【借金を完済したら】気持ちを楽にするために!完済した人の事例と解決するための方法をご紹介します

借金 完済 気持ち

借金を完済するとどういった気持ちになるのでしょうか?

そうですね、完済した方の話を聞くと精神的に楽になったという方が多いです。借金を抱えていると常に不安を抱えているため、ほっとする気持ちになることが多いようですね。

なるほど…。私も借金に悩んでいるのですが、他の人はどういった方法で完済しているのでしょうか?

家計の見直しやローンをまとめるなどして完済されている事例が多いです。自力で解決出来ない場合には、債務整理をされる方もいます。

借りた当初は返済出来るつもりでも、経済状況の悪化など様々な理由で返済が困難になる人は多いです。

では、借金の返済が難しい状況で完済出来る方法はあるのでしょうか?

自力で完済を目指す際に有効な方法は、家計の見直しやおまとめローンの活用で支出を減らすことですが、それだけでは返済出来ないような状況に陥っているケースも多くあります。

そういったケースでは債務整理を検討するようにしてください。債務整理をすることで借金の負担を軽減し早期完済を目指せるので、精神的に楽になることが出来ます。

また、無料相談を利用して法律事務所へ相談すれば、債務整理についてはもちろん借金を完済するための方法やコツを教えてもらえます。ぜひ気軽に利用してください。

>>【全国対応&24時間無料相談】債務整理・借金問題に詳しい法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • 自力で解決する際に最も有効な方法は家計の見直し
  • おまとめローンやローンの借り換えを利用して金利を下げることで返済額が減らせる
  • 返済困難な借金は債務整理を検討する
  • 債務整理するときは弁護士に相談する

借金を完済して気持ちを楽にするための解決方法

借金を完済して気持ちを楽にするためには以下の2つの方法がおすすめです。

  •  家計の見直しで解決する方法
  •  おまとめローン利用する方法

それぞれについて詳しく解説していきます。

家計を見直して支出を減らして借金を完済した事例

この事例は600万円の借金(カードローン、車のローン等)を返済するために、家計を見直すことで借金を完済した事例です。

Aさんは買い物することでストレス発散をしていたため、お金が足りないときはカードローンを利用して買い物を続けていたそうです。

しかし、気がつくと借金の総額が400万円に膨らんでおり、日々の利息分を返済するのも苦しい状態に陥ってしまいました。

そこで、借金をどうにか返済しないといけないと思い、家計簿をつけて収入と支出を把握し家計の見直しを行ったそうです。

Aさんは月々の返済をするためにはいくらまで支出を減らさないといけないかを逆算し、無駄な支出はすべてカットするように徹底しました。

そのうえで、返済計画のスケジュールを作成し、完済する時期を目標として掲げることで、毎月検証出来るようになったそうです。

Aさんの努力により生活費を最低限に抑えることができ、Aさんは月々の返済をしても少し貯金が出来る状態にすることに成功しました。

コツは貯金を利用してストレス発散の買い物や美味しい食事などを行い、ストレスが貯まらないようにすることで精神的な負担を少なくすることだと話されていました。

家計の状況を書き出して内容を把握する

前述した事例で紹介したように家計を見直すことは、借金を完済するうえで最も重要なポイントになります。

家計の状況を書き出して把握することで、無駄な支出を把握してカットすることが出来るためです。

自身に必要な最低限の生活費がわかることで、借金の完済時期やそもそも返済出来る額なのかを計算することも出来ます。

ただし、最低限の生活費といっても、ギリギリの生活になるような金額には設定しないようにしてください。

生活に楽しみがなくなると節約がストレスになり、計画を立てていても長続きしない可能性が高いです。

時々贅沢出来るような生活費に設定することが、計画的に完済するコツと言えます。

固定費を削減することが完済への早道

生活費で大きな割合を占めているのが携帯代や家賃といった固定費です。

そのため、固定費を削減することで完済出来る可能性が高くなります。

例えば、家賃8万円の家に住んでいた場合、家賃を6万円にすることで毎月の支出を2万減らすことが可能です。

ただし、引っ越しをする場合には引っ越し費用のことを計算に入れなければなりません。

引っ越し後の返済シミュレーションを行って、引っ越し費用がかかっても家賃を安くするメリットがあるのかを計算するようにしてください。

一方で、携帯は格安スマホに変えてデータ容量が少ないプランに変更することで、簡単に日々の携帯電話代を抑えることが出来ます。

固定費を抑えたい場合は、まず携帯代を節約することを考えてみてください。

市役所の相談窓口に相談することもおすすめ

市役所の相談窓口に相談することも家計を見直す方法としておすすめです。

例えば、函館市はくらし安心課に借金問題の相談窓口があるため、相談することで家計の見直しや借金を解決するためのアドバイスをしてくれます。

出典:函館市くらし安全課相談事例

他にも、公的財団法人日本クレジットカウンセリング協会には多重債務者向けの相談室が設定されており、電話や直接訪問することで無料で借金問題について相談することが可能です。

