ほかの人は借金をどうやって乗り越えた?実際の事例と状況別の解決法を紹介

借金 乗り越えた

先生、借金の返済が難しいとき、ほかの人はどうやって乗り越えているのでしょうか?

そうですね、主に家計を見直したり、ローンをまとめたりして各々乗り越えていますね。

なるほど…。私の場合、節約をしてもどうもお金がうまく貯められないんです。

借金返済までは、あとどれくらいなんですか?

借金はしたばかりで、ほとんど返せていません…。収入が少なくて。最初は返せると思ったんですけど、もう督促も来てしまっている状態です。

それなら、債務整理を検討しましょう。少しの額ならバイトやものを売るなどしてお金を捻出できますが、完全に返済が苦しい場合は借金そのものを減らすほかありません。借金は滞納すると最悪、裁判を起こされて財産を差し押さえされてしまうこともあります。できるだけ早く清算することをおすすめします。

そうなんですね。借金が減らせるなら、債務整理を検討してみます!

借りた当初は返せると見込んでいても、経済状況やライフスタイルの変化によって返済が苦しくなることは珍しくありません。

借金の返済が苦しい状況でも、節約やおまとめローンの活用で支出を減らし、一時的なアルバイトやものの売却などで収入を得ることで、自力で借金問題を乗り越えることは可能です。

ただし、節約や副業をしてもなお、返済のめどが立たない場合もあるでしょう。

そのような借金については、債務整理の検討をおすすめします。

債務整理をすることで、借金を大幅に減額したり、毎月無理のない返済金額で完済を目指すことも可能になります。

債務整理で借金の負担を減らす方法について知りたい場合は、当サイトで紹介しているような全国対応&24時間無料相談できる法律事務所へぜひ気軽にご相談ください。

>>【全国対応&24時間無料相談】法律事務所へ相談して借金を大幅減!

この記事でわかること
  • 借金を乗り越えるにはまず家計の見直し
  • おまとめローンやローンの借り換えで節約
  • 短期的に収入を得るのも1つの手段
  • どうしても返済困難な借金は早めに債務整理
  • 債務整理は自分に合った方法を選択

実際に借金を乗り越えた人の事例

まずは実際に借金から抜け出した人の事例を見ていきましょう。

ご紹介する事例で、借金解決のために取った方法は以下のとおりです。

  • 家計の見直し(節約)
  • おまとめローン
  • せどりやアフィリエイト
  • 債務整理

ご自身の状況に当てはめて、ご覧ください。

このほかにも、試す価値のある方法を複数解説します。

家計を見直して500万円の借金を完済

まずは夫婦で500万円(キャッシング・奨学金等・車のローン等)の借金を返済した事例です。

妻であるMさんは、まず家計簿をつけて収支の見直しを図りました。

月々の返済額を無理なく返すには、家計の出費をいくらに抑えなければならないか逆算したそうです。

そして無駄な支出は一切カット。

最低限の生活費以外はすべて貯金に回しました。

ボーナスなどの臨時収入も同様です。

またMさんは、支出を抑えるためにポイントや割引券などを有効活用。

薬局のポイント5倍デーや、アプリの割引クーポンをフル活用し、節約を心がけました。

さらにモチベーションを保つために、返済計画をシミュレーションしたそうです。

いつまでにいくら返し、残高がいくらになる、といった計画表をノートに書きだし、目標を見える化。

結果的に、2回の繰り上げ返済にも成功し、無理なく借金が返済できました。

贅沢をするときはすると決めてストレスを貯めないことも、借金を乗り越えるポイントだそうです。

固定費を削減するとより効果的

本格的に収支を見直すなら、固定費を削減するのが効果的です。

固定費とは、毎月一定額がかかる通信費や家賃、光熱費などのこと。

これらは契約プランを見直したりすることで、安くなる場合があります。

たとえばスマホを格安スマホに変え、データ容量が少なめのプランに乗り換えれば大きな節約になるでしょう。

また、電気のプランも同様です。

たとえばauユーザーの方ならauでんき、ソフトバンクユーザーならソフトバンクでんきなどがおすすめです。

その他にも、基本料金の比較的安いLooopでんきやENEOSでんきなどが挙げられます。

固定費が削減できれば無理な節約をせずとも支出が減り、生活に余裕が生まれるでしょう。

家計の相談窓口を利用するのもオススメ

自分で家計簿を付けたり、節約を考えるのが苦手な方もいるでしょう。

その場合は、家計の相談を無料でできる窓口の利用がおススメです。

たとえば公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会では、借金で困った人の経済的な相談に無料で対応しています。

