【借金が300万円の方必見】返済できるかの判断基準と、借金を減額する方法を解説します!

借金300万 返済方法

借金が300万円ほどに膨れ上がってしまったのですが、どうにか早く返済する方法はありますか?

借金を早く返済する方法としては、家計の見直しや収入を増やすといった努力が必要不可欠です。

また、今よりも金利の低い会社で借り換えをしたり、複数社から借入があるならおまとめローンを利用したりするのも効果的です。

そうなんですね。

今の年収が600万円程なのですが、おまとめローンなどを利用すれば300万円もの借金があっても完済できるでしょうか?

自力で返済できる借金の目安は年収の3分の1までの金額とされています。

600万円の年収で300万円の借金は、年収の半分にあたるのですでに返済能力を超えていると判断できます。

返済能力を超える借金はおまとめローンや借り換えなどを利用しても早期完済は難しいですから、弁護士に相談したうえで債務整理をして借金を減額すべきです。

借金問題はほとんどの弁護士事務所が無料相談を受け付けていますから、債務整理をするかしないかに関わらず、とにかく悩みを打ち明けてみると適切なアドバイスをもらえますよ。

債務整理なら借金を減らせるのですね。

分かりました!まずは最寄りの弁護士事務所に相談してみます。

借金の残高が300万円あり返済していけるのか悩んでいますね。

結論から申し上げますと年収が900万円以上なければ300万円の借金を自力で返済することは難しいです。

なぜなら自力で返済できる借金の金額は年収の3分の1までが目安だからです。

年収が900万円以上あれば300万円の借金も返済できる期待は持てますが、収支の見直しをしたうえで、借り換えやおまとめで利息を減らす努力もしましょう。

一方、年収が900万円なく300万円の借金を抱えているなら、自分だけで解決できるとは考えず法律の専門家である弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談し、自力での返済が無理だと判断されれば債務整理を勧められるはずです。

債務整理にもデメリットがあるので躊躇するかもしれませんが、返済能力を上回る借金があるといずれ返済不能に陥り最終的には差し押さえをされる危険がありますから、一日も早く手続きすべきです。

300万円もの借金があってもどうにか返済する方法はありますから、借金を完済し生活を建て直すためにも悲観せず前向きに行動しましょう。

この記事でわかること
  • 借金300万円を返済できるかの基準
  • 借金300万円早期完済のためにまずしなければならないこと
  • 借金300万円を効率よく返済していくための3通りの方法

借金が300万円ある場合に返済できるかの判断基準や努力すべきこと

借金の金額に関わらず、完済できるかどうかは収入とのバランスが重要です。

具体的には年収の3分の1を超える借金ならば自力で完済できる可能性があり、年収の3分の1を超える借金は自力での返済は厳しいです。

なぜ年収の3分の1が借金返済の基準となっているのか、年収以外に借金完済できるかを判断するポイントなどについて解説します。

300万円の借金を返済するためには年収900万円は必要と理解しておく

前述したように自力で完済できる借金額の目安は年収の3分の1までなので、300万円の借金を返済するために少なくとも年収900万円は必要です。

この年収の3分の1までという目安は総量規制という法律が深く関係しています。

総量規制とは貸金業者が個人の消費者に対して貸付をしても良い金額を年収の3分の1までに制限している法律です。

多重債務者や自己破産者の増加を食い止めるため、及び過度な貸付から消費者を守るために設けられています。

なお、貸金業者からの全ての借金を含め年収の3分の1までに規制しますから、複数社から借入があるならその総額を見て融資をするか否かの判断をされます。

なお、総量規制の対象となるのは消費者金融のような貸金業者の貸付けだけなので、銀行や信用金庫などが提供するローンは総量規制の対象にはなりませんから、年収の3分の1を超える借金を抱えてしまう人もいるのです。

しかし、法律においても年収の3分の1を超える貸付は返済能力を上回る基準とされていることから、年収が900万円なければ借金300万円を返済していくのは難しいと言えるのです。

