債務整理後はいつからローンを組める?条件や具体的な期間を詳しく解説

先生、債務整理後も家や車のローンは組めるのでしょうか?

組めますよ。ただし信用情報に債務整理の履歴があるうちは難しいでしょう。いわゆるブラックリストに載っている状態ですね。一般的に、任意整理なら5年、個人再生なら5年~10年、自己破産なら7年~10年後にブラックリストから解除された状態になります。

そうなんですか。どうして同じ手続きでも、期間に幅があるのですか?

それは信用情報機関によって、定める期間が異なるからです。また、事故情報の登録を求める金融機関の依頼内容によっても、多少変わってきます。

そうだったんですね。知りませんでした。

信用情報機関に情報開示を求めれば、自分がブラックリストに載っているかどうか分かりますよ。また、ブラックリスト以外にもローンを組めなくなる理由は複数考えられますので、1つずつ可能性をつぶしていくのが良いですね。

なるほど、自分でも信用情報を見られるんですね!債務整理をしようと思っていたのですが、ローンを組むことも考えていて躊躇していたので、助かりました。

債務整理をした後も、一定期間が経過すればローンは組めるようになります。債務整理をしてローンが組めなくなるのは、主に自分の信用情報に傷が付いていることが原因でローンの審査に落ちてしまうためです。

なお、信用情報が回復するまでの期間は債務整理手続きによって異なります。また、信用情報機関によっても異なるので注意が必要です。さらに、債務整理以外の理由でローンの審査に落ちることも。

そこでこの記事では、債務整理をした後のローンについて詳しく解説します。債務整理後もできるだけ早くローンを組みたい方や、確実に審査を通したい方は特に必見です。

この記事でわかること
  • 債務整理後もローンは組める
  • 債務整理の手続きごとに信用情報が回復するまでの期間が異なる
  • 信用情報機関によっても信用情報が回復するまでの期間が異なる
  • 自分の信用情報を知りたいなら情報開示がおすすめ
  • 債務整理以外の理由で審査に落ちることもある

債務整理をした後でもローンは組める

債務整理は、必ずしも一生ローンが組めなくなる手続きではありません。

債務整理とは、支払いや借金の返済が困難な人に対する国の定めた救済措置です。

そのため、生涯にわたって生活に不便が生じるペナルティは設けられていないのです。

とはいえ、債務整理後から完済までの期間とそれ以降の一定期間は信用情報に履歴が残ります。

これがいわゆるブラックリストに載った状態で、ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなる原因です。

いつからローンが組めるかは債務整理の手続きによって異なる

ブラックリストに載ると借金ができなくなる

債務整理から一定期間が経過すれば、信用情報が回復してローンが再び組めるようになります。

なお、いつからローンを組めるようになるかは、債務整理の手続きによって異なります。

信用情報が完全に回復するまではローンの審査に通らないことが多いため、それまでは生活を立て直してローンの申し込みに備えておくことをおすすめします。

任意整理:5年

任意整理の場合、約5年でブラックリスト状態が解消されます。任意整理について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

個人再生:5~10年

個人再生の場合、約5~10年でブラックリスト状態が解消されます。個人再生について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

自己破産:7年~10年

自己破産の場合、約7年~10年でブラックリスト状態が解消されます。 自己破産について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

いつからローンが組めるかは信用情報機関によっても異なる

いつからローンが組めるかは信用情報機関によっても異なる

ローンが再び組めるようになる時期は、信用情報機関消費者の信用情報(債務や経済状況など、お金に関する情報)を管理・提供する組織のこと。情報を提供するのは加盟企業のみで、銀行やクレジットカード会社などの金融機関が主です。
によっても差があるため注意が必要
です。

任意整理の場合はいずれの期間も掲載期間を5年としていますが、個人再生と自己破産については信用情報機関によっては年数に幅があります。

日本信用情報機構(JICC)

日本信用情報機構(JICC)の定めるブラックリスト掲載期間は以下のとおりです。

手続きの種類 ブラックリスト解除までの期間
任意整理 5年
個人再生 5年
自己破産 10年

日本信用情報機構(JICC)は最も加盟している金融機関数の多い信用情報機関です。

信販系から銀行系まで幅広い金融機関が加盟しているのが特徴。

ただし、メガバンクは加盟しておらず、銀行系はネット銀行や地方銀行が中心です。

指定信用情報機関(CIC)

指定信用情報機関(CIC)の定めるブラックリスト掲載期間は以下のとおりです。

手続きの種類 ブラックリスト解除までの期間
任意整理 5年
個人再生 5年
自己破産 7年

指定信用情報機関(CIC)は、消費者金融や信販系の金融機関が多く加盟する信用情報機関です。

最も多い数の信用情報を管理していることでも知られます。

全国銀行協会(JBA)

