借金で首が回らない場合の解決方法!債務整理で返済や督促はストップ可能

債務整理ならすぐに借金の督促が止まる! 借金で首が回らないときの相談先は?

これまでなんとか借金の返済を行ってきましたが、もう首が回りません。これ以上どうすれば良いのでしょう・・・?

借金で首が回らない状態なのであれば、目先の支払いよりも根本的な解決が必要です。具体的には債務整理を行うべきでしょう。

債務整理を依頼すれば、借金の取り立てや返済は止まります。さらに、債務整理費用は分割での支払いも可能です。これまで返済に充てていたお金を債務整理の費用に充てることができるので、費用の心配はいりません。

債務整理ですか・・・。デメリットが心配なのですが、実際どうなのでしょう?

確かに、信用情報に傷がつくなどのデメリットがありますが、利息をカットして今後も支払いを続けていく任意整理であれば比較的デメリットの少ない形で手続きを進められます。借金を支払えず、給料や財産の差し押さえ、残債の一括請求をされるよりよほどメリットが大きいと考えられます。

「借金の返済額が多く首が回らない・・・」このようなお悩みを抱えてはいませんか?

もし毎月の収入で返済困難な状況に陥っているとすれば、早めに対策を打つべきです。収入が増やせないのであれば、具体的には債務整理が有効な手段となります。

弁護士に債務整理を依頼すると、債権者からの督促や返済はすぐにストップし、さらに借金の減額が可能です。

債務整理のデメリットが心配になるかもしれませんが、支払いが滞り給料や財産の差し押さえ、残債の一括請求になるよりはよほどメリットが大きいでしょう。

当サイトでは、借金問題に詳しい弁護士を紹介しています。もう首が回らないと思っている借金でも解決できますので、諦めずに相談してみてください。

>>【全国対応・24時間相談無料】債務整理が得意な弁護士はこちら

この記事でわかること
  • 借金で首が回らない状態のあなたも、債務整理を行うことで“今すぐ”に借金のストレスから解放される。
  • 債務整理を行うための費用を心配する必要はまったくない。
  • 生活再建のために、生活福祉資金貸付制度や生活保護の受給を検討するのもひとつの手段。

借金で首が回らない場合の対策は大きく2つ

借金で首が回らなくなってしまった場合、できることは大きく2つあります。

  • ①副業などを行い収入を増やす
  • ②債務整理を行い、借金の減額を試みる

①副業などを行い収入を増やす

1つは副業などを通し、毎月の収入を増やすことです。

今はネットを通し、自宅で仕事を進めることもできる時代になってきました。具体的には、記事提供などのライター業務や、エクセルへの情報入力などの事務作業など。

有名なのは、クラウドワークスや、ランサーズといったサイトです。自宅でもできるような案件が案内されています。

また、仕事の休みの日を使ってアルバイトをするのもいいでしょう。どうしても債務整理を行いたくないようであれば、収入を増やすしかありません。

このように、副業を通し毎月の収入を上がることで返済するお金を確保することが、首が回らない状態からの脱却方法の一つとなります。

※副業が禁止されている場合もありますので、所属する会社・組織の就労規約に従ってください。

②債務整理を行い借金の減額を図る

2つ目は債務整理を行い、借金の減額を図る方法です。債務整理には大きく3つの手続きがあり、いずれも借金の減額を行う手続きです。

手続きにより減額幅が異なりますので、以下ご確認ください。

任意整理 毎月の返済額を1/2程度までカット。利息がカットされるので、元本のみの返済となる。
自己破産 借金をゼロにする手続き。99万円以上の現金や、概ね20万円以上の価値があるものは処分される
個人再生 概ね借金総額を1/5程度までカットする手続き。財産が処分されないので自宅を残すことも可能。

※各手続きの概要やメリット・デメリットを詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

借金減額だけでなく返済や督促をストップできることもメリット

債務整理は借金の減額ができるだけでなく、弁護士に依頼した時点で督促や支払いをストップできることも大きなメリットです。

弁護士に依頼をすれば借金の取り立てがすぐにストップする

債務整理の依頼をすることで、借金の取り立てがすぐにストップします。これは、弁護士は依頼を受けた直後に債権者対して受任通知を発送するためです。

貸金業法には「受任通知が到着した時点で取り立て(督促)を行ってはいけない」といった内容の記載があります。そして貸金業者は、この法律に従って営業を行わなければいけません。

もし債権者が貸金業法に違反した場合は、行政・刑事で罰を受けてしまう厳しい法律であるため、絶対に取り立てが止まると思っていただいてまず間違いありません。

また、取り立てがストップするだけではなく、債務整理手続きが完了するまでは、借金を返済する必要はありません。「弁護士に相談をし、債務整理手続きを開始する」ただこれだけのことで、借金のストレスから解放されることは大きなメリットです。