家計の状況をヒアリングし、どうすれば良いかアドバイスをくれるはずです。

実際に、カウンセリング協会のアドバイス通りに生活して借金を乗り越えた人もいます。

お金や支払いに関する知識の豊富な相談員が対応してくれるので、ぜひ活用してみてください。

おまとめローンで借金を大幅減額

複数社からの借金がある方は、おまとめローン複数社からの借り入れを1社に1本化することで、利息分の支払額を減らせる方法。1社から借り入れし、既存の借入先に返すという方法を取ります。
を活用
すると良いでしょう。

続いてはおまとめローンで借金を減額した事例です。

3社から総返済額300万円超の借り入れがあったTさんは、おまとめローンを活用して借金を乗り越えました。

既存の借入先の金利が年18.0%だったのに対し、おまとめローンを申し込んだ貸金業者の金利は年15.0%。

3%分の利息が浮き、総支払額が20万円以上も軽減されたのです。

毎月の返済額は5万円から約4万8,000円へ、2,000円をカット。

5年越しの返済で、無事に借金を乗り越えられました。

ただし、おまとめローンには注意点もあります。

現在よりも低い金利で借り入れをしなければ、おまとめローンは意味がありません。

かえって総返済額が大きくならないように注意しましょう。

また、おまとめローンにも審査が必要です。

2つめの注意点は、個々の借金をまとめた額の借り入れが必要となるため、既存の借り入れをしたときよりも審査のハードルはやや高くなるということ。

すでに返済を滞納している場合などは、審査を通過できない可能性が高くなります。

1社からの借り入れしかない場合はローンの借り換えもオススメ

1社からしか借り入れがない場合は、ローンの借り換えを検討しましょう。

別の金融機関でローンを組み直し、現在のローンを一括返済することで総支払額を減らせる可能性があります。

家のローンや車のローン返済に困っている場合は、現在よりも金利の低い金融機関を探してみると良いでしょう。

相談すれば、借り換えのシミュレーションも行ってもらえます。

せどりやアフィリエイトで破産寸前から回復

次は500万円以上の借金を、副業で乗り越えた事例です。

元々人気講師として活躍していたKさんですが、浪費癖がありいつの間にか借金が500万以上に膨らんでしまいました。

そこで借金を乗り越えるために、せどりやアフィリエイトといった副業を始めたのです。

せどりとは、小売店や問屋から商品を仕入れ、利息を付けて転売することで差額を設ける稼ぎ方です。

たとえば冬のうちに、夏に売れそうな冷感グッズやバーベキューセットなどを安く購入しておき、オンシーズンで需要が高まるときを狙って売るなどの方法が効果的です。

流行を先読みして仕入れをしておくという方法もあります。

一方、アフィリエイトは自分のブログや記事に広告を貼り、アクセスを集めることで広告収入を得るという稼ぎ方です。

アフィリエイトを成功させるにはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録し、Googleなどの検索で上位表示されるような記事を作成します。

テーマは何でも問題ありませんが、できるだけ多くの人が検索しているテーマについて発信すると収益化が図りやすいでしょう。

Kさんの場合、講師職は継続して空いた時間で副業をする日々を送りました。

フリーマーケットへの出品や、使わないものの売却も積極的に実施。

さらに元々勉強していた投資の知識などをメルマガにして配信するなどといったビジネスも始めました。

こうして収入の複数化することにより、無事に借金が完済できたそうです。

せどりやアフィリエイトのほかにも、ウーバーイーツや工事現場、警備員など単発アルバイトの数は豊富にあります。

無資格で特別な知識がなくてもできる職業も多いので、ぜひ試してみてください。

借金返済に向けて副業収入を得るにはどんな方法がある?副業に取り組む際の注意点も解説

債務整理で月々の返済額を半分以下に

最後に、債務整理経済的に困窮した人のために、借金を減額または免除する法的手続きのこと。主に任意整理・個人再生・自己破産の3種類があります。(任意整理)で借金を乗り越えた事例です。

