借金が家族にばれたときにとるべき行動!納得してもらえる説明とは?

借金が家族にバレた、バレたかもしれないときにとるべき行動!納得してもらえる言い訳とは?

家族に内緒の借金があり、突然「どこかでお金借りていない?」と聞かれました。

もしかしたら借金があるとバレたかもしれませんが、借金が家族にバレたときはどうしたら良いでしょうか?

家族に借金がバレたときは真っ先に内緒にしていたことを謝りましょう。

謝罪もせず言い訳をしてしまったり、逆ギレしたりするのは今後の家族関係を悪化させる可能性があるので絶対にやめてください。

わかりました。もしも、まだ確実にバレたか分からないときも謝ってしまった方が良いでしょうか?

そうですね。自分から打ち明けるのが最も良いですが、まだ疑われている段階なら隠し通せる可能性があります。

確実にバレたか分からないなら、まず借金がバレる原因に心当たりがないかを振り返ってみてください。

借金がバレる原因に該当するなら借金がバレている可能性があり、本人が自分から打ち明けてくれるのを家族も待っている状況かもしれません。

該当しないならまだ隠し通せる期待ができるので、バレないうちに早く借金を完済するよう努力しましょう。

ありがとうございます!確実にバレたとなれば、しっかり謝罪して今後の返済について家族と話し合います。

家族に借金がバレたもしくはバレたかもしれない状況では、とっさに嘘をついたり言い訳したりしてしまいたくなるでしょう。

しかし、家族に借金がばれたときのあなたの行動によって、家族との信頼関係にヒビが入り関係修復が難しくなることもあるので、必ず初めに謝罪するのが大切です。

そのうえで何のための借金なのかをしっかり説明し、今後の返済についての考えを示しましょう。

借金の返済が思うように進んでいないなら、家族と話し合い債務整理することも考えてみてください。

もしも、まだ確実にバレたわけでなく、疑いを持たれている段階なら今後の行動に注意すれば隠し通すことも可能です。

家族に借金がバレるケースで多いのは滞納したときなので、返済期日を守りつつバレないうちになるべく早く完済するよう意識してください。

ちなみに借金がバレたときでも、まだバレていないときでも早期完済をしたいなら債務整理が効果的ですよ。

確実に借金がバレていない段階でも家族に内緒で債務整理することもできますから、前向きに検討してみると良いでしょう。

借金がなくなればこれまでの悩みから解放されますから、家族に後ろめたい思いをしながら生活する必要もなくなるはずです。

この記事でわかること
  • 借金が家族にバレたときの対処法や早期に完済する方法
  • 借金が家族にバレた時に許してもらえる可能性が高い言い訳
  • 借金が家族にバレたかもしれないときに隠し通す方法
目次
  1. 借金が家族にバレたときの行動は今後の関係性や生活を大きく左右する
  2. 借金がバレたかもしれないという段階ならまだ隠し通せる可能性は高い
  3. まとめ