ですので、どうしても支払い困難な状況で悩んでいる方はまずは弁護士に相談されることをおすすめします。

手続き費用はこれまで返済に充てていたお金から充当可能

弁護士に債務整理をお願いしたいと思っていても、中には費用が捻出できる見込みがないことに悩んでいる方もいるかと思います。

ですが、心配はいりません。ほとんどの弁護士事務所は、費用の分割払いに対応していますし、そもそも借金の返済が止まっているので今まで返済に充ててきたお金を債務整理の手続き費用に充当できます。

法テラスの民事法律扶助制度を利用すれば、弁護士費用を立て替えてもらい自己破産手続きが可能

国が設置した無料で法律問題等を相談できる法テラスでは、経済困窮者に対して“民事法律扶助”という制度を導入しています。この制度を利用することで、自己資金が一切なくても債務整理ができます。

ただ、民事法律扶助制度を利用して支払われた債務整理費用はあくまでも“立て替え”です。そのため、債務整理が解決したあとは、毎月5,000円~10,000円程度の返済をしなければいけません。

立て替えてもらった費用を支払えない場合には、相談をすることで支払いを待ってもらったり、毎月の返済額を減額してくれたりします。法テラスでは法律相談から無料で行っていますので、経済的にどうしても厳しい方は法テラスの利用を検討してみてください。

デメリットよりもメリットのほうがはるかに大きい

債務整理を行うとなると、手続きをによって生じるデメリットが心配になる方も多いと思います。

確かに債務整理を行うことで信用情報機関に事故情報が登録され、クレジットカードの利用停止(新規作成も不可)、新たなキャッシングやローンが組みにくくなったりするなどのデメリットが生じます(任意整理の場合は〜5年、個人再生や自己破産の場合は〜10年で解除されます)。

ただし、これは返済を滞ってしまった場合にも生じるデメリットです。返済が滞れば、さらに残債の一括請求や、裁判を起こされ給料や財産の差し押さえに発展する可能性もあります。

こうしたリスクを考えれば、債務整理を行うデメリットよりも、債務整理を行い一括請求や差し押さえを回避するほうがはるかにメリットが大きいと考えられるでしょう。

※債務整理によって生じるデメリットをさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

借金で首が回らない状態でやってはいけないNG行為

借金をなんとか返済しようと工夫する中で、おまとめローンや新規借入を考える方がいるかと思いますが、これはら基本的にはNG行為です。

問題を先延ばしにするだけで根本解決にはならない場合が多いので、弁護士などの専門家の助言をもらったなど特別な場合を除いては行わないほうがベターです。

①おまとめローンでの借金一本化

金利を下げられるおまとめローンは一見打開策になるように映るかもしれませんが、現在返済が滞るほどまでに支払い金額が膨らんでいる場合は打開策にならない可能性が高いです。

おまとめローンで下げられる金利幅は、せいぜい5%前後。毎月の返済額が大きく減ることは期待しにくいでしょう。

たとえおまとめローンを組んだとしても、いずれ返済不能状態になる可能性が高いと言えます。

※おまとめローンでどれぐらい月々の返済額を減らせるか資産したい方はこちらをご利用ください。
→【イー・ローン】おまとめローンシミュレーション

②返済のための新たな借金

借金の返済をするために新たな借入だけは絶対に避けてください。借金を返すために借金をするのは、とても危険な行為です。

借金額が雪だるま式に増えていくため、破産する可能性が極めて高いです。

また、闇金業者などの違法貸付を行う業者から借りてしまうと、厳しい取り立て被害に遭う場合も考えられます。

現在返済が厳しく、この先も返済が厳しい状況が続くだろうと分かった時点で、債務整理手続きを開始することが重要です。まだ返済能力が残っているような状態であれば、デメリットの少ない任意整理を行うこともできます。

しかし、もはや返済不可能なところまで状況が悪化してしまうと、自己破産しか選択肢が残されていない場合もあります。

借金問題は一人で悩まず、弁護士などの専門家に相談し、法律に基づいて解決することを強くお勧めします。

生活が苦しい場合に利用できる行政制度について

最後、経済的に厳しい場面で利用できる行政制度を紹介します。

①生活福祉資金貸付制度

生活費や家賃が支払えないのであれば、お住まいの市役所や区役所にて「生活福祉資金貸付制度」を利用すれば、安全に生活資金を確保できます。

生活福祉資金貸付制度も借入のひとつではありますが、低金利での貸付や返済が厳しいときには一時的に返済をストップしたり、延滞利子を免除したりされる可能性もあります。他の借入よりは、融通が利きます。