全国銀行協会(JBA)の定めるブラックリスト掲載期間は以下のとおりです。

手続きの種類 ブラックリスト解除までの期間
任意整理 5年
個人再生 10年
自己破産 10年

全国銀行協会(JBA)は、名前のとおり銀行が多く加盟する信用情報機関です。

メガバンクから地方銀行、信用金庫やろうきんなどが加盟しています。

信販系や消費者金融は加盟していない信用情報機関です。

一部の金融機関では審査に通る期間が存在する

信用情報機関ごとの掲載期間を見ると、個人再生と自己破産についてはまちまちです。

たとえば自己破産の場合、日本信用情報機構(JICC)は10年で指定信用情報機関(CIC)は7年とされています。

つまり7年から10年の間、指定信用情報機関(CIC)の情報を参照している金融機関からならローンを組める可能性があるということです。

指定信用情報機関(CIC)は信販系・消費者金融系をメインとする信用情報機関なので、銀行系以外の金融機関を使えばローンを組めるかもしれません。

ただし信用情報が回復したかどうか不明な段階で、むやみにローンの審査を申し込むのはおすすめしません。

同時に複数のローン審査へ申し込むと、かえって怪しまれて審査に落ちてしまうこともあります。

またローンの申し込みは、確実にブラックリスト状態から脱したことを確認してからにしましょう。

信用情報の事故登録を依頼するのは金融機関

カード会社は個人信用機関を介して延滞などの情報を交換している

手続きごとのブラックリスト掲載開始日は以下のとおりとなります。

  • 任意整理:和解が成立した日(債権者が複数の場合は、最後に和解した業者)
  • 個人再生:再生手続き開始決定日
  • 自己破産:免責許可確定日

ただし、信用情報機関に対してブラックリストへの掲載を依頼するのは、債務整理の対象となった金融機関です。

金融機関によっては、一般的なブラックリスト掲載期間に返済期間を加えてみなす場合も。

そのため、和解や免責許可の出た日からピッタリ所定の年数で解除となるとは限らないのです。

信用情報が回復したか確認するには信用情報の開示請求

クレジットカードの支払い実績は、信用情報機関に提供される

自分の信用情報が回復したかどうかは、信用情報機関に開示請求をすることで確認できます。

信用情報の開示請求は自分でも手軽にできる手続きです。

一番信用情報の取扱が多いのは指定信用情報機関(CIC)なので、まずはここに開示請求をすると良いでしょう。

インターネットからも申し込みができる上、クレジットカードやデビッドカードでの支払いにも対応していて便利です。

信用情報機関名 手続き方法 費用(税込)
日本信用情報機構(JICC) インターネット・郵送・窓口 1,000円
指定信用情報機関(CIC) インターネット・郵送・窓口 1,000円
全国銀行協会(JBA) 郵送 1,000円

詳しい開示請求方法については、以下の公式サイトをご覧ください。

日本信用情報機構(JICC)

指定信用情報機関(CIC)

全国銀行協会(JBA)

ローンが組めなくなる条件と審査に通るポイント

ローンが組めなくなるには一定の条件があり、債務整理以外にも、ローンが組めなくなる要因があります。

たとえば、以下のような場合はローンの審査に通りにくくなります。

  • 債務整理をして信用情報が事故状態になった
  • 過去に支払いの延滞や遅延があった
  • すでに多額の借り入れをしている
  • 融資基準を満たしていない
  • クレジットカードを利用したことがない
  • 申込内容に不備がある

