相手に借金を内緒で結婚できる?リスクと正しい借金の清算方法を解説

実は結婚を控えている相手がいるのですが、借金があることを知られたくなくて…。相手に借金を内緒にしたまま結婚できるものでしょうか?

借金を結婚相手に内緒にし続けるのは難しいですね。利用明細や請求書などの郵送物でばれてしまうでしょう。ちなみに、返済はいつ終わる予定ですか?

それが、返済の目途が立っていなくて…。

それならなおさら相手に内緒にするのは難しいです。支払いを滞納すると、督促状や内容証明郵便などが送られてくるので、いずれバレてしまうでしょう。ですが結婚して一緒に住む前に、借金を清算する方法ならありますよ。

そうなんですね!

はい、債務整理をすれば借金を減らして完済しやすい状況にできます。弁護士に代理人を依頼すれば、結婚相手にはバレません。

それなら安心です。早速債務整理を検討しようと思います!

結婚相手に内緒の借金でお困りではありませんか?結婚相手に対して、結婚前に「借金がある」とはなかなか言いにくいものです。

しかしずっと内緒にしたところで、結婚後に借金がバレてしまったら信用問題に関わります。せっかくの結婚生活が、借金のせいで貧しくなってしまう可能性も。最悪の場合、離婚問題に発展するリスクもあるのです。

そのため借金は結婚前に清算しておくのが一番です。債務整理をすれば、借金を返済可能な額にまで減らすことができます。なお、弁護士に代理人を依頼すれば結婚相手に内緒で手続きが可能です。

そこでこの記事では、結婚相手に借金を内緒にするリスクや結婚前に借金を清算する方法についてご紹介します。支払いが長引きそうな借金や、返済のめどが立たない借金がある方は早めの債務整理をオススメします。

この記事で分かること

  • 結婚相手に借金を内緒にしておくのは難しい
  • 借金を内緒にすると、バレたときのリスクが大きい
  • 借金は結婚前に清算しておくのがベスト
  • 借金を清算するには債務整理
  • 弁護士に代理人を依頼すれば相手にバレず、手続きがスムーズ

相手に借金を内緒で結婚するのは難しい

結婚後に同居しながら借金を隠し通すのは、少額でも難しいでしょう。まず借金を内緒にするということは、結婚相手と財布を一緒にできないということです。一緒に住めば、相手の収入や支出は大体分かります。

特に収入の多くを返済に充てていたら、すぐに不審に思われてバレてしまうでしょう。また、借金の利用明細書や請求書などの書類が届けば、すぐに結婚相手にバレてしまいます。

なお返済を滞納し続けると、取引先から内容証明郵便で一括返済を請求されます。内容証明郵便は受け取りにサインが必要なので、一般郵便よりも隠すのが難しいでしょう。

内容証明を放置すると、今度は裁判所から通知が届きます。これは相手が訴えてきているということなので、無視するわけにはいきません。それでもなお返済を滞納すれば、最終的に財産を差し押さえられるので確実に借金の存在はバレるでしょう。

すぐに返し終わる場合ならともかく、返済が難しいと感じている場合はすぐに弁護士に相談して借金を清算する必要があります。

借金を結婚後に持ち越すことにはリスクが伴う

請求書を隠したり、返済に充てる支出をうまくごまかして借金を内緒にし続けられたとしても、結婚相手に借金を内緒にするのはおすすめできません。なぜなら、結婚後も借金を返済し続けることにはあらゆるリスクが伴うからです。

借金で結婚生活が苦しくなる可能性がある

借金があると、結婚生活が経済的に圧迫される可能性があります。返済に充てる割合が大きければ大きいほど自由に使えるお金は減り、生活費を削らざるを得ません。結婚式や新婚旅行も、我慢しなければならない可能性があります。

相手はこちらの収入満額と、自分の収入を合算して生活費を試算しているかもしれません。ところが実際は生活費に充てるお金がほとんどないことが分かれば、正体不明の支出に不信感を持たれてしまうでしょう。