ただし、生活福祉資金貸付制度は借金の返済には充てられません。あくまでも、生活資金等の一部として貸付を行う制度です。借金の返済が厳しいなら債務整理、生活資金が厳しいなら生活福祉資金貸付制度の利用を検討してみてください。

②生活保護

現在、借金で首が回らず返済はおろか生活すらままならないのであれば、生活保護の受給申請を検討してみてください。生活福祉資金貸付制度を利用するという手段もありますが、あくまでも貸付制度ですので、返済が前提です。

仕事を失って借金が返済できない方などは、生活保護の受給によって生活再建を目指してみてはどうでしょうか。生活保護費での借金返済は認められていないため、生活保護受給=債務整理が必須です。

しかし、法テラスの民事法律扶助制度を利用することで、債務整理費用の準備が可能です。さらに、生活保護受給者は民事法律扶助制度によって、立て替えられた費用を返済する必要がありません。まずは、借金を0にして生活再建を目指すのもひとつの手段でしょう。

まとめ

今回は、借金で首が回らず悩んでいる方に向けて、今すぐ借金のストレスから解放されるためにできることをお伝えしました。

この記事のまとめ
  • 債務整理を依頼することで、借金の取り立てが止まり借金のストレスから開放される
  • 借金で首が回らず悩んでいる方は、自己破産で借金を0にしてしまったほうが良い
  • 債務整理の費用が準備できなくても大丈夫。分割払いや法テラスで対応可能
  • 借金で首が回らず、生活すらもままならないのであれば、生活福祉資金貸付制度や生活保護の受給を検討しましょう

現在、借金で首が回らず先の見通しが立たないのであれば、なんとかして今月の返済ができたとしても、来月にはまた苦労します。毎月毎月同じことで悩むのは時間の無駄です。

いずれ債務整理を行うのであれば、早ければ早いほうが良いです。もっと言えば、借金で首が回らない現時点で、債務整理を検討されたほうが良いでしょう。債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3パターンがあります。

自分の状況に合わせて債務整理を検討するとともに、弁護士と相談しながら決定しても良いでしょう。債務整理費用が準備できなくても大丈夫です。分割払いや法テラスなど、利用できる制度は利用しましょう。

「借金で首が回らない」
「今月の返済どうしよう」
「厳しい取り立て嫌だな…」

など、もう悩む必要はありません。前向きに生活再建を目指していきましょう。

債務整理のよくある質問

費用がなくても債務整理はできますか?

はい、できます。
債務整理に強い法律事務所は、債務者の金銭事情を熟知しているので分割・後払いが可能な事務所が多いです。
まずは債務整理に強い法律事務所の、無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。
STEP債務整理「債務整理が得意なおすすめの弁護士を紹介」

債務整理をすると、借金の取り立てが止まるのはなぜですか?

弁護士が受任通知を債権者へ送るからです。
受任通知が到着した時点で取り立てをしてはいけないと、貸金業法で定められています。

複数の借金の中に、親が連帯保証人となっているものがあります。迷惑をかけたくないのですが債務整理できますか?

任意整理なら、手続きする債権を選べるため、連帯保証人を設定している借金を手続きから外せば連帯保証人に迷惑はかかりません。

財産が全くなくても自己破産できますか?

はい、できます。
生活が苦しい場合は、自己破産後に生活保護の申請をおすすめします。

債務整理に抵抗があるのですが、他のところで借りれば何とかしのげますか?

それはおすすめできません。
借入先を増やすと利息が膨らみ、ますます返済が困難になるケースがほとんどです。
借金問題は早いうちに債務整理を視野にして、解決することをおすすめします。

監修者
得意分野
  • 労働問題
  • 相続
  • 医療トラブル
所属事務所
弁護士法人アクロピース
所属弁護士会
千葉県弁護士会
登録番号
50635
経歴

福岡県立修猷館高等学校 卒業
明治大学法学部法律学科 卒業
東北大学法科大学院 修了

弁護士の吉田伸広と申します。私が弁護士として心掛けていることは、じっくりお話を伺うことと、法的な問題を解決するだけでなく、精神的にも身体的にも元気になっていただくことです。人の一生で、弁護士に頼らなければならない出来事はそう多くあるものではありません。だからこそ、一度法律の問題を抱えると頭の中はその問題でいっぱいになります。四六時中不安になり、体調を崩してしまう方も沢山いらっしゃいます。困り果てて、疲れ切ってしまっているのは、決してあなただけではありません。勇気を出してお話を聞かせてください、お待ちしています。