苦しい日払い労働でしのぐ借金生活の脱出方法!明日生き抜くお金がない時はどうする?

日払い 借金生活

日払いで働きながら借金生活を送っているのですが、いつ借金返済ができなくなるか分からないので不安です。どうしたらこの生活を抜け出せるでしょうか?

まずは収入を安定させることを考えましょう。今までの経験を活かせる職種で正社員を目指したり、Wワークなどで複数の収入源を持つのもおすすめです。一つの収入源に依存しない生活スタイルを確立すれば、収入も安定するでしょう。

なるほど。もちろん収入が不安定な今の生活も抜け出したいのですが、借金を早く返すコツなどあれば知りたいのですが・・・。

早く借金を返すには、月々の返済額を増やすか借金自体を減らす必要があります。月々の返済額を増やすのが難しければ、債務整理を検討してみましょう。月々の返済額を減らせたり、返済期間を短くできます。具体的にどれくらい借金の負担を減らせるか、詳しくは法律事務所へ直接相談するとよいでしょう。

病気や雇止めなど、さまざまな理由で定職に就けず、日払いで働きながら生活をする人は珍しくありません。

しかし、日払いの仕事はその日の天候などに収入が左右されやすく、なかには報酬が得られない日が続き、借金に手を出してしまう人も少なくありません。

不安定な日払いの仕事をしながら借金を返済していくのは、至難の業です。

まずは、今までの経験を活かせる職種で正社員を目指したり、Wワークなどで複数の収入源を持ち、収入を安定させましょう。

さらに、借金生活を一刻も早く終わらせたいという人は、債務整理をすることで月々の返済額が下がったり、返済期間を短くできる可能性があります。

「自分の場合はどれくらい月々の返済額が下がるか」借金減額診断チェッカーを使って実際にシミュレーションできます。無料で診断できますので、ぜひ利用してみてくださいね。

この記事でわかること
  • 日払いで働きながら借金生活を送る中で、明日生きるお金がない時は無償の食糧支援を利用するとよい。
  • 日払いで働きながら借金を返す生活を抜け出すには、経験を活かせる職種で正社員を目指したり、Wワークなどで複数の収入源を持ち、収入を安定させるとよい。
  • 借金生活を早く終わらせたいなら、法律事務所へ債務整理の相談をするとよい。

日払いで働きながら借金生活を送る中で明日生きるお金がない時は?

日払いで働きながら借金生活をしていると「明日生きるお金がない」という状況を一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

日払いの仕事は、その日の天候などによって収入が大きく左右される職種も多いです。

そのため、日によっては報酬が全く得られないなど収入が不安定になりがちです。

もし日払いで働きながら借金生活を送っていて、明日生きるお金がない状況に陥ったら、どうすればよいのでしょうか。

次の項目から「明日生きるお金がない状況に陥った時に利用できる支援」について詳しくお伝えします。

もし「明日が支払日の借金があって困っている」という場合は、明日が支払日の借金払えない人必見!今スグできる金策や返済が楽になる方法を紹介をご覧ください。

無償の食糧支援を利用する

日払いで働きながら生活している場合「明日生きるお金がない=今手元にお金がない」けど、明日の仕事が終わればまたお金が入ってくる人がほとんどでしょう。

そのため「明日一日を生きられるお金がほしい」という人が多いと思います。

明日一日を生きるためなら、衣食住のうち「食べるためのお金もしくは食糧自体」を確保できれば急場をしのげるのではないでしょうか。

そのような状況であれば、各地でおこなわれている無償の食糧支援を利用するのがおすすめです。

無償の食糧支援には、主に以下のようなものがあります。

  • 炊き出し
  • フードバンク

次の項目からそれぞれ詳しくお伝えします。

炊き出し

炊き出しとは、路上生活者や生活に困窮する人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する支援活動です。

NPO法人ビッグイシュー基金のサイトでは、東京23区や大阪市内など各地の公園や商店街、福祉センターなどでおこなわれている炊き出し情報を提供しています。

また炊き出しでは食糧の提供だけでなく、以下のような支援もおこなわれています。

  • 衣類・日用品・医療品の配布
  • クリニック
  • 生活・医療・法律相談
  • 夏祭り慰霊祭
  • 追悼法要などでの読経や葬送支援
  • 夜回りパトロール
  • はり・きゅう・マッサージ