350万円以上の借金があったEさんは、法律事務所に代理人を依頼して先方と直接交渉をしてもらったところ、260万円の借金減額に成功しました。

毎月9万円近くあった返済額は、4万円にまで減額。

その後はスムーズに返済が進み、無事借金を乗り越えました。

このように債務整理をすれば、大幅に借金を減額できます。

家計の見直しなどでは返済が追い付かない場合は、債務整理を検討しましょう。

その他借金を乗り越える方法

事例でご紹介した以外にも、お金を捻出するには以下のような方法があります。

  • 一時的に家族や友人からお金を借りる
  • ものを売る
  • 自治体の補助金や支援制度を活用する

一時的に家族や友人からお金を借りる

気軽に借りられる額なら、一時的に立て替えてもらう方法も検討すると良いでしょう。

ただし、必ずしも借りられるとは限りません。

また、返済の予定が立っていない状態で借りるのは危険です。

相手が家族でも、借りたものを返さなければ信用に傷が付く可能性も。

人からお金を借りるのにはリスクもあることを踏まえておきましょう。

ものを売る

ブランド品やゲーム機などを売ればお金になる可能性があります。

不用品が家に複数あるなら、それらを売ってお金にするのも1つの手段です。

また、買取業者に依頼した方が良いものもあれば、オークションに出した方が良いものもあります。

すぐにお金が欲しくてもあせらず、まずはどこに売れば最も高値が付くのか検討しましょう。

自治体の補助金や支援制度を活用する

生活の状況によっては、補助金の対象になることもあります。

たとえば失業したことによりお金がない、という状況なら失業手当が申請できます。

また、再就職すると受け取れる再就職手当も。

ほかにもシングルマザー向けの手当や、各自治体固有の支援制度が利用できるかもしれません。

そのような制度が利用できるかは、自治体のホームページなどで確認しましょう。

【返済状況別】最適な借金の解決法

借金にはまったく返済の予定が立たないものから、あと少しで完済できるものまであります。

無理なく完済するには、自分の返済状況に合わせて最適な手段を取る必要があるのです。

借金が少額、またはあと少しで完済できるなら一時的にお金を増やす方法を

完済までのハードルが比較的低い人は、一時的にお金を増やして早めに完済しましょう。

なぜなら借金の返済は早ければ早いほど利息分の支払いが減り、お得だからです。

たとえば短期のアルバイトや、在宅の副業などで収入を得ると良いでしょう。

売れるものがあれば、それをお金に代えるのもオススメです。

できるだけ早く借金を完済し、債務のない状態を作りましょう。

長期的な借金返済が必要なら根本的な収支の改善を

完済まで長い時間がかかりそうな方は、生活の収支のバランスを改善しましょう。

たとえば家計の見直しやおまとめローンなどが有効です。

また、借金をこれ以上増やさないという意識も重要。

臨時収入は使ってしまわずに返済に充て、くれぐれも自転車操業にはならないように注意しましょう。

日々の意識一つで、無理なく借金を乗り越えられるはずです。

まったく返済のめどが立たないなら債務整理を

これまでご紹介した方法を試しても、まったく返済のめどが立たない方は債務整理がオススメです。

返済の見込みがない借金を抱えていても、事態は好転しません。

それどころか、滞納すれば遅延損害金という賠償金まで請求される可能性があります。

返済は難しいと判断したら、早めに債務整理をして借金を清算するのがベストです。

利息の支払いに困っている方は任意整理

利息が膨らんでしまい、返済に困っている方には任意整理貸金業者との直接交渉により、将来利息をカットする手続きのこと。返済期間は一般的に最長5年まで延長できます。がおススメです。

逆にいえば、借金の元金だけなら返済できるという方にオススメの手続きといえます。

任意整理なら、任意で債務整理の対象を選ぶことも可能です。

「1社だけ債務整理して返済の負担を軽減したい」という場合にもオススメです。

なお、ほかの手続きではもれなくすべての債権者が債務整理の対象となります。

また、任意整理は裁判所を介さないため比較的手続きに手間と時間がかかりません。

手早く将来利息をカットし、返済の負担を軽減できます。

弁護士費用も、ほかの手続きに比べて安く設定されている場合が多いです。

借金200万は任意整理で数十万減額も可能!月返済額や返済総額の減額金額をわかりやすく解説

収入に対して借金そのものが多すぎる方は個人再生

借金の元金も減らさなければ返済が難しい方には、個人再生裁判所を介し、借金を最大10分の1まで減額できる手続きのこと。自分で支払わなければいけない最低額は、借金の額によって定められています。がオススメです。