借金で子どもの学費が支払えない可能性がある

子どもができても、借金があると十分な学費を払えない可能性があります。塾に通わせたり習い事をさせるお金はおろか、十分な教育費を出せないのは親として非常に心苦しい状況です。

また借金があると教育費や子育て費用の積み立ても難しくなるでしょう。一般的に学費などの積み立ては結婚後から貯蓄する人が多いものですが、借金があるとこうした余裕のあるお金のやりくりができなくなります。

借金があるとローンの審査に通りにくくなる

車や家を買うときに、借金があるとローンの審査に通りにくくなります。特に住宅ローンの審査は厳しく、このときに初めて結婚相手に借金がバレるということも少なくありません。なお、ローン会社は借金の返済額と返済比率を見ています。

返済比率とは年収に対する年間返済比率のこと。割合が高ければ高いほど、ローンの審査は条件が厳しくなります。

ちなみに、既にブラックリストに載っている場合はさらにローンを組むのが難しくなるでしょう。

ブラックリストとは信用情報機関で登録されている事故情報のこと。支払いの滞納や債務整理をした実績などがあると、ブラックリストに登録された状態になります。

契約者が亡くなると返済義務が結婚相手に移る

借金の契約者が亡くなると、借金の返済義務は結婚相手に移ります。つまり借金を内緒にしていた場合、何も知らない配偶者が急に督促を受けることになるのです。

返済義務を背負わされた配偶者は自分の収入で返済をするか、債務整理をするか選びます。いずれにしても、残された家族の生活に大きく悪影響を及ぼすことには間違いないでしょう。

内緒にしていた借金が離婚問題になる場合も

結婚後も長く内緒にしていた借金がバレれば、少額でも信用問題に関わります。借金のせいで損なわれた信頼を回復するのは難しいでしょう。事実、借金が原因で離婚する事例は少なくありません。

借金は内緒にせず、できれば結婚前に清算するのがベストです。もし結婚前に完済するのが難しければ、せめて返済計画が立っている状態にしておくことが必要でしょう。いつまでに完済するか予定が立っていれば、結婚相手にも打ち明けやすいはずです。

借金を結婚前に清算するなら債務整理

少しでも返済が難しいと感じたら、債務整理を検討しましょう。

債務整理とは借金を減額したり、支払いを免除するための手続きのこと。主に任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。

債務整理は状況に合わせて手段を選ぶ必要があります。そのためまずはどのような手段で解決するべきか、弁護士に相談するのがオススメです。弁護士は債務整理の専門家なので、経済状況に応じたアドバイスをくれるでしょう。

さらに代理人を依頼すれば、面倒な事務手続きや交渉もすべて請け負ってくれます。依頼者本人は何もする必要がないので、結婚相手にバレずに手続きできる可能性が高くなるでしょう。

利息を減らして返済の予定を立てる任意整理

一定の収入があり、返済を楽にしたい人におすすめなのが、任意整理です。

任意整理とは任意の交渉によって、将来利息をカットして返済額を減らす方法。支払い期限の延長も可能です。債務整理の中では最もスピーディーかつ手軽に手続きができます。

任意整理は将来的に支払う利息をカットし、トータルの返済額を減らすという方法です。利息だけというと減額幅が少なく感じるかもしれませんが、支払いが長期化すればするほど利息は膨らみます。

特にリボ払いなどで返済を続けている場合、月々の返済がほとんど利息に充てられてまったく元本が減っていないというのはよくある話です。任意整理で利息を減らすだけでも、かなり返済が楽になるというケースがあります。

また任意整理は、裁判所を通さず相手の金融業者と直接交渉をします。そのため事務手続きが少なく、任意整理にかかる手続き期間は多くの場合半年以内で済むのが特徴。手早く終わるため、結婚まで時間がない方にもオススメです。

交渉は自分でやるとなると相手にしてもらえない可能性もありますが、弁護士に依頼すればまず間違いはありません。弁護士は交渉の専門家なので、先方もきちんと交渉に応じてくれます。

