借金300万円を任意整理すると月々の返済額はこれだけ減る!シミュレーション結果を紹介

借金300万円 任意整理

借金が300万円にまで膨らんでしまい、毎月10万円近く返済しているので生活が苦しいです。任意整理で返済が楽になると聞いたのですが、具体的にどれくらい負担が減るのですか?

任意整理は利息をカットし借金の返済負担を減らす手続きです。現在の借金額が300万円なら、月5万円程度に返済額を抑えられる可能性があります。

月々の返済が半分近く減らせるのですね!月5万円なら返済を続けても十分生活していけそうです。

それはよかったです。任意整理は始めるのが早ければ早いほど、カットできる利息が多くなり、お得に借金を返済できる手続きです。これ以上無駄な利息を支払う前に、まずは無料相談を利用して弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

借金が300万円になると、毎月10万円近い金額を返済しており、なかには収入のほとんどが借金の返済に消えているという人も多いでしょう。

そのような状況なら、任意整理で毎月の返済を大幅に減らせる可能性があります。月10万円以上返済をおこなっていた人が、6万円程度にまで減額できることもあるのです。

ただし、安定した収入があり返済の負担が軽減されれば完済の目処が立つ状況でないとおこなえない手続きなので、すでに返済が苦しいなら早めに任意整理を開始するとよいでしょう。

本記事では「任意整理によって返済負担がどれくらい軽くなるのか」複数のシチュエーション別に紹介します。具体的にどれくらい返済が軽くなるのか一目で分かるので、ぜひ参考にしてください。

なお、自分の場合どれくらい返済負担が軽くなるのか、詳しい金額が知りたい場合は無料の借金減額診断チェッカーを利用してみましょう。簡単な質問に答えるとすぐに診断結果が出るので、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。

この記事でわかること
  • 任意整理をおこなうことで数十万~数百万円の借金減額が可能
  • 任意整理をおこなえば返済は元金のみで済むようになる
  • 300万円の借金返済が苦しいと感じたら一刻も早く任意整理の検討をしたほうがよい

借金300万円を任意整理した場合のシミュレーション結果

借金300万円といっても、金利や返済回数、借入先の件数などによって、毎月の返済負担は大きく異なります。

そこで、金利や借入先の件数を変えて、複数のシチュエーション別に月々の返済額や借金総額を任意整理でどれくらい減らせるのかシミュレーションしました。

なお、自分の場合どれくらい返済負担が軽くなるのか、正確な金額が知りたい場合は無料の「借金減額診断チェッカー」を利用するのがおすすめです。3つの簡単な質問に答えるだけですぐに精度の高い診断結果を確認できるので、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。

利率15%で1社から借入をおこなっていた場合

【任意整理前】

返済期間 利息 総支払金額 年間返済額 月々の返済額
3年 74万3,820円 374万3,820円 124万7,940円 10万3,995円
5年 128万2,140円 428万2,140円 85万6,428円 7万1,369円
7年 186万2,760円 486万2,760円 69万4,680円 5万7,890円
10年 280万8,000円 580万8,000円 58万800円 4万8,400円

【任意整理後】

返済期間 利息 総支払金額 年間返済額 月々の返済額
3年 0円 300万円 100万円 8万4,000円
4年 0円 300万円 75万円 6万2,500円
5年 0円 300万円 60万円 5万円

利率15%で借入をおこなっていた場合、3年で完済しようとすれば毎月10万円以上の返済が必要になり、月収の半分以上を借金の返済に充てなければならない人も多いでしょう。

年間だと124万円以上返済することになり、かかる利息も74万円超と高額です。

仮に、返済期間を10年に延長して完済を目指した場合、月々の返済額は約5万円まで下がりますが、支払う利息額が280万円以上と、元金と同程度の利息がかかります。

しかし、任意整理をおこなうことで、月々の返済額を5万円程度に抑えつつ、半分の5年で完済することも可能になります。

利率18%で6社から50万円ずつ借入をおこなっていた場合

【任意整理前】

返済期間(6社合計) 利息(6社合計) 総支払金額(6社合計) 年間返済額(6社合計) 月々の返済額(6社合計)
3年 90万4,452円 390万4,452円 130万1,484円 10万8,457円
5年 157万800円 457万800円 91万4,160円 7万6,180円
7年 229万6,452円 529万6,452円 75万6,636円 6万3,053円
10年 348万6,600円 648万6,600円 64万8,660円 5万4,055円

