できますが、長期間に渡って続けていくことは簡単ではありません。ふと気が抜けたときに継続できず、家族に借金が知られてしまうことはよく起こります。

そのため生活を一緒にしている家族がいる場合は、借金を秘密にせず打ち明けることをおすすめします。

結婚後に借金を知られて離婚原因になる可能性がある

結婚している場合は、借金の存在を配偶者に知られることで離婚を言い出される原因になる可能性があります。実際に借金を秘密にしたことで信頼を失い、婚姻生活が破綻して離婚を申し出るケースは非常に多いです。

とはいえお互いが離婚に同意していない場合は、借金は法的に離婚できる理由にはなりません。借金の存在を知られることで婚姻生活が破綻したとしても離婚したくない場合は、離婚に同意しないことが重要です。ただし次の理由に当てはまる場合は、一方的に離婚される可能性があります。

  • 結婚後にあまりにも高額な借金があると知ったケース
  • 不倫相手が原因で借金を作ったケース
  •  借金が原因で生活費用を入れていないケース

上記のようなケースでは、お互いの同意がなくても離婚される可能性は非常に高いです。借金の存在だけでなく、離婚事由に足る複合的な理由がある場合には離婚が認められます。

借金を打ち明けることで借金問題を解決できる可能性がある

親や結婚相手に借金があると打ち明けることで、借金問題を解決できる可能性があります。親や配偶者が借金を肩代わりしてくれることは珍しくないためです。

解決の糸口が見えない借金問題を一人で抱え込んでいても解決できる可能性はほぼありません。恥を捨てて両親や配偶者に「借金がある」と打ち明けて、助けをもとめてみてください。後々に返済する必要はありますが、高額な金利からは逃れることができるはずです。

一人では解決できない状態であっても、打ち明けることで解決できた事例は多いので試してみてください。

借金は返済できないと利息や延滞損害金などによって借金が増える

借金は返済できないと利息や延滞損害金などによって借金額が増えていきます。
キャッシングをした場合、金利はクレジットカード会社によって異なりますが平均15%〜18%程度です。さらに、延滞した場合は、年率20%程度の延滞損害金が必要になります。
例えば金利18%のキャッシングで20万円の借入れを行って、毎月1万円を返済する場合は234,478円の返済が必要です。20万円の返済が180日遅れた場合には、19,726円の延滞損害金がかかる計算になります。

このように借金の返済ができずに滞納することで、借金額が膨らみ返済できなくなっていくのです。そのため借金が解決できずに放置すると、自分の首を締めることになります。問題が大きくなる前に家族に借金があることを打ち明けるようにしてください。

借金を隠していることにより精神的な負担になる

借金を隠していることにより精神的な負担が大きくなります。その理由は嘘をついているため罪悪感を感じることと、「いつバレるのか?」といった心配するためです。
特に配偶者のような信頼している相手を裏切る行為を長期間に渡って行うのは、想像以上の苦痛です。そのことが原因で鬱になった事例も存在します。

このため借金を秘密にしておくことはおすすめ出来ません。

借金によって住宅ローンの審査の可否が変わってくる

借金があることで住宅ローンの審査の可否や上限金額が変わってきます。住宅ローンを組む場合には、年収に対する借金の割合が重要視されるためです。実際に多くの銀行で借金の返済負担率が年収の30%以下でないと、審査が通らず住宅ローンが組めません。

また、年収と借金の割合に問題なくとも、サラ金などに借金があるだけで審査に落ちるケースもあります。住宅ローンが組めないことで借金を秘密にしていることがバレる場合もあるので、要注意です。

秘密にする時は解決方法がある場合に限定するのがおすすめ

借金を秘密にする時は、借金を返済できる見込みがあるときだけに限定することをおすすめします。
返済できる見込みがある場合は、秘密を知られても大きな問題にならない可能性があるためです。ただし結婚などで生活環境がかわる場合は、収入や支出の状況がかわるので、注意が必要になります。下手をすると、返済計画に狂いが出る可能性があるためです。

返済計画をたてる際には、自分の状態の変化を折り込んで計画をたてるようにしてください。

秘密のうちに借金を解決する方法

解決策がない状態で借金を秘密にすることはおすすめしませんが、どうしても秘密にしたい場合には、以下の方法で解決できる可能性があります。

  • カードローンの場合は過払い金返還請求で解決できる可能性がある
  • 秘密のままでは借金の返済計画が立たない場合は任意整理がおすすめ
  • 任意整理では解決できない場合は、個人再生がおすすめ

