借金を誰にも相談できない方へ | 解決までサポートしてくれる相談窓口を教えます

家族に借金していることを内緒にしているのですが、最近返済が苦しくなってきて…このような場合はどこに相談すれば良いのでしょうか?

弁護士事務所や司法書士事務所に相談すれば、債務整理などで借金を減らすサポートをしてもらうのに手っ取り早いですよ。ただ、自ら法律事務所に連絡することに抵抗のある方は、「国民生活センター」や自治体の「多重債務者再生事業窓口」、「法テラス」などに相談してみても良いですね。いずれも相談料は無料です。状況を聞いた上で、適切な解決方法をアドバイスしてくれますよ。

そうなんですか…結構相談窓口って色々あるんですね。

そうですね。日本クレジットカウンセリング協会や、全国銀行協会といった組織、NPO法人なども独自に相談窓口を設けています。

なるほど。それで、具体的には借金をどうやって解決すれば良いのでしょうか?

場合にもよりますが、借金を大幅に減らしたいなら債務整理がおすすめです。ほかにも家計を見直して節約することで支出のバランスを改善したり、おまとめローンを使うなど人によってさまざまですよ。

色々な方法があるんですね。先生、ありがとうございます!まずは相談窓口に電話するところから始めてみようと思います。

借金のことを誰にも相談できないのは、非常に辛いことです。

特に返済が苦しい状況で誰にも相談できないと、将来の不安に押しつぶされそうになってしまうことも。

実は、身内に知られず借金の相談ができる窓口は多くあります。

こうした相談窓口を活用して話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になるはずです。

また、相談窓口ではお金のやりくりに詳しい専門家の立場から、借金解決に向けたアドバイスがもらえます。

誰でも借金はできるだけ早く清算して、債務のない生活に戻りたいものです。

相談窓口を活用は、借金解決に向けた第一歩になるでしょう。

自分に合った窓口を利用して、借金の早期解決を目指しましょう。

この記事でわかること
  • 借金の無料相談窓口は複数ある
  • 弁護士事務所や司法書士事務所なら、そのまま債務整理の代理人を依頼できる
  • 連絡先に困ったら「国民生活センター」や自治体の「多重債務者再生事業」窓口へ
  • 精神的に不安定な人は心の相談窓口を活用
  • 具体的な借金解決方法は収入を増やす、またはおまとめローンや債務整理が主

借金は一人で抱え込まないことが大切

借金のことを誰にも相談できないと、どんどん気持ちがネガティブになってしまいます。

借金は一人で抱え込まず、さまざまな機関のサポートを受けながら解決していきましょう。

借金を解決するには、悩むより自発的な行動が必要です。

借金の相談全般を受け付けている窓口

借金の相談を受け付けている窓口は、以下のとおり複数あります。

  • 弁護士事務所または司法書士事務所
  • 国民生活センター(消費生活センター)
  • 自治体の多重債務者再生事業窓口
  • 日本貸金業協会「貸金業相談・紛争解決センター」
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 日本クレジットカウンセリング協会「多重債務ほっとライン」
  • 全国銀行協会「全国銀行協会相談室」

これらは借金全般の相談に応じてくれる上、周囲に知られず相談できる窓口です。

しかも多くの場合、相談料は無料。

借金に対してアドバイスしてもらえるほか、必要に応じて別の機関へ橋渡しをしてくれます。

まずはこうした相談窓口に対して、自分からSOSを出していくことから始めてみましょう。

弁護士事務所または司法書士事務所

借金を減らせる手続き「債務整理」を検討するなら、弁護士事務所と司法書士事務所のいずれかに相談すると手っ取り早いでしょう。

債務整理は自分でもできますが、法律の知識があるプロに依頼した方が減額の計算や相手との交渉などにおいて非常に心強いです。

また、債務整理の代理人ができるのは弁護士と一部の司法書士だけ。

ほかの相談窓口では、債務整理の手続き方法は教えてくれても代理人を担うところまではサポートしてもらえません。

法律事務所の中には相談料無料で、オンラインや電話で気軽に話せるところも多くあります。

料金が気になる方は、報酬体系を公式サイト上で公開している事務所を選べば、万が一代理人を依頼した際にも安心です。

債務整理にかかる費用と相場は?お金がなくても手続きはできます!