【任意整理後】

返済期間 利息 総支払金額 年間返済額 月々の返済額
3年 0円 300万円 100万円 8万4,000円
4年 0円 300万円 75万円 6万2,500円
5年 0円 300万円 60万円 5万円

利率18%で借入をおこなっていた場合、3年間で完済しても利息だけで90万円以上支払わなければならず、利率15%の場合と比べると約16万円も増える計算です。

仮に、10年間で完済を目指した場合には、支払う利息額は348万円超となり、元金よりも高額になってしまいます。

もし、6社すべての借入に対して任意整理をおこなえば、費用相場はおよそ24万円前後(4万円前後×6社分)です。

ただし、任意整理によって費用よりもはるかに高額な利息をカットできるため、借金の負担軽減効果は極めて高いといえます。

利率15%で1社200万円、利率18%で2社50万円の借入がある場合

【任意整理前】

返済期間(3社合計) 利息(3社合計) 総支払金額(3社合計) 年間返済額(3社合計) 月々の返済額(3社合計)
3年 79万7,352円 379万7,352円 126万5,784円 10万5,482円
5年 137万8,320円 437万8,320円 87万5,664円 7万2,972円
7年 200万7,240円 500万7,240円 71万5,320円 5万9,610円
10年 303万4,080円 603万4,080円 60万3,408円 5万284円

【任意整理後】

返済期間 利息 総支払金額 年間返済額 月々の返済額
3年 0円 300万円 100万円 8万4,000円
4年 0円 300万円 75万円 6万2,500円
5年 0円 300万円 60万円 5万円

なかには、200万円の借入が1社と50万円の借入が2社で、合計300万円の借金があるという人もいるでしょう。

この場合、3年間で完済すると支払う利息は79万円超です。

仮に、10年間で完済を目指すのであれば、元金と同等の303万円超を利息として支払わなければなりません。

もし、3社すべての借入に対して任意整理をおこなえば、費用相場はおよそ12万円前後(4万円前後×3社分)です。

支払う利息額と費用相場を比べれば、費用を支払っても任意整理をしたほうが、最終的に支払う金額をはるかに抑えられることがわかると思います。

利率15%で1社100万円・1社150万円、利率18%で1社50万円の借入がある場合

【任意整理前】

返済期間(3社合計) 利息(3社合計) 総支払金額(3社合計) 年間返済額(3社合計) 月々の返済額(3社合計)
3年 77万604円 377万604円 125万6,868円 10万4,739円
5年 133万200円 433万200円 86万6,040円 7万2,170円
7年 193万4,916円 493万4,916円 70万4,988円 5万8,749円
10年 292万1,040円 592万1,040円 59万2,104円 4万9,342円

【任意整理後】

返済期間 利息 総支払金額 年間返済額 月々の返済額
3年 0円 300万円 100万円 8万4,000円
4年 0円 300万円 75万円 6万2,500円
5年 0円 300万円 60万円 5万円

100万円・150万円・50万円の借入が1社ずつで、合計300万円の借金がある場合はどうでしょうか。

この場合、3年間で完済すると支払う利息は77万円超です。

仮に、10年間で完済を目指すのであれば、やはり元金と同等の292万円超を利息として支払わなければなりません。

もし、3社すべての借入に対して任意整理をおこなえば、費用相場はおよそ12万円前後(4万円前後×3社分)です。

かかる費用以上に借金の負担軽減効果があるので、この場合も任意整理をおこなう価値は十分にあるといえます。

任意整理によって減らせる利息とは?