年収900万円あっても支出が多ければ借金300万円を返済できない可能性もある

借金を300万円抱えていても年収が900万円あれば自力での返済が見込めると言えますが、実際には年収の3分の1未満の借金でも完済できないケースはあります。

なぜなら家族構成や生活スタイルなどによって人それぞれ支出が異なるからです。

たとえば年収900万円あっても、お子さんが多い家庭とお子さんがいない家庭とでは出費が大きく変わるので、自由に使えるお金にも差がひらくはずです。

また、住居が持ち家か賃貸か、車を所有しているかどうかでも必要な支出は異なるでしょう。

そのため、年収の3分の1を超えない借金であっても、扶養家族が多かったり多趣味だったりで月々の支出が多ければ返済していくことが難しくなる可能性もあるというわけです。

すでに生活苦や滞納の状態に陥っているなら自力での返済は難しい

借金を完済できるかの判断基準は年収とのバランスだけではなく、借金返済で生活が苦しくないか、滞納していないかということも大切なポイントになります。

年収がいくら多くても借金返済のために生活苦に陥っている、すでに滞納の状態が続いているなら今後返済を続けていくことは難しいでしょう。

こういった場合は自分で何とかできるという考えは捨ててください。

そのまま放置していれば家族にも迷惑をかけてしまいますから、一日も早く弁護士に相談し債務整理の手続きを始めるのがおすすめです。

300万円の借金を返済するためにすべきこと

300万円の借金を返済できる基準が分かったら、次にすべきことは月々なるべく多めに返済するための努力です。

まずは借金の状況を明確に把握し、収支の見直しをしましょう。

借金の総額と借入先ごとの返済額や利息を把握する

まず借入の総額、どの会社に月々いくら返済していていくら利息に充当されているのかを調べましょう。

毎月の利息を確認すると、どれだけ無駄なお金を支払っているかが目に見えて分かりますから、早期返済しようという意識も高まるでしょう。

複数社から借入があるとどの会社からいくら借りたのかが曖昧になっている可能性もありますから、すべての借入先の利用明細を確認しましょう。

利用明細は業者ごとに違いはあるものの、借入残高のほか元本充当額、利息充当額などが記載されていることが多いです。

なお、どの会社から借入をしているか分からないなら個人信用情報機関に開示請求すると良いです。

個人信用情報機関とは個人の属性やローン、クレジットの取引履歴などを管理している機関で、開示請求をすれば自分の信用情報を見ることができます。

日本にはCIC、JICC、KSCの3つの信用情報機関がありそれぞれ加盟している業者が違いますが、借入先が分からないなら3つの機関すべてに開示請求をしましょう。

開示請求の手続き方法や手数料などはこちらの記事をご覧ください。
https://step-saimu.jp/creditinformation-disclosure-method/

収入が増やせないか検討する

現状の収入では完済できない借金を抱えていても、収入が増やせれば自力で返済できる可能性は高まるはずです。

たとえば残業を積極的に引き受ける、副業をする、不用品やDIYグッズをフリマサイトなどで売却するなどがあげられます。

収入が増えた分を返済に充てられれば返済期間を短縮できる可能性も十分あります。

家計の見直しをして無駄な支出を抑える

収入が増やせなくても、支出が減れば浮いたお金を月々の返済額に上乗せできるはずです。

そのためには家計簿をしっかり付けて無駄な支出がないか、節約できるものはないかを明確にしましょう。

特に固定費や外食費を削減できれば月に1万円以上浮かせられるケースが多いです。

たとえばスマホを格安スマホに変える、使わない電気をこまめに消して光熱費を節約する、月に2回以上あった外食を1回に留めるなどといった方法なら試しやすいでしょう。

300万円の借金を効率よく返済する3通りの方法

借金返済のためには副業や節約など本人の努力も必要ではあるものの、300万円もの借金の早期完済を目指すなら効率よく返済する方法も取り入れなければなりません。

借金がなかなか減らない主な理由は利息ですから、元本の返済を進めるためには利息をどうにか減らす必要があります。

そこで最適なのがおまとめローンまたは借り換えですが、借金が年収の3分の1を上回っていたり借金のせいで生活苦に陥っていたりするなら債務整理を検討してください。

いずれにしても素人が独断で判断するのは難しいですから、まずは弁護士の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