借金が家族にバレたときの行動は今後の関係性や生活を大きく左右する

借金をしていると家族にバレたらついつい言い訳をしたくなる気持ちは分かりますが、まずしなければならないのは謝罪です。

お金を借りた理由が生活や学費などために必要だったという場合でも、まず隠していたことを謝りましょう。

真っ先に言い訳をするのと、謝罪したうえでどんな理由で借金をしたかを説明するのとでは、家族が話を聞いてくれる態度もきっと変わるはずです。

お金に関するトラブルは今後の家族との関係性にも大きく影響しますから、誤った行動をとらないよう気を付けてください。

借金がバレたときに取るべき行動

借金がバレたときには必ず最初に謝罪をしつつ反省の態度を示しましょう。

そのうえで、何のためにした借金なのかや、借入残高がどれくらいありいつ頃完済できそうなのかなどを説明してください。

また、借金のせいで家族に迷惑をかけないことを約束すれば、家族も安心できるでしょう。

まずは必ず真摯な姿勢で謝ることが大切

借金がバレたら家族に怒られるのが嫌だと思う人がほとんどでしょうが、まずは家族の怒りを収めて、話し合いをするためにもきちんと謝罪してください。

相手が怒り続けたままだと借金をした理由はおろか、今後の借金の返済についても相談することができません。

お金を借りていることも家族が怒る原因ではあるものの、それよりも内緒にしていたことが許せないというご家族は多いです。

つまり、お金を返せばそれで済むという問題ではないので、勘違いしないように気を付けてください。

たとえ完済が近い場合でも、絶対に「もう返し終わるから良いだろう」というような言動をしてはいけません。

借金の金額が多かろうが少なかろうが、家族に相談もせず勝手にお金を借りたことをしっかり謝るようにしてください。

現在の借入残高や完済できる目途について説明する

家族にきちんと謝罪をしたら、次はどれだけの金額を借りて、現在いくらの借金が残っているのかを説明しましょう。

家族にとってはお金を借りた理由も気になるところではありますが、それよりもいくら借金が残っていて、いつまで返済しなければならないのかが一番知りたいはずです。

それもそのはず、借金の残金や月々の支払金額によっては今後の生活に支障が出てしまう危険もあるからです。

お金を借りた事実は覆りませんから、その借金がいつなくなるのかを把握しておきたいと考えるのは当然でしょう。

自分の収入やお小遣いで返済していくことを明確に伝える

借金がバレたあとに家族が恐れるのは、借金の返済によって現状の生活が維持できなくなることです。

たとえば家計を配偶者が管理していて、生活費から返済をしなければならないとなれば食費や交際費などを削らなくてはいけません。

自分がした借金でもないのに、我慢を強いられるとなれば不満に思うはずです。

一方、借金がバレたとしても自分の収入やお小遣いで支払うので、家族には絶対迷惑をかけないと約束すれば安心してもらえます。

もしかすると「そういった気持ちを持ってくれているなら、家族みんなで協力するから生活費を工面して早く返済しよう」と申し出てくれる可能性もありますよ。

借金がバレたときに誤った行動を取れば離婚や一家離散となる危険もある

借金がバレたときには誠意を持って謝ることが優先とお伝えしましたが、もし間違った言動をしてしまえば配偶者に離婚されたり、親から見放されたりするかもしれません。

借金がバレた後すぐでなくても、借金がきっかけで信用を失い将来的に離婚や一家離散となる危険もあります。

もちろん、借金をした理由を家族に伝える必要はありますが、順序や内容をしっかり考えたうえで説明しましょう。

言い訳をするなら納得してもらえる内容を考えるべき

借金がバレたときには、家族から何のために借りたのかと理由を問い詰められるはずですが、ギャンブルや自分の趣味のためにお金を借りたとしたらなかなか許してもらえないでしょう。

正直に打ち明けられるなら良いですが、できるなら誤魔化したいものですよね。

一方、生活のためやむを得ず借りるしかない状況だったとしたら、家族にも仕方ないと納得してもらえる可能性が高いです。

そのため、もしギャンブル等の借金だとして言い訳をするなら、家族に納得してもらえるような理由を考え、貫き通すよう徹底しましょう。

財布を落としてしまった

借金の金額が2~3万円未満と少額なら、財布を落としてしまったために借金をしたと言い訳できるでしょう。

財布を落としたのに財布自体が変わっていなければ嘘だと思われますから、財布は見つかったが現金だけ抜き取られていたと説明すれば良いです。

それならば財布に入れている免許証やクレジットカード、ポイントカードなどはこれまで通り使っていても疑われません。

冠婚葬祭など急な出費があった

借金の金額が2万円~10万円程なら、冠婚葬祭があったもしくは冠婚葬祭が重なったためお金が必要だったと言い訳ができます。

もちろん、休日はずっと家族といて冠婚葬祭に出向いた日なんてなかったのではと思われれば、嘘だと見抜かれてしまうでしょう。

しかし、自分は出席しなかったが、香典や祝儀だけ渡してもらったという言い訳なら通るはずです。

冠婚葬祭を理由に使うなら、家族が知らない人でなおかつ今後も家族と会うことがない人を対象にしてくださいね。

生活費が足りなかった

借金の金額が10万円以上の場合には、財布を落としたもしくは冠婚葬祭というのが理由にしては高額に思われます。

そういったときには、生活費が足りず少しずつ数万円を借りていたつもりが、借入を繰り返すたびにどんどん借金が増えてしまったという言い訳が有効です。

たとえば税金の支払いやお子さんの学費、学用品の準備などでは短期間で10万円以上もの出費がかかってもおかしくありません。

生活費を理由にすれば、家族も生計を共にしている分、納得できるところが大きいでしょう。

言い訳ばかりで反省の態度を示さないのは絶対にダメ

家族に納得してもらえる言い訳を考えたとしても、反省の態度を示しながら理由を説明するのが大切です。

決して「足りないものは足りないんだから仕方ないだろう」というように逆ギレしたり、開き直ったりしてはいけません。

言い訳をして家族に納得してもらえても、もう黙って借金をしないと約束することも忘れないでください。

生活が苦しいまたは返済が進んでいないなら家族と相談し債務整理をする

家族にバレる前から、返済によって生活が苦しいと感じていた、返済が思うように進んでいなかったのであれば、家族と相談して債務整理を実行しましょう。

家族にバレるのが不安で債務整理を踏みとどまっていたのであれば、借金がバレたのを機に決断できるはずです。

債務整理をすれば借金が減額もしくは帳消しにできますから、早期の生活再建も可能です。ダラダラと無駄な利息を払い続けなくて済むので、債務整理は家族にとってもメリットが大きいでしょう。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という3通りの方法がありますが、借金の総額や収入状況に応じてどの手続きが最適かは異なります。