任意整理で借金の負担を軽減できるのは、将来利息や遅延損害金など、さまざまな利息をカットできるためです。

具体的には、以下のような利息が任意整理をおこなうことによってカットできます。

カットできる利息 概要
将来利息 任意整理の和解日から完済日までに発生する利息。
任意整理をすれば、将来利息はカットされる場合がほとんど。
遅延損害金 返済期日の翌日から滞納分の支払いが完了した日までの間に発生する利息。
弁護士会の統一基準では遅延損害金のカットが和解条件の目安として定められているが、債権者によっては遅延損害金のカットに応じないことも。
経過利息 最後に借金を返済した日から任意整理の和解日までに発生する利息。
任意整理で和解することによりカットしてくれる債権者が多い。
利息制限法を超過した利息 利息制限法で定められている年利15%~20%を超える部分の利息。
利息制限法を超過した利息があった場合、現在払っている借金の残金から超過分の金額を差し引いて借金を減らせる場合もある。

このように、任意整理によってあらゆる利息をカットし、元金のみ返済できるようになるので、総支払額を大幅に抑えられます。

総支払額が少なくなることで、返済期間が短縮されたり、月々の返済額が減り、借金の返済負担が大幅に軽減されるというわけです。

借金300万円を任意整理するか迷っている方へ – 判断基準を紹介

「がんばれば自力で返済できるかもしれない」
「まだ任意整理するには早いのではないか」

このように考えて、借金300万円を任意整理するべきか、迷っている人もいるでしょう。

そこで、この項目では「任意整理をするべき状況の一般的な判断基準」を紹介します。

任意整理をするべき状況とは、具体的には以下のような場合です。

  • 年収が900万円以下の場合
  • 複数社から借入がある場合(多重債務の場合)
  • すでに滞納が始まっている場合
  • 家族に借金していることを秘密にしている場合

ぜひ参考に、自身が任意整理をするべきかどうか考えてみてください。

①年収が900万円以下の場合

総量規制という法律により、個人が借入できる金額は年収の1/3までと定められています。

総量規制・・・貸金業者から借りられるお金の総額が本人の年収の1/3を超えてはならないとする法律。

総量規制を基準に考えれば、300万円の借金ができるのは年収が900万円以上ある場合のみです。

ただし、銀行からの借入やクレジットカードのショッピング枠など、総量規制の対象外となる借入もあるため、実際には年収900万円以下でも300万円以上借りられることもあります。

とはいえ、総量規制で定められた借入額の上限は、一般的にその人が返済可能な金額の目安にもなっています。

そのため、年収900万円以下で300万円の借金があるなら、今後返済ができなくなる恐れがあると考えましょう。

早めに無料相談などを利用して、弁護士へ任意整理の相談をすることをおすすめします。

②複数社から借入がある場合(多重債務の場合)

2社以上から借入をしている状態は「多重債務」と呼ばれ、一般的に任意整理を検討すべき状況と考えられています。

とくに、借金の返済をすると生活費が足りなくなり、新たな借入をしているなら、すでに自身の収入だけでは借金を返済できなくなっているので、早めに弁護士へ相談するべきです。

今の状態のまま借りて返しての自転車操業を繰り返していると、徐々に借金額が増えていき、いずれはどの金融機関からも借りられなくなり自転車操業もできなくなります。

そうなれば、返済が滞り借入先から頻繁に督促の電話がかかってきたり、裁判を起こされ財産を差し押さえられる恐れもあります。

そうなる前に、任意整理をして借金の返済負担を減らしましょう。

任意整理によって利息をカットし月々の返済額が減れば、自身の収入だけで借金を返済できるようになり、自転車操業から抜け出せます。

③すでに滞納が始まっている場合

すでに借金を滞納している場合、前述したように借入先から督促の電話や通知が頻繁に届いたり、債権者によっては自宅を訪問されたり近所に聞き込みして回られる恐れもあります。

さらに、滞納が長引けば裁判を起こされ、家や預貯金などの財産を差押えられる恐れもあるのです。

もし、借金の滞納がきっかけで任意整理を検討し始めたのなら、一刻も早く弁護士へ相談して対処してもらうことをおすすめします。

弁護士に依頼すれば、債権者からの督促がすぐに止まりますし、滞納分も含めて毎月無理のない金額で返済できるよう交渉してもらえます。

当サイトでは、借金問題に詳しい弁護士への無料相談を受け付けているので、返済が苦しいと感じたら気軽に利用してみてください。

④家族に借金していることを秘密にしている場合

家族に借金していることを秘密にしている場合、家族に内緒のまま借金問題を解決したいと考えている人がほとんどでしょう。

そのような状況なら、今すぐにでも任意整理をするべきです。

300万円の借金は決して少ない金額ではなく、これ以上借金が増えると、自己破産や個人再生など裁判所を介する債務整理が必要になります。

しかし、自己破産や個人再生の場合、裁判所へ同居している家族の収入証明を提出しなければならないため、家族に内緒のまま解決することは不可能です。

一方で、任意整理の場合は家族の収入証明は必要なく、完全に内緒で手続きできます。

実際に、家族に内緒のまま借金問題を解決した人もたくさんいるので、家族に知られたくない人は借金が任意整理で解決できる金額のうちに、任意整理手続きを開始することを強くおすすめします。

