借金返済のコツを10個紹介!効率的な返済計画を立てて借金返済を終わらせよう!

借金返済のコツは明確な返済計画を立てること!計画の立て方と効率的な借金返済の進め方を紹介

今借金をしているのですが、なかなか返済が終わりません。借金返済を効率よく終わらせるコツを教えてほしいです。

まずは借入状況の把握が大切です。借入先が複数あるなら、それぞれの元金と利息、月々の返済額を明確にしましょう。そのあとで収入とのバランスを見て、どのような方法が取れるのか考えるのがよいです。

なるほど。毎月、何となく返してました。借入先が定かではないのですが、どうやったら確認できますか?

借入先は信用情報機関へ問い合わせれば確認できます。借入状況がわかり、返済に少しでも不安があれば一度法律事務所へ相談してみることをおすすめします。

毎月借金を返済しているのに、なかなか返済が終わらないという人は多いです。

そのような人は、自身の借入状況を把握できていない可能性が高く、返済までに多額の利息や期間がかかってしまいます。

まずは、借入状況や収支を把握し、明確な返済計画を立てることが借金返済のコツといえます。

すでに自力での返済が困難となっている人や返済計画に自信がないという人は、早めに弁護士へ相談するとよいでしょう。

当サイトでは、借金問題に詳しい弁護士を紹介しています。返済不能となる前に、弁護士へ相談して借金問題解決のコツを聞いてみるとよいでしょう。

>>【相談無料】借金返済のコツを熟知した弁護士へ相談する

この記事でわかること
  • 借金返済を効率よく進めるコツは、明確な返済計画を立てること。
  • 返済計画と自分の状況に合わせて、節約や副業をするのがコツ。
  • 自力での返済が困難なら早めに弁護士へ相談しよう。

借入状況と収入を正しく把握して返済計画を立てよう

借金返済を効率よく進めるためには、返済計画を立てることが必要不可欠です。

そして、返済計画を立てるためには借入状況と収入を正しく把握しなければなりません。

この項目では、借入状況と収入を正しく把握する方法と、返済計画の立て方をお伝えしますので参考にしてください。

借入先ごとに借入残高と金利を表にまとめる

借入状況の把握は、以下のように借入先ごとに借入残高と金利を表にまとめるとわかりやすいです。

借入残高 金利 月々の返済額 返済回数
A社 50万円 18% 1万5千円 33回
B社 35万円 15% 1万円 35回
C社 80万円 18% 2万5千円 32回
合計 165万円 5万円

このように、表にまとめると借入状況が一目でわかります。

この表をもとに、返済計画を立てていきましょう。

借入先がわからないときは信用情報機関に情報の開示請求をする

借入先がわからないときは、信用情報機関に情報の開示請求をすれば確認できます。

信用情報の開示をすると、以下のことがわかります。

  • 借入の申込者
  • 借入先
  • 借入した年月日
  • 取引内容
  • 借入残高

借入状況を正しく把握するためにも、信用情報を開示してみるとよいでしょう。

信用情報の開示請求方法については、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

収支を書き出して返済可能額を算出する

次に、自身の収入と支出を書き出して借金返済に充てられる金額を算出しましょう。

収支も、以下のように表にまとめるとわかりやすいです。

収入:手取り26万円
家賃 6万円
食費 3万円
水道光熱費 1万5千円
通信費 5千円
携帯代 7千円
奨学金 1万3千円
保険料 2万円
交際費 4万円
雑費 1万円
合計 20万円

月々の支出を収入から引きます。

26万円-20万円=6万円

この場合、月々6万円が返済可能額となります。

ただし、冠婚葬祭など予想外の出費も予想されるため、あくまでも「借金返済に充てられる最大額の目安」と考えましょう。

利息を計算して具体的な完済までの返済計画を立てる

借入状況と収支が把握できたら、利息を計算して完済までの具体的な返済計画を立てましょう。

利息の計算方法は

借入残高×金利÷365×借入日数

です。返済計画を立てるには、月々の利息を知りたいので借入日数を一ヶ月の日数(30や31)に置き換えます。

借入残高 金利 月々の返済額 返済回数
A社 50万円 18% 1万5千円 33回

前の項目で提示した表における、A社の利息を計算していきます。

50万円×18%÷365×30日=7,397円

月々の返済額は1万5千円なので、毎月そのうちの約半分が利息に充てられていることがわかります。

つまり、A社における返済額の内訳は以下のとおりです。

元金 7,603円
利息 7,397円

これを予定通り33回で完済した場合、返済総額は以下のように計算できます。(33回払い≒1005日)