出典:公的財団法人日本クレジットカウンセリング協会

このように無料の相談窓口を利用することで、家計の見直しや固定費の削減などについてアドバイスをもらうことが出来ます。

1人で悩んでいてどうすればいいのかわからない場合や節約が上手くいかない場合は、一度相談するようにしてください。

おまとめローンで借金を減額して完済した事例

おまとめローンとは複数の会社からの借り入れを1社からの借り入れだけにすることで、利息の支払いを減らす方法です。

このおまとめローンを利用して利息が少なくなり完済できた事例を紹介します。

Bさんは3社から総額250万円の借金をしている状態でした。

既存の借り入れ先3社の金利が年19.0%でしたが、おまとめローンに申し込むことで金利が年16.0%と3%金利が低くなったのです。

この金利の違いを計算したのが以下になります。

借り入れ金額250万円で金利が19%の借金を5年で返済する(元利均等返済)場合は以下の返済額が必要になります。

・総返済額:3,891,060円
・利息:1,391,060円
・月々の返済額:64,851円

一方で借り入れ金額250万円で金利が16%の借金を5年で返済する(元利均等返済)場合は以下の返済額が必要です。

・総返済額:3,647,700円
・利息:1,147,700円
・月々の返済額:60,795円

金利が3%低くなることで、支払う利息が243,360円分少なくなり、月々の返済額も4,056円少なくなりました。

Bさんはおまとめローンと家計を見直すことで、借金を5年で完済することに成功したのです。

このように、おまとめローンは借金返済額を減らす効果があります。

ただし、借金が多い場合はおまとめローンの効果だけで完済するのは難しいので注意が必要です。

前述した家計の見直しをセットで行うことで、より効率よく完済を目指すことが出来るので、試してみてください。

おまとめローンを利用することで金利が低くなるかを調べる

前述したおまとめローンを利用する際は利用することで金利が低くなるかを調べることが重要です。

例えば、おまとめローンを利用する前に14%だった金利が、利用することで金利16%になってしまっては利息が増えてしまうため意味がありません。

また、おまとめローンには銀行の融資のように審査があることも覚えておいてください。

しかも個々の借り入れをまとめた額を融資するため、既存の借り入れよりも審査が厳しくなる可能性が高いです。

借金を滞納している場合などは利用出来ない可能性も十分に考えられます。

ローンの借り換えでも利息を減らすことができる

ローンの借り換えとは別の金融機関でローンを組み直すことで、今のローンを完済して総支払額を減らす方法です。

注意点として、おまとめローンと異なりローンの借り換えは借り入れ先が一社しかない場合しか利用出来ないことがあります。

さらに、おまとめローンと同様に借り換えを行うことで金利が上昇してしまうパターンもあるため、注意が必要です。

借金の返済がどうしても難しいなら債務整理を検討する

家計の見直しやおまとめローンなどでも借金問題が解決出来ない場合は債務整理を検討するようにしてください。

債務整理には「自己破産」や「個人再生」、「任意整理」の3つの方法があります。

3つの方法の特徴を下記の図にまとめたので、確認してみてください。

個人再生 任意整理 自己破産
借金を完全に無くせる
裁判所の手続きが必要
資格制限のある職につけない
債権者の同意がいらない
ブラックリスト(信用情報機関)に記載される ○(5年) ○(5年) ○(10年)
官報に名前が載らない
会社に秘密にできる
財産の所有制限がある