任意整理をおこなううえでの注意点2つ

任意整理を検討中の人も、これから任意整理を開始しようとしている人も、以下のような点に留意して検討してみてください。

  • 任意整理は支払い能力が残っているうちしかできない
  • 信用情報にキズがつくことに留意しておく

次の項目から、それぞれ詳しくお伝えします。

①任意整理は支払い能力が残っているうちしかできない

任意整理をすると、利息をカットし借金の返済負担を軽減できますが、原則として元金を減らすことはできません。

そのため、任意整理で借金問題を解決するには、元金を完済できるだけの支払い能力が残っていることが条件になります。

もし、元金の完済が難しい状況なら、任意整理での解決は不可能であり、自己破産や個人再生を選択することになります。

自己破産や個人再生の場合、家族に秘密で解決できなかったり、任意整理より高額な費用がかかるなど、手続きをするうえでのデメリットが大きいです。

デメリットを最小限に抑えて、借金問題を解決したいなら、任意整理で解決できる金額のうちに、できるだけ早く弁護士へ相談してください。

②信用情報にキズがつくことに留意しておく

任意整理をした場合、利息をカットし借金の返済負担を軽減できるという大きなメリットがある代わりに、一点だけデメリットがあります。

それは、信用情報にキズがついてしまうという点です。

信用情報にキズがついた場合、新規の借入やクレジットカードの発行ができません。

ただし、信用情報についたキズは一生残るわけではなく、借金を完済後約5年で消えるといわれています。

なお、借金を滞納している場合は、すでに信用情報が傷ついている可能性が高いので、任意整理をするデメリットはないと考えてよいでしょう。

任意整理以外に月々の返済額を減らす方法はあるのか?

「任意整理以外に月々の返済額を減らす方法はあるのか」と気になっている人もいるかも知れません。

基本的に、借金の負担軽減効果を考えれば、任意整理が最適な方法といえます。

ただし、借入先の件数が多いために月々の返済が多額になっているなら、おまとめローンを利用することで月々の返済額を減らせる可能性があります。

複数社からの借入で支払い能力が残っている場合はおまとめローンでもよい

現在、複数社から借入があり返済が苦しい状況なら、おまとめローンで借金を一本化することにより返済負担を軽減できる可能性があります。

じつは、利息制限法により、借入額に応じて設定できる金利には上限が定められています。

借入額 上限金利
10万円以下 20%
10万円以上100万円以下 18%
100万円以上 15%

たとえば、6社から50万円ずつ合計300万円を借入している場合、6社それぞれの上限金利が18%となり、支払う利息が高額になります。

一方で、1社で300万円を借入している場合には、上限利率が15%となり、複数社からの借入がある場合に比べて利息額が少なくなるのです。

そのため、複数社からの借入を一本化できるおまとめローンも、借金の負担軽減方法として有効といえます。

ただし、おまとめローンは一度に多額の借入をするため審査が厳しく、よほど収入の多い人でないと利用するのは難しいと考えたほうがよいでしょう。

もし、収入が多く十分な支払い能力があるなら、おまとめローンも解決策の一つとして検討してみてください。

任意整理をおこなうなら早めに弁護士に相談!