50万円×18%÷365×1005日=247,808

500,000+247,808=747,808

返済総額は747,808円となり、247,808円が利息に充てられています。

このように、すべての借入先における利息を算出して返済総額を確認しましょう。

借入残高 金利 月々の返済額 返済回数 返済総額
A社 50万円 18% 1万5千円 33回 747,808円
B社 35万円 15% 1万円 35回 503,184円
C社 80万円 18% 2万5千円 32回 1,184,263円
合計 165万円 5万円 約243万5千円

上記の例の場合、完済までに支払う利息の合計は785,255円です。元金の165万円に対して、かなり大きな額の利息を払っていることがわかります。

そこで、月々の返済額を大きくしたり、返済回数を増やして利息に充てる金額を減らせるような計画に変更するとよいでしょう。

ただし、月々の返済に充てられる金額は前述したように最大でも6万円です。すでに5万円を返済に充てているので、返済額を増やすのは難しいです。

それでは、どのようにしたら効率よく借金返済を進められるのでしょうか。次の項目で詳しくお伝えしますので参考にしてください。

借金返済を効率よく進める10個のコツ

借金返済を効率よく進めるためには、以下のことを意識するとよいでしょう。

  • 利息に支払う金額を小さくする
  • 返済期間を短くする
  • 生活に無理のない返済金額を設定する

生活に無理のある返済額の設定は、予想外の出費に対応できず借入を増やす恐れがありますので、無理のない金額に設定することが大切です。

それでは実際に借金返済を効率よく進めるコツを、10個お伝えします。

実践できるものから取り入れていくとよいでしょう。

返済日を守って遅延損害金を発生させない

返済期日に遅れると、以下の式で計算される遅延損害金が発生します。

借入残高×遅延損害金利率÷365×延滞日数

遅延損害金は延滞日数によって算出されるため、返済が遅れれば遅れるほど高額となります。

遅延損害金は余計な出費となってしまうので、返済日は必ず守って遅延損害金を発生させないようにしましょう。

副業をして収入を増やす

副業をして収入を増やし、月々の返済額を大きくするのはとても効率的です。

近年では、正社員であっても副業を認めている会社も多くあるので、一度勤務先へ確認してみるとよいでしょう。

現在フリーターの場合は、アルバイト先を増やすことを検討してはいかがでしょうか。

以下のような仕事は短時間や単発に対応していることも多く、本業との両立もしやすいです。

  • デリバリースタッフ
  • 交通量調査
  • 工事現場スタッフ

以下の記事では、借金返済における副業についてさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

生活費を見直して支出を減らす

毎月の生活費を見直して支出を減らし、返済額を増やすのも効果的です。

以下の固定費は、日々の生活や契約プラン見直すことで低くなる可能性が高いです。

  • 食費
  • 携帯電話代や通信費
  • 電気・ガス代

外出はなるべく控えて自炊をしたり、携帯電話の回線を格安キャリアに乗り換えれば、月々数千円から1万円程度の節約が可能です。

また、借金の返済が終わるまでは保険を解約したり、実家暮らしを考えるのもよいでしょう。

利用できる公的支援がないか自治体の窓口に相談する

生活費に困って借金をする人も少なくありません。

その場合、利用できる公的支援がある可能性があります。

公的支援によって生活費が賄えれば、借金の返済も進みますし、完済後も生活費に不安を抱えずに生活できるでしょう。

どのような公的支援が利用できるか、お住まいの自治体窓口で相談することをおすすめします。

また、以下の記事では生活費に困ったときに利用できる公的支援を紹介していますので、参考にしてください。

親戚や友人に金銭的援助をお願いする

親戚や友人に金銭的援助をお願いするのもひとつの方法です。

とくに、現在高金利で借入をしている場合、返済期間が延びると返済総額はどんどん膨らんでしまいます。

そのため、親戚や友人に金銭的援助をお願いして完済し、親戚や友人へ分割返済をしていくのもよいでしょう。親戚や友人であれば、低金利での貸付に応じてくれる可能性も高いです。