債務整理を行うにはまず法律の専門家である弁護士に相談するのが一般的で、相談の際にどの手続きをすべきかアドバイスをもらえます。

なお、弁護士事務所への相談は無料としているケースが多いので、債務整理を悩んでいても無料相談だけでも気軽に利用してみてください。

債務整理のデメリットもあることは把握しておくべき

債務整理をすると家族に迷惑をかけないか心配になるでしょうが、債務整理自体は債務者自身の問題なので、家族の就職や結婚などに影響を与えることはありません。

しかし、債務整理には、債務者本人の名義では5年~10年ローンやクレジットの契約ができなくなるというデメリットがあります。

そのため、一定期間は住宅ローンを組んだり車のローンを組んだりできなくなり、家族にも我慢してもらう可能性はあります。

なお、家族名義ならローンやクレジットも利用できるので安心してください。

また、債務整理のうち個人再生や自己破産を選択すると、債権者への配当に回すため財産を回収されるので気を付けましょう。

個人再生は債務者名義でも持ち家は手放さずに済むものの、ローンが残っている車や貴金属は手放すことになります。

また、自己破産は持ち家や車を含め、高価な財産は回収の対象となるのです。

このように債務整理によって車が使えなくなったり引っ越しを余儀なくされたりして、家族にも間接的に迷惑をかける可能性があることは把握しておきましょう。

借金がバレたかもしれないという段階ならまだ隠し通せる可能性は高い

借金をしているのではと家族に疑われているものの、確実にバレたか分からない状況なら、今後バレないよう徹底すれば隠し通せる期待はできます。

まずは今まで家族にバレる行動をとっていなかったか振り返ってみると良いです。

家族に借金がバレる原因に心当たりがないか思い返してみる

家族に借金の事実がバレるタイミングは返済を滞納してしまったときが多いです。

しかし、きちんと支払期日を守っていても日常の何気ない行動でバレることがあるのです。

家族に借金がバレる危険が高いケースを解説していきますので、該当しないかチェックしてみてください。

自宅に貸金業者や金融機関から郵便物が届いたことがある

家族に借金がバレる原因で最も多いのが、消費者金融や金融機関などから郵便物が自宅に届くことです。

近年は家族に知られないよう契約書やローンカードの送付をしない契約方法も多いので、契約してすぐバレることは少ないですが、滞納したとなれば話は別です。

支払期日を過ぎた場合には容赦なく支払督促のハガキや書類が自宅に送付されます。

家族が開封してしまった痕跡があれば確実にバレているはずですが、開封していなくても見覚えのない会社からの郵便物で借金を疑われてしまうでしょう。

そのため、消費者金融や金融機関から郵便物が届き、家族から手渡されたことが一度でもある場合はバレている可能性が高いです。

固定電話に貸金業者や金融機関から電話がかかってきたことがある

借入契約をする際に、自分の携帯電話だけでなく自宅の固定電話の番号を伝えた場合は、固定電話に電話がかかってくることがあります。

滞納時に電話がかかってくるのは想定内でしょうが、滞納時以外に増額案内の勧誘等でも消費者金融や金融機関から連絡が入ることもあるのです。

家族が在宅しているときに固定電話に電話がかかってきたことがあると、電話のやり取りで怪しいと思われている危険があります。

特に家族が電話口に出てしまったとなれば、会社名を名乗らずとも知らない相手からの電話によってバレているかもしれません。

ローンカードや通帳などを家族が見れる場所に保管している

普段からローンカードや通帳、利用明細書など借金の証拠となるものを、家族の目につく場所に保管している場合はすでにバレているかもしれません。

たとえ財布の中や車の中でも、家族が見れるところなら危険です。

ローンカードなら昔利用していたと言い逃れできますが、通帳や利用明細書など日付が分かるものは嘘の付きようがありません。

自動契約機や消費者金融ATMを利用している

契約時や借入、返済時に無人の自動契約機及び消費者金融ATMを利用しているなら、出入りしている姿を家族に見られている危険があります。

また、家族でなくても知人が見て、家族に伝わってしまう可能性もあるでしょう。

無人契約機へ出入りをしていれば、借金しているのは明確です。

確実に家族に借金がバレたわけでないなら今後は徹底的に注意する

借金がバレる原因に心当たりがあっても、まだ疑われている段階なら今後は注意して行動すればバレずに済みます。

具体的には、滞納をしないのは前提として、ローンカードや明細等は鍵付きの引き出しに保管する、固定電話には連絡しないよう債権者に伝えておく、取引時にはコンビニATMやオンライン取引を利用するなどが挙げられます。