借金の元金を減らせる個人再生

利息のカットだけでは返済のめどが立たないという方には、個人再生もオススメです。

個人再生とは借金を最大10分の1まで減らせる方法。借金の額に応じて最低自己負担額が決まっており、裁判所を通して手続きを行います。

個人再生は裁判所を通す上に、手続き半年から1年以上かかることもしばしば。任意整理に比べて結婚相手にバレるリスクは高いものの、大幅に借金を減額できます。

借金を帳消しにできる破産

収入がほとんどなく、返済の見通しが全く立たない人は、一度破産を検討すると良いでしょう。

自己破産とは自分の財産を出来る限り返済に充てた上で、借金を帳消しにできる手通きのこと。裁判所を通し、破産管財人という担当者を付けて手続きを進めます。

自己破産をすると、家や車などの財産は手放さなければなりません。預金なども残しておけるのは最低限です。そのため、破産は本当に困った時の最終手段といえるでしょう。

ブラックリストは5~10年で消える

債務整理をすると5年、個人再生なら5~10年、破産は10年の間、ブラックリストに載ります。ブラックリストに載っているときは、新たな借り入れの審査に通りにくくなります。新しくカードを作るのが難しい場合も。

しかしブラックリストの履歴は時間が経てば消えます。そのためいち早く債務整理をして、結婚後に備えておくと良いでしょう。一度債務整理をしても、結婚後将来的にローンを組んで家を買うことも夢ではありません。

弁護士に代理人を依頼すれば結婚相手に内緒で手続き可能

弁護士が代理人になれば、郵送物はすべて法律事務所宛てに届きます。そのため、結婚相手に見られることはありません。弁護士とはメールなどで内密にやり取りできるので、結婚相手に心配をかけずに済みます。

もちろん弁護士には守秘義務があるので、家族や結婚相手に債務整理していることを他言することは絶対にありません。

「結婚相手に内緒で手続きをしたい」と依頼時に申し出れば、自宅への電話をかけないなど、柔軟な対応をしてくれる法律事務所も多くあります。

通常、個人再生と自己破産をすると裁判所からの書類が自宅に届きます。書類の届くタイミングは事前に分からないので、結婚相手に内緒で回収するのは中々難しいでしょう。

また任意整理の場合も先方との直接やり取りが必要になるので、書面の作成や電話での会話を結婚相手に内緒で行なうのは難しいといえます。

さらにこうした手続きには専門的な知識が必要です。自分で一連の手続きを行なうとなると、リサーチから始めなければいけません。そうなると借金の清算までに時間がかかってしまい、その分バレるリスクが高くなります。

返済の予定が立てば結婚相手に内緒にしなくても良い

債務整理をすれば借金を減額したり、免除したりできます。返済のめどが立たない状態と、いつ完済できるか分かっているのとでは、状況は雲泥の差です。

たとえ結婚後に借金が残るとしても、返済のめどが立っていれば結婚相手も安心できるでしょう。結婚前にきちんと債務整理をしておき、現実的な返済予定を立てることで結婚相手に打ち明けやすくなるはずです。

少なくとも借金を内緒にしたまま結婚し、後でバレるよりは建設的といえます。

まとめ

  • 結婚相手に借金を隠し通すのは難しい
  • 結婚後も借金を内緒で返済するのはリスキー
  • 借金は結婚前に清算しておくのがおすすめ
  • 借金を清算するには弁護士に相談して債務整理するのがベスト
  • 早めに債務整理をして早めにブラックリストから除外されることが重要

借金を内緒で結婚するリスクや、結婚前に借金を清算する方法についてご紹介しました。最も多くの人が取っているのは、任意整理という方法です。

任意整理は金融業者と直接やり取りして将来利息分を減額する方法です。難しく聞こえるかもしれませんが、弁護士に代理人を依頼すれば半年もかからずスムーズに交渉が終わる場合がほとんど。

さらに任意整理は他の手続きと比べても、弁護士報酬が安く設定されている場合がほとんどです。少しでも出費を抑えたいが、確実に借金を減らしたいという方は、すみやかに弁護士に相談しましょう。