国民生活センター(消費生活センター)

国民生活センターは消費者庁が管轄する独立行政法人です。

消費者の生活の安定や、質の向上を目的としており、無料で借金の相談に応じてくれます。

さらに借金だけでなく架空請求やクレジットカードの紛失、商品の苦情など消費者からの相談全般を受け付けているのが特徴。

ギャンブル依存症や精神的な理由で借金をやめられないことで困っている方の窓口としてもおすすめです。

相談を聞いた上でほかの相談機関の介入が必要がと判断した場合は、しかるべき消費者相談機関への橋渡しをしてくれます。

国民生活センター

電話番号 03-3446-0999
受付時間 平日11時~13時(土日・祝日・年末年始を除く)

自治体の多重債務者再生事業窓口

法人でなく各自治体もまた、借金で苦しむ人の相談窓口を設けています。

それが「多重債務者再生事業窓口」です。

お住まいの地域に、「多重債務者再生」と打って検索すれば、地元の自治体による相談窓口が表示されます。

たとえば、東京都の多重債務者再生事業の公式サイトは以下のとおりです。

東京都の多重債務者再生事業公式サイト

借金の相談を受け付けてアドバイスをするだけでなく、中央労金からの貸し付けなども業務の対象内。

場合によっては、利用できる補助金や助成金の紹介もしてもらえます。

相談は無料でオンライン相談を受け付けているところもあるので、気軽に利用できます。

日本貸金業協会「貸金業相談・紛争解決センター」

お金の貸し借りに関するトラブル全般の相談を受け付けている機関です。

国民生活センターとは違い、お金に関する相談の受付に特化しているのが特徴。

また、生活を立てなおすためのアドバイスやカウンセリングを無料で行っているため、浪費癖やギャンブル癖のある方にもおすすめです。

さらに、貸金業者との紛争解決が必要な場合は有料で弁護士を紹介してもらい、代理人を依頼することもできます。

電話だけでなく、FAXや郵送でも相談できる機関です。

日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター

電話番号 03-5739-3861
受付時間 9:00~17:00 (土日・祝日・年末年始を除く)

日本司法支援センター(法テラス)

経済的に弁護士費用を払うのが難しい方におすすめの相談窓口が、「法テラス」です。

収入が一定の基準を下回る人に対して弁護士への無料相談を仲介し、代金を立て替えてくれるのが法テラスの特徴。

1回30分の相談で、1つの案件につき3階まで無料で相談できます。

そのまま相談した弁護士に代理人を依頼することも可能。

また、相談方法は対面か電話のいずれかから選べます。

法テラス

日本クレジットカウンセリング協会「多重債務ほっとライン」

少しでも借金を減らせれば返済できる見込みのある方は、日本クレジットカウンセリング協会が提供する相談窓口「多重債務ほっとライン」に相談するのもおすすめです。

多重債務ほっとラインでは無料の対面カウンセリングを行い、将来利息をカットする「任意整理」手続きを無料で代行してくれます。

カウンセリングは対面でのみのとなっているため足を運ぶ手間はあるものの、アドバイザーと弁護士の2人が専門的なアドバイスをしてくれるので、相談してみる価値はあるはずです。

なお、相談所は東北から九州まで、幅広いエリアにあります。

まずは電話でカウンセリングの予約をしてみてはいかがでしょうか。

多重債務ほっとライン

電話番号 0570-0316-40
受付時間 受付時間 10時~12時40分 14時~14時40分(土日・祝日・年末年始を除く)

全国銀行協会「全国銀行協会相談室」

銀行との取引に関する借金のことでお悩みの方は、「全国銀行協会相談室」への相談がおすすめです。

全国銀行協会相談室は、銀行取引に関するあらゆる相談を受け付けています。

たとえば銀行カードローンや融資についての問題や苦情など。

相談したい内容に応じて窓口の連絡先が分かれているので、相談を検討する方は下記サイトから自分の相談内容に応じて、問い合わせてみてください。

相談方法は電話、もしくは対面での面談に対応しており、相談は無料です。

全国銀行協会相談室

複数社からの借金をまとめて利息を減らすなら「おまとめローン」

おまとめローンとは、ローンを1社にまとめて利息分の返済額を減らす方法です。

具体的には金利の低い貸金業者で、借金の総額分の借り入れを行い、一旦現在の借金を返済します。

その後、金利が抑えられた1つの借金をローン形式で返済していくという流れです。

アコムやプロミスなど、さまざまな大手貸金業者が「おまとめローン」に対応しているので、借金の金利が高いと感じている方はぜひご検討ください。

奨学金の返済に困っているなら日本学生支援機構「奨学金相談センター」

借金の中でも特に奨学金の返済にお困りの方は、日本学生支援機構(JASSO)の「奨学金相談センター」へ相談してみましょう。

返済が難しい背景をヒアリングした上で、どのように返済を進めていけば良いか、アドバイスしてもらえます。

場合によっては、減額返還や返還期限猶予などといった制度の活用をすすめられる場合も。

奨学金の返済期間や制度がよく分からない、という方にもおすすめです。

奨学金相談センター

電話番号 0570‐666‐301
受付時間 受付時間 9時~20時(土日・祝日・年末年始を除く)

こころの相談をしたい人向けの相談窓口

借金が原因で精神的に辛い状態の方は、まず心を癒すための相談窓口を利用するのもおすすめです。

精神的な相談ができる窓口は、主に以下のとおり。

  • 心療内科・精神科
  • こころの健康相談統一ダイヤル
  • よりそいホットライン
  • 特定非営利活動法人 あなたのいばしょ

など

精神的に追い詰められてしまった状況では、借金解決に向けて前向きになることも難しいでしょう。

まずは自分の精神状態を改善することも一つの手段です。

話を聞いてもらうだけでも、心が楽になるかもしれません。

心療内科・精神科

借金のせいで鬱っぽくなってしまった方、またはどうしても自分の意志で借金がやめられない方は、心療内科や精神科に相談してみると良いでしょう。

体を悪くしたときと同じように、精神の不調もカウンセリングや投薬治療で改善する可能性があります。

中には依存症専門のクリニックもあるため、借金がやめられずに困っている人にもおすすめです。

できるだけ家の近くや最寄り駅周辺で探せば、通う負担も少なく済むでしょう。

本格的に精神状態を改善したい方におすすめです。

こころの健康相談統一ダイヤル

こころの健康相談統一ダイヤルは、厚生労働省が運営する公的な相談機関です。

かなり思いつめており、「とりあえず話を聞いて欲しい」または「自殺を考えてしまう」といった方向けの窓口です。

こころの健康相談統一ダイヤル

電話番号 0570-064-556
18時半~22時半(土日・祝日・年末年始を除く)

よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)

今すぐにでも話を聞いて欲しいという方は、よりそいホットラインを利用してみてはいかがでしょうか。

よりそいホットラインは365日24時間対応なので、ふと辛くなったときにいつでも電話できるのが特徴です。

こころの健康相談統一ダイヤルが混雑していて通じなければ、こちらへ掛けてみると良いでしょう。

借金だけでなく、どんな悩みにも専門の相談員がしっかりと耳を傾けてくれます。

借金の相談については、自動音声が流れたあと「1」を押しましょう。

よりそいホットライン

受付時間 24時間365日

特定非営利活動法人 あなたのいばしょ

相談員に直接言葉で話すのが辛い方は、「あなたのいばしょ」というサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

あなたの居場所はチャット型の相談窓口で、24時間365日好きなタイミングで相談できます。

1回の相談時間は40分と時間制限があるものの、何度でも無料で利用できる上に前回の途中から話すことも可能です。

あなたの居場所

受付時間 24時間365日

借金を解決する方法はお金を作るか借金を減らすかの2択

借金を早急に解決する方法は、収入を増やすか借金を減らすかのどちらか。

現在返済に困っている方は、これらのいずれかを少しずつでも実践しながら解決に向かっていくことが大切です。

ここからはお金を増やす方法、そして借金を減らす方法についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

お金を増やす方法

お金を増やすには、以下の方法が効果的です。

  • 短期バイト
  • 副業
  • 節約
  • ものを売る

最も簡単にお金が手に入るのは、ものを売る方法でしょう。

ゲームや古本、ブランド物の服などを売ってお金に変えるのも1つの手です。

それだけでは足しにならない場合、作業員や交通整理、警備員などといった日雇いの仕事を始めてみるのもおすすめです。

もし本業や家の事情でこうした仕事ができないなら、節約と在宅でできる仕事を組み合わせてお金を捻出すると良いでしょう。

副業や節約については、以下の記事をご覧ください。

借金返済におすすめの副業5つ!会社にバレないようにするための注意点と合わせて解説

借金返済のコツを10個紹介!効率的な返済計画を立てて借金返済を終わらせよう!

借金を減らす方法

借金を減らすには、おまとめローンか債務整理が有効です。

中でも債務整理は手続きによって大幅に借金を減らせるので、完全に返済に行き詰ってしまった方にもおすすめの方法といえます。

債務整理の具体的な方法は以下のとおりです。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

ではそれぞれの手続きについて、詳しい内容を見ていきましょう。

任意整理

任意整理は、借金の将来利息をカットできる手続きです。

裁判所を介さず、直接貸金業者とやり取りをした上で、借金を減額します。

また、減額だけでなく返済期間を最長5年まで延長することも可能。

「月々の返済額をあと少し減らしたい」という方にもおすすめです。

代理人を依頼する場合、3つの債務整理手続きの中で最も依頼費用が安い傾向にあります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

借金50万を任意整理して月返済額が1万円以下に!返済総額も10万円以上減る可能性大

個人再生

個人再生は借金の額に応じて、元金も減額できる手続きです。

利息だけでなく、元金も減らさないと返済が難しい方におすすめの手続きといえます。

個人再生は任意整理と違い、裁判所を介して行う手続きです。

手続きに半年から1年もの期間を要する反面、最大借金を10分の1にまで減らせるのがポイント。

ただし手続きから7年~10年の間は信用情報に傷が付き、新たなクレジットカードやローンは契約しにくくなります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

個人再生の最低弁済額とは?返済額が高すぎる場合の対処方法と合わせて解説

家族や会社にバレずに債務整理をするための方法は任意整理と個人再生!バレないためのポイントや債務整理後の注意点も解説

自己破産

自己破産は、借金をすべて帳消しにできる手続きです。

ただし家財や家など、一定の財産は返済に充てる必要があります。

また、借金が返済困難になった理由など、自己破産には厳正な審査が必要で誰でも簡単にできる手続きではありません。

本当に借金に困ったときの最終手段として検討すると良いでしょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

自己破産とは?借金がゼロになる代わりに失う財産や制限は?手続きの前に覚えておきたいこと

「借金 誰にも相談できない」についてのFAQ

相談窓口に連絡する際、匿名でも大丈夫ですか?

電話相談では名乗らなくて良いケースもありますが、対面でのカウンセリング予約や、代理人に依頼する場合は、本人確認のため氏名等の個人情報が必要になることが多いです。
もちろんいずれの相談窓口でも、個人情報は借金問題の解決のためにのみ利用するのでプライバシーには差し支えないと言って良いでしょう。あらかじめ家族にも内緒にしていることを伝えておけば、自宅への郵送物などへ配慮してもらえるケースもあります。

債務整理を弁護士に依頼した場合、家族にバレないようにするというのは具体的にどういった手続きを取ってくれるのですか?

・自宅への郵送物を無くす、または本人受け取りか来所受け取りにする
・電話でなくすべてメールでのやり取りにする
・極力来所の回数を減らして家族にバレないようにする
主にこうした方法が挙げられます。

闇金から借金をしてしまいました。警察に相談した方が早いでしょうか?

警察よりも、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。なぜなら器物損壊や恐喝、不法侵入など明らかに刑事上の罪に問われる証拠がなければ、警察は動けないからです(民事不介入の原則)。
中には闇金対応に特化した弁護士もいるので、そういった弁護士に依頼してスムーズに闇金を手を切る方法を考えましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 借金を周囲に相談できない場合、各機関の相談窓口を活用するのがおすすめ
  • 自分の状況に応じて、相談する窓口を選ぶ
  • 場合によっては医療機関に相談した方が良いことも
  • 手元のお金を増やすなら、短期的なバイトや節約がおすすめ
  • 借金を減らすなら債務整理

借金のことを誰にも相談できない場合の対策についてご紹介しました。

身内に相談できなくても、借金の相談をできる窓口は多数あります。

まずはそうした機関を活用し、解決に向けて前向きに対応していくことが重要です。

借金は滞納したり放置したりするほど、状況が悪化します。

できるだけ早めに最適な行動を起こせるよう、まずは気軽に相談してみましょう