複数社からの借入があるならおまとめローンを利用する

2社以上から借金をしている場合は、おまとめローンを利用して借金を1社にまとめましょう。

おまとめローンとは、その名の通り複数社からの借入をまとめて1本化するためのローン商品です。

これまで会社ごとに返済期日がバラバラで月に何回も返済をしていた場合でも、おまとめローンを利用すれば月に1回の返済で済みます。

会社ごとに発生していた利息や返済時の手数料も軽減できますし、返済計画も立てやすくなるでしょう。

おまとめローンは色々な金融機関および消費者金融から提供されていますが、上限金利が低いところを選ぶのがおすすめです。

なお、おまとめローンは顧客に有利となる貸付に該当し、総量規制の例外貸付となるのですでに借金総額が年収の3分の1ギリギリだったり超えていたりする場合も審査への影響はありません。

借入先が1社だけなら低金利の会社へ借り換えをする

借入先が1社だけなら低金利の会社へ借り換えをすると利息が減らせます。

なお、借り換え先を選ぶ際は、現在の借入先よりも上限金利の設定が低い会社を選ばなくては意味がありません。

一般的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利なので、借り換えの際には銀行カードローンから選択すると良いでしょう。

ただし、銀行カードローンは本来総量規制の対象外ではあるものの、銀行側も自主規制を行っていることが多いため、すでに借金総額が年収の3分の1ギリギリだったり超えていたりする場合は審査落ちする可能性があります。