ここまでお伝えしてきたように、任意整理をおこなうことで借金を数十~数百万円単位で減額できる可能性もあります。

現在、すでに借金の返済が苦しくなっているなら、まずは無料相談を利用して弁護士へ任意整理の相談をしてみてください。

弁護士へ任意整理を依頼すれば、依頼した時点で返済を一時的にストップできます。

もし、任意整理を開始するのが遅れれば、それだけ余分に利息を支払わなければならないため、手続きを開始するのは早ければ早いほどお得なのです。

当サイトでは、無料相談を受け付けている法律事務所を多数紹介しているので、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

>>【任意整理の実績多数】弁護士への無料相談はこちら

任意整理をおこなえば元金のみ(300万円)の返済で済む

任意整理をおこなえば、将来利息や遅延損害金など、あらゆる利息をカットできます。

債権者との和解交渉後は、元金のみの返済で済む場合がほとんどなので、総支払額が大幅に減り、完済までの期間も短縮できます。

「債務整理は借りたお金を踏み倒すようで気が引ける」という人も、借りた分はきちんと返済する任意整理であれば、罪悪感なく手続きできるでしょう。

「借りたお金はきちんと返したい。でも返済が苦しい・・・」このように悩んでいる人は、ぜひ弁護士へ任意整理の相談をしてみてください。

任意整理をおこなっても返済が厳しいのであれば、個人再生や自己破産の検討も視野に入れたほうがよい

もし、任意整理をして支払額が減っても返済が苦しい状況なら、自己破産や個人再生を検討するほうがよいかもしれません。

自己破産や個人再生なら、任意整理では難しい元金の減額が可能だったり、借金全額の返済義務を免除してもらえることもあります。

任意整理より費用は高額なケースが多いですが、一般的に100万円を超える費用がかかることはないので、借金の負担軽減効果を考えればむしろお得です。

また、自己破産の場合「財産を差押えられるのでは・・・」と不安を抱く人もいると思いますが、すべての財産が差し押さえの対象になるわけではないので安心してください。

弁護士へ相談すれば、財産を失うリスクを極力抑えて自己破産をする方法も教えてもらえるので、まずは一度相談することをおすすめします。

まとめ

借金が300万円ある場合、任意整理することで借金の返済負担を大幅に減らせる可能性があります。

とくに、以下の3つに当てはまる人は、早めに任意整理を検討したほうがよいでしょう。

  • 年収が900万円以下の場合
  • 複数社から借入がある場合(多重債務の場合)
  • すでに滞納が始まっている場合
  • 家族に借金していることを秘密にしている場合

上記に当てはまらない場合も、返済が厳しいと感じたら弁護士へ一度相談することをおすすめします。

無料相談で「任意整理をするとどれくらい返済が楽になるのか」診断してくれるので、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。

借金300万円の任意整理についてよくある質問

借金総額が300万円の場合、任意整理でどれくらいの減額が見込めますか?

借金総額300万円の人が任意整理を行うと数十~数百万円単位の減額が見込めます。

300万円の借金があっても毎月安定した収入があれば完済できるものですか?

総量規制という法律を踏まえ、自力で完済ができる借金額の目安は一般的に年収の1/3までだといわれています。そのため、安定した収入があっても必ず自力で完済できるとは言い切れません。現在、借金額が年収の1/3を超えているなら返済能力を超えていると判断できるので、だらだらと支払い続けるのはやめてまずは弁護士に相談しましょう。

300万円の借金の返済によって生活が苦しい場合はどうしたらよいですか?

現在、借金返済のために生活が苦しいと感じているなら、早急に任意整理などの債務整理をしたほうがよいです。
もちろん任意整理をする前に無駄な支出を見直したり収入を増やしたりすることも大切ですが、すでに生活苦に陥っているならそういった時間の余裕はないでしょう。
任意整理をすれば借金が減額できますから、早期に生活を建て直せます。

借金300万円を任意整理したほうがよいのはどんなケースですか?

以下の3つに当てはまる人は、早めに任意整理を検討したほうがよいでしょう。
・年収が900万円以下の場合
・複数社から借入がある場合(多重債務の場合)
・すでに滞納が始まっている場合
・家族に借金していることを秘密にしている場合
また、上記に当てはまらない場合も、返済が苦しいと感じたら弁護士へ一度相談することをおすすめします。

任意整理とはどのようなものですか?

任意整理は、債務整理と呼ばれる国が認めた借金救済制度の一つです。今後支払う予定の利息をカットや減額し、返済総額を大幅に減らせます。債務整理には他にも複数の方法があり、どの方法が適しているかは個人によって異なるので、弁護士へ直接相談して確認するとよいでしょう。

任意整理の関連記事