借金50万を任意整理して月返済額が1万円以下に!返済総額も10万円以上減る可能性大

借金50万円は完済できる! 早期返済のコツや返済困難なときの解決法とは?

生活費が足りない時に数万ずつ借りていたら、いつの間にか借金が50万円になっていました。毎月の手取りは14万円程なのですが、自力で返済できるか不安です。

借金が50万円ある状態ですと、契約内容によりますが、月13,000~19,000円程の返済が必要になります。手取り14万円の中から返済していくとなると、生活は毎月ギリギリになりさらに借金を増やす恐れがあります。副業をするなどして収入を増やすか、節約して支出を減らす努力をして月返済額を増やし、早めに返済を終えられるようにするのがおすすめです。

そうですよね。実際、今でも生活費が足りないのに、そのうえ返済していくのはかなり厳しいです。収入を増やしたいのですが、持病がありこれ以上働くのは難しいです。

そういう事情であれば、任意整理を検討してはどうでしょう?毎月の返済額を減らせる可能性があるので、返済が楽になりますよ。さらに利息を減らすことで返済総額も大幅に減らせる可能性があります。具体的な数字が知りたい場合は、借入状況をまとめたうえで法律事務所へ相談するとよいでしょう。

生活が苦しい時に少しずつ借金を重ねてしまったり、あるいはパチンコやアプリの課金で使いすぎてしまうと、借金はあっという間に50万円を超えてしまいます。

借金が50万円を超えると月13,000~19,000円程の返済が必要になり、小遣い制の人や学生、非正規雇用で働いている人などにとっては痛い出費となるでしょう。

そんな人には任意整理をして月々の返済額を減らすことをおすすめします。

例えば、年利18%で50万円の借入がある人が任意整理をおこなった場合、人によっては15万円超の減額が見込めるのです。

この記事では、複数のシチュエーション別に返済総額や返済期間の一覧表を掲載していますので、自分の場合は具体的にいくら減額できるのかをイメージできるようになっています。

ぜひ参考にしながら、任意整理について検討してみてください。

※任意整理によってどれぐらい借金が減額できるかシミュレーションしてみたい人は以下減額シミュレーターをご利用ください。

この記事でわかること
  • 借金50万円あっても、元金が減っているなら問題なく返済できる。
  • 元金が減らない・早く返済を終えたいなら、返済計画を立てて収入を増やしたり支出を減らして月返済額を増やす。
  • 自力で返済できないなら、任意整理をすると、月返済額や返済総額を減らせたり、返済期間を短縮できたりして借金の負担が軽くなる。

借金50万円は返済できる?できない?

「借金50万円って本当に返せるの?債務整理するべき?」

「50万円なら自力で返済できる?他の借金50万円ある人はどうやって返済してるの?」

借金を返済しながら、このような不安や疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ネットで検索してみてもはっきりとした答えが見つからない・・・

結局、自分はどうすればよいのかわからず、途方に暮れている人もいるでしょう。

それもそのはず。借金がその人にとって手に負えないほど負担になっているかどうかは、単純に借金の金額で決まるわけではないのです。

では、自分にとって借金50万円という金額が「返せる」のか「返せない」のかは、何を基準に判断すればよいのでしょうか。

次の項目から詳しくお伝えします。

元金が減っているなら問題なく返済できる

結論からいうと、自分にとって借金50万円が手に負えない金額かどうかは、借入当時と今現在の借金残高を比べて、元金が確実に減っているかを基準に考えるとよいです。

毎月返済している金額の中には「元金」と「利息」の2つが含まれています。

元金とは、元々自分が借りたお金の金額です。一方で利息とは、債権者に対して支払う「手数料」のようなものです。

借金の利息は「今現在残っている元金の金額に対して何%」という形で計算されます。

例えばA社から年利1年あたりに支払う利息のこと。18%で借入をしており、元金が50万円残っているとしたら、次の月に返済しなければならない利息の金額は7,500円です。

利息の金額は月々の返済額がいくらであっても変わりません。例えば月々の返済額が15,000円であれば、元金の減少分が7,500円、利息の支払い分が7,500円となります。

これに対して、例えば月々の返済額が5,000円であれば、月7,500円の利息すら支払えていません。払えなかった利息は次の月に繰越されるので、返済しているのに借金が増えていく場合もあるのです。

このように、借金はただ毎月きちんと返済すれば減っていくわけではなく、月々の返済額に対する元金の割合が重要なのです。

もし借入当時と比べて元金が確実に減っているなら、そのまま返済していけば確実に借金の返済を終わらせられるでしょう。

明細書を確認して元金が減っているか調べよう

自分にとって借金50万円が手に負えない金額かどうかは、借入当時と今現在の借金残高を比べて、元金が確実に減っているかを基準にすればよいとお伝えしました。

そうとわかれば早速、自分の借金の元金が減っているかを確認しましょう。

元金がどれくらい減っているかは、借入先の金融機関から送られてくる明細書で確認できます。

また金融機関の明細書を見れば、元金の減り具合だけでなく、毎月の返済額に対する利息と元金の内訳も確認できるでしょう。

もし明細書が手元にない場合は、金融機関に直接電話で問合せれば教えてもらえます。

元金が減らない・早く返済を終えたいなら対策が必要

月々の返済額に対して利息の金額が大きければ大きいほど、返済額に対する元金の割合が少なくなり、返済しているのになかなか元金が減らない状況に陥ります。

元金がなくならない限り借金の返済は終わらないので、元金が確実に減っていないなら、そのまま返済を続けても借金の返済が終わる見込みがないといえます。

元金が全然減っていない、もしくはもっと早く返済を終えたいという場合は、次の項目から紹介するような借金の返済を早く終えるための対策を立てて、確実に元金を減らしていきましょう。

借金50万円の返済を早く終えるための対策

借金の返済を早く終えるために、まずは現状を把握し適切な返済計画を立てて返済していくことが最も大切です。

返済計画を立てたら、大きく分けて以下の3つの方法で早期完済を目指します。

  • 収入を増やして月々の返済額を増やす。
  • 支出を減らして月々の返済額を増やす。
  • 借金自体の負担を減らす。

次の項目から、具体的な方法を順を追ってお伝えします。

複数の方法を組合わせることでより早く返済を終えられるので、自分にできそうな方法からぜひ挑戦していってください。

金利や月々の返済額など借金の詳細を把握する

具体的な対策を実行する前に、まずは以下のような項目について調べ、借金の詳細を把握することから始めましょう。

  • 借入社数
  • 借入業者名
  • 業者ごとの借金残債
  • 月々の返済額
  • 金利(年利何%か?)
  • 借入期間
  • 滞納期間
  • 連帯保証人の有無
  • 担保の有無
  • 裁判所通知の有無
  • 裁判所通知有の場合、支払督促か訴状か
  • 裁判所通知の受取日
  • 裁判所通知が訴状の場合、期日はいつか?
  • 借入理由
  • 滞納理由

上記項目を借入業者毎にまとめて表にするとよいでしょう。

もし借入についてはっきりしない部分がある場合は、金融機関から送られてくる明細書や会員規約を見たり、金融機関に直接電話で問合せて確認したりするとよいでしょう。

今後の返済計画を立てる

借入の詳細が把握できたら、今後返済していく上で「月いくらずつ・何年かけて返済していくのか」という目標を立てましょう。

前述したように、借金返済の際には必ず「元金+利息」という形で支払うので、借入残債をただ月返済額で割っただけでは正確な返済年数は計算できません。

利息込みでの返済年数の計算は少々複雑なので、以下のようなシミュレーションサイトを利用するとよいでしょう

参照:借入返済額シミュレーション|知るぽると

借入残債と利率が分かっていれば返済年数の目安を簡単にシミュレーションできます。

もし、自分で計算しても合っているか不安という場合は、法律事務所へ相談すれば教えてもらえます。

同時に返済方法について具体的なアドバイスをもらえるので、無料相談などを利用して一度相談してみるとよいでしょう。

>>返済計画について弁護士へ相談する【初回相談無料】

今後の返済計画を立てたら月収と月あたりの支出を計算し、その差額である「月々返済に回せる金額(余剰金)」を明らかにしましょう。

返済計画の中で決めた月々の返済額が余剰金で賄える状態であれば、今の生活を変えずに無理なく返済していけます。

もし余剰金だけでは月々の返済が難しい場合、次の項目から紹介する方法で収入を増やしたり、支出を減らす工夫をしましょう。

無駄な出費を抑え節約する

最も簡単にできるのは、毎月の出費を見直すことです。

毎月の出費の中でも特に見直すべきなのは、固定費と嗜好品などの出費です。

毎月かかる固定費には、主に以下のようなものがあります。

  • 家賃
  • 公共料金(電気・ガス・水道料金)
  • 通信費(固定電話・携帯電話・ネット料金)
  • 保険料
  • 教育費(塾代・部活動費・習い事代など)

仕事や家庭の生活状況を考慮し、どの部分なら節約できそうか考えてみましょう。

例えば、都心から少し離れた場所や、路線が集中していない各停だけ止まる駅などを選ぶと、家賃の安い物件を見つけやすくなります。

もし実家に戻れるのであれば、家計に余裕が出るまで実家に戻ることを検討してもよいでしょう。

また公共料金や通信費は、住む地域や契約する事業者によって料金が変わりますし、契約プランを見直すだけで節約できる場合もあります。

さらに保険料や教育費は本当に必要なものを見極め、家計を圧迫している場合は毎月の出費から削ることも考えましょう。

また、嗜好品などの出費には、主に以下のようなものがあります。

  • 外食
  • レジャー
  • 飲み会代
  • 被服費・美容院代
  • タバコ代

外食・レジャー・飲み会などは、家計に余裕が戻るまで控えるとよいでしょう。

また、服の購入や美容院に行く頻度を減らしたり、タバコを吸う人はこれを機に少しずつ減らすことでも嗜好品への出費を抑えられます。

ただし「持病があり保険は解約できない」「アパレル関係の仕事で勤務先の服を購入しなければならない」など、事情は人それぞれなので、できる範囲で出費を見直しましょう。

副業して収入を増やす

今の仕事が非正規雇用だったり、正社員でも副業ができる会社に勤めている場合は、副業をして収入を増やすとよいでしょう。

たとえば平日勤務の仕事をしているのであれば、土日のみ勤務できる引越業者のアルバイトなどがあります。

また、自宅で空いた時間を利用してアルバイトするのであれば、データ入力やシール貼りなどの在宅でこなせる仕事も選択肢の一つです。

現在の仕事がフルタイムではなく時短勤務の場合、1日3~4時間程度だけ勤務できるコンビニのアルバイトなどを検討してもよいでしょう。

親族に金銭的支援をしてもらう

自分一人で借金を返済していくのが難しいと感じたら、親や親戚に金銭的援助をお願いできないか相談してみましょう。

親族に秘密で借金をしている場合、言いだしづらい話題ではありますが、自力で解決しようとして借金返済のために借金を重ねても、いずれは総量規制により借りて返しての自転車操業もできなくなります。

総量規制・・・貸金業者から借りる金額が年収の3分の1を超えてはならないという法律。

そして、借金の金額が大きくなればなるほど、親や親戚に打ち明けることも借金問題を解決することも難しくなります。

人によって事情はそれぞれですが、親や親戚を頼れるなら、できるだけ借金の金額が少ないうちに相談するとよいでしょう。

法律事務所へ相談して債務整理する

借金を早く完済するためには、適切な返済計画を立てて確実に元金を減らすことが大切だとお伝えしました。

しかし前述した方法を実践しても、既に自力では50万円を返済できなくなっている人もいるでしょう。

そんな人は、法律事務所へ相談し債務整理を検討するとよいでしょう。

債務整理とは国が認めた借金救済制度で、利息をカットしたり一括請求を長期の分割払いに変更できるなど、合法的に借金の負担を減らす手続きの総称です。

単なる節約法ではなく、借金自体の負担を軽減できるところが大きなメリットです。

債務整理には主に以下の3つの方法があります。

任意整理 弁護士や司法書士が金融機関と直接交渉して、今後支払う予定の利息をカットや減額し、3~5年の長期分割で完済を目指す。
自己破産 裁判所を介しておこなう手続きで、一部を除いて全ての財産を手放す代わりに借金の支払いを全額免除してもらえる。
個人再生 裁判所を介しておこなう手続きで、原則として手放さずに借金を最大1/10に圧縮し、3~5年で分割返済する。

50万円の借金であれば「任意整理」をして利息を減らすことで、毎月の返済額を1万円以下に下げられる可能性があります。

また利息を減らした分、最終的に支払う返済総額も10万円以上抑えられる見込みがあります。

なお、自己破産や個人再生であれば借金の元金も減らせますが、法律事務所へ依頼するための費用だけで50万円以上かかることがほとんどです。

実際に「自分の場合どれくらい借金が減るのか」は個々の状況によるため、詳しく知りたい場合は法律事務所へ直接相談してみましょう。

当サイトでは無料相談ができる法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してください。

借金50万円あるなら任意整理で解決しよう

50万円の借金を自力では返しきれない、もしくは一刻も早く完済したい場合は、任意整理で解決するのがおすすめです。

任意整理をするメリットは、主に以下の4つです。

  • 毎月の返済額を1万円以下に減らせる可能性がある。
  • 返済総額を数万~30万円以上も減らせる可能性がある。
  • 返済期間を数年単位で短くできる可能性がある。
  • 勤務先・学校・家族にも知られず手続きできる。

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えします。

毎月の返済額を1万円以下に減らせる可能性がある

銀行のカードローンや消費者金融から借入をすると、最大で年利18%の利息がかかります(元本が50万円の場合)。

仮に年利が18%とすると、例えば50万円の借金を5年で完済しようと考えたら、月13,000円を返済しなければならず、小遣い制の人・学生・非正規雇用で働いている人などにとっては痛い出費です。

しかし任意整理をすることによって利息の部分が減額され、同じ期間で返済しても返済総額を少なく抑えられるため、結果的に月々の返済額を下げられます。

任意整理の場合、返済期間は3~5年の間になるのが通常ですが、仮に5年の分割払いとなった場合、月々の返済額は8,000円程になります。

つまり、任意整理をすると月々の返済額が1万円以下に下がる可能性があるのです。

返済総額を数万~30万円以上も減らせる可能性がある

前述したように、任意整理をすれば月々の返済額が1万円以下に下がる可能性があります。

毎月の返済額が下がるということは、1年、2年と年単位で計算すれば数十万円単位で返済額が減る可能性があるのです。

そして今まで月々の返済額が少なかった人ほど、任意整理によってより多く返済総額を減らせることになります。

実際にどれくらい返済総額が下がるのか、毎月の返済額別にみていきましょう。

任意整理で減らせる返済総額の一覧表(金利18%で50万円の借金がある場合)

例えば、金利18%で50万円の借金がある場合、任意整理することで返済総額を以下のように減らせます。

毎月の返済額 返済総額
(任意整理前)
返済総額
(任意整理後)
23,000円 609,690円 500,000円
20,000円 631,374円 500,000円
18,000円 651,629円 500,000円
15,000円 698,327円 500,000円
13,000円 751,057円 500,000円
12,000円 790,486円 500,000円
11,000円 845,991円 500,000円

この場合、任意整理によって減らせる利息の合計額は以下のとおりです。

毎月の返済額 減らせる
利息の合計
23,000円 109,690円
20,000円 131,374円
18,000円 151,629円
15,000円 198,327円
13,000円 251,057円
12,000円 290,486円
11,000円 345,991円

毎月の返済額によって減らせる利息の合計金額は異なりますが、任意整理をすることで約10万円〜30万円以上もの利息を支払わずに済む可能性があります。

今回紹介した一覧表はあくまで一例ですので「自分の借金がいくら減らせるか?」を知りたい方は、下記の「借金減額チェッカー」を利用するとよいでしょう。

返済期間を数年単位で短くできる可能性がある

任意整理をすると利息が減り返済総額を抑えられるので、今までと同じ金額で毎月返済していけば、返済期間を短くすることもできます。

そして前述したように、今まで月々の返済額が少なかった人ほど任意整理によってより多く返済総額を減らせるため、人によっては数年単位で返済期間を短縮できるのです。

実際にどれくらい返済期間が短くなるのか、毎月の返済額別にみていきましょう。

任意整理で短縮できる返済期間の一覧表(金利18%で50万円の借金がある場合)

例えば、金利18%で50万円の借金がある場合、任意整理することで次のように返済期間を短縮できます。

毎月の返済額 返済期間
(任意整理なし)
返済期間
(任意整理あり)
23,000円 2年3ヶ月間 1年10ヶ月間
20,000円 2年8ヶ月間 2年1ヶ月間
18,000円 3年1ヶ月間 2年4ヶ月間
15,000円 3年11ヶ月間 2年10ヶ月間
13,000円 4年10ヶ月間 3年3ヶ月間
12,000円 5年6ヶ月間 3年6ヶ月間
11,000円 6年5ヶ月間 3年10ヶ月間

この場合、毎月の返済額ごとの任意整理によって短縮できる返済期間は次のとおりです。

毎月の返済額 短縮できる
返済期間
23,000円 5ヶ月
20,000円 7ヶ月
18,000円 9ヶ月
15,000円 1年1ヶ月
13,000円 1年7ヶ月
12,000円 2年
11,000円 2年7ヶ月

毎月の返済額が少ないほど、任意整理することで返済期間が短くなり、2年以上短縮できるケースもあります。

「早く借金を完済してホッとしたい」という方は、無料相談ができる法律事務所へ相談してみるとよいかもしれません。

勤務先・学校・家族にも知られず手続きできる

前述したように任意整理の主なメリットは、毎月の返済額や返済総額を減らせたり、返済期間を短縮できることです。

しかし、任意整理のメリットはこれだけではありません。

債務整理を検討している人の中には、勤務先や学校、家族などに知られるのが怖くてなかなか踏み出せない人も多いです。

確かに自己破産や個人再生をすると官報に名前が載るため、勤務先が官報をチェックするような会社だった場合は、手続きしたことが知られる恐れもあります。

また自己破産や個人再生を選択した場合、同居している家族がいれば家族の収入証明などを裁判所へ提出する必要があるため、家族に秘密で手続きするのは不可能です。

しかし、任意整理の場合は裁判所を介さずにおこなう手続きのため、官報に名前が載ることはありません。

また裁判所へ家族の収入証明などを提出する必要もありません。

そのため任意整理は、勤務先や学校はもちろん、同居している家族に知られることなく行える可能性が高い手続きなのです。

まとめ

パチンコやアプリの課金などで少し使いすぎただけでも、借金はあっという間に50万円を超えてしまいます。

最初は「50万円くらいすぐに返せる」と思っていても、計画を立てて返済していかないと気づけば利息ばかり払っていて、元金が全く減っていないことも珍しくありません。

借金の返済を早く終えたいのなら、返済計画を立てたうえで、収入を増やしたり支出を減らして月返済額をできる限り増やしましょう。

もし、自力で返済するのが難しい場合は、任意整理を検討してみてください。

毎月の返済額を減らしたり、返済期間を短縮することで無理なく完済を目指せます。

任意整理についてもっと詳しく知りたい人は、ぜひ当サイトで紹介している法律事務所へ相談して自分の状況に合わせたアドバイスを受けてみてください。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…