【親に打ち明ける?】借金を親に伝えなくても完済できる!国が認めた負担の少ない返済方法をお伝えします

親に内緒の借金があり返済が苦しいのですが、いっそ親に打ち明けるべきでしょうか?

親に手助けしてもらえる期待ができるなら打ち明けてみるのも良いですが、親との関係性によっては打ち明けない方が良いこともあります。

たとえば親との関係性があまり良くない場合に借金のことを打ち明けると、より険悪な仲になってしまう可能性があります。

そうですよね。親も金銭的に余裕がないでしょうからできれば内緒にしておきたいです。

借金問題を解決するために何か良い方法はないでしょうか?

借金の負担を軽減させたいなら債務整理が効果的です。

なかでも任意整理という手続きならば親にも隠し通せる可能性が高いです。

まずは弁護士事務所の無料相談を是非利用してみてください。

債務整理でも内緒で手続きできるのですね。

早速無料相談の予約をしてみます!

親に内緒の借金を抱えていて自分だけでどうにもできない状況に悩んでいますね。

親に打ち明けることができれば金銭的に援助してもらえる可能性がありますが、できれば親には内緒にしておきたいですよね。

とは言え、そのままにしていても借金の悩みが解決するわけではありません。

どうしても親に打ち明けられないのであれば、債務整理を検討してみてください。

債務整理すれば借金を合法的に減額できますから、早期完済が見込めます。

なお、債務整理のなかでも任意整理という方法なら親に知られずに済むので安心です。

当ページでは、親に打ち明けるべきケースと打ち明けないほうが良いケースについての解説や、債務整理の詳細をまとめていますので、借金問題解決のために是非お役立てください。

この記事でわかること
  • 借金を親に打ち明けるべきケースと打ち明けないほうが良いケース
  • 借金を親に打ち明けるときに心がけるポイント
  • 借金の悩みを親に内緒で解決する方法