なお、個人再生には最低弁済額最低限自分で払わなければいけない金額のこと。が定められています。

借金が100万円未満の場合、個人再生では最低弁済額が100万円と設定されています。

つまり、100万円未満の借金では個人再生をしても意味がないということです。

100万円以上の借金があり、元金も大幅に減らす必要がある人にオススメの手続きといえます。

ただし、個人再生は大幅な減額の代わりに一定の財産処分を伴うというデメリットもあるので注意が必要です。

持ち家は手元に残せる可能性が高いものの、車などの家財を手放さなければならないケースがあります。

【個人再生ができる条件】月収や返済能力、手続き費用はどれぐらい必要?

そもそも収入がない方は自己破産

収入がほとんどなく、借金の返済どころか生活すらも厳しいという方は自己破産裁判所を介して、借金を含むすべての債務を免除する手続きのこと。を検討しましょう。

自己破産をすれば、借金やそのほかの債務がすべて帳消しになります。

ただし、個人再生と財産処分を伴うので注意が必要です。

自己破産の場合は家を手元に残すこともできません。

また、自己破産には審査が必要です。

申し立てる人の借金には、免責に足る十分な理由があるかどうか調査されます。

万が一ギャンブルや浪費による借金などの場合、自己破産は認められない可能性があるのです。

さらに自己破産は手続きが複雑なので、最低でも半年以上はかかることを見込んでおきましょう。

本当に生活苦に陥ったときの最終手段として有効です。
自己破産手続の必要書類にはどんなものがある?書類によっては周囲にバレるリスクも

 

まとめ

借金を乗り越えるには、さまざまな方法があります。

返済が苦しいと感じたら、まずは家計の見直しから始めてみましょう。

きちんと家計簿をつけることで、何が節約できるか見えてくるはずです。

また、同時進行でお金を増やすことも大切です。

副業やものを売るなどの手段で、できるだけ手持ちのお金を増やしましょう。

借金は早めに返済するのが最もお得です。

一方、返済が難しいと感じたらすぐ債務整理を検討するのがベスト。

借金はそのままにしないことが大切です。

早い段階でさまざまな手段を試し、正しい判断で対応しましょう。

借金を乗り越える方法についてよくある質問

借金を乗り越えるにはどうすればよいですか?

借金を乗り越えるには支出を減らし、収入を増やして少しでも返済額を上げることです。きちんと家計簿をつけることで、何が節約できるか見えてきますし、同時進行で副業やものを売るなどの手段で、できるだけ手持ちのお金を増やしましょう。

他の人は借金をどう乗り越えているのですか?

借金を乗り越える方法には、主に以下のようなものがあります。
・家計を見直す
・おまとめローンを利用する
・せどりやアフィリエイトで返済資金を調達する
・一時的に家族や友人からお金を借りる
・ものを売る
・自治体の補助金や支援制度を活用する
・債務整理で返済の負担を減らす
自分に合った方法を選択しましょう。

借金が少額であと少しで完済できそうです。借金をどう乗り越えたらよいですか?

借金をあと少しで完済できそうなら、一時的にお金を増やして早めに完済しましょう。借金の返済は早ければ早いほど利息分の支払いが減り、お得です。たとえば短期のアルバイトや、在宅の副業などで収入を得ると良いでしょう。もしくは売れるものがあれば、それをお金に代えるのもオススメです。

今後、長期的な借金返済が必要な状況です。借金をどう乗り越えたらよいですか?

完済まで長い時間がかかりそうな方は、生活の収支のバランスを改善しましょう。たとえば家計の見直しやおまとめローンなどが有効です。また、借金をこれ以上増やさないという意識も重要です。臨時収入は使ってしまわずに返済に充て、くれぐれも自転車操業にはならないように注意しましょう。

まったく返済のめどが立たない状況です。借金をどう乗り越えたらよいですか?

まったく返済のめどが立たない方は債務整理がオススメです。返済の見込みがない借金は、滞納すれば遅延損害金という賠償金まで請求される可能性があります。返済は難しいと判断したら、早めに法律事務所へ相談し、債務整理をして借金を清算するのがベストです。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…