上記のように債務整理の手続きは種類によって特徴やデメリットが異なるため注意が必要です。

なお、債務整理については債務整理のリスクを種類別に徹底解説!勘違いされやすいリスクと回避方法も説明の記事で詳しく解説しているので確認するようにしてください。

債務整理を利用して借金問題を解決した事例

債務整理を利用して借金問題を解決した事例を紹介します。

紹介する事例は以下の3つです。

  •  任意整理を利用して解決した事例
  •  個人再生を利用して解決した事例
  • 自己破産を利用して解決した事例

それぞれについて説明します。

利息の支払いに困っており任意整理を利用して完済した事例

Cさんはリボ払いの危険性を理解せずに毎月リボ払いで買い物をし続けていました。

毎月リボ払いで買い物をしていても返済がされているため安心して利用していたら、実は利息の返済ばかりしており元金はまったく減っていなかったのです。

気づいたときには借金が100万円を超える状態になってしまいました。

自力で返済しようとしても利息の返済しか出来ていない状態で、自力で返済するのは無理だと感じたCさんは法律事務所に相談にいくことにしたそうです。

【Cさんの状況】

相談者 20代 派遣社員
収入 約13万円
借り入れ状況 クレジットカード会社150万円
月々の返済額 5万円

利息の支払いがなくなれば返済出来ることや同居している家族に知られたくないという希望があったため、こうした理由から担当の弁護士から任意整理を勧められました。

その結果、毎月の返済額が5万円から3万円になり、日々の負担が減ったことで完済することが出来たのです。

今では完済されて借金の不安がなく、安定した生活をおくられています。

なお、任意整理については【任意整理のメリット・デメリット】手軽な費用で財産を処分されずに減額可能!元本が残ることには注意で詳しく解説しています。

自宅を残しながら個人再生をして完済した事例

Dさんは若いころからギャンブルづきだったのですが、定年後に友人にボートレースに誘われて行ったことで、ハマってしまい抜け出せなくなってしまいました。

定年を迎えていたため、時間的な余裕もあり毎日通い続けて気がつけば貯蓄もなくなり消費者金融から借入をするような状況に陥っていたそうです。

借金の総額も500万円を超えている状況で、自力での返済は無理だと悩んでいたところ友人から弁護士に相談することを勧められました。

【Dさんの状況】

相談者 60代男性
収入 年金12万円
借り入れ状況 消費者金融5社から500万円、住宅ローンの返済200万円)
月々の返済額 10万円

Dさんは自宅を所有しており、住宅ローンの残債もあったため、弁護士から個人再生を勧められました。

その結果、自宅は残したまま借金を大幅に減額することが出来たのです。

現在はギャンブルをやめて、友人の会社でアルバイトをしながら完済を目指しています。

なお、個人再生については借金を1/5に減額し住宅も残せる個人再生とは?メリット・デメリットや詳しい手続きについて解説でも分かりやすく説明してあるので、あわせて参照ください。

完済で出来る見通しがない状況で自己破産を利用して借金問題を解決した事例

Eさんは個人事業主としてビジネスを行っていましたが、取引先の倒産などで売上が減少してしまい、販売するための商品を仕入れられる資金すらない状態でした。

なんとか商品を仕入れようと700万円の借金をして商品を仕入れましたが、売却先が見つからず借金だけが残り、闇金にも手を出す状態に陥ってしまったそうです。

どうにもならなくなったEさんは法律事務所に相談に行き、弁護士に相談しました。

【Eさんの状況】

相談者 30代個人事業主
収入 約18万円
借り入れ状況 消費者金融・クレジットカード会社から合計700万円
月々の返済額 約12万円

Eさんは住宅など高額な財産もなく、職業制限にかかる職業ではなかったため、自己破産を勧められて自己破産を行いました。

その結果、借金が免除されて借金がなくなり、現在は就職して安定した収入を得て生活されています。

なお、自己破産については自己破産とは?借金がゼロになる代わりに失う財産や制限は?手続きの前に覚えておきたいことで詳しく解説しています。

債務整理をおこなうなら弁護士に相談する

一般の方が債務整理の手続きを自身で行うことは、非常に難しいうえに手間がかかるため現実的ではありません。

そのため債務整理を行う場合には、法律事務所に相談をすることをおすすめします。

経験豊富な弁護士に相談することで、債務整理をする際の最適な方法や返済方法などについてアドバイスをもらうことが可能です。

また、取り立てなどを辞めさせることも出来るので、精神的な不安も軽くなります。

無料の相談サービスを行っている弁護士法人もあるため、一度相談するようにしてください。

まとめ

自力で借金を完済するためには、有効な方法である家計の見直しやおまとめローンについて理解しておくことが重要です。

とはいえ、家計の見直しやおまとめローンの利用では、借金の返済が難しい場合もあります。

そのような場合には債務整理をすることで借金問題を早期解決することが可能なので、検討してみてください。

ただし、債務整理を行う際は手続きが困難なうえ自身にあった債務整理手続きをする必要があるため、自力で行うことは非常に難しいです。

そのため、経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

この記事では上記の内容について事例を交えながら詳しく解説してきました。

借金が返済出来ずに不安を感じている方はこの記事を参考にしてみてください。

借金を完済したときの気持ちと完済するためのポイント

借金を完済するとどのような気持ちになりますか?

精神的に楽になったという声が多いです。借金をしていると常に不安を抱えているため、ほっとする気持ちになることが多いようです。

借金を完済するためにはどういった方法がありますか?

借金を完済するための方法は家計の見直しとおまとめローンの利用、債務整理の3つの方法があります。

家計を見直す際に重要なポイントは何ですか?

家計を見直す際は支出を計算し、固定費を減らすことがポイントです。固定費を減らすことで、早期の完済が可能になります。

おまとめローンと債務整理どちらを利用する方が得ですか?

おまとめローンは金利を安くすることはできても全額カットすることはできません。その点、債務整理なら利息を全額カットしたり、元金すら減額できる可能性もあります。そのため、借金の負担軽減効果は、おまとめローンより債務整理の方が高いといえるでしょう。

債務整理をするときは弁護士に相談したほうがいいですか?

債務整理の手続きは非常に複雑なため、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。相談することで自身に最適な債務整理の方法や悩みについてアドバイスをしてくれます。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…