それぞれについて説明してきます。

カードローンの場合は過払い金返還請求で解決できる可能性がある

カードローンの場合は過払い金返還請求で解決できる可能性があります。過払い金返還請求とは、グレーゾーン金利(年20%以上29.2%以下の金利)で契約した借金を返済した場合に、利息制限法を超える金利については返還請求できるものです。借金の契約日時が2010年6月以前(2010年6月18日に出資法が改正されたため)の場合は、一度調べることをおすすめします。

仮に多額の過払い金が発生している借金の場合は、完済することも可能です。しかし、過払い金によって借金が返済できずに残高が残った場合は、注意しなければいけません。

借金を返済している状態で過払い金請求を行った場合は、任意整理とみなされて信用情報機関へ登録される可能性が高くなるためです。借金をした状態での過払い金請求は、完済できないとデメリットが大きいことを覚えておいてください。

秘密のままでは借金の返済計画が立たない場合は任意整理がおすすめ

家族に秘密にしたままでは借金の返済ができない場合は、任意整理がおすすめです。任意整理をすることで、家族に知られることなく高額な金利を減らすことや無くすことが出来ます。

任意整理を利用することで秘密を保ったまま解決できる理由は以下の4つです。

  • 裁判所での手続きが不要
  • 希望する借金だけを整理できるため秘密にしなければならない借金だけを任意整理できる
  •  官報に掲載されないので外部の人に知られることがない
  •  弁護士と業者の間で手続きがすむ

上記の理由から秘密にした状態のまま借金問題を解決できる可能性は高いです。ただし任意整理には信用情報機関(ブラックリスト)に載るなどのデメリットがあることも知っておいてください。

また弁護士に依頼をする場合には、郵送物を送付することや家には電話しないといった要望を事前に伝えておくことが重要です。依頼をしておかないと弁護士からの連絡によって、借金がバレてしまう可能性があります。

任意整理のメリットや注意点も知りたい方は「任意整理で月返済額を約1/2に!財産を残せて家族にバレずに手続きできる」も合わせてご覧ください。

個人再生でも借金を秘密のまま処理できる可能性が高い

個人再生でも任意整理と同様に、借金を秘密にしたまま処理できる可能性が高いです。秘密にできる理由は任意整理と同様に弁護士と業者がやり取りするため知られる可能性が低いことや、官報に記載されるが官報は見られる可能性が低いことが挙げられます。

任意整理との違いは、個人再生は借金そのものを8〜9割減らすことができることです。そのため任意整理を行ってもどうにもならないような高額な借金に有効になります。

個人再生のメリットや注意点を知りたい方は「借金を1/5に減額し住宅も残せる個人再生とは?メリット・デメリットや詳しい手続きについて解説」も合わせてご覧ください。

ただし任意整理よりも長い期間、信用情報機関(ブラックリスト)に記載されることや任意整理よりも手続きに手間がかかるため、秘密がバレる可能性が高くなるデメリットがあります。

借金がどうしても高額で秘密にできない場合は自己破産をする

借金が年収の3分の1を超えている状態などどうしても借金が高額で解決にできない場合は、自己破産をすることを検討してください。自己破産をすることで借金の支払い義務がなくなります。ただし借金を秘密にすることは不可能です。そのため自己破産する場合は、家族に借金の存在と自己破産することを事前に説明する必要があります。

もちろん秘密にしていた借金の存在を打ち明けるため、離婚を言い出される可能性も高いです。ただし自己破産が必要なほど差し迫っている状況では致し方ありません。離婚を言い出されないように誠心誠意、謝罪することをおすすめします。

まとめ

借金を秘密にするのは隠し続けることが難しく、精神的な負担も大きいうえに、トラブルの原因になるためおすすめできません。一方で借金を打ち明けることには、家族と協力して早期返済ができる可能性が高くなるなどのメリットがあります。

そのため特別な事情がない限りは、打ち明けて謝罪するようにしてください。しかし中には、特別な事情で打ち明けるわけにはいかない人もいます。そういった方は、なるべく早く解決する方法を探すことが重要です。

探しても早期解決する方法が見つからない場合は、任意整理や個人再生などの債務整理(自己破産は除く)をおすすめします。どちらの方法も弁護士と業者との間の手続きで行うことができるため、秘密にできる可能性は高いです。

このようにこの記事では、借金を秘密にすることがおすすめできない理由と秘密のうちに解決する方法について詳しく解説してきました。借金を秘密にしたくて悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてください。

また借金を秘密のうちに解決するための任意整理や個人再生、借金が高額で返済に困っている時の自己破産といった債務整理の手続きは、自身でするのは困難です。債務整理を決意したら、専門家が在籍している法律事務所に相談することをおすすめします。法律のプロである弁護士に相談することで、悩みを解消できるはずです。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]