この他にも「無料宿泊施設情報」「生活保護の申請窓口」などさまざまな情報を提供しているので、こちらのサイトもぜひ参照してください。

参照:東京の炊き出し情報 | ビッグイシュー基金

参照:大阪の炊き出し情報 | ビッグイシュー基金

フードバンク

フードバンクとは、生産者や企業などから食糧の寄贈を受け、生活困窮者などへ無償で食糧を提供する活動や団体をいいます。

フードバンクから食糧を受取るには、主に2つの方法があります。

  • 緊急一時宿泊施設(シェルター)などを利用する。
  • 宅配などで個別に受取る。

緊急一時宿泊施設(シェルター)とは、寝る場所がない人たちのために緊急的に提供される宿泊場所のことです。

近くのシェルターを探したいときは、各自治体のサイトを利用しましょう。

例えば東京都は「とうきょう福祉ナビゲーション」というサイトで宿泊施設の一覧を公開しています。

参照:宿所提供施設一覧

また、フードバンクの食糧は宅配でも受取れます。

47都道府県すべてでフードバンクが活動してるので、以下の一覧を参考に最寄りのフードバンクを探してみてください。

参照:全国のフードバンク一覧

日払いで働きながら借金生活を送る中で明日の返済ができない時は?

日払いで働いていると、日によっては収入がゼロの場合も珍しくありません。

そのため日払いで働きながら借金生活を送っていると、いつ収入が途絶えて借金返済ができない状況に陥るか分からないのです。

もし今「明日が支払日の借金があるのに、手元に返済資金が全くない」状況に陥っているのなら、まずは各金融機関へ相談し、返済を待ってもらえないか相談することです。

そのうえで、返済資金を確保する方法を考えましょう。

  • 明日が支払日の借金を払えない時すぐできる金策
  • 今すぐできる借金返済を楽にする方法

上記のような内容について、こちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

日払いで働きながら借金を返す生活を抜け出す方法

日払いで働きながら借金生活をしていると「いつ借金返済ができなくなるか分からない」という不安を常に抱えている人も多いでしょう。

借金返済に追われる不安な日々を抜け出すには、収入を安定させることが不可欠です。

収入を安定させる方法としては、大きく2つの方法があるでしょう。

  • 正社員などの安定した仕事に就く。
  • Wワークなどで収入源を複数持ち、一つの収入源に依存しない。

どちらの方法も簡単ではありませんが、闇雲に企業へ応募するより自分の中に指針を持っておく方が就職活動もしやすくなるでしょう。

次の項目から、収入を安定させるために就職活動をするうえで持っておくとよい指針について、詳しくお伝えします。

今までの経験が活かせる職種で正社員を目指す

収入を安定させようと思ったら、真っ先に思い浮かぶのが正社員を目指すことではないでしょうか。

しかしどんな企業に就職する場合でも、いきなり正社員を目指すのは簡単ではないでしょう。

ただし今までの仕事で培った経験が活かせる職種であれば、正社員として採用される可能性は高いです。

改めて自分が今までに経験してきた仕事を思い出し、仕事内容と就業期間をできるだけ細かく書き出してみましょう。

以下で2つの例を紹介しますので、参考にしてみてください。

■焼鳥屋の店員としてアルバイトをした経験がある場合

焼鳥屋の店員は主に「接客業」に分類されるので、同じ接客業の仕事(居酒屋や飲食店の店員など)であれば経験を考慮して正社員に採用される可能性が高いです。

また居酒屋や飲食店の店員だけでなく、コールセンタースタッフなども接客業の経験が評価される場合が多いです。

コールセンターは居酒屋や飲食店の店員などと比べて給料が高いことも多く、場合によってはインセンティブもつくので高収入を目指せるでしょう。

■携帯電話の販売員としてアルバイトをした経験がある場合

携帯電話の販売員は主に「接客業」や「営業」などに分類されるので、同じ職種の仕事で正社員を目指してもよいでしょう。

もしくは携帯電話に関する知識を活かして、各キャリアの料金体系などの紹介記事を執筆する、Webライターなどの仕事を選択するのも一つの手です。

このように、見方次第で経験を活かせる職種にはさまざまなものがあります。

単に今まで経験してきた仕事と同じ業種を選ぶのではなく、さまざまな可能性を考えてみましょう。

また、どうしても正社員での就職が難しければ「正社員登用」をおこなっている企業を選ぶとよいでしょう。

企業としても、実績の分からない外部の人を雇うより、見込みがあって会社に貢献してくれている人を正社員に登用したいと考えている場合も多いです。

ただし、求人に「正社員登用あり」と記載されていても、実際には正社員登用の実績がない企業もあります。

企業のサイトで実際に社員登用された人のコメントなどが掲載されていないか確認したり、面接の時に質問するなどしてきちんと実績まで確認するとよいでしょう。

在宅ワークの副業をする

昨今の日本では、正社員に採用されたとしても、ずっと安定した収入を得られるとは限りません。

場合によっては正社員を目指すより、Wワークなどで収入源を複数持ち、一つの収入源に依存しない生活スタイルを確立する方が収入を安定させられる可能性もあります。

ちなみにこれから新たに副業を始めてWワークをしようと考えているなら、在宅ワークの仕事を始めるのがおすすめです。

在宅ワークなら空いた時間を利用して収入を得られますし、通勤で余計な時間や労力を消費しない分、仕事に専念できます。

データ入力やシール貼りなど、知識やスキルがなくてもできる在宅ワークはたくさんあるので、ぜひ自分に合った仕事を探してみてください。

以下の記事では、借金返済におすすめの副業について詳しく紹介しています。

在宅ワークをしながら資格の取得を目指す

より高収入を目指すなら、在宅ワークをしながら資格の勉強をするのもおすすめです。

前述したように在宅ワークなら、通勤で余計な時間や労力を消費せずに済みます。

時間や体力に余裕ができる分、資格の勉強をしてより高収入が得られる仕事への転職を目指しましょう。

例えば簿記やFP(ファイナンシャルプランナー)の資格は、更新制度などがなく一度取得すると一生涯使えます。

特にFPの資格は国家資格で、資格取得後に独立開業する人もいるほどです。

どちらの資格も最初は3級から受験するのが一般的ですが、簿記やFPの3級は一般的に2ヶ月程の勉強期間で取得可能といわれています。

何よりどちらの資格も、勉強することでお金や数字に強くなれるので、取得して損はありません。

高収入を目指したいけど何から始めればよいか分からないという人は、まずはこれらの資格取得を目指してみるとよいでしょう。

【コロナで失業・借金してしまった場合】公的支援を利用する

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、失業や借金をしてしまう人が急増しています。

そのような人に向けて、国や自治体では公的支援を数多く実施しています。

  • 失業して生活が苦しい時に受けられる公的支援
  • 失業して求職中の人が受けられる公的支援

上記のような内容について、こちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

借金生活を早く終わらせたいなら法律事務所へ債務整理の相談をしよう

日払いで働きながら借金生活を送っている場合、収入が不安定な今の生活を抜け出したいのはもちろん、借金を早く返すコツを知りたいと考えている人も多いでしょう。

そのような場合は、法律事務所へ相談し債務整理を検討するとよいでしょう。

債務整理とは国が認めた借金救済制度で、利息をカットしたり一括請求を長期の分割払いに変更できるなど、合法的に借金の負担を減らす手続きの総称です。

単なる節約法やその場しのぎの金策ではなく、借金自体を減らせるところが大きなメリットです。

債務整理には主に以下の3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

それぞれの方法について「どのような手続きなのか」「どのようなメリットや注意点があるのか」次の項目から詳しくお伝えします。

「任意整理」で利息をカットし月々の返済を減らせる

任意整理とは、弁護士や司法書士が金融機関と直接交渉して、今後支払う予定の利息をカットや減額し、3~5年の長期分割で完済を目指す方法です。

任意整理をすると、利息がカットされるので最終的に金融機関へ返済しなければならない金額を減らせます。

また個々の状況によっては、月々の返済額を今より大幅に減らせる可能性もあります。

さらに、任意整理なら1社ごとに整理する金融機関を選べます。

そのため、保証人・連帯保証人が設定されている借金を任意整理の対象から外すことで、保証人・連帯保証人が督促を受けるリスクを避けられるのです。

他にも、任意整理には「借金を一本化することで支払いの管理がしやすくなる」「近所や職場はもちろん同居家族にもバレずに手続きできる」などのメリットがあります。

ただし注意点としては、任意整理をすると一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

「任意整理をすると、自分の場合どのくらい借金の負担が減るのか」気になる場合は、以下の借金減額診断シミュレーターを利用してみましょう。

「自己破産」で借金が全額免除される

自己破産とは裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を全て手放す代わりに、借金の支払いを全額免除してもらえる方法です。

債務整理の3つの方法の中で、最も借金の負担を減らせる方法ですが、家や車などの財産を所有している場合は財産を失う恐れがあります。

ちなみに任意整理と同じく、一定期間は信用情報に事故情報が載るため、事故情報が載っている間は新規借入やクレジットカードの発行ができません。

また借金をした理由が浪費やギャンブルだった場合、免責不許可事由に該当する恐れがあるため、自己破産は避けた方がよいかもしれません。

免責不許可事由・・・自己破産の免責が認められない原因となる事由。免責不許可事由がある場合、自己破産をしても借金の返済義務が残る恐れがある。

ただし免責不許可事由があると必ずしも免責が下りないわけではなく、裁判所の判断によっては免責が下りる場合もあります。

これを裁量免責といいます。

また「自己破産をすると近所や職場に知られてしまうのでは」と気にする人もいますが、基本的には同居している家族以外に知られることはないので安心してください。

「個人再生」で財産を残して借金を減らせる

個人再生とは、裁判所を介しておこなう手続きで、20万以上の価値ある財産を手放さずに借金を約1/5に圧縮し、3~5年で分割返済する方法です。

個人再生は自己破産のように借金がゼロにはならないものの、貯金や車などの財産を手元に残せるというメリットがあります。

なお自己破産同様、一定期間は信用情報に事故情報が載る点や、同居している家族に秘密で手続きするのは難しい点には注意しましょう。

ここまで、3つの債務整理手続きについて紹介してきました。

「自分にはどの方法が合っているのか」「自分の場合どれくらい負担が減るのか」もっと詳しく知りたいという人は、法律事務所へ直接相談してみるとよいでしょう。

専門家である弁護士や司法書士から、個々の状況に合わせたアドバイスを受けられます。

当サイトでは無料で相談できる法律事務所を紹介しているので、まずは気軽に相談してみてください。

まとめ

日払いで働きながら借金生活を送っているなら、まずは収入を安定させることを考えましょう。

正社員になって収入を安定させることを目指すなら、今まで経験してきた仕事の内容や就業期間をできるだけ細かく書き出し、経験を活かせそうな職種に応募するのがおすすめです。

また在宅ワークをしながら資格の勉強をして、より高収入な仕事への転職を目指すのもよいでしょう。

同時に、早く借金生活を終わらせたいなら、債務整理を検討してみてください。

債務整理をすることで、月々の返済額が下がったり、返済期間を短くできる可能性があります。

具体的にどれくらい負担が軽くなるのか知りたい場合は、無料相談を利用して法律事務所へ直接相談するとよいでしょう。

当サイトでは無料相談が可能な法律事務所を紹介しているので、せひ気軽に相談してみてください。

日払いで働きながらの借金返済でよくある質問

日払いで働きながら借金生活を送っており、ちゃんと完済できるか不安です。もし途中で払えなくなったらどうなりますか?

借金を途中で払えなくなると、債権者から自宅や実家、勤務先などへ連絡が行き、借金があることや滞納している事実が知られる恐れがあります。また滞納が長引けば、信用情報に事故情報が載ったり、債権者から残金の一括請求を迫られる恐れもあります。そうなる前に、返済が厳しいと感じたら早めに法律事務所へ返済の相談をするとよいでしょう。

借金がありますが日払いで働いており、収入が安定しません。足りない時は借金返済のために借金しても大丈夫でしょうか?

借金返済のために新たな借金をしてしまうと、借入先が増えるため月々の返済額も増えてしまいます。すると、さらに月々の返済が苦しくなり、悪循環に陥ります。返済が苦しくなったら借金をして解決しようとせず、法律事務所へ相談するのがおすすめです。

日払いで働きながら借金生活を送っていますが、そもそも明日の生活費もない状態です。どうすればよいでしょうか?

明日の食べる物にも困る状況であれば、炊き出しやフードバンクなど無償の食糧支援を利用しましょう。支援団体によっては日用品・医療品の配布や生活相談などをおこなっている場合もあるので、ぜひ利用してみてください。

日払いで働きながら借金生活を送っている現状を早く抜け出したいです。早く完済するコツはないでしょうか?

早く借金を返すには、月々の返済額を増やすか借金自体を減らす必要があります。月々の返済額を増やすのが難しければ、債務整理を検討してみましょう。月々の返済額を減らしたり、返済期間を短くできます。具体的にどれくらい減らせるか、詳しくは法律事務所へ直接ご相談ください。

>>【相談無料】債務整理に詳しい法律事務所はこちら

日払いで働きながら借金生活を送っている現状を早く抜け出したいのですが、就職活動が上手くいきません。何かコツはありますか?

まずは今まで経験した仕事の内容や就業期間をできるだけ細かく思い出してみましょう。そのうえで、経験を活かせる職種に応募するのがおすすめです。また、すぐに正社員として就職するのが難しければ、正社員登用のある企業へ応募するのも一つの手です。