また、借金が確実にバレる前に完済する努力もしましょう。

借金の支払いを絶対に滞納しない

借金の返済を滞納しなければ自宅に郵便物や電話がくることはまずありません。

さらに、滞納が長引くと最終的には給料や財産が差し押さえとなり、家族に隠し通すことはできませんが、支払いさえきちんとしていれば差し押さえられることもないのです。

もしカードローン会社が増額の案内をしたいときでも、自宅へ連絡をしないよう事前に伝えておけば携帯電話にかけてくれるでしょう。

借金がバレないうちに早期完済を目指す

借金がバレていないうちに完済できれば、たとえ完済後にバレたとしても離婚などの大きな問題に発展しないケースが多いです。

早期完済のためには、ボーナス時や臨時収入があった時に繰り上げ返済や一括返済をすると良いです。

もし、支払い続けているのになかなか借金残高が減らないのであれば、高額な利息によって元本の返済が進んでいない状況ですから、債務整理も視野に入れましょう。

債務整理のなかでも、裁判所を介さず財産が回収されない任意整理なら家族に内緒で手続きできますよ。

さらに任意整理は手続き費用が1債権者あたり5万円程と安いので債務者の負担が少ないのがメリットです。

任意整理をすれば利息がカットされますから、元本の返済がスムーズに進み早期完済も目指せます。

家族にバレないよう債務整理をしたいならこちらの記事もご覧ください。
https://step-saimu.jp/debt-consolidation-not-bald/

債務整理するなら弁護士に家族に内緒であることを伝えておく

早期完済のために債務整理をする場合は、委任契約をする弁護士に家族には内緒であることを伝えましょう。

そうすれば弁護士事務所から自宅に郵送物を送る際も、事務所名を入れず個人名で出してくれたり、事務所や郵便局受け取りに対応してくれたりします。

また弁護士とのやり取りも極力電話ではなくメールにしてもらえるケースもあります。

このように、債務者が家族に内緒にしたいと伝えれば、弁護士も債務整理によって家族に借金がバレないよう最大限配慮してくれるので、安心して手続きを進められます。

職場に借金がバレることはほとんどないので心配しなくて良い

借金が身内にバレることよりも職場にバレる方が嫌な人は多いはずですが、勤務先に借金をしているとバレることはほとんどありません。

審査の際には、消費者金融や金融機関から勤務先に在籍確認の電話をしますが、会社名や金融機関名は名乗らず個人名でかけてくれます。

契約時に在籍確認の電話があったけれど、職場に借金のことがバレたのではという心配は不要ですよ。

また、万が一支払いが滞ったとしても、正当な理由なく債務者の勤務先に電話もしくは訪問をするのは貸金業法違反となるので、闇金ならともかく正規の貸金業者はまず行いません。

正当な理由とは、債務者の携帯電話や自宅にも電話が繋がらない、ハガキや郵便物を送付しても無視されるといったケースです。

ただし、やむを得ず勤務先に電話をする場合でも個人名を名乗るので、同僚や上司に借金がバレる心配はないです。

同僚などに何の電話か聞かれたら「クレジットカードを新たに作ったのでその在籍確認だった」と言えば誤魔化せます。

一方、滞納し続けて借金を放置し、差し押さえとなれば勤務先にバレるのは確実です。

なぜなら差し押さえでは給料が真っ先に回収の対象となり、給料を差し押さえるにあたり勤務先に連絡がいくからです。

つまり、差し押さえにまで発展しなければ、職場に借金がバレることはまずないと言えるのです。

まとめ

この記事のまとめ
  • 借金が家族にバレたらまず謝罪し今後は絶対に隠し事をしないと約束する
  • 家族に言い訳をするなら納得してもらえる理由を貫き通す
  • なかなか減らない借金が家族にバレたら債務整理するのに良い機会と考える
  • 借金がバレたか分からないなら今後はバレないよう徹底して気を付ける
  • 借金が確実にバレないうちに完済すれば大きな問題にならないことが多い
借金が家族にバレたら嘘や隠し事をしていたことをしっかり謝罪し、迷惑をかけないよう支払っていくと約束しましょう。

もし、自分の収入やお小遣いでは返済しきれない、返済によって生活に支障が出ているという場合は、弁護士に相談して債務整理をするのが効果的です。

借金がバレた、またはバレたかもしれないときにはいち早く完済して、何とか借金の事実を消し去りたいものですから、そういったときにも債務整理を検討してみると良いです。

ただし、債務整理にも一定期間ローンやクレジットの契約ができないというデメリットがあるので、間接的に家族に影響を及ぼす可能性があると把握しておきましょう。

借金がバレたとしても誠意を持って対応すれば、今後信用を取り戻せる期待はできますから絶対に投げやりな態度をとってはいけません。

借金がバレたときのあなたの言動1つで、今後の家族関係を壊すことも修復することもできるということをしっかり頭に入れておいてくださいね。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]