借金があると親に打ち明けるべきかどうかは親との関係性や状況により異なる

借金の問題はデリケートなので親にも打ち明けにくいものです。

しかし、親との関係性によっては打ち明けることで借金問題が解決する可能性もあります。

一方、打ち明けてしまうと親との関係性が悪化するケースもあるので注意が必要です。

ここからは借金を打ち明けるべきケースと打ち明けない方が良いケースの一例を紹介していきます。

借金を親に打ち明けたほうが良いケース

すでに親が借金のことを勘づいていそう、親が金銭的な援助をしてくれそうなら打ち明けることで借金問題がスムーズに解決する可能性が高いです。

ここから紹介するケースに該当する場合は勇気を出して打ち明けてみると良いでしょう。

親から借金について聞かれた

親から借金をしていないか、何か悩みを抱えていないか聞かれた場合は、親が借金について疑っている可能性が高いです。

まだ隠し通せると考えているかもしれませんが、早い段階で打ち明けた方が親を怒らせずに済むでしょう。

もしかするとすでに確信を持っているものの、自分から打ち明けてくれるのを待っている可能性もあります。

親が借金に気付いていそうなら、これ以上嘘や隠し事を重ねないために思い切って打ち明けるべきです。

親は経済的に余裕がある

親が金銭的に余裕がありそうな場合は、借金の肩代わりをしてくれる可能性があるので打ち明けてみましょう。

消費者金融や銀行カードローンなどから借りていると利息がどんどん増えますから、お金に余裕があるなら子供のために肩代わりしてあげたいと思ってくれる親は多いです。

もちろん、一旦は肩代わりしてもらっても、その後は親に返済する必要があるかもしれないことは理解しておきましょう。

親との関係が良好で親身に話を聞いてくれそう

親と仲が良かったり、些細な悩みでも聞いてくれるような親なら借金のことも親身になって考えてくれるでしょう。

たとえ金銭的な援助が望めなくても、借金のことを話せるだけで気持ちが楽になるはずです。

さらに、あなたの無駄遣いを客観的に指摘してくれたり、返済についてのアドバイスをくれたりする可能性もあります。

借金を親に隠し通したほうが良いケース

借金のことを話すとトラブルになりそう、過去にも借金のことで助けてもらったという場合は、打ち明けることで親との関係性が悪化してしまう可能性が高いです。

ここから紹介するケースに該当する場合は親に打ち明けるよりも、弁護士へ相談することをおすすめします。

親との折り合いが悪い

元々親との関係性が良好でない場合は、借金を打ち明けたせいで余計に仲が悪くなってしまう可能性が高いです。

借金問題は親に怒られるのも覚悟のうえでしょうが、親との折り合いが悪いと自分自身もついカッとなって反発してしまうかもしれません。

そうなると大きなトラブルに繋がり、将来に渡り関係が改善しなくなるリスクもあります。

親は経済的に余裕がない

親との関係性が良好なケースであったとしても、親自身も生活が逼迫しているような状況だと借金のことを打ち明けても手助けはしてもらえないでしょう。

そればかりか親が何もしてあげられないことを思い悩んでしまう可能性もあります。

精神的な負担をかけないためにも、経済的な余裕がない親へは借金の存在を隠し通したままにしておくべきです。

以前借金を親に返してもらったことがある

過去にも親に借金のことを話し、代わりに返済してもらったことがあるなら今回は内緒にしておいた方が良いでしょう。

たとえ以前は肩代わりをしてくれたとしても、さすがに2回目や3回目だと親から見放される可能性があります。

もはや借金を何度も繰り返すということは借金癖がついていますから、親に頼らず自分の責任でしっかり対処すべきです。

仮に親が何とかしてくれそうであっても、親がいつか頼れなくなったときに困るのは自分自身ですからこれを機にしっかり借金癖を直しましょう。

借金を親に打ち明けるときに心がけること

借金を親に打ち明けられそうなケースでも、打ち明けるときの態度や言動によっては親の怒りを増長させてしまう危険があります。

親に打ち明けるときには以下のポイントをしっかり守りましょう。

借金をした経緯や理由を正直に話す

親に借金の話をするときには、どういった経緯や理由で作った借金なのかをしっかり説明しましょう。

ギャンブルや趣味のためなど、絶対に怒られそうな理由であっても嘘をついてはいけません。

特に親と同居しているなら嘘をついても日頃の行動などからバレてしまいますから、正直に打ち明けるべきです。

反省の態度を示し絶対に言い訳をしない

借金のことを打ち明けるとほとんどの親は怒るでしょうが、絶対に逆ギレをしたり言い訳をしたりしてはいけません。

そもそも借金をする前に親に相談できれば大きな問題にはならなかったはずですから、怒られるのも自分が悪いのだと納得しましょう。

必ず隠していたことを謝罪し、反省の態度を示してください。

具体的に今後どうしていこうと思っているか自分の考えを伝える

借金のことを伝えたとしても、親としては自分が助けることでいずれまた借金を作るのではないかという不安を感じてしまいます。

そのため、今後はどうしていくのかと自分の意思をしっかり伝えることも大切です。

たとえば、借金の理由がギャンブルならばギャンブルをきっぱりやめる、親に肩代わりしてもらえるなら毎月いくら以上は必ず返済するなどと約束しましょう。

そうすれば親の怒りも少しは鎮まり、手助けをしようと前向きに考えてくれる期待が持てます。

親に借金のことを打ち明けられないなら債務整理をして早期完済を目指そう

親に打ち明けないほうが良いケースに該当したり、打ち明けても金銭的な援助をしてもらえないようなケースでは、債務整理をして借金を減額すると良いです。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法がありますが、任意整理なら家族にも内緒のまま手続きができるので安心です。