ではそれぞれの要因について、詳しく見ていきましょう。

債務整理をして信用情報が事故状態になった

債務整理をした場合、「事故」として信用情報に履歴が残ります。

これは先に紹介したとおりで、ブラックリストに載った状態です。

事故状態になってしまった場合、ブラックリストが解除されるまでの期間は待つしかありません。

クレジットカードはデビッドカードや家族カードなどで代用し、手持ちのお金だけでやりくりする習慣を付けましょう。

信用情報を開示する方法について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

信用情報開示の方法を徹底解説!手数料や報告書の見方も紹介

過去に支払いの延滞や遅延があった

ブラックリストに載るのは、必ずしも債務整理をしたときだけではありません。

過去にクレジットカードの支払いなどを61日以上延滞したことがある場合もブラックリストに載ります。

また、支払いの滞納などが原因でクレジットカードを強制解約された場合も同様です。

この場合、ブラックリストには「事故」でなく「異動」と記載され、完済から最低でも5年は履歴が消えないとされています。

債務整理後にできるだけ早くローンを組むには、ブラックリスト掲載中に支払いの延滞を起こさないように過ごすことが重要です。

すでに多額の借り入れをしている

返済や支払いに問題が無くても、すでに多額の借金をしている場合はローンの審査に落ちることがあります。

なぜなら日本には、年収の3分の1を超える額の貸し付けをしてはいけないことを定める「総重量規制」という法律があるからです。

たとえば年収が400万円の人なら、133万円を超える借り入れはできません。

ローン審査の際には、金融機関が信用情報を参照して申込者の借り入れ状況を確認し、もしローンを組んだら年収の3分の1を超えてしまう場合は審査に落とすという流れです。

つまり、総重量規制がネックとなって借り入れが難しい場合は、額を減らせば審査に通る可能性があります。

もしくは、他の借金額を返済して減らすことで、ローンが組めるようになる可能性も。

なお、総重量規制は貸金業法にもとづいて経営する貸金業者に対して適用される法律です。

そのため、銀行系カードローンや信用金庫、労金などからの借金は対象外となります。

融資基準を満たしていない

金融機関の定める融資基準を満たしていない場合も、ローンの審査に落ちることがあります。

融資基準とは、その金融機関が申込者に対して、融資をするに値するかどうか図るためのものさしです。

融資基準は金融機関によって異なる

具体的には申込者の年齢や家族構成、借りたお金の使い道や返済余力、ひいては個人的な信用などが融資基準として定められます。

融資基準は金融機関が個々に定めるもので、公にはされません。

そのため信用情報に問題が無くても、融資基準を満たさなかったために審査に落ちることがあります。

場合によっては、事前審査に通ったにもかかわらず本審査で落とされることも。

融資基準が原因で審査に落ちていると考えられる場合は、基本的に収入を上げることで審査に通ることが多いです。

また自営業やパート・アルバイトの方は正社員になったり、勤続年数を増やしたりことで審査を有利に進められます。

クレジットカードを利用したことがない

クレジットカードを作ったことがない、そして1回も使ったことがない方は、「スーパーホワイト」という理由でローンの審査に落ちることがあります。

スーパーホワイトとは、信用に関する履歴がまったくない状態を指す言葉です。

一般的に金融機関はローン審査において申込者の信用情報を確認しますが、信用の履歴がまったくなければ、申込者が信用できる人なのか判断できません。

その結果、審査に落ちてしまうのです。

もし今まで一度もクレジットカードを作ったことがない場合は、1枚でもカードを作りましょう。

そして、実際に使って支払いの実績を残すことで、審査に通る可能性があります。

直近で複数のローンに申し込んでいる

間を置かずに複数のローンに申し込んでいる場合も、ローンの審査に落ちる可能性があります。

実は、ローンは申し込むだけでも信用情報に履歴が残るため、直近で複数のローンを申し込んでいることは先方に分かってしまいます。

すると金融機関としては「借り逃げするつもりなのではないか」と勘ぐって、審査に落とすことがあるのです。

そのためローンの申し込みは1社ずつを基本としましょう。

ちなみに、申し込みの履歴は約6ヶ月で消えるので、一度審査に落ちてしまったらまた半年後にトライすることをおすすめします。

申込内容に不備がある

申し込みの記載事項に不備があり、審査に通らない可能性も考えられます。

特に手書きの申込用紙には注意が必要です。

ちょっとしたケアレスミスでも、個人情報と申込内容が一致しないといったことがあればローンの審査には通りません。

また、まれに字が汚いことで読み取ってもらえず、審査に落ちることもあるのだとか。

できるだけ申込用紙は丁寧に記載しましょう。

なお、当然のことながら嘘の記載はしても意味がありません。

自分の年収や経歴に自信がない場合も、虚偽の申告はすぐに見抜かれ、審査に落ちてしまいます。

個人の信用が損なわれることにもなりかねないので、嘘の申告は絶対にやめましょう。

債務整理後の借金に関するQ&A

ローンを組めるようになる時期は車も家も、その他のローンも同じですか?

はい、同じです。ローンの額が低ければ早く審査に組めるようになる、といったことはありません。
基本的に任意整理をしたら5年、個人再生で5年~10年、自己破産で7年~10年という期間はどのローンも共通です。

情報開示をする以外にローンに落ちる原因を知る方法はありますか?

ありません。金融機関は、ローン審査に落ちた理由を教えてくれないことがほとんどです。そのため、まずは情報開示請求をして信用情報を確かめましょう。信用情報を見れば、ブラックリストに載っている、またはスーパーホワイト状態になっているといったことが確認できます。
信用情報に問題がなければ、申込用紙の不備や融資基準に達しなかったことが疑われます。このように、順を追って可能性をつぶしていくことが必要です。

まとめ

この記事のまとめ
  • 債務整理後も一定期間が経過すればローンを組めるようになる
  • いつからローンを組めるようになるかは債務整理の手続きによって異なる
  • ブラックリストの掲載期間は信用情報機関によっても差がある
  • ブラックリスト解消は情報開示請求をして確認
  • ローンが組めないのには、債務整理以外の理由がある場合も

債務整理後はいつからローンが組めるようになるのか解説しました。

債務整理後も、一定期間が経てばローンを組めるようになります。

いち早くローンを組みたい場合は、信用情報の回復までに再びブラックリストに載るような事態に陥らないよう、気を付けましょう。

また、審査に落ちる理由はさまざまなので、思わぬ要因で審査に落ちないよう満を持して申し込むことをおすすめします。