その際は必ず借用書を作成し、利息の設定もしましょう。借用書の書き方は、以下の記事で詳しく解説しています。

リボ払いの利用をやめる

現在、リボ払いを利用している場合は、すぐに解約したほうがよいでしょう。

リボ払いは金利が高く返済状況がわかりにくいため、気づいたら支払残高が高額となっているケースも多いです。

借金返済中にクレジットカードを利用するときは、一括払いか2~3回程度の分割払いにするとよいでしょう。

おまとめローンで借金を一本化する

複数社から借入をしている場合、おまとめローンで借金を一本化する方法があります。

複数社の借金を金利の低い一社にまとめることで、利息の負担を軽減できます。また、返済日も月に1回となるため管理がしやすいです。

ただし、複数社の借入を一本化するため借入金が大きく、審査に通りにくいです。また、計画的に月々の返済金額を設定しないと、返済総額が増える可能性もあります。

おまとめローンに関しては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

金利の高い借入先を優先的に返済する

金利の高い借入は、金利の低い借入に比べて返済期間に応じて返済総額が大きくなりやすいです。

例えば、50万円を金利が14%のA社と18%のB社からそれぞれ借入れたとします。

同じ金額で返済を続けた場合、月々の利息にかかる金額や返済総額は以下のような差があります。

金利 月の返済金額 月々の利息 返済総額
A社 14% 2万円 5,753円 67万5千円
B社 18% 2万円 7,397円 74万円

同じ借入額でも、金利によって返済総額に大きな差が出ることがわかります。

そのため、月々の返済額を大きくしたり繰上返済をするときは、金利が高い借入先を優先するとよいでしょう。

住宅ローンの減額を借入先の金融機関に交渉する

なかには住宅ローンと借金の二重返済に苦しんでいる人もいるでしょう。

その場合、住宅ローンの減額を借入先の金融機関に交渉する方法があります。

  • 返済期間を延長して月々の返済額を下げる
  • 元金の支払を猶予して一定期間利息のみ支払う
  • 一定期間だけ返済額を下げる

住宅ローンが減額された分を借金の返済に充て、借金を先に完済するとよいでしょう。

住宅ローンのさらに詳しい減額方法については、以下の記事で解説しています。

ボーナスや退職金で繰上返済する

貸金業者の多くは、繰上返済を受け付けています。繰上返済とは、月々の返済とは別に追加で返済をすることです。

ボーナスや退職金などの臨時収入があった際、繰上返済に回すことで返済総額を抑えられます。

また、繰上返済を利用した分だけ返済期間も短くなるので、精神的不安からも早く解放されます。

ボーナスなどの予定がある場合は、返済計画に繰上返済も組み込んでおくとよいでしょう。

自力での完済が難しくなっている人の特徴を知ろう

借金をしている人の多くは「自分は毎月返済しているから大丈夫」と思っています。

しかし、なかには毎月返済をしていても、実はすでに自力での完済が難しい状況に陥っている人が多くいるのです。

そのため、まずは「自分は自力で完済ができる状況にあるのか」を知ることが大切です。

この項目では、自力での完済が難しくなっている人の特徴をお伝えします。複数の特徴に当てはまる場合は、自力での完済が難しい可能性が高いです。

その場合の対処法は、次の項目でお伝えしていますのでぜひ読んでみてください。

返済額が月収の1/3を超えている

月々の返済額が月収の1/3を超えている場合、自力での完済が難しくなっている可能性があります。

月収が高く、借金の返済をしても生活にゆとりがあるなら大きな問題はありません。しかし、借金の返済に家計を圧迫されていると感じているのなら、注意が必要です。

また、貸金業法でも借入残高が年収の1/3を超えている場合は新規で借入ができないように定められています。

第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
2 前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約(中略)で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額(中略)が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(後略)。

引用元:e-Govポータル「貸金業法第13条」

つまり、国の基準としても「返済額が給料の1/3以上だと経済的破綻をきたす恐れがある」とされているのです。

3社以上から借入をしている

借入先が3社以上ある場合、それだけ多くの貸金業者からお金を借りなければならない状況にあると推測できます。

借入先が多いとその分、返済額のうち利息が占める割合も増えるため、返済総額も高額となります。

また、複数社から借入れていると、借金への抵抗が薄くなってる人もいるでしょう。

1年内に完済の見込みがあるという場合でなければ、3社以上からの借入は自力での完済が難しいといえます。

借金を返すための借金をしている

借金を返すために借金をしている人は、すでに自力での完済が困難な状況に陥っている可能性が高いです。

いわゆる自転車操業という状況で、A社の借金をB社からの借金で完済してもB社の借金が残ります。

とくに完済のためでなく、月々の返済が間に合わずに他の消費者金融から借入をしている場合は注意が必要です。

どんどん借入先が増え、気づいたら返済総額が高額で返済不能となってしまうケースがよく見られます。

すでに借金を滞納している

すでに借金を滞納している場合、借入先から一括返済を求められたり給料や財産の差押えに発展する恐れもあります。

一カ月程度の滞納なら、すぐに返済すれば問題ないケースも多いです。しかし、滞納が続いたり頻繁に滞納しているのなら、自力での返済が難しくなってきているといえます。

給料や財産を差押えられてからだと、弁護士へ相談しても解決が難しい可能性が高いです。

すでに借金を滞納している人は早めに弁護士への相談を検討しましょう。

>>【相談無料】弁護士へ相談して差押えを回避する

自力で返済困難なら早めに弁護士へ債務整理の相談を!

ここまで自力で借金を効率よく返済するコツをお伝えしました。

しかし、前の項目でもお伝えしたように、気づいたときには自力での返済が困難な状況に陥っている人も少なくありません。

その場合は、早めに弁護士へ債務整理の相談をするとよいでしょう。

債務整理は、国に認められた借金減額の方法で「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの方法があります。

次の項目から、それぞれについて詳しくお伝えしていきます。

任意整理で利息をなくして返済総額を減らす

任意整理は、債権者へ将来分の利息カットを交渉し、元金のみを3~5年で返済していく方法です。

利息がカットされるので、返済総額を減らせます。また、月々の返済金額も大きく減らせるケースが多いです。

また、任意整理には以下のメリットがあります。

  • 比較的費用が安い
  • 周りの人に知られにくい
  • 住宅や車などのローンに影響なく手続きできる

任意整理は途中で滞納すると、一括請求や差押えに繋がります。そのため、返済能力や返済意思がある人におすすめの手続きです。

また、住宅や車のローンがある場合、自己破産や個人再生だと差押えとなる可能性があります。そのためローンを抱えている場合は、任意整理が可能か弁護士へ相談するとよいでしょう。

>>【相談無料】任意整理についてもっと詳しく聞いてみる

自己破産で借金をすべてなくす

自己破産は、20万円以上の価値を有する財産をすべて手放して、債務を0にする手続きです。

以下に当てはまる方は、自己破産を検討したほうがよいかもしれません。

  • 借金が減額されたとしても返済を続けられる見込みがない
  • 借金の原因が浪費やギャンブルでない
  • 病気や怪我で働くことができない

任意整理と個人再生では、手続き後も数年は借金残債の返済が残ります。そのため、減額されても返済できる見込みがないのなら、自己破産を選択するとよいでしょう。

ただし、自己破産には「免責不許可事由」といって、借金の返済義務をなくすことが認められない条件がいくつかあります。

自己破産を考える場合は、弁護士とよく相談するとよいでしょう。

個人再生で自宅を残したまま借金総額を圧縮する

個人再生は、基本的に以下の基準で利息を含めた借金総額を圧縮します。

借金総額 最低弁済額
100万円未満 借金総額
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1,500万円以下 借金総額の1/5
1,500万円超3,000万円以下 300万円
3,000万円超5,000万円未満 借金総額の1/10

借金圧縮後は、再生計画個人再生において、裁判所に認可を受けた返済計画。再生計画が認可されると、その計画に沿って減額された借金を返済していく。に基づいて、原則3年で残債を分割返済します。

個人再生では、条件を満たすと住宅ローンの残っている住宅を手放さずに手続きができます。

住宅を残せるかの判断は個人では難しいので、弁護士へ相談するとよいでしょう。

また、以下の記事でも個人再生における住宅ローン特則について詳しく解説しているので、参考にしてください。

まとめ

借金の返済を効率よく進めるコツとしてまず大切なのが、借入状況と収支を正しく把握することです。

そのうえで返済計画を立て、なるべく早く借金の返済を終わらせるために自分ができることを考えましょう。

すでに自力での返済が困難な状況にある場合は、早めに弁護士へ相談することをおすすめします。

無料で相談を受け付けている法律事務所も多くあるので、自分は返済可能な状況にあるのかということも含め、一度相談してみてはいかがでしょうか。

債務整理よくある質問

債務整理では滞納している分の借金も対象になりますか?

はい、なります。
滞納が続いて給料や財産が差押えられる前に、弁護士へ相談するとよいでしょう。

借金を家族には伝えてないのですが、内緒にしたまま債務整理できますか?

任意整理であれば、家族に知られずに手続きを進めやすいです。
自己破産や個人再生は、裁判所へ家族の給料明細を提出する必要があり、同居の家族に知られずに手続きするのは難しいです。

債務整理はブラックリストに載ると聞いたのですが本当ですか?

はい。
5~10年間は信用情報に事故情報が掲載されます。
ただ、滞納や差押えとなっても事故情報に掲載がされるので、返済が困難な場合は早めに債務整理をした方がよいでしょう。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]