また、任意整理をすれば利息がカットされるので、月々の負担が減るほか元本の返済がスムーズに進みます。

任意整理なら親に知られずに手続きができる

債務整理のなかでも任意整理は唯一裁判所を介さず、債権者と和解交渉を行う手続きなので同居の親にも隠し通せます。

ただし、弁護士事務所からの郵便物や電話などで親にバレてしまう可能性はありますから、依頼をする弁護士には親に内緒であることを必ず伝えましょう。

そうすれば弁護士事務所の名前が記載されていない封筒を使用してくれたり、電話でなくメールでのやりとりにしてくれたりします。

弁護士は親や家族に内緒の借金を抱えている方をたくさんサポートしてきていますから、安心して任せましょう。

任意整理の手続き費用は5万円程なので負担が少ない

債務整理をするにも弁護士費用や裁判所へ支払う費用などお金がかかりますが、裁判所を介さない任意整理の弁護士費用は1債権者あたり約5万円なので負担が少なく済みます。

5万円程ならばアルバイトでも何とか支払えるでしょう。

多くの弁護士事務所は分割払い可にしていますし、初期費用なしで手続きをしてくれることもあるので、金銭的に余裕がなくても心配しなくて良いです。

相談だけは無料なので、相談の際に分割払いなどについても詳しく確認してみましょう。

任意整理しても完済が見込めない借金なら個人再生や自己破産を検討

任意整理は親に内緒にできる、手続き費用が安いというメリットはあるものの、大幅な借金減額はできません。

あくまで利息のカットとなり、任意整理をして残った借金は3~5年で完済しなければなりません。

つまり、元本が5年以内に完済できない程の借金を抱えているなら任意整理は向いていないということです。

任意整理でも完済が見込めない借金だと、弁護士に相談した際には個人再生や自己破産を勧められるでしょう。

個人再生や自己破産では、裁判所から親の収入証明書の提出を求められたり、債務者名義の車や貴金属などの財産を回収されたりするので親にバレてしまう可能性があります。

しかし、たとえ親にバレてしまっても、自分の力で何とかしようと行動しているなら親も最終的には許してくれるでしょう。

親に知られないかどうかよりも借金問題解決のために最善の方法をとるべきだと理解しておいてください。

債務整理すると一定期間ローンやクレジット契約ができなくなるデメリットもある

債務整理は借金問題を解決に導くために有効な手続きではあるものの、信用情報機関で金融事故として記録されるデメリットも持ち合わせています。

信用情報機関で金融事故の情報が記載されるといわゆるブラックリスト状態となり、ローンやクレジットカードなどの審査に通過できなくなってしまいます。

もちろん、消費者金融や銀行カードローンからの借入もできなくなりますから、前向きに捉えれば借金癖を直すのにも良い機会です。

また、任意整理なら5年、個人再生や自己破産では最長10年で事故情報が消えますから、その後は審査へ影響を及ぼしません。

ブラックリストについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
https://step-saimu.jp/debt-consolidation-history/

借金を親に打ち明けることに関するQ&A

親に借金を打ち明けるメリットはないのでは?

親に借金の話をすると怒られるでしょうが、もしかすると借金を代わりに返済してくれるかもしれません。
また、親に打ち明けることで返済のために的確なアドバイスをもらえることもあります。
何より親に対して後ろめたい気持ちがなくなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

親に借金の存在を隠し通すことはできますか?

借金を滞納することなく支払い続けられれば隠し通せるでしょうが、借金の悩みを抱えている時点で返済が負担になっているはずです。
そうなると近い将来滞納してしまい、債権者から督促の連絡がくることで親にバレる可能性があります。
まだ滞納していない今の段階で任意整理をすれば親に隠したまま早期の借金完済が期待できます。

借金を減らすために債務整理をすると親に知られてしまいますか?

債務整理をしても同居していない親へは知られずに済む可能性が高いです。
一方、親と同居しているなら任意整理が最も隠し通せる方法と言えます。
弁護士も債務者の意向はしっかり聞いてくれるので相談時に親に内緒で手続きしたいと伝えましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 親に借金を打ち明けると肩代わりしてくれたりアドバイスをくれたりする可能性がある
  • 親との仲が険悪、借金をしたのが初めてでないなら打ち明けるのは控えた方が良い
  • 親に隠し通したまま早く借金を完済したいなら任意整理すべき
  • 借金の額によっては任意整理が不向きな場合もあるので弁護士に判断を仰ぐ
親に借金を打ち明けると借金問題が解決する場合もありますが、親との仲がこじれてしまう場合もあります。

どうしても親に打ち明けたくない、打ち明けない方が良いと思うのであれば、専門家の力を借りて債務整理をすると良いです。

債務整理は国が認めた借金救済制度ですから、安心して手続きに踏み切りましょう。

特に任意整理は親に知られないで済むうえ、手続き費用も安めです。

債務整理をしたいならまずは弁護士に相談し、どの手続きが自身に合っているかを確認してみてください。