審査に通過しなかった場合は、債務整理のうち任意整理も視野に入れてみましょう。

弁護士の協力のもと債務整理をする

返済能力を上回る借金やすでに生活苦に陥っている場合だと、おまとめローンや借り換えをしても返済不能となる危険があるので弁護士には債務整理を勧められるでしょう。

債務整理とは国が認めた借金救済制度で、任意整理、個人再生、自己破産の3通りの手続き方法があります。

どの手続きが合っているかは債務者の収入状況などから弁護士が判断してくれるので安心してください。

いずれの方法にしても借金を減額できますから、多額の借金を抱えていても借金の悩みから解放されるでしょう。

ただし、債務整理をすると信用情報機関でブラックリスト入りするので5年~10年はローンを組めなくなるという点に注意しましょう。

任意整理は将来の利息をカットしてもらえる

任意整理は債権者と和解交渉を行い、将来の利息をカットしてもらうことで借金の負担を軽減できる手続きです。

任意整理後は残った借金を3~5年かけて完済する必要があります。

任意整理は手続費用が債権者1社あたり3~5万円と比較的安価に抑えられるため、債務者の負担が少ないのがメリットです。

また、任意整理は対象とする債権者を選ぶことができるので、保証人を立てている借金がある場合もその借入先だけ除外すれば保証人へ迷惑をかけずに済みます。

こういった点から任意整理は、元本だけなら3~5年で完済できる借金の場合、保証人に迷惑をかけたくない場合に向いている手続きと言えます。

個人再生は大幅に借金を減額できる

個人再生は裁判所を介して再生計画を認めてもらい、借金を5分の1程に圧縮してもらう手続きです。

個人再生後に残った借金は3~5年かけて完済する必要があります。

利息がカットできる任意整理に比べ、個人再生は元本含め借金を大幅に減額できるのがメリットです。

個人再生の手続き費用は、弁護士費用と裁判所へ支払う費用の合計で約50万円~80万円かかります。

個人再生ではローンが残っている財産は債権者への配当のため回収されることになりますが、住宅ローン特則という制度によって持ち家だけは維持したままにできます。

こういった点から、任意整理では完済が見込めない程の借金がありつつ持ち家を手放したくない場合に向いているのが個人再生手続きと言えます。

自己破産は借金を免除してもらえる

自己破産は裁判所を介して返済不能であると認めてもらい、借金の支払い義務をなくしてもらう手続きです。

免責許可が認められれば借金が帳消しになるのがメリットです。

自己破産には同時廃止、少額管財、管財事件の3種類があり、債務者の所有している財産の有無や申し立てをする裁判所によってどの手続きとなるか決まるのです。

自己破産の費用相場は、弁護士に支払う費用と裁判所へ支払う費用を合わせて、同時廃止が30~50万円、少額管財が40~60万円、管財事件が70~80万円となります。

自己破産手続きをするとローンの有無に関わらず、資産価値が20万円を超える財産は回収され債権者の配当に充てられます。

個人再生と違い、マイホームも手放さなくてはなりません。

また、手続き開始から免責が決定するまでの間は公的資格が制限されるので、職種によっては一定期間仕事に影響を及ぼすこともあるでしょう。

こういった点から、自己破産は無職などが理由で個人再生ができない、個人再生をしても借金が支払いきれないというように、やむを得ない場合の最終手段と言えます。

借金300万円返済方法についてのQ&A

300万円の借金があっても毎月安定した収入があれば完済できるものですか?

総量規制という法律を踏まえ、自力で完済ができる借金額の目安は年収の3分の1までだと言えるので、安定した収入があっても必ず自力で完済できるとは限りません。
年収の3分の1を超える借金は返済能力を超えていると判断できるので、だらだらと支払い続けるのはやめてまずは弁護士に相談しましょう。

300万円の借金の返済によって生活が苦しい場合はどうしたら良いですか?

いくら年収が多くても借金返済のために生活が苦しいと感じているなら、早急に債務整理をした方が良いです。
もちろん債務整理をする前に無駄な支出を見直したり収入を増やしたりすることも大切ですが、すでに生活苦に陥っているならそういった時間の余裕はないでしょう。
債務整理をすれば借金が減額できますから、早期に生活を建て直せるはずです。

300万円もの借金があると債務整理するしかありませんか?

借金の金額が300万円あっても、収入を増やせる見込みがあったり借り換えやおまとめローンによって完済が見込めるなら債務整理をしなくて済むケースもあります。
債務整理は借金を減額できるメリットがある代わりに、個人信用情報機関で事故情報として記録され、最長で10年間は新たにローンやクレジットの契約をすることができなくなるのです。
債務整理した方が良いのか、しない方が良いのかの判断は素人には難しいですから、弁護士にアドバイスをもらいましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 300万円の借金を自力で返済するのに必要な年収は900万円以上
  • 支出が多いと年収が900万円あっても借金300万円を返済するのは難しい
  • 借金300万円を完済するためにはまず借入状況を正確に把握し収支を見直す
  • 返済が苦しい、返済が進まないなら弁護士に相談し判断を仰ぐ
借金が300万円にもなれば本当に完済できる日は来るのか不安に駆られるでしょう。

実際に借金額が年収の3分の1を超えてしまうと自力での返済は難しくなるので、年収が900万円ないと300万円の借金は返済できない可能性が高いです。

しかし、収支を見直す、低金利の会社で借り換えをする、複数社からの借入をおまとめローンで一本化するなどの工夫で完済が近づく期待はできます。

一方で、すでに滞納が続いていたり生活が苦しいと感じていたりするなら、一刻の猶予もありませんから、すぐに債務整理をして借金を減額してもらうべきです。

返済能力を上回る借金を抱えていたにも関わらず、債務整理によって人生をやり直した人は数多くいますから前向